385533 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あずさわ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


中仙堂

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

システムエンジニア… 開発導師7さん

Comments

中仙堂@ 創造者の子は創造者 思考に気を付けなさい それはいつか言葉に…
中仙堂@ 癒しと成る自覚! 一年の計は元旦に有りと言われるのは過去…
中仙堂@ 心定め パソコンはまだ おあずけ状態で、  風邪…
中仙堂@ どれだけ多くを 大切なのは どれだけ多くほどこしたかでは…
中仙堂@ 日々此れ 進一歩! 「頑張ろう!」 「頑張ります!」 今迄何万…

Freepage List

Headline News

2012.05.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブダペストは著名なピアニストであるリストが
活躍した音楽の聖地でした。
そのリストの暮らした建物は「リスト記念館」になっています。

或る霧の深い早朝、新聞配達の少年は
記念館の裏口から慌てて立ち去る人影を見た。
その日、当地の夕刊三面記事に「リスト記念館に賊が侵入、
被害は見当たらず。」と云う小見出しが有った。
数週間後、市のセントラル公園は大勢の人混みで溢れ返って居た。
公園の広場には大きな大木が有り木陰では
一人のアーティストが古びたピアノに向かって
リストの小品集をメドレーで弾いて居た。
その音の軽やかさ、鮮烈さは人々を酔わせるに十分でした。
「ブラボー、ブラボー。」
ひとしきり喝采が続きやがて人々の
アンコールを希望する熱烈な叫び声に変わりました。
「ら・かんぱねーら」
「ら・かんぱねーら」
「ら・かんぱねーら」
熱情の沸き上がる特設のステージに奏者も
戸惑いを隠せませんでした。
彼は愈決意せざる負えなくなり、
強く唇を噛み締めると、
リストの名曲「ラ・カンパネーラ」
を弾き始めたのでした。
或る女性が目を止めました。
未だ若い新鋭のピアニストの手が
蒼い革手袋に包まれて居た事を。
つづく

(この話は事実無根ではあります。真に受けないでください。)






Last updated  2012.05.25 23:57:02
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.