000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Connecting the Dots

Connecting the Dots

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2012.07.09
XML
カテゴリ:書評

「ギリシア神話入門」  吉田敦彦


【送料無料】ギリシア神話入門

肝臓の研究をしていると、学会なんかで下記のスライドが出される先生がよくおられます。

プロメテウス

プロメテウスという人なのですが、ある罰として、体の動きを封じられた状態で、毎日毎日ハゲタカに肝臓をついばまれる、という絵です。

日中少しずつついばまれるも、夜になるとそれは再生し、昼になるとまたついばまれる。それでも肝臓はまた再生してくるので、その苦しみはいつまでも続く、というものです。

要は、ギリシア神話の時代から「肝臓は再生する臓器である」ということが認識されていた、という興味深い絵なのです。

これをきっかけに、一度ギリシア神話でもかじってみようと思って買った本がこれだったのですが、じっくり読まないと結構難しい。

内容の詳細は割愛させて頂くとして、

そもそもギリシア神話というものが作られた意義、そして現代にも通用する示唆として以下のようなものがあります。

科学の発達によって人間は今や、自然を破壊し、地球を自分たちの住めぬ場所にしてしまいかねぬ危険に直面している。そうせぬためには人間は、科学の目とは違う目で、世界と自分自身を根底から見直してみねばならない。そして人間にいま必要なその目とは、科学ではけっして説明の尽くせぬ自然の神秘を発見させ、その神聖さを敬う心を取り戻させてくれる目でなければならない。

神話を生んだ人達は、まさにそのような目で世界と自分を見ていた。だから神話はそれを学ぶ者に、人間がいま必要としている科学の目とは違う者の見方を取り戻させてくれる。そしてその神話の目を取り戻すことで、人間は自然と共生し、科学と技術もうまく利用しながら、これからも生き続けることができるようになると思われる。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2012.07.09 06:16:29
コメント(5) | コメントを書く


PR

Calendar

Favorite Blog

T.N0329のブログ T.N0329さん
自 省 録  take tokaさん
Go The Distance YaMaYaMaさん
sakura日記 sakura-arukasさん
仁術と算術 探偵ホームズさん

Comments

Uni-edit@ Re:またアクセプト!!(01/19) "Uni-editについてのブログを開設い…
uni-edit@ Re:またアクセプト!!(01/19) "アカデミックライティングに関する…
uni-edit@ Re:またアクセプト!!(01/19) "こんにちは。英文校正・翻訳サービ…
uni-edit@ Re:またアクセプト!!(01/19) "こんにちは。英文校正・翻訳サービ…
uni-edit@ Re:アクセプトまでもう一歩。(10/03) "こんにちは。英文校正・翻訳サービ…

Recent Posts


© Rakuten Group, Inc.