4848468 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

趣味のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

katariたがり

katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

katariたがり@ Re:配信はなおも続く(06/03) zebraさんへ アラバスタではもうコブラは…
katariたがり@ Re:追い込まれつつあるエッグヘッド(06/09) zebraさんへ いきなり石化されるとかとん…
katariたがり@ Re:くまの肉球に詰め込まれた記憶と 研究所内の異変(06/02) zebraさんへ 幼い子供によってたかってあ…
zebra@ 配信はなおも続く katariさん へ アラバスタはコブラ王の…
zebra@ 追い込まれつつあるエッグヘッド katariさん 今日さっそくみてました い…

Headline News

October 30, 2020
XML
カテゴリ:呪術廻戦

アニメ 呪術廻戦のかんそうです

1年生3人がやばい奴と

本編

呪を祓うために虎杖たちが派遣されたと

呪胎を発見したそうで

伊地知という人から

窓というのは呪いを監視できる高専関係者と

まだこの中に人が取り残されてるとか

敵が変態するばあい特級になる可能性もあると

虎杖は級というのがまだよく分かってないようで

馬鹿でもわかる説明を

通常兵器が有効と仮定した場合

4級が最低ランクで木製バットで余裕

3級は拳銃があればまあ安心

2級は散弾銃でギリ

1級は戦車でも心細い

特級はクラスター弾での絨毯爆撃でトントンと

とにかくやばいってこと

本来は五条レベルの人間があたるのだが

彼は出張している

学校でぶらぶらしてていい人材でもないのだと

この業界は人手不足が常で

手に余る任務を受けるのは多々ある

だが今回は緊急事態ゆえにけして戦わない

特級とぶつかった場合逃げるか死ぬしかないと

まず取り残された人たちを助けるのが優先

そんな話を聞いてると一般人が

取り残された誰かの母親か

それを見てて虎杖は悲痛な表情に

伊地知は毒物が撒かれたとごまかす

その姿を見て虎杖は助けると

宿舎のほうに向かう3人

伊地知は帳を下すと

虎杖は周りが夜になっていくと

外から俺たちを隠す結界だと

それだけ虎杖が知らないってことか

伏黒が式神を出して斥候か

しかし中に入った途端かなり複雑な構造

2階建てのはずなのに

呪力による結界か

しかも背後のドアはなくなっていると

虎杖と釘崎は混乱して盆踊り

式神が入り口はわかると

2人はまたはしゃぐ

虎杖は伏黒がやはり頼りになると

少し照れたかもしれんな

まずは先に進む

しかし向かった先にあったのは無惨な死体

3人の名前

そのうち一人の名前

あの母親の子供か

虎杖はせめて遺体を持って帰りたいというが

伏黒はまず後2人を探すんだと

虎杖はまたここに戻ってこれるとは限らないだろというが

伏黒はただでさえ助ける気のない人間の遺体まで拾う気はないと

虎杖はどういう意味かというが

ここは少年院

呪術師には現場のあらゆる情報が入ってくる

この正ってやつは無免許運転で女児をはねていると

しかも2度目

つまり罪を犯した入ってる場所か

虎杖は多くの人間を助け正しい死を迎えてほしい

それにこだわってるが

助けた人間が人を殺したらどうするのかと

じゃあ何で俺は助けたのかという虎杖

釘崎はこんな状況でもめてる場合じゃないというが

続けて言おうとすると釘崎はいつの間にか何かに飲み込まれていた

式神はどうなったのか

いつの間にかやられていた

伏黒は虎杖に逃げるぞと

釘崎を探すのはそれから

といおうとするが目の前に呪が

伏黒は間違いなく特級だと

2人とも動くことすらできないぐらい震えている

それでも虎杖は祖父の言葉を思い出し剣を抜くが

虎杖の手がやられた

釘崎は真っ暗な中に放り込まれていた

そこには不気味な呪いの数が

伏黒はいつの間にか単独行動に

あの直後のこと

虎杖は宿儺に協力しろといったが

お前が死んでも俺の魂はまだ18もある

とはいえ腹立たしいことにその体の支配者は俺じゃない

変わりたければ変わってもいいが

呪いの前にお前の仲間を殺すと

やはり外道だな宿儺

特級の強さ

呪術ですらないか

虎杖は伏黒に釘崎を連れて逃げろと

それを確認したら俺は宿儺に変わると

できるわけないという伏黒だが

相手は俺たちをなめている

時間稼ぎぐらいならと

伏黒は一度は断るが

虎杖の決意を受け入れた

そのころ釘崎も追い詰められていたか

特級と対峙する虎杖

とにかく時間を稼ぐと

しかし力の差は歴然としか言いようがない

完全に弄ばれている

虎杖の体はボロボロにされていく

何でこんなにつらい思いをと

指を食わなければよかったのか

虎杖でもやはり折れそうになることはあるか

死にたくないと思うのも当然

ここで死ぬのは正しい死なのかと

考えるなと自分を鼓舞する虎杖だが

力の差は歴然

自分が弱いと感じずにはいられない

そしてそのころ釘崎も呪いに捕まっていた

今食われそうになる釘崎

だがその時伏黒が現れ彼女を救出

蛙に食われてか

苦手らしいがそんな場合でもない

虎杖は呪に追いつめられていく

自分が強いとうぬぼれていた

死に方を死ぬ時を選べるぐらいには

だがそれは違ってたと

死にたくないと

正しい死か

じゃない

呪術師に悔いのない死はないと校長が言っていた

せめて自分の死が正しいと言えるように

呪は負の感情から生み出される

ならばその感情を自分の拳に

それをぶつけるがなお通じない

しかしその時遠吠えが

これは伏黒の合図だったか

虎杖は宿儺に変わる

宿儺はつくづく忌々しい小僧だと

特級ですら子ども扱いしてる感じだな

虎杖をギャフンといわせたいようだが

奴らを追っても直前で入れ替わるのがオチ

振り出しに戻すのが一番いいと思い特級に従えと

だが相手が素直に従ってくれるわけもないか

宿儺は腕も再生させられるのか

呪霊は生まれた場所にとどまるものか

従う気がないなら始末すると

さっきまで虎杖をいたぶってた呪が宿儺には子ども扱いか

そのころ伏黒はいづつに

避難区域を広げてほしいと

伏黒は虎杖を待つと

釘崎は病院までか

伊地知も戻るというが

戦力にならないから一級以上の呪術師を呼んできてほしいと

いないだろうけど

伏黒はもしもの時は虎杖を始末する責任があると

宿儺は磔にした呪に

俺もお前も特級に分類されるのだと

奴も特級と呼ばれるだけにまたも再生する

ほめてやると

だが呪力による地位は人間と違いそう難しくはない

お前も虎杖も呪いの何たるかをわかってない

本物の呪術を見せてやると

領域展開

伏魔ミヅチとやら

一瞬で特級呪霊をバラバラに

しかも奴は宿儺の指を持っていたか

それをまたもらったと

宿儺が虎杖に呼びかけるが反応がない

それはつまりそういうことなのか

宿儺は邪悪な笑みを

次回に続く

おまけでは伊地知は中間管理職って感じの苦労だな

電話でお辞儀をしてしまう癖はあるか

没入することもあるか

電話をしてる時にいろいろと癖がでるようだ

釘崎は肩に電話を掛けられないと

次回宿儺自由になり






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  October 30, 2020 06:15:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
[呪術廻戦] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.