000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

淨至庵にて

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.04.15
XML
カテゴリ:俳句



桜ももうすぐ終わるだろう。花と葉が半々になってきた。北国ではこれからが本番らしいが。
花だ花だと浮かれていたが、終わると桜の回りはやっと本来の静けさに戻っていた。
それに代わり、別の花が咲き出した。これからが百科繚乱の一番華やかな頃となるが。
季語の山笑うが最適な景観であろう。公園にも色とりどりの花が咲き始めた。
特に黄色の花が目立っていたので、近づいて見れば山吹であった。
山吹色とはこの色だ、これ晩春の花である。
そうかこの花が咲き出したという事は初夏はもうすぐだな、季節の移ろいとは早いものだと一人納得する。すぐ近くにはシャガの花が咲き出していたが、夏の季語であるので立夏が来て詠んでみよう。
人は花が咲いたと聞くとなぜかこぞって見に来る。愛でるのもいいが花にとっては迷惑だと思うが。
それでこの句を詠んでみた。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.15 21:42:27
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.