2282617 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日も他人事

今日も他人事

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年04月16日
XML
カテゴリ:アニメ
『メタリックルージュ』について考えると、どうにも『まどマギ』を思い出す。



どちらも1クールオリジナルアニメであり、有名なスタッフが集まっている点では一致していた。

ただ、事前に「面白そう」と感じていたのは『メタリックルージュ』の方で、逆に『まどマギ』に大して関心はなかった。魔法少女物にも、蒼樹うめ先生のキャラデザにも、シャフト制作にも別段、思い入れはない。

私が『まどマギ』を見た理由は、たった一つ。『沙耶の唄』と『Fate/Zero』で名前を知っていた虚淵先生が脚本を担当されているから、という1点だけ。ちなみに、『サンボル』と『鎧武』を見た理由も全く同じ。『ゴジラ』と『バブル』は観ませんでしたけどね。だって、お金掛けてまで観に行きたいとは思えなかったから。

……が、それはともかく、『まどマギ』は面白かった。



まず、1話の冒頭、いきなり、謎の魔女(ワルプルギスの夜)と魔法少女(ほむらちゃん)の決戦から始まり、主人公の女の子(まどか)がマスコットっぽい小動物(キュゥべえ)と契約を交わし、そこからの夢オチ。あぁ、これは未来の話なのだな、と思いながら、実のところ、既にこの時点で私のハートは完全に掴まれてしまっていたのだ。その後の1話の内容自体はお世辞にも面白いとは言えなかったが、冒頭のインパクトが強烈だったので、2話を見ることは確定していた。

そして、2話。ここで、おどろおどろしい異形の魔女(ゲルトルート)が登場し、マミさんが見事にティロフィナーレを決める。一撃必殺!巨大なマスケット銃を容赦なくぶち込む可愛らしい魔法少女。CV:水橋かおり。完璧だ。胸も大きいしね!



3話では、そんな勇敢で頼れるマミさんも実は心細い性根の持ち主だったことが明かされる。マミさんの弱音を聞き、まどかも一緒に戦うことを約束する。おお、いよいよ、主人公覚醒か?と思った矢先。

喰われた。マミさんが。

……(・・

ええええっΣ(==;




当時の衝撃たるや凄まじいの一言に尽きる。私自身、録画してあった回を何回も見返したし、まとめサイトも阿鼻叫喚と化していた。いや、マジでビックリ。実際、この時のインパクトが余りに強すぎたのか、「三話切り(三話まで見て継続するか決める)」や「マミる(首チョンパ)」というネットスラングも誕生した。



また、この回からED曲が公開されるのだが、そのおどろおどろしい雰囲気たるや「この作品、もしかして、やべー奴では……?」と思わずにはいられなかった。



ここからはもう毎週毎週、誰が死ぬのだ、次はどうなるのだ、と一喜一憂、画面に釘付けである。



四話では集団自殺に巻き込まれたまどかを魔法少女となった幼馴染のさやかが救う。しかし、五話では、そんなさやかを隣町からやってきたベテラン魔法少女である杏子が一蹴。格の違いを見せつける。



以降、さやかはどんどん精神的に追い詰められ、まどかとすれ違っていく。一方、当初は腹に一物抱えてそうだった杏子やほむらは回が進むにつれて、視聴者的に「あれ、この娘ら、悪い子じゃないのでは……?」となり、逆にキュゥべえへの疑惑が強まっていく。

ここから話は一気に加速する。さやかは魔女と化し、キュゥべえの正体、魔法少女の残酷な運命が明かされる。まどかは魔女と化したさやかに必死に呼びかけるが、呼びかけも空しく、止められないと悟った杏子はさやかを道連れに自爆する。例え、主人公でも、親友の叫びでも、救えない。そんな都合の良い話ではないのだと、はっきり示される。



そんな重苦しい9話を経て、10話では、突然の過去回想。ここで、ほむらの真実が明かされる。彼女の謎めいた行動や葛藤、信条の全てが視聴者に明かされる。視聴者としては、もうほむらちゃん推しとならざるを得ない。まどかを魔法少女にしてはならない。もし、魔法少女にしてしまったら、最悪の魔女が誕生してしまう。そして、魔女を魔法少女に戻すことは出来ないのだ……。

11話。ほむらちゃんは迫りくる巨大魔女(ワルプルギスの夜)相手に、時間停止の魔法と(勝手に拝借した)大量の火器弾薬を惜しげもなく投入し、最終決戦に相応しい壮絶な戦いぶりを見せつける。

が、倒せない。



嘲笑うように前進を続ける巨大魔女。こいつ、不死身か……!?

