000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

Profile


JUN@ニモ

Freepage List

Calendar

Free Space

今までにフライトしたエリア

<北海道>
ニセコ
カムイ
美幌

<東北>
天峰山
オニコウベ
花立
白鷹
蔵王坊平
南陽
三ノ倉
猪苗代
羽山
仙台平(あぶくま洞)
湯の岳

<関東>
赤岩
足尾
烏山
グランボレ
伊賀野
小野子
榛名
妙義
しらさわ
ティーダ
仙元山
破風山
白浜(千葉)
丹沢
エリアヤマザキ(松田)
六郷土手河川敷(東京)

<東海>
猪之頭
白糸
三筋山
箒木山
丹那
葛城山
達磨山
天嶺山
ダイラボウ
井川湖
高塚
新城
五井山
付知
二ツ森

<甲信越>
河口湖
甲府白根
富士見パノラマ
長峰山
白馬五竜
白馬八方
白馬栂池
白馬乗鞍
木崎湖
生坂
木島平
大池
鳥倉
高嶺
鳴倉
尾神岳

<北陸>
獅子孔
立山
勝山

<近畿>
伊吹山
琵琶湖バレイ
大和葛城山
紀ノ川

<中国地方>
神の倉
荒谷山

<四国>
水の丸
岩城島
高岡

<九州>
米の山
耳納
志摩海岸
鏡山(佐賀)
伐株山
鏡山(宮崎)
若宮公園(造次郎)
金御岳
(天草)倉岳 ← 100エリア目
矢護山
大観峰
矢岳高原

<沖縄>
石垣島明石

<海外>

サイチャ(台湾)

SCUOL(スイス)
Grindel Wald(スイス)

Saint-Hilaire(フランス)
Annecy/Planfait(フランス)
Annecy/Montmin(フランス)
Laragne Chabre(フランス)
Gourdon(フランス)

WATLES(イタリア)
MERAN(イタリア)
Monte Grappa(イタリア)

HOCH JOCH(オーストリア)

Sarangkot(ネパール)
Sirkot(ネパール)

Cove(アメリカ)
Edna(アメリカ)
Cedar Mountain(アメリカ)
Harricane(アメリカ)
Graph Peak(アメリカ)
Jean Dry Bed(アメリカ)

Kobala(スロベニア)
Lijak(スロベニア)
Vogel(スロベニア)
Stol(スロベニア)

Manilla(オーストラリア)

計 111 エリア
(国内:86 エリア)


☆最長クロカン距離☆

国内:83.6 km(筑波)
海外:82.0 km(Manilla)


~ おまけ ~

<行った事のある国>
カナダ (2000年)
ドイツ (2002年)
オーストリア (2002年・2008年)
チェコ (2002年)
ハンガリー (2002年)
デンマーク (2002年)
ノルウェー (2002年)
スウェーデン (2002年・2014年・2015年)
オーストラリア (2002年・2012年)
フィリピン (2004年・2005年)
台湾 (2007年)
スイス (2008年)
イタリア (2008年・2012年)
ベトナム (2008年)
ネパール (2009年)
フランス (2010年)
モナコ公国 (2010年)
アメリカ (2011年)
スロベニア(2012年)
シンガポール(2013年)
インドネシア(2013年)
マレーシア(2013年)
フィンランド(2013年)
ペルー(2015年)
韓国(2015年)

計 25 カ国

2014/9/6
全47都道府県を制覇!

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

2009年10月31日
XML

2009年10月31日(土)


6月から構想を練り、楽しみにしてきたネパールツアーがやっと来た。
8時40分の集合時間に間に合うべく、早朝5時半に自宅を出発し、成田へと向かう。
『いくら何でも早すぎない?』と思っていたところ、首都高が大渋滞!
成田空港には丁度良く着いた。

ツアーメンバー6人で顔合わせの後、チェックインカウンターへ。
今回は、キャセイパシフィック航空で香港経由でネパール入りです。
現在ネパールへの直行便がないため、
アジアのどこかの都市を経由する事になるのだけど、
キャセイの場合は乗り継ぎが良く、土曜日のうちにネパール入りが出来るのである。

香港行きの飛行機は定刻に出発し、真っ赤に燃え盛る本州の紅葉を眺めつつ西へ。
天気も良く、どこのエリアもコンディションが良さそうです。

葛城山

↑ 伊豆半島と葛城山

ダイラボウ

↑ ダイラボウ

キャセイ航空の昼食 (=辛口師匠からは高評価) を食べてしばらくすると、香港上空へ。

香港1

香港2

晴れているのにどんより空の香港。ここにもエリアがあるのだとか。

香港に着いて、乗り継ぎまで2時間以上あったので、本場の飲茶を堪能♪

香港飲茶

さすがにY浜中華街で食べる物と、味も素材も違いますね!
シュウマイに柚子のカケラが入っていた。

夕方、いよいよネパールの首都「カトマンズ」に向けて、
真っ赤に燃え盛る夕陽を追いかけながらのフライト。
師匠が美味しいと絶賛の機内食を食べ終えた後に、やっと暗くなった。

バングラディッシュのダッカ駅を経て、
ネパール時間の22時30分に目的地「カトマンズ」へ。

カトマンズ空港到着

カトマンズ空港

首都なのに、空港は一階建てで、とても小さいです。

質素な建物の中に入って、ビザを発行すべく、
Without Visa」と書かれている方に並びます。
(写真1枚と米ドル=25ドルを用意しておくとスムーズです。)

無事ネパールに入国すると、丁度良く荷物が出てきた。

空港を出ると、日本語ペラペラなガイドさんが迎えに来ていた。
間違って「With Visa」に並んで遅れを取ったメンバーを待っている間、
見知らぬネパール人から、
「ガイドするよ?」「宿あるよ?」「タクシー乗る?」と、客引きされる。

メンバー全員が揃った後、ガイドさんに大きな送迎車に案内され、

青年が「重い」と言いながら皆の荷物を送迎車に運んだ。
てっきりガイドさんの連れだと思いきや、「25%でいいよ」とチップを要求された。
6人で4ドル支払うと、少年は立ち去って行った。

「やられた~~!!」

彼はガイドの連れでも何でもなく、勝手に来て荷物を運んで、金を要求しただけだった。
次は引っ掛からないようにしよう。

車は宿泊ホテル「Mountain」へと向かう。
町は真っ暗で、ところどころに大きな銃を持った兵隊さんが立っており、
とても重苦しい雰囲気。
『とんでもない国に来てしまったのかな・・・』と思った。

空港からは、すぐにホテルに着いて、ようやく一安心。

マウンテンホテル

到着時間

↑ 真ん中がネパール時間、右が日本時間。

マウンテンホテルのロビー

ロビーには、ネパールらしいものがいっぱい。

仏像

壁画

↑ ヒマラヤの壁画

生け花

↑ 生け花は、水の入った器に花だけを浮かべます。

荷物を部屋に運んで、一休み。

マウンテンホテルの部屋

↑ バス・トイレ付の普通の部屋で、不自由ありません。

明日は、カトマンズから200km西のポカラへと移動します。
おやすみなさい~☆






Last updated  2009年11月09日 22時30分04秒
コメント(5) | コメントを書く
[ネパールフライトツアー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.