322509 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

信仰者は夢を見る:川上直哉のブログ

PR

Profile


川上直哉

Free Space

東北学院大学の授業の出席票とレポートは、こちらからも、提出いただけます。

仙台白百合女子大学の授業への出席票は、こちらからも、提出いただけます。

Archives

Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019
Dec , 2018
Nov , 2018
Oct , 2018

Calendar

Freepage List

フォーサイス 翻訳


影をなくした男の話


音楽と礼拝


「トルコ虐殺事件」


PPMMより抜粋


最初の公開文書


宗教家の夢


説教「絆」


説教「十字架と食卓」その1


説教「十字架と食卓」その2


説教「十字架と食卓」その3


説教「キリストの奉献」


説教「働くこと 愛すること」


説教「平和のために」


説教「説教とは何か」


説教「大学のチャペル」


説教「愛の力」


説教「よき世界」


説教「天国」


説教「祈り」


説教「償い」


説教「正義」


説教「和解」


説教「希望」


説教「かみはわがやぐら」


説教「墓」


「荒野を葡萄と蜜の地に」


説教「過ぎ越し」


説教「祈り」(信仰編)


説教「尊厳」


説教「死の彼方」


説教「愛するために」


説教「復活の意味」


愛に生きる


説教「平和について」


説教「私たちの信仰」


説教「公現日の秘密」


説教「招聘を受けて」


説教「三つよりの糸」


聖フランシスの収穫感謝の祈り


2010年クリスマス礼拝


2011年 イエス物語 説教集


説教 キリストのからだ


震災の中での、二つの説教


ルカ福音書16章


神学者の夢


古代ローマ1:心棒


古代ローマ2:図書館の誕生


古代ローマ3:一神教?


近代日本の形成とスコットランド


「トルコ虐殺事件」解説その0


「トルコ虐殺事件」解説その1


「トルコ虐殺事件」解説その2


「トルコ虐殺事件」解説その3


書評『JUNKの逆襲』


「葬儀」調査報告書


「宗法連」研究


オバマの「カイロ演説」


2010年度 英文科授業音声ファイル


2010年度 法律学科授業音声ファイル


2010年度 総合福祉学科授業音声ファイル


10年度 法・英 補講音声ファイル


回心と論争:フォーサイス評伝


はじめに


第一章:資料


第二章:前史


第二章 第一節:生い立ち


第二章 第二節:学生時代


第二章 第三節:分節線


第三章:牧師時代


第三章 第一節:シプリー


第三章 第二節:ハクニーへ


第三章 第三節:ロンドン


第三章 第四節:マンチェスター


第三章 第五節:「継続」


第三章 第六節:芸術論


第三章 第七節:レスター


第三章 第八節:分節線


第三章 第九節:ケンブリッヂ


第三章 第十節:牧師として


仙台市民教会・戸枝義明研究


見天の易・見地の難


高等学校「聖書」授業


第1回:授業の目的とルール


第2回 キリスト教の源(前編)


第3回 キリスト教の源(後編)


第4回 時の満ちるに及んで(前編)


第5回 時の満ちるに及んで(後編)


第6回 信仰の戦い(前編)


第7回 信仰の戦い(後編)


第8回:西欧の誕生


第9回:「正統」な教会


第10回:制度・組織


第11回:聖書(その1)


第12回:聖書(その2)


第13回:信条


第14回:ローマ帝国とキリスト教(前篇)


第15回:ローマ帝国とキリスト教(後篇)


三学期 第一回


三学期 第二回


三学期 第三回


三学期 第四回


三学期 第五回


三学期 第六回


三学期 第七回


三学期 第八回


三学期 最終回


poster.jpg

(上掲の絵画についてはこちらをご覧ください。)


学生諸賢へ、事務連絡です。

東北学院大学の授業の出席票とレポートは、

      こちら

から、提出いただけます。


仙台白百合女子大学の授業の出席票とレポートは、

      こちら

から、提出いただけます。



*******************************

「夢とは欲望の充足だ
   Le rêve est la satisfaction d'un désir」(フロイト)


私たちは、とかく、「表現」そのものに憚りを感じる世間に生きています。
それは、多分、私たちの生き難さに直結していることでしょう。
だから、私は、「夢」を見ます。
「表現したい」という「欲望」を、「充足」させるために。

「夢の中は 夢もうつつも夢なれば 覚めなば夢も うつつとをしれ」

『続後拾遺和歌集』に 僧正聖尋母さんが歌いました。
「夢」を見続けること。「表現」をし続けること。
それは、世界を変えることなのかもしれません。

「I have a dream!」の呼びかけに、
人々が熱狂してから、もうすぐ半世紀になります。
「夢」は常に「うつつ」に押しつぶされながら、
それでも、消えることなく、機会をうかがい続けている。
そのことに励まされて、私は夢を語ります。ひとりの信仰者として。
Sep 9, 2018
XML
カテゴリ:神学者の夢
2018年9月10日から始まる
講義「キリスト教文化史」の

資料や録音などを、以下にご案内します。

まず、出席票とレポートですが、

こちら

から、提出くださればありがたく思います。


レジメは、以下の通りです。

【ここにリンクを張ります】


では、録音と資料などです。

【ここにリンクを張ります】







Last updated  Sep 9, 2018 06:41:02 AM

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.