485717 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

Comments

*チーコ*@ コメントありがとうございます! 金津美之さんへ すっかり返信が遅くなっ…
金津美之@ Re:中国新聞「緑地帯」、全8回分を公開!(05/02) SONGS ON YOUR LIPSを聞いてGoogle検索で…
*チーコ*@ ありがとうございます。 さとこさん 懐かしく思っていただき、嬉し…
さとこ@ Re:大型連休のご予約について(03/07) 昭和30年代に、芸備線沿いで小学校時代…
*チーコ*@ ご心配ありがとうございます! とんちゃんさん お気持ちが嬉しいです。 …
2014.01.14
XML
カテゴリ:お宿のこと

大寒を目前に、厳しい寒さが続いています。



料理をしながらラジオを聴いていると、

数年前に、北海道から茨城県に引越しをされたという方の、

「冬が暖かく、とても過ごしやすいのですが、

そのぶん春を待ち遠しく思う気持ちが薄れ、少し寂しい気もします。」

というお便りが読まれました。



私は、この方と逆だなぁと、

冷たい水で野菜を洗って赤くなった指先を見ながら思いました。




今の暮らしを始めるまで、

こんなにも冬の寒さが厳しいとは、

こんなにも春の暖かさが待ち遠しいとは、

思いもしませんでした。



もちろん、北海道の寒さと比べたら、

「甘い!」と言われてしまいそうですが。



IMG_1463[1]

外にある水道(沢の水)は、ちょろちょろ出して凍結防止。




けれど、寒いこの時期だからこそ

感じることができる幸せもたくさんあります四つ葉




IMG_1457[1]

雪が降った後の晴れた空。



IMG_1461[1]

花が少ないこの時期に貴重な赤色を挿してくれる、ナンテン。



IMG_1471[1]

年中ホッカイロの、チョコと絢音。(写真にはいませんが、猫のマロも。)





そして、やっぱり炎の温かさは、格別ですピンクハート


お古自慢の五右衛門風呂はもちろん、今年は薪ストーブも仲間入りしました。



IMG_1490[1]

古民家再生をしている頃、

同じ町内の、のんきさんのお力添えで手に入れることができた、薪ストーブ。

今年、やっと設置することができました。



じわーっと温もり、洗濯物が乾く!一石二鳥!きらきら





もうちょちょーっとしたらきっと、

雪の下で頭をのぞかせているフキノトウにも、出会えるはず☆




そんな妄想をしながら、

布団に埋もれて汗をかいている絢音の頭を、

タオル代わりに乾いた布オムツで拭いている、今日この頃ですうっしっし






Last updated  2014.01.14 14:18:42
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.