ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

フリーページ

全453件 (453件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >

読書から

2019年03月13日
XML
カテゴリ:読書から
副題には~世界を知り抜くための羅針盤~とある。

読んで、時間がたってしまったので、内容の記憶が薄れてしまったけど、、

以下、目次
はじめに 「方丈記私記」から 富山県 髙志の国文学館の館長 中西進
第一章 堀田善衛の青春時代 池澤夏樹
第二章 堀田善衛が旅したアジア 吉岡忍
第三章 「中心なき収斂」の作家、堀田善衛 鹿島茂
第四章 堀田善衛のス … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年03月13日 12時00分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月04日
カテゴリ:読書から
平成時代の日本の停滞が気になる。最近は失われた○○年という言葉は聞かれなくなったけど、相変わらず景気の良い話は聞かれない、というか少子高齢化で成熟化した低成長時代は当然なのかもしれない。様々な要因が重なり合っているとは思うが、そのひとつとして、、

 以下目次

 プロローグ GDPシェア3分の1のショック
  21年間でGDPシェアが3分の1にまで … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年03月04日 21時20分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月16日
カテゴリ:読書から
今回もバリエーションに富んだ内容。  地元、川口江梨さんの自費出版書「奥の細道」の紹介がある。 シニアの方で、250CCのバイクに乗り、松尾芭蕉が歩いたと思われる時期に合わせて? 約半年間の旅の記録、とても読みやすい文章。その若さあふれるチャレンジ精神と、ち密な挿絵とのコラボの内容が素晴らしい。「様々のことを思い出す桜かな」という芭蕉の句も併せて紹 … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年02月16日 20時42分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月22日
カテゴリ:読書から
著書「国家と教養」が面白かったので、引続き著者の本を、、

以下目次
第一章 政治もモラルもなぜ崩壊したか

 低下する政治家の質、腰の定まらぬ外交、頻発する無軌道な殺人事件、勉強しない子供達‥‥‥もはや対症療法では効果はない


第二章 すばらしき日本文明

 世界七大文明の一角を占める日本文明。江戸期に来日した外国人たちは「貧しくも幸福な社会」を … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年01月22日 19時37分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月08日
カテゴリ:読書から
今の世の中の風潮が気になる。 流れが気がかりだ。これからの世界はどうなっていくのか? パラパラめくると、示唆に富んだ内容、ということで、、、

 以下、目次
 第一章 教養はなぜ必要なのか
  「グローバル・スタンダード」の背後にある、「アメリカの意図」を見抜けなかった日本。情報の取捨選択を可能にする「芯」のない国は、永遠に他国の思惑に流される

… [続きを読む >>]





最終更新日  2019年01月09日 21時18分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月04日
カテゴリ:読書から
副題には ~成毛流・60歳からの生き方指南~ とある。

 定年という文字を見ると、大体書いてあることは想像がついてしまいそうになるのだけど、今、その真っ最中ということで、つい反応してしまう。 ひとつでも参考になることがあれば儲けものという感じで、、、!

 第一章 60歳になったら、新しい人生を歩み出せ

  「やりたくないこと」にケリがついたら … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年01月05日 20時52分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月22日
カテゴリ:読書から
あっ、この本、この間の出版イベントで扱われた本だ! 行けなかったけど、読んでみたいと思っていたものが早速紹介されて、なんともありがたい!

絵本「二番目の悪者」の朗読もあった、、 語りも上手で、一人ひとりの胸に響く、 最後はなんとも意外な荒涼とした風景、これを避けるために、どうすればいいのか、今こそ一人ひとりに必要とされる情報リテラシー、考えさせられ … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年12月25日 18時52分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月20日
カテゴリ:読書から
第一章 「春」――幸せな子どもの育ち方
 愉快な人生の土台をつくる/「教える」とは「引っ張り出す」こと/「慈愛」と「義愛」/慈愛と義愛から四端、そして四徳へ/発見イコール感動/素読のパワー/本がいらない、共鳴感/江戸時代の三位一体型教育/寺子屋は個別授業/江戸の教育の最初は「清掃・応対・進退」/清掃――三つの効用/応対/進退/「孝行」と「徳」――江戸時代 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年12月28日 10時07分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月11日
カテゴリ:読書から
この方の読書量は豊富なので、文章の中身が濃い。 巻末に記された「本書で取り上げた作品」の数の多さもそれを物語っている。  ところで、50歳とは15年以上昔の話だが、15年くらいは誤差のうち、、、これから生きていく上で何か一つでも、参考になることがあればしめたものという感じで、、、

以下、目次

はじめに やがてくる孤独に備えるために

第一章 5 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年12月14日 13時06分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月06日
カテゴリ:読書から
副題は ~天皇の師として、自由主義者として~ とある。

以下、目次
第一章 父と修学時代
1 父・小泉信吉――福沢諭吉との密な関係
2 青年期の記憶――公立小から慶應義塾へ
3 経済学への目覚め――明治時代末期の中で
第二章 論壇の若き経済学者――マルクス主義批判の旗手
1 ヨーロッパ留学――第一次世界大戦下の英独仏体験
2 反マルクス主義の展開と論争
3 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年12月07日 09時19分40秒
コメント(0) | コメントを書く

全453件 (453件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


kaitenet

お気に入りブログ

『江は流れず』2 New! Mドングリさん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

☆『一日だけの好天気』 New! suwatoyoさん

高値更新 いちろう… えむ5678さん

ミステリーツアーと… みらい0614さん

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:非常に意味がある言葉(05/18) generic name for cialisclick here ciali…
 http://eddrugsgeneric.com/@ Re:非常に意味がある言葉(05/18) what is generic cialis calledcialis sof…
 omachi@ Re:きっと、そこに行きつく、プロセスが面白いんだろうな、、(07/31) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知っ…
 本が好き!運営担当@ 書評でつながる読書コミュニティサイト・本が好き!のご案内 突然のコメント、失礼いたします。はじめ…

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

購入履歴

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.