102457 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

脱廃人的社会人生活

PR

Profile


かんなつ

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

Nov , 2020
Oct , 2020
Sep , 2020
Aug , 2020
Jul , 2020

Freepage List

Mar 31, 2019
XML
カテゴリ:読書感想文
  • 西田典之(橋爪隆補訂)『刑法各論』(弘文堂、第7版、2018年)と比較してみる。
  • 頁数は、前掲・西田各論よりやや少ないが、文章は柔らかく、前掲・西田各論よりも言葉を尽くして説明しようとするところがある。
  • 前掲・西田各論よりも、更に進んだ議論を展開しており、論争的で、難易度はやや高い。アカデミックな講義で、アカデミックに使用されてこそ、真価を発揮する本だと思う(逆に言うと、講義で教科書指定されていないにもかかわらず、独自に本書を選んで勉強を進めるのは、学習段階によってはかなり辛いかもしれない)。なお、著者は、必ずしも独自の見解を採用してばかりというわけではない。
  • 前掲・西田各論と同じく、条文を逐一紹介してくれるのが嬉しい。
  • 法学部はもとより法科大学院でも、本書を基本書にしている学生は、少なくとも私の周りでは一人も見かけなかったが、関西では状況が異なるのであろうか。







Last updated  Mar 31, 2019 03:09:17 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.