1280014 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

福岡・博多 人力車出張サービスで思い出イベント       あなたの夢を運びます!博多人力屋

PR

Freepage List

Favorite Blog

空気入れ修理にこの… New! 釈円融さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

一般貨物運送法令試… 博多の行政書士さん

最近の動き【画像有】 修理屋マイスターさん

牡丹園 新鮮美感@川島さん

「昭和」「平成」そ… 鍛冶屋の息子さん

My Present Diary~… NZmasumiさん
ゆけ!ポジティヴく… 豊浦魂1996さん
MASHROOM mash roomさん

Comments

神谷商店 カミタニ@ Re[1]:浪速名代たこ大王と閑古鳥の件。(01/28) milaさんへ  おはようございます、ミラ…
mila@ Re:浪速名代たこ大王と閑古鳥の件。(01/28) こんにちは。 ランキングから来ましたミラ…

全6件 (6件中 1-6件目)

1

花を愛でる!

2019.03.31
XML
カテゴリ:花を愛でる!
午前中、婚礼人力車現場でハイアット リージェンシー 福岡様より住吉神社までの往路のみ送迎。先日の夜下見していたルートを、まずはトラックを置いた神社よりホテルに向かって自走。道中には人参公園並びに住吉公園の二ヶ所に桜の樹があり、いずれもほぼ満開。移動中、記念のスナップ写真が撮れたらと思っていたが(お二人の手元に携帯等なく)私のスマホで撮影。送迎終了後、ホテルの担当者宛にメール添付して送信。短時間のご利用ながら、門出の日の思い出に残るシーンとなったのであれば幸いです♪



 
 午後より、さくらまつりイベントin舞鶴公園 三の丸スクエア九日目の現場へ。午前中、先週も現場入りしてくれたスタッフと合流し、人出ピークであろう日曜日の花見客向けに人力車2台で対応。久々に肌寒い一日となったが、着物体験以外の多くの一般のお客様にもご利用いただく。桜の花の下で撮影を楽しまれている主役は、国籍を問わず女子(笑)ということを改めて実感。このイベント現場対応も残すところ月曜一日のみ。こんな恵まれた現場で終日過ごせることに感謝し充実した最終日を締めくくろう!





Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま39位に。






Last updated  2019.04.02 10:25:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.27
カテゴリ:花を愛でる!
さくらまつりイベントin舞鶴公園 三の丸スクエア五日目。最高気温22度超えの陽気となり、前日からの気温上昇で桜の花はかなりの開花。咲き加減は場所や樹によっても大きな違いあり、最初に花開いた樹はすでに満開。いよいよ今週末にかけて徐々に見頃を迎えそう。この日もインバウンドの方中心のご乗車&桜並木での記念撮影に対応。言葉は通じなくても「花を愛でる」気持ちは万国共通♪







※画像は自分たちが「さくらまつり」期間中に待機している舞鶴公園 三の丸スクエア「舞遊の館」を含めた地図。本日韓国人女性より道を尋ねられ、翻訳ソフトに話しかけてもらうと
「正面玄関はどこですか?」
と。公園に玄関とかはないので(笑)色々確認してみると、百道方面に行くバス停のことだった。



 夜は中洲のホステスさん送迎業務三日目。最初お見えになった女性が待機場所目の前で転んでしまい高下駄が破損するハプニングが。乗り降りの際は一旦高下駄を脱いでいただくのが安全!

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま49位に。






Last updated  2019.03.28 07:56:24
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.03
カテゴリ:花を愛でる!
桃の節句の3月3日(日)。終日雨天予報の下、早朝からの婚礼人力車送迎にスタッフ2名で対応。ANAクラウンプラザホテル福岡様⇔住吉神社挙式並びにホテルオークラ福岡様 花嫁舟乗り換えプランへのご用命、ありがとうございます。午前中の降水確率70%だったものの、移動中奇跡的に雨は降り止みほぼ支障なし。ミラクルを呼び寄せた新郎新婦様、どうぞ末永くお幸せに!