一方、決意したまどかも母の静止を振り切り、ほむらちゃんの前に現れる。「ほむらちゃん、ごめんね」と。

そして、最終回。

まどかはキュゥべえの思惑通り、契約を結び魔法少女と化す。だが、その願いは、キュゥべえの思惑を超えたものだった。

アルティメットまどかによって書き換えられる世界。劇中、ただただ逃げ惑い、親友を救えず、何も出来なかった無力な少女が、最後の最後で、遂に魔法少女として物語に終止符を打つ。その為の伏線も、バッチリ。そう、確かに、この物語は「魔法少女まどか☆マギカ」だったのだ……。




以上がTV版『まどマギ』のあらすじである。流石に、細かいシーンや台詞の全ては覚えきれてないが、お話の流れやインパクトの大きいシーンは今でも、はっきりと覚えている。まさしく、当時の私は「脳を灼かれた」訳だ。

こうして振り返ると、『まどマギ』の構成は上手い。どう上手いかといえば、一つとして無駄な回が無いからだ。必ず、ある話が次の話につながるようになっている。単につながるだけでなく、緩急の付け方も上手いし、出すタイミングも絶妙だ。ほむらの種明かしに当たる10話の内容は、まさしく、あのタイミング以外で明かせない。かといって明かさなければ、11話の緊張感につながらないし、最終話のアルティメットまどかによる救済も、ご都合主義と化してしまう。あの回想は、まさにここしかないというタイミングで明かされている。

もう一つ、『まどマギ』が凄かったのは、ある種のブレイクスルーを実現してみせたことだと思う。

それは当時、女児向けコンテンツとして認知されていた「魔法少女」というジャンルを一つの題材としつつ、「女児向けコンテンツではない物語」として再構成したことにある。「魔法少女」ものであるが、明らかに狙っていたのは女児ではなく、私のようなオタク層向けだった。それは制作スタッフや歌手、放映時間などを観れば一目瞭然である。深夜枠のオタク向けアニメとして女児向けコンテンツを大真面目に再構成した作品。それが『まどマギ』だった。

実のところ、「魔法少女」を題材とした二次創作的作品というのは、別段、目新しいものではなかった。エロゲや官能小説、同人活動といったある種のオタク界隈では、定番ネタの一つでさえあったと思う。嘘だと思うなら、DLSITEなり、FANZAなりで、「魔法少女」ジャンルで検索すればいい。何百、何千というタイトルがヒットする筈だ。

第一、90年代には既に「カードキャプターさくら」があったし、00年代にはエロゲのファンディスクから大躍進を遂げた「リリカルなのは」も人気を博していた。それに、「セーラームーン」や「神風怪盗ジャンヌ」のような(比較的)女児向けだった作品でも陰鬱な展開や苛烈な展開は随所に観られた。俗にいう曇らせ展開もあったし、セクシャルな描写だってあった。




しかし、『まどマギ』が強烈だったのは、「魔法少女」というジャンルの被っているある種の膜、というか、殻のようなものを容赦なく剥ぎ取り、踏みにじって見せたところにあると思う。「リリカルなのは」が「魔法少女」をオタク向け全年齢エンタメ作品として作り変えたのと同じように、『まどマギ』は「魔法少女」を別の形で再構成してみせた。それも単なる試みとして、ではなく、1クールアニメとして、これ以上も無いほどの完成度の高い構成で。

結果、『まどマギ』は大勢のオタクの脳を灼いた。私だけでなく、本当に大勢の。これは当時、リアタイで見ていた人達にしか分からない感覚だと思う。

……後にも先にも、これだけ脳を灼かれた作品は、正直、そう多くない。

かつては『エヴァ』に灼かれたし、近年では『リズと青い鳥』にも灼かれた。もしかすると、『星矢』や『遊戯王』にも灼かれたかもしれない。あるいは、『Fate』にも。

オタクにとって、脳を灼かれる体験は貴重であると同時に快感でもある。それが忘れられなくて、今でも、私はアニメを追い続けている……のかもしれない。




※補足:[新編]叛逆の物語。そして、〈ワルプルギスの廻天〉

そんな訳で、TV版の『まどマギ』をリアタイで楽しんでた私だけども、その後、乱立した『まどマギ』の各種コンテンツには、正直な所、ほとんどタッチしてない。

一応、コミカライズやソシャゲ(『マギレコ』)も触れてみたけど、結局、途中で飽きてしまった。飽きっぽくてゴメンよ……(--

唯一、きちんと見届けて評価できる作品といえば……やはり、劇場版か。




本作に関しては放映当時、原作が綺麗に完結してただけに、評判としては賛否両論だった印象が拭えない。

ただ、私個人は賛成派だった。一ファンとして『まどマギ』の続編を観たかったし、途中退場してしまっていたマミさん達の活躍をもっと観たかったという気持ちも強かった。



なにより幾らTV版が大団円とはいえ、心のどこかに「一人生贄になったまどか可哀想」「一人残された、ほむらちゃん可哀想」という気持ちが引っかかってたみたい。

だからでしょうね。劇場版の終局、ああいう形で、ほむらちゃんがまどかを引き戻す決断を受け入れられたのは。



TV版が「一人の少女が神様となって世界を救う物語」だとすれば、劇場版は「神様となって世界を救った少女を取り戻す物語」

一本のお話として見た時、スマートなのはTV版の結末です。もし、劇場版の内容をTV版の最終回として持ってこられたら「なんじゃこりゃ」ってなったと思います。間違いなく。

