ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

フリーページ

全438件 (438件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

読書から

2018年12月06日
XML
カテゴリ:読書から
副題は ~天皇の師として、自由主義者として~ とある。

以下、目次
第一章 父と修学時代
1 父・小泉信吉――福沢諭吉との密な関係
2 青年期の記憶――公立小から慶應義塾へ
3 経済学への目覚め――明治時代末期の中で
第二章 論壇の若き経済学者――マルクス主義批判の旗手
1 ヨーロッパ留学――第一次世界大戦下の英独仏体験
2 反マルクス主義の展開と論争
3 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年12月07日 09時19分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月25日
カテゴリ:読書から
今日は、ぶらり文学散歩に、と言っても、向かう先は、東京モノレールに乗って流通センター。

どうも「文学フリマ」なるものが行われているらしい、ということで、、

入り口で案内パンフをもらう、何と1000近いブースが、レイアウトでF13を探し、「ネルマエニ」を二冊購入!

学生のブースなども目立つ、思わず「みたたんか」も一冊、、
それにしても、社会は … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年11月25日 19時19分27秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:読書から
以下、目次

第一章 トランプの登場と白人支配人終焉
 白人ファースト再来の危うさ
 日本は「白人の失敗」に学べ
 「完全自立への道標」憲法論議の空しさ
 尖閣諸島という国難
 日本製の戦略ミサイルを
 真の年男
 地球はどうなる
 角さんと飲んだビール

第二章 中国との戦いは終わらない
 世界に堂々と理非を問え
 総理は尖閣に行ってほしい
 金 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年11月25日 19時31分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月23日
カテゴリ:読書から
まず、仕事の合間に、よくこれだけ内容が濃い本を書けたと、その情熱と知識とパワーに敬服する。 著者が今まで経験してきたことなども織り交ぜた内容で、神社などにたとえ関心が薄くても、そちらの方向から楽しむことが可能な内容になっている。

 ところで、本を読むときにいつも一番好きな部分は、あとがきとか、おわりにとか、エピローグと呼ばれる部分、著者が本を書く … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年11月23日 23時48分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月01日
カテゴリ:読書から
まず、目次

まえがき イタリアの歴史哲学者を襲った大地震

第一章 秀吉と二つの地震
 1.天正地震と戦国武将
  先人たちは地震発生時刻をどう測ったか
  山内一豊の愛娘の死
  娘の死後、震災孤児を慈しむ
  家康の生き残り作戦
  地震に救われた家康
  若狭湾を襲った津波
 2.伏見地震が終わらせた秀吉の天下
  伏見城崩壊、多くの美女が … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年11月02日 11時03分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月08日
カテゴリ:読書から
べつにいろいろとあったわけではないが、、以前に、成人の日に新成人に向けたメッセージを新聞広告で発表していたが、その記事を読むのが好きだった。この方の短文は、サラッと読みやすくて、しかもちょっと味が利いていていい。 簡単に読めるということで、、

以下、目次
第一章 月
あれから30年が過ぎて さよならは言わなかった 別れたあとで 無念を握りしめて生 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年10月08日 14時23分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月06日
カテゴリ:読書から
紹介本、今回もふたを開けてみれば、バラエティに富む布陣、最初こそ静かに始まったが、だんだんと熱を帯びてくる。やや固く収まるかに見えたが、、、なんのなんの、カラーの写真資料が出てきたところでピークに、、あれやこれや、話が錯綜して収まらない。
 SLが、自転車に乗る中学生が、そして田中裕子に沢田研二に谷津遊園、、で、これは第30作の話、、なんてたって … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年10月06日 19時22分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月04日
カテゴリ:読書から
著者の名前に、おやっ? と思った。 この名前、先に読んだ養老孟司氏の本に何回か出てきた。 何かつながっているということで、また、年齢的にも少し上で、これから生きる上でも参考になりそうかな?ということで購入。

以下、目次
1 ダマシ、ダマシ生きる
   ボケ老人の行方
   家事力と主婦の脳
   50年経っても変わらないもの
   老人になるとい … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年10月04日 19時25分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月27日
カテゴリ:読書から
解剖学者であり、記憶喪失の体験を何度もしている方の書籍、「これだけは言っておきたかった」と帯に書いてあるので、読まないわけにはいかない。

一章 動物は言葉をどう聞くか
    馬鹿な犬と恩知らずの猫 動物は絶対音感の持ち主 絶対音感は「失うもの」 ヒトはノイズを求める 鳥がしゃべる根拠

二章 意味のないものにはどういう意味があるか
    感覚 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年09月27日 09時54分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月16日
カテゴリ:読書から
副題に〈わたしと世間〉とあるように、要は、極端な話、「世間学」と考えてしまうとわかりやすいのかも?? 帯には “世間とつきあう方法” とも "独学の手引き" ともあるので、そんな観点からの一つの見方が提示されているのではと、、

以下、目次
第一章 「社会学」 現代の世間話
 「世間」というもの 「世態学」と「社会学」 「世間話」の記録 世俗の学 文芸とし … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年09月18日 20時07分49秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全438件 (438件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


kaitenet

お気に入りブログ

日本株のフリー落下… New! toms2121さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

☆『霜降る』 New! suwatoyoさん

いちろう銘柄高値更… New! えむ5678さん

私も「ミチシルベ」… みらい0614さん

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:非常に意味がある言葉(05/18) generic name for cialisclick here ciali…
 http://eddrugsgeneric.com/@ Re:非常に意味がある言葉(05/18) what is generic cialis calledcialis sof…
 omachi@ Re:きっと、そこに行きつく、プロセスが面白いんだろうな、、(07/31) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知っ…
 本が好き!運営担当@ 書評でつながる読書コミュニティサイト・本が好き!のご案内 突然のコメント、失礼いたします。はじめ…

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

購入履歴

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.