792965 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

不良中年・天国と地獄

全2893件 (2893件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2016年08月08日
XML
カテゴリ:テレビ
秀吉は日に日に衰えていきます。
彼の口癖は、「秀頼を頼む」の一点でした。
死後、徳川をはじめとする老衆と、
三成を中心とする5奉行が共同で政を司る、
と再三、家臣たちに言います。
1人の大名、特に家康に権力が集中することを防ぐためでした。
有力大名の中で、徳川が一歩抜けていることは、
誰もが認めていたのです。

合議による政権運営。
三成は太閤の遺言を起草。
全員の花押を求めました。
家康は遺言を書き換えようと画策。
阿茶局(斉藤由貴)、本多正信の進言によるものでした。

秀吉は死の間際に、三成に「家康を殺せ」と命じます。
朦朧とした意識の中で、本音が出たのでした。
三成は昌幸に相談します。
出浦昌相がその任を買って出ました。
結果的に、家康暗殺は失敗。
それは信幸が気配を察して、家康に忠告したからです。
暗殺者が出浦と知って驚く信幸。


今回で大阪編は終了。
太閤の亡き後、大阪の陣までの主導権争いが主題に。
再び乱れる日ノ本。
次の覇者は徳川家康と決まっていますが、
権力闘争がどのように描かれるか楽しみですな。






最終更新日  2016年08月08日 14時16分49秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:グルメ
猛暑日が続きますね。
年寄りには堪えます。
日中の散歩など、もってのほか。
エアコンの効いた部屋でごろんと過ごす怠惰な日々。
しかし、何か食べないと死んでしまいます。

チキテキ

涼しくてゆっくり出来るところ。
ファミレスしかないでしょう。
スタミナがつきそうなチキテキ。
それを食べにガストへ行きました。

生ビール

ハッピーアワーですから、当然ビールを。
生ビールがなければ、生きていけないアル中おじさんです。

オニオンリング

つまみはオニオンリングを。
玉ねぎのリング揚げですね。
添付のケチャップをつけて食べました。
フォークを使ったので、ちょっと食べにくかったです。

チキテキ途中

チキテキ、つまりチキンステーキです。
一味唐辛子、 山椒、ガーリックパウダー、ブラックペッパー。
これらを配合したオリジナルスパイスダレを絡めて、
焼き上げたそうです。

チキンは柔らかく、食べやすいです。
味も悪くはありません。
ピリ辛で、美味しいといえますね。
これはお薦めです。

酎ハイレモン

生ビール2杯のあとは、酎ハイレモンを。
これで酔っ払いました。
若干、飲み過ぎた感じ。
ふらつく足下、車に注意しながら、帰路につきました。






最終更新日  2016年08月08日 08時24分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月07日
カテゴリ:遠出
浴衣3点






最終更新日  2016年08月07日 14時15分13秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:グルメ
夕方、ルミネ荻窪のユニクロへ。
Tシャツを見て歩きました。
先日、しまむらで2枚買ったばかり。
見ただけで、店を出ました。

天ざるセット

エスカレーターで5階へ上がり、腹ごしらえをすることに。
クーポンがあったので、お蕎麦の「三宝庵」へ。
エビとハモの季節の天ざるを。
天つゆ、そばつゆも一緒。

グラスビール

その前に、クーポンで生ビール。
グラスビールですから、これで清むわけはありません。

エア亀と胡瓜の酢の物

箸休め的つまみは、わかめ、胡瓜の酢の物。
200円ですから、お上品な器と量でした。
エビが入っていて、美味しいです。

冷や酒

ビールのあとは、日本酒の冷や。
銘柄は松竹梅です。
透明な徳利に入っています。
いかにも涼しげで、夏らしいですな。
キンキンに冷えています。

天ぷら

天ぷらです。
エビ、ハモの他に、茄子、カボチャ、にんじん、大葉など。
 
この店の天ぷら、あっさり味です。
そばはのどごし重視で、コシは弱い感じ。
歯ごたえはありません。

グラスビール、冷や酒でいい気持ちに。
原八分目ですが、空腹も充たされました。
そばと酒、江戸っ子の王道で自己満足100%。
帰りの足取りが軽かったことは、言うまでもありません。