 午後からも雨天が心配されたが夕方まで何とか持ちこたえ、終日観光拠点に待機。まだまだ観光需要の盛り上がらない中、記念撮影中心に対応。そんな中、目の前の櫛田神社境内に出向くと桜桃(サクランボ)の樹に若干の花とつぼみが。境内の至るところでインバウンドの方中心に花の撮影をされており、花を愛でる気持ちに国境なし。「春に三日の晴れなし」という諺もあり、当面の天気予報は悩ましいが、春の到来をじっくりと実感していきたいもの♪





Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま36位に。






Last updated  2019.03.04 10:33:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.19
カテゴリ:花を愛でる!
当日お昼前後に予定されていた、箱崎ふ頭に入港するクルーズ船の中国人歓迎レセプションは雨天判断で中止に。初の獅子舞演出の出番となる予定であったが、また次回のタイミングで。

 午後より向かった九大病院での治療後、すぐ近くの筥崎宮あじさい苑へ。平日のため訪れている方は少なく、心なしか花の分量も少ない気が。こちらを訪問するのは3年ぶりみたいで、以前の記録を見るとかつてはもっと花の密度が高かったとあり、年々花のボリュームが減っているということか。季節の花を愛でることのできる「心のゆとり」に感謝し、筥崎宮を後にした。

rblog-20180620091949-01.jpg

rblog-20180620091949-02.jpg

※大きな画像はこの日の上場を告知する新聞の全面広告

rblog-20180620091949-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま24位に。






Last updated  2018.06.20 09:21:09
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.04
カテゴリ:花を愛でる!
 友引の日曜日もさわやかな晴天に恵まれ、午前中は神社挙式の送迎現場へ。新郎様がお得意様ホテル内の花屋スタッフということで、多数稼働した撮影係の方は皆顔見知りの方ばかり。往路は博多座~冷泉公園経由、復路は川端商店街経由となり、アーケード内の和装のお店前では歓声が上がって祝福の嵐(笑)。見知らぬ第三者の方を交えた思い出イベントで門出に花を添えることができたのであれば幸いです。本日の新郎新婦様、どうぞ末永くお幸せに!!

rblog-20170605081739-00.jpg

 午後から待機した観光拠点の博多町家ふるさと館・町家棟裏にある坪庭。こちらのナツツバキの花がちょうど見頃だとスタッフの方が教えて下さり観賞に。ナツツバキ自体初耳で、朝開花して夕方には落花する一日花とのこと。どんな仕事も日々ほぼ同じようなことの繰り返しであるが、せめて季節を感じることのできるものに目を留め耳を澄ます心のゆとりを忘れたくないもの♪

rblog-20170605081739-01.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま34位に。






Last updated  2017.06.05 08:37:27
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.15
カテゴリ:花を愛でる!
 終日の小倉滞在日。この時期に花を愛でることのできる場所を検討してみた結果、戸畑の夜宮公園へ。こちらを訪れるのは初めてで、起伏の激しい敷地の最も低い場所(夜宮池)と高い場所(日本庭園で花菖蒲を見ることができる。見頃は6月初旬ということで、今はまだ数も少ない夜宮池辺りのみ散策。その後、河内貯水池まで足を延ばしてドライブ。昔は遠足等の特別な機会にしか行けなかった場所が意外に近場にあることに驚かされる。

rblog-20170516075744-00.jpg

 この日NHKの朝の報道番組で、ちょうど「あやめ」「花菖蒲」「カキツバタ」の違いをわかり易く解説されていた。要は
あやめ:花に網目の模様がある
花菖蒲:網目の模様はなく花の中央に黄色がある
カキツバタ:花の中央に白色があり、網目の模様はない

※冒頭タイトルは、どちらもすぐれていて選択に迷うことのたとえ。源頼政が怪しい鳥を退治した褒美として、菖蒲前という美女を賜るときに十二人の美女の中から選び出すように言われて詠んだ歌に基づく。

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま41位に。






Last updated  2017.05.16 07:57:45
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


神谷商店

Recent Posts

Archives

Category


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.