1188261 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

福岡・博多 人力車出張サービスで思い出イベント       あなたの夢を運びます!博多人力屋

PR

Freepage List

Favorite Blog

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

蜂谷柿de干し柿づくり New! 新鮮美感@川島さん

桔梗レストラン New! 釈円融さん

障害解除中 修理屋マイスターさん

My Present Diary~… NZmasumiさん
ゆけ!ポジティヴく… 豊浦魂1996さん
MASHROOM mash roomさん
人生はアドベンチャ… ベンチャー大学の栢野/カヤノさん
kako☆ビューティ… ☆kakoヨガクラブ☆さん

Comments

カミタニ@ Re[1]:「魚は釣れる時には徹夜してでも釣れ!」2018。(09/17) マダムショウコさんへ  おはようござい…
マダムショウコ@ Re:「魚は釣れる時には徹夜してでも釣れ!」2018。(09/17) お久しぶりにここに着てみました。相変わ…
永松昭仁@ Re:博多駅前の居酒屋「味処ひさ」さん閉店・廃業。(02/23) お世話になります。 もう30年前ほどになり…
神谷商店@ Re[1]:呉服町界隈 飲食店閉店から学ぶ。(10/13) まるやまさん 当ブログへのコメントあり…

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

小倉ネタ

2018.09.28
XML
カテゴリ:小倉ネタ
前日夜に小倉へと移動。金曜朝に母親の付き添いで新小倉病院へ。かかりつけのクリニックで紹介状をいただき、整形外科(MRI含む)で検診受けるも特に異常なし。次回神経内科での検診となり、こちらは妹の都合がついたので委託。この日事前ご予約をいただいていた観光案内はスタッフMさんに依頼。みんなで協力し合える関係は本当にありがたい♪

rblog-20180929080736-00.jpg

rblog-20180929080736-01.jpg

 この日の診察で異常のなかった母親は精神的にも気分よく、久々に自宅からJR小倉駅までを徒歩で同行。天気がよく風は爽やかで、帰りには紫川沿いにあるタリーズコーヒー立ち寄り。10月以降は最も繁忙期に入るため中々こういった時間を割くのは貴重なこと。「忙中閑あり」は自ら積極的に創り出す以外ない。

rblog-20180929080736-02.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま38位に。






Last updated  2018.09.29 08:07:39
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.19
カテゴリ:小倉ネタ
前日の法事に伴い小倉へ帰省。街へ出てみると、小倉祇園太鼓直前のため各町内の山車があちこちに。子供の頃は、太鼓を練習する音が聞こえてくると、いてもたってもおられず即駆けつけたもの。大学・会社員となってからも一年に一度祭りの際には必ず帰省するという感覚は博多の「山のぼせ」と同様。近年も友人の町内に集まって太鼓を叩きつつ、同窓会のような流れになるのが習わし。が、今年は友人宅の事情もあって中止となり、当初21日(土)夜に予定していた集まりを断念。昔に比べ、祇園太鼓に熱狂するパッションのようなものが年々減退し、マイルドになっているのを感じる。その一番の要因は、自らの仕事に対する情熱の方がずっと上回るようになったからだと推測。とは言え、人力車の仕事の原点(精神的ルーツ)が小倉の祭りにあるのは間違いない。

rblog-20180720085952-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま36位に。






Last updated  2018.07.20 08:59:54
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.09
カテゴリ:小倉ネタ
小倉へ帰省した際の私の役割は、スーパーや病院への母親の送迎並びに買い物補助、犬の散歩等。最近は介護系の方の訪問により、母の入浴補助や簡単な掃除をやってもらえるようになり随分楽に。余った時間を利用し、徒歩圏内の小倉駅前から魚町銀天街を散策することも。銀天街の裏通りで最も思い出に残るのがかつての中華料理店・平和会館。今や「揚子江」同様に豚まんのテイクアウトのみで、昔のような華やかさも独特の鼻を刺激する香りも今はない。※9年前のリンク先ブログ、長文ですが小倉出身者必見!(笑)

rblog-20180510085631-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま33位に。






Last updated  2018.05.10 08:56:34
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.21
カテゴリ:小倉ネタ
 実家の小倉で迎えた春分の日。朝から雨が降り続き、気温も低く冬に戻ったような寒さ。外出したついでに仏壇お供えの「おはぎ」を魚町で購入。神谷家は皆「粒あん」好きで、最後に井筒屋内・湖月堂で祖父の大好物だった「きんつば」も。この日お墓には行けないが、せめて実家の仏壇で手を合わす。

rblog-20180322082405-00.jpg

 22日(木)午後には天気が回復し、翌23日(金)は気温も上昇する見通し。「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句通り名実ともに春のシーズン入りであり、仕切り直して業務に集中していこう!