ある意味、「TV版の後日談」だからこそ成り立つ「蛇足、しかし、至高」だったと思うんです。『反逆のルルーシュ』にとっての『復活のルルーシュ』に近いというか。

物語の美しさを優先するなら間違いなくTV版だけの方がいい。

しかし、物語を彩っていたキャラクターを優先するなら、やはり劇場版は必要だったと思います。杏子も言ってたじゃないですか。「独りぼっちは、寂しいもんな」って。

というより、あれだけ完成されたTV版の続きをやるとなると、どうしても、そういう形でしかやれなかったのではないか、というのが率直な印象です。いや、良い仕事しましたねぇ……。




……まぁ、だからこそ、まさか、もう一度、新作映画が作られるとは思いませんでした。やるんだ、と正直、びっくりしましたね。特報を聞いた時は。



おそらくですが、次の映画は『まどマギ』シリーズにおける完結編になるのでしょう。というか、それしかもうない筈。

果たして、どんな物語になるのか。どういう結末を迎えることになるのか。

当時、脳を灼かれた一ファンとして、首を長くして楽しみにしたいと思いますd(--





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年04月18日 23時34分46秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール

白ケイ

白ケイ

フリーページ

時間に余裕がありましたら、どうぞ


三国志調査記録


1.魔王生誕


2.魔王、黄布に敗れ


3.辺章、韓遂の乱に魔王出陣す


4.馬騰、韓遂の乱に魔王再び出陣す


5.中原にて事変、魔王刻を得て上洛


6.魔王、帝を握り策略を巡らし


7.魔王、飛将と父子の契りを交わり


8.魔王、名士を配下に揃え


9.廃帝、立帝


10.阿鼻叫喚


三国志11(プレイ記録)


207年 ~再動~


208年 ~臥龍の下野~


209年 ~荊州分裂~


210年(一) ~臥龍と鳳雛~


210年(二) ~華~


210年 ~天下動乱~


211年 ~臥竜、点睛を欠く~


212年 益州平定


213年 ~三頭の龍~


214年 ~三都奪還~


215年 ~中原に鹿を追い~


216年 孫劉決裂


217年 前門の虎、後門の狼


218年 流血演舞


219年 孫家の落日


終幕 河北決戦


三国志11 西涼伝


1.魔王、再起


2.西涼の嵐


3.新天地


4.荊州争奪戦


5.死闘、果てなく


6.華、咲きて


7.巨星の失墜


8.魔王の後継者


主要武将 経歴


ロマンシング・サガ2 皇帝記録


ジェラール帝


ビーバー帝


アガタ帝


ジェイコブ帝


ブルーザー帝


ガマ帝


アルテミシア帝


アバールハサン帝


コウメイ帝


ティラナス帝


FE聖戦の系譜 略歴


大帝国 連合艦隊への道


大帝国SS 晩年


FE覚醒


FE覚醒SS 傷心


タッグフォース6 マイキャラ設定


ワイゼル・ダーク メモ


サイバー流裏デッキ研究1


サイバー流裏デッキ研究2


艦これ 艦娘名簿


艦これSS「青天」


艦これSS「刹那の平穏」


艦これSS「春の風」


艦これSS「鎮守府の春」


艦これSS「ビスマルク」


艦これSS「鋼鉄の戦姫」


艦これSS「日々平穏」


艦これSS「約束」


艦これSS「時雨の想い」


艦これSS「生きること死ぬこと」


艦これSS「ただ勝利のために」


艦これSS「大攻勢」


艦これSS「流転」


艦これSS「死闘の果てに」


艦これSS「華」


艦これSS「神通の憂鬱」


艦これSS「熱海の姉妹」


艦これSS「新たなる船出」


艦これSS「十人十色」


艦これSS「再起」


艦これSS「蒼い影」


艦これSS「ある夏の日に」


艦これSS「予感」


艦これSS「深淵より」


艦これSS「懐かしの海へ」


Fate Grand Order SS「悔悟を抱えて」


Fate Grand Order SS「刻まれた記憶」


艦これ 嫁艦名簿


Caligula Overdose SS 罪


Caligula Overdose SS それぞれの流儀


Caligula Overdose SS 決断


コードギアス ロストストーリーズ SS 共犯


カテゴリ

コメント新着

aki@ Re:ロススト触ってます(01/22) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
白ケイ@ Re[1]:リコリス・リコイル一挙放送(07/24) taco31さんへ お久しぶりです~!tacoさ…
taco31@ Re:リコリス・リコイル一挙放送(07/24) ttps://twitter.com/taco31z ご無沙汰して…
白ケイ@ Re[1]:劇場版ドラゴンボール超 スーパーヒーロー(ネタバレ)(07/16) まるっささんへ >とにかくいかにも鳥…
まるっさ@ Re:劇場版ドラゴンボール超 スーパーヒーロー(ネタバレ)(07/16) とにかくいかにも鳥山さんが作った作品っ…

お気に入りブログ

今週のバキらへん 第… まるっささん

楽しみにしているFM… taco31さん

どんぐり。 edo2016さん
CaramelCa… 陸抗さん
和希ちゃん8383のブ… 和希ちゃん8383さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.