最終更新日  2016年08月07日 07時39分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月06日
カテゴリ:酒日記
お安いイタリアンファミレス「サイゼリヤ」。
久しぶりに覗きました。
調べてみると、半年ぶりです。

生ビールほうれん草

暑い日なので、まず生ビールを。
つまみは、ほうれん草のソテー。
ポップコーンシュリップ。
後者が、小エビの唐揚げですね。

店内

店内を見回します。
夕方の5時でしたが、意外に空いていました。
混むのは、これからでしょうか。

赤ワイン

生ビールの次は、赤ワインをデカンタで。
1杯づつ頼むより、若干お得です。
大小ありましたが、小のほうにしました。

ムール貝

つまみ3点目は、ムール貝のガーリック焼き。
ニンニクの風味は、あまり強くありません。
ファミリー向けのマイルドな味になっています。
ガーリック好きな人は、不満かも。

生ビールとワインのデカンタで、ほろ酔いに。
なんだかいつもほろ酔いになっている今日この頃。
一度きりの人生ですから、それもいいでしょう。

満員のバスを1台やり過ごします。
次のバスに乗り、ゆっくりと帰宅しました。






最終更新日  2016年08月06日 07時29分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月05日
カテゴリ:グルメ
稲庭風ざるうどんが松乃屋に登場。
毎年、この時期になると、あらわれる季節商品のようです。

ざるうどんセット

まぐろ2色丼セット690円を注文。
ネギ、生姜がついた汁(つゆ)と、わさびの小皿が。

まぐろ丼

まぐろ2色丼です。
ネギトロ、オクラとキュウリの刻み。
ネギトロの上には、炒り胡麻でしょうか。
わさび醤油をかけて食べました。
オクラのねばねば感、夏に相応しい食感です。
ミニ丼ですから、若い人は不満かも。

ざるうどん

稲庭風ざるうどん。
海苔がかかっています。
風(ふう)とありますから、本物ではないでしょう。
日本三大うどんのひとつですが、稲庭うどん、食べた記憶はなし。
このうどん、つるつるでコシはあるほうかな。
ミニ盛りですから、量は少ないです。

ポスター

暑い夏、うどんだけを食べてる人もいました。
単品だと360円だったかな。
ビールとうどん、いつか試してみたいですね。






最終更新日  2016年08月05日 07時28分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月04日
カテゴリ:グルメ
満州8月のお薦めはレバニラ炒め。
麻婆豆腐と並んで、私の好きな料理です。
さっそく、初日に食べに行きました。

定食

昼間なので、レバニラ炒めにライスセットをつけます。
ご飯、お新香、スープ。定食ですね。
サブメニューは省略しました。

レバニラ

レバニラ炒め。具は定番ですが、量は多いですね。
食べ応えがあります。薄味気味なので、我が輩の好み。
美味しいです。

玉子スープ

玉子スープ。中華ではこれが普通です。
焼き肉だとわかめスープが多いですが。

幟

いやあ、おなか一杯になりました。
カロリー的にはどうなんでしょうか。
炒め物なので、高いかもしれませんな。
チャリンコでミニサイクリングして帰りましょう。
ご馳走さま。






最終更新日  2016年08月04日 07時37分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月03日
カテゴリ:旅行
夏の京都、毎度言うようですが、暑いです。そのせいか、浴衣の女性をよく見かけました。祇園祭りの最中、ということもあり、特に目立ったのかもしれません。ただし、数字的には、外人より少なかったですね。

浴衣4人
シャッターチャンスがあったのは、数回です。わざと後ろ姿を狙いました。その中から、4点、まとめてお見せします。我ながら、下手な写真ですなww






最終更新日  2016年08月03日 10時43分49秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:酒日記
牛丼の松屋、一部の店舗で生ビール(小)が150円で提供されているようです。

