9073849 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヘイフリックの限界part2

ヘイフリックの限界part2

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2010.09.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
就寝の前


そろそろ眠たい。鈴木宗男は収監されるらしい。「40年永田町にいたので政治家は辞められない」と訳のわからないことを云っていた。最高裁まで行って、何の弁解もできはしない。それでも懲りない精神というのは、何と申しますか。それこそ冗談じゃない。妙な人間が出来てしまうのは、怖くもあるが、許してはならない。


 ・汚職をする人間が、陰で権力を奮いもする。国民は権力に弱い。だから三権分立という制度を創った。裁判で裁かれたらそれに従わねばならないのが社会のルールだ。それを鈴木宗男議員は認めないそうだ。そういう人が国会議員として要職にも就いていたという現実がある。


 ・へ2・・・世の中は中々良くならない。古い体質の人たちが大勢いるのも確かだろう。ひとは平穏を求めている。変化を好まない処がある。利権をいつまでも放そうとしない。それがいつかゴミになり、視えない処で蓄積されて、社会の重荷になる。大風が吹いてそれを吹き飛ばさなければならない。もう寝ます。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010.09.08 23:31:35
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.