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま61位に。






Last updated  2018.03.22 08:24:10
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.26
カテゴリ:小倉ネタ
年末は正月現場の準備や打ち合わせ等で時間に追われるため、一足早い帰省。とは言え、ゆっくりする暇はあまりなく、私に課せられる家事仕事が多数。その一つは犬の散歩で(笑)実家近隣のリバーウォーク北九州~小倉城周辺まで。この時期、紫川河畔のイルミネーションは超進化していてテーマパーク並み。なんて恵まれた散歩コースなんだ!!改めて考えると、川の名前が紫川なんで紫色のイルミネーションなのか。私の少年時代、公害の影響でどす黒く汚染されていた頃とは隔世の感が。

rblog-20171227102126-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま52位に。






Last updated  2017.12.27 10:21:27
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.24
カテゴリ:小倉ネタ
 滞在した小倉の実家で、一足早い冬支度のためホットカーペット等の買い出し&セッティングのヘルプを。気温が低下したこの時期、フローリングの床が冷たくて犬がオスワリできない(笑)。人間以上にお犬様優先の暮らしが。。

 実家からすぐ近くの小倉城周辺を犬の散歩がてら散策。改めて小倉城の歴史を記した観光看板を視察。細川氏によって築かれた後、城主は小笠原氏に交替するのだが、その小笠原氏のもともとの本拠地は信州松本。このエピソードを前職の最後の赴任地・長野松本で、松本城を訪れた際に見たことをふと思い出した。当時は縁もゆかりも海も(笑)ない山の中の僻地への転勤を悲観し、そのまま退職しようとも考えた。結局とりあえず赴任し3年勤務した後に円満退職となったが、今では当時の選択を正解だと思っている。意外や意外、私の出身地・小倉と信州松本には小笠原氏つながりという強固なご縁があったのだ。自分の意思でコントロールできない会社の転勤を長年呪っていたものだが、今ではその期間に現在の仕事につながる経験やビジネス・ヒントが満載であったことを痛感。どんなに嫌で辛い経験も無駄なものは一つもない!

rblog-20171025100841-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま32位に。






Last updated  2017.10.25 10:08:42
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.15
カテゴリ:小倉ネタ
 難関の追い山笠見物に前後2時間ずつの仮眠で対応後、午前10時にはホテル会場へ現地入り。ご披露宴会場での人力車入場演出へのご用命で、結局13時頃までの拘束。その後観光拠点へ戻ったものの、さすがに疲労と睡眠不足ですごい睡魔が。夕方早めに現場を切り上げ、この日は新幹線で小倉へ移動し、小倉祇園太鼓に参加するため田町4丁目しらいんがたへ(笑)。

rblog-20170716110145-01.jpg

 毎年恒例のこの集まりは、半分は同窓会を兼ねたもの。一年に一回全身全霊で太鼓を叩いて大声で発声するのは、思いっきりストレス解消につながることも改めて実感。やはり一方的に観覧していただく山笠より、皆でコミュニケーション可能な小倉の祇園太鼓の方が自分の性には合ってるみたい♪

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま40位に。






Last updated  2017.07.16 16:21:25
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.28
カテゴリ:小倉ネタ
 GW突入直前、備品メンテナンス目的で小倉に滞在。中心部の魚町銀天街に出向いてみたところ、呉服店「米七」だった場所には今年7月オープン予定の魚町「ヒカリテラス」の建物が。また事前に情報を入手した手芸店・百万両は、やはり昨年6月で閉店していた。さらに近所の京町で焼鳥屋「響や」を営んでいた幼なじみで後輩にあたる通称「なるち」は、店舗の立ち退きに伴い移転開業することなく廃業に(-_-;)。まさに栄枯盛衰というよりも小倉では衰退の話題ばかりが目についてしまう。

rblog-20170429091541-00.jpg

 日々楽しく美味しく快適なことにしか興味を示さない飼い犬のように(笑)、私にとっては第三の故郷にあたる福岡博多の地で、GW現場のおもてなしにあたりたい。

rblog-20170429091541-01.jpg

今はやり
博多そんたく(忖度)
おもてなし

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま54位に。






Last updated  2017.04.29 09:15:44
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.27
カテゴリ:小倉ネタ
人力車備品類のメンテナンス第四弾。ひざ掛けに使用する毛せんの夏場バージョン「ちりめん」を数年前に新調したのだが、寸法を誤り若干横幅が短い状態のための対応。この布地に関しては、福岡市内の品揃え豊富な店舗を随分と探し回ったのだが、見つけることができず一旦断念。ある時小倉に戻った際、ダメ元で出向いた魚町銀天街の百万両(笑)内で見つけ、即購入した経緯がある。このお店さえあればまた手に入ると思っていたのだが、たった今念のため検索してみると、何と昨年の5月で閉店の記事を発見(-_-;)(-_-;)(-_-;)。以前衣装を購入していた同じく銀天街の呉服店・米七さんと言い、老舗のお店がどんどん閉店に追い込まれている。これも時代の流れかとは思うが、諸行無常に一抹の寂しさも。。

rblog-20170428105503-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま61位に。






Last updated  2017.04.28 10:56:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.24
カテゴリ:小倉ネタ
 小倉の実家にもう一泊して、ちょっとだけ休息タイム。今ではほとんど使われることのない二階の床の間のある部屋を改めて眺めながら、もったいないなぁと。大正末期に建てられた家自体が90年以上経過し、まさにレトロな空間。自分が子供の頃、宴席等で賑わったのも今は昔と懐かしむ。

rblog-20170125075044-00.jpg

 二階の廊下の片隅に置かれた、かつての私の本棚で見つけた一枚の紙切れ。そこにしたためられている文字は、
「易往而無人」(いおうにむにん)
※弥陀の本願によって極楽往生するのはたやすいが、真実の信心をもつ人は稀なので実際には極楽往生を遂げる人は非常に少ない、という意味らしい。
いつどこでどういった経緯で手に入れたのか全く記憶にないのだが。。

rblog-20170125075044-01.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただい45ま位に。






Last updated  2017.01.25 07:50:46
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


神谷商店

Recent Posts

Archives

Category


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.