ポスター

ポスターや旗が掲げられています。これが目印ですね。

生ビールとキムチ

最初は券売機で食券を買いました。生ビールとキムチ。キムチがぼけているのは、明るい単焦点レンズのせいでしょう。もちろん、腕が悪いのは百も承知です。生ビール、ジョッキというよりグラスです。たちまち空になりました。2杯目は、現金で追加。これもすぐに空に。

豚生姜焼き

豚バラの焼き肉。定食用の使い回しです。塩味ですが、まずくはありません。ネギとおろしがついていますが、全体に貧弱な感じは否めませんな。これ350円だったかな。安いので、仕方がないでしょう。

奴とポテトサラダ

3杯目は、再び券売機で、冷や奴とポテトサラダも一緒に。さすがに3杯目になると、ペースは落ちます。
奴は絹豆腐なので、江戸っ子の舌には柔らかすぎました。奴は木綿に限りますな。ポテトサラダが予想より美味しいのには驚きました。底上げのキャベツが多いので、食べ応えがあります。

小ビール3杯で、ほろ酔いになりました。会計は1140円。吉野家より若干お安く感じました。グラスビール150円は、お得感が半端ではありません。暑い日に、水代わりに飲めるのは最高です。気に入りました。






最終更新日  2016年08月03日 07時24分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月02日
カテゴリ:テレビ
大地震によって、伏見城は崩壊。秀吉たちは再び大阪へ戻りました。日々衰えていく秀吉。5歳になった拾(ひろい)を元服させ、名を秀頼と改め、家康をはじめ諸侯に忠誠を誓わせます。

慶長3年3月、秀吉は醍醐寺で盛大な花見を催しました。招かれたのは、大名やその配下の女房女中等1300人。この席で、幼い秀頼の要望で花咲かじいさんを演じた秀吉は、木から落ちて寝たきりになります。

昌幸は懲りずに吉野太夫のもとへ足繁く通っていました。が、この女は偽物で、本多正信(近藤正臣)が放った忍びでした。出浦昌相(寺島進)や佐助(藤井隆)は女の正体を見破り、殺してしまいます。不穏な動きをする徳川家康。秀吉は上杉景勝(遠藤憲一)を呼び出し、自分の死後、家康が謀反を起こすような行動に出たとき、背後から攻めように命じます。


前回、細川ガラシャなどのエピソードは本筋と関係ない、と書きました。今回は、キリシタン弾圧の挿話がちらっと出てきます。やはりこれは余計でしたね。

末期を迎えた秀吉の実情を探ろうと、家康はいろいろなルートを使って情報を得ようとします。昌幸は再び乱世が来ると予言。長男の信幸は徳川の世が来るのではないか、と家康寄りの立場を明確にします。信繁は兄とは反対に、豊臣家を守ろうと密かに思ったようです。真田家の親子は、立ち位置が微妙にずれるのでした。

正室と側室が同時に出産した信幸家。稲(吉田羊)が嫁入りの際、真田家の内情を探れ、と父(藤岡弘、)に言われてきた、と告白。信幸はとっくにお見通しでした。伏見城の普請では能力を発揮できなかった源三郎信幸ですが、意外に知恵は働くようです。

次回は秀吉の死が描かれるのでしょう。大阪の陣までは時間がありますが、その間の5奉行による主導権争い、どのようにスリリングに描写されるか、一応期待しましょう






最終更新日  2016年08月02日 10時19分41秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2893件 (2893件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

お気に入りブログ

§ Hobby / Intellect… Vixivさん
ヘーゼル☆ナッツ・シ… へーゼルナッツさん
たけぞうわるあがき たけぞう1959さん
山口良一的ココロ あほんだらすけさん
競馬をとことん楽し… Scorpion30さん

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

マイコ3703@ 実は更新の度に見てました(笑) ブログの隅から隅まで読んでしまいました(…
kenngu0310@ Re:エルメス バッグ 新作 2013 秋冬 突然訪問して失礼しました。 ありがとうご…
中年ジュリー@ Re[1]:ブルーレイレコーダー(10/10) GAMMAさん 二度の書き込み、ありがとうご…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) 上記(下記かもしれませんが)2番目のアドレ…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) ご無沙汰しております。福岡から無事帰っ…

バックナンバー

2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.