133732 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

kazesan 2





kazesan2の終了のごあいさつ

 このページにときどきの心模様を綴って、もう1年が経ちました。友に刺激を受けて始めたブログ日記。その友が末期の癌と診断されて、もっと近くで励ましたいと移行したこのページ。その友が光のふるさとへ旅立ってしまい、なにをどうしていいのかわからないまま書き続けた毎日。振り返れば、こんなにも自分と日常を見つめた年はありませんでした。気がつくと、いつの間にか空ばかり見上げていました。友は遠くの空へと離れてしまったのだと思っていたのです。それがどうしてこんな気持ちになれたのでしょうか。友は見えませんが、いつもとなりにいてくれるような気がします。

 心のままに書き続けただけのつたない日記を、毎日のように読んでくださったみなさん。ほんとうにありがとうございました。ひとりでは決して気づけなかった感じ方や生きるヒントをみなさんのコメントから受け取ることができました。おかげで再び風の吹くままカメラマンになって、友との夢だった銀河に架かる見えない光の橋を渡れそうです。それは、この見える日常を心を込めて暮らすことなのだと感じています。そして相変わらず、空ばかり見上げています。その理由はぼくにもわかりませんが。

 このページの終了は、保存できる写真の容量がほぼ限界に達したためでもありますが、友とのつながりが深く静かになってきたいま、少し気分を変えてみようとの思いが生まれたからです。ほぼ毎日の習慣になってしまったブログへの投稿は、もしかすると友がプレゼントしてくれた楽しみのような気もしています。ますます気ままなkazesan3になりそうですが、どうぞまたのぞいてやってください。






Dsj9303.jpg



  
   水の旅

   空

   山

   川

   海

   果てしないな、お前

   連れてってくれよ
 
 

 

 





「あめつちのしづかなる日」の仲間たち


kazesan's gallery



マガジン9条


Nov 29, 2007
XML
カテゴリ:日々のカケラ


   
 
 そろそろまた、師走の声が聞こえてくる。先のことを考えるなどあまりないぼくなのに、もう来年のカレンダーを取り寄せてみた。それもちょっと変わった代物だ。「月と季節の暦」。表紙には太陰太陽暦と書いてある。ケーナ奏者の八木倫明さんが紹介していたもので、彼の音楽に感じた広がりはもしかするとこういう天体とのつながりにあるんじゃないかと、少し興味をもったわけだ。

 「月と季節の暦」は、単なる日付や時間の流れを追いかけるだけのものではないようだ。中を開くと、「ご利用のために」などとマニュアルがついている。読みものとしても楽しい一冊だ。さっそく特集の「月時計―月を知る生き物たち」を読んでしまった。

 「地球に存在する生命体は、それぞれのリズム、時計を内に蔵して生存を可能にしています。単細胞生物という極小の生き物から私たち人間に至るまでがそうなのです」。

 「生物は、いわば月や太陽のリズムに同調する機能を本来備えているということであり、それは月や太陽の恵みを受けて生物が存在し、体内に月や太陽を蔵する小宇宙が私たち生き物であることを示しています」。

 なんとなく聞いたこともあって興味深いのに、でもほんとうにはよく知らない話だ。人も自然、という表現をぼくは好んで使ってきたけれど、自然に寄り添って生きるような態度をなにひとつ取っていないなぁと気づいた。特集「月を生きる生き物たち」の最後のページは、人間についてだった。

 「地球の1日とは、自転によって同一地点が再び太陽に向く平均24時間ですが、月に対する1日は平均24.8時間。この月の1日が体内時計として人間にセットされている可能性が非常に大きいのです」。


moon&rock.jpg


 特集には、睡眠と覚醒のリズムがこの24.8時間の周期を示した実験も紹介されているが、人類が誕生する前、はるか彼方の何十億年の日々に刻んできたリズムがまずこの宇宙にはあった。人はそろそろその時期だろうと、宇宙のリズムの中に誕生した生き物なのだ。人も自然、どころではなかった。人から見た自然、という視点ではなく、自然界のリズムが体内でも息づいているからこその人間なのだ。だからこうして今、呼吸している。

 月のリズムを感じるとは、それではどうすることなんだろう。どんな暮らし方を言うのだろう。カレンダーの始まりに合わせることもない。月はきょうも地球の周りを回っている。

 人と人はこの地球上で出会い、いつか天と地に別れてしまう。それを思うと、月を見上げながら言葉にならない思いが何度もこみあげてくるけれど、それもきっと、月のリズムを感じているからなのかもしれない。どうして月は、こんなにもやさしいのだろう。月的生活。月的な人。ぼくもそろそろ、そんな年だ。わけもわからず、そう思う。

  


●「月と季節の暦」は、月と太陽の暦制作室の志賀勝さんが制作販売しています。 

 
626774207_182.jpg



 
 
















Last updated  Dec 6, 2007 04:53:46 PM

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Freepage List

Recent Posts

Comments

kazesans@ Re:こんばんは^^ 雪花鶏・ゆきあとりさん えっ? お気に…
雪花鶏・ゆきあとり@ こんばんは^^ 満月の白山、とても大好きな一枚です。 …
kazesan@ Re:一期一会 縷衣香さん 波紋かぁ、なんだかぼくの今…
縷衣香@ Re:一期一会(11/28) 或る日、ゆうこさんのブログを最初の日か…
kazesan@ Re:お久しぶりです だいだーさん 元気そうでなによりです。…
kazesan@ Re:僕は ささき春喜さん ぼくにとってスキッパー…
だいだー@ お久しぶりです。 お久しぶりです。 だいだー、かなり変…
ささき春喜@ 僕は・・・ 身体の中から・・・海だ!海だ!!という…
kazesan@ Re:感謝です mackyさん 紅茶の時間のことですね。ぼく…
kazesan@ Re:宇宙の約束 masaelさん 何度も何度も泣いて、もう涙…

Favorite Blog

☆ クレアゆうこの部… クレアゆうこさん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.