3241011 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

katariたがり@ Re:ワンピース感想(06/29) New! かなこさんへ 味方といわなくても協力し…
かなこ@ ワンピース感想 ふと思いましたが、ヤマトは実子が養子か…
katariたがり@ Re:果報は寝て待て(06/28) zebraさんへ そうですね 焦らずじっくり…
katariたがり@ Re[1]:ジャンプ感想 29号 ワンピース(06/22) かなこさんへ カイドウの息子と聞くとそ…
zebra@ 果報は寝て待て katariさん 果報は寝て待て、ということ…

Headline News

May 26, 2020
XML
カテゴリ:ジャンプの感想
鬼滅の刃の考察です

最終決戦

その終盤

死にかけていた炭治郎は無惨によって鬼にされました

無惨は自分の想いを受け継がせると炭治郎を無理やり鬼にしたわけですが

まあはっきり言うと身勝手極まりないものでした

死んでなお不快感を味合わせると

だが彼は最終的に人に戻りました

喩史郎が言うにはしのぶの作った薬と禰豆子の血によるものだったそうです

ただ展開が早すぎるとか

あっさりと鬼から人間に戻ったとか批判も多かったように感じます

だがこれは展開としてはむしろ当然とも言えます

早く炭治郎を止めなければ犠牲者が出てしまいます

その結果彼が人殺しになってしまい救うことができなくなる

放っておくと人間に戻せなくなる可能性もあったのだから

後薬であっさりとか 何もかも薬でとか何とか言ってるやつがいるけど

あの薬は一つしかなくまた作ることができるかどうかすら怪しいのです

それにあの状態の炭治郎に薬を打ち込むのがどれだけ大変なのかを考えると

いうほどあっさりでも容易でもないのです

そして何よりも炭治郎を本当に救ったのは

薬でも禰豆子の抗体でもないのです

それは炭治郎にあって無惨にないもの

ズバリ言うと人との愛と絆です

炭治郎が誰も殺さずに人に戻れたのも絆があったからです

兄弟子である義勇は炭治郎が誰も殺さないうちに倒そうと必死だった

戦友である善逸、伊之助たちも炭治郎を止めようと必死に呼びかけた

遺された唯一の家族である禰豆子は炭治郎を体張って止めました

その結果彼女の血が炭治郎を救うきっかけとなった

そしてもう一つのきっかけとなったしのぶの薬を打ち込んだのはカナヲ

彼女は己の残された目とその身を犠牲にする覚悟で炭治郎に薬を打ち込んだ

これは彼女が炭治郎を愛していたからです

一人の大切な男性として

だから自分を犠牲にする覚悟もできた

同時に彼女が死ななかったのもまた彼を人殺しにしたくないという一念だったのだろう

それ以外にもともに戦った戦友たち

無惨の呪いに捕まっていた炭治郎を人に戻すために押し上げたのは命を失った家族たち

そして柱や同期の玄弥

死した者たちは彼に生きてほしいからと押し上げていった

さらに生き残った者たちが呼びかけ引っ張り上げることで炭治郎は人に戻ることができた

無惨はただ一人自分の望みがついえたことを感じ取るばかりだっただろう

だからこそ言える

炭治郎を救ったもの

鬼舞辻無惨を滅ぼしたのは

人の愛なのだと

では






Last updated  May 26, 2020 07:13:31 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.