000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

K-BEAT TAIKO BLOG

K-BEAT TAIKO BLOG

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Freepage List

Profile

k-beat

k-beat

Comments

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
鬼城太鼓友の会事務局@ Re:第9回神恩感謝日本太鼓祭報告(09/12) 鼓太郎さんからのコメントで知りました。 …
伊禮(イレイ)@ はじめまして 急なコメントで 申し訳ありませんm(_ _)m …
4年1組だった茉莉花と桜羽@ Re:打ち初め!(02/20) たいこがんばれ! 茉莉花と桜羽(o^―^o)ニコ
鼓童命@ アマテラス見たかった DVDに撮られたんですね。ダビングしてほし…

Archives

2024/04
2024/03
2024/02
2024/01
2023/12

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

かや’s Room ★かや★さん

Calendar

2010/10/31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今夜の通し稽古には、脚本の先生が来て下さいました。
和歌山の演劇会の重鎮のような方です。

稽古前に、「今回は、お力をお貸しいただきありがとうございます。」
と丁寧に言っていただく。恐縮です。

全体の通しが終わり、その先生からアドバイスというか、
だめ出しを頂きます。
僕の部分は、気に入って下さったようでしたが、
役者さんたちの演技やセリフなどには、厳しい注文が。
特に印象に残ったのは、セリフから読み取る感情表現の前に、
その人物のキャラクターを掘り下げていかないといけないということ。
僕から見ればみなさん、とてもいい声で演技上手いな~。と思うのですが
いやはや厳しい。


そのことより、感動したのは、
だめ出しを聞くRAKUYUのみなさんの態度。
とても真摯に受け止め、もっといい演技をという思いが
伝わってきました。

この姿勢が、この劇団の強さであり、舞台を輝かせるのだなと。

今回、この輪に入れていただいて、幸せだったと
思った瞬間でした。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2010/10/31 11:37:24 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.