1064388 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小亀の日記

2018年06月28日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
肺気腫患者さんへの家族のサポートについてです。

小亀ちゃんが亡くなった時のことです。

いつも寝る時にするマスクではなくカニューラのままで、
ホースが本体(機械)から外れたままになっていました。

マスクに付け替えようとして手間取り、
しんどくなって横になった...のではないかと思っています。

私たちにもいろいろ反省すべき点もあります。

いつ何があってもおかしくない状態であった小亀ちゃんを、
日中は家にひとり、夜寝るときもひとりにしてしまったこと。

これに関しては弟とも「小亀ちゃんは施設に入った方が
楽だし安心なのでは」と話し合ったこともありましたし、

小亀ちゃん自身も「その方が絶対楽だよね」と言っていましたが、
実現することはありませんでした。

もうひとつはカニューラからマスクへの付け替えです。
けっこう手間取るんですよね...

酸素の機械を回収に来られた帝人さんも言っていましたが、
夜のマスクへの付け替えは小亀ちゃんぐらい重症の場合は
ご家族のサポートがあった方が良いとのことでした。

住宅事情や家族構成、それぞれの性格などを考慮すると
ベストなサポートはなかなか難しいですが、
少しでも楽に過ごせる参考になればと思います♪






最終更新日  2018年06月28日 09時51分16秒
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:肺気腫患者さんへのサポート。(06/28)   ロッココ2005 さん

ぽってり まま (ほっそり )さんへ

本当に本当に何時も有難う御座います、色んな後悔もあろうと思いますが

ただ一つ、恵まれなかったのは肺気腫になった事だと思います、

私も小亀315さんのブログを始めから、何度も読み直しましたが、小亀さんは

良いご家族に恵まれて、本当に幸せだったと思います、その証拠に

肺気腫の患者さんに常に接している、日本呼吸器障害者情報センターの

遠山理事長さんも小亀さんは色んなことに、恵まれていてお幸せだと

言っていました、本当に小亀315さん、ご家族の方お世話に成りました

小亀さんから受けた御恩は一生忘れません、有難うございました、最後に

皆様のご多幸をお祈り致します、宜しくお願い致します。 (2018年06月28日 14時57分26秒)

 Re:肺気腫患者さんへのサポート。(06/28)   egechan さん
小亀の四季


春には息子の部屋のコンビニ袋の大整理、そして、ぶり返した寒さの中でトン汁作り


夏には、折り紙で、“回転こうま”や“ぱくぱくきょうりゅう“作りに勤しみ、
また、旦那が 「ブログアクセス数40万達成や」、小亀「うん、40万達成記念パーティせんとあかんかな」、と夫唱婦随(婦唱夫随というべきか)、


秋には、赤カブ、レモン、ザクロの水彩画を書き上げ(モネ、マネ、セザンヌを超えるか?)


冬には、家族集合で、餅つき、蕎麦打ち、お正月、そしてその後、独りぼっちでちょっと寂しい誕生日を迎え、


そして、6月には、看護師学校の実習生の書いてくれた“COPDと相思相愛の方必読張り紙”の隣で、小亀ちゃんは、胡蝶蘭のように清らかで明るい笑顔を浮かべています。
     いつまでも、いつまでも・・・・・
(2018年06月29日 15時00分26秒)

 Re:肺気腫患者さんへのサポート。(06/28)   ただのデブ0208 さん
 こんにちは。マスクに付け替えようと手間取ってしまったのかもしれないですね。別の原因で意識がなくなってしまったのか、家族のい取っては、病院に入れておけばよかった等、後悔することはあるでしょうが、本人もまだまだ大丈夫という思いまあったでしょうね。 (2018年06月30日 11時19分09秒)

 Re:肺気腫患者さんへのサポート。(06/28)   egechan さん
小亀さんに続いて、桂歌丸さんもCOPDで亡くなられましたね。
巨星、二つも落ちてしました。


小亀さん、
極楽で、歌丸師匠と”ソフト丁々発止”と楽しく渡り合ってください。 (2018年07月03日 10時13分36秒)

 Re:肺気腫患者さんへのサポート。(06/28)   さるこ さん
小亀さんの突然の訃報、大変悲しくなりました。心より御冥福をお祈り申し上げます。
小亀さんのブログに出会って、いろいろ勉強させてもらいました。
また、もっともっと早くこちらのブログと出会っていたらといつも思っていました。
私の父も肺気腫で亡くなりました。
でも、病気に対する知識が家族に不足していて、また、病気に対する情報も少なくて、真剣に考えていなかった部分があり、もっと早くからこうして同じ病気を持つ患者同士、家族同士が情報交換できていたらと悔やみました。
小亀さんのブログには、沢山の役立つ事が書かれてあるので、同じ病気で苦しまれる方の大切な情報源だと思います。
今まで苦しい思いもされたと思いますが、天国で元気に過ごしていらっしゃることと思います。
本当に今までありがとうございました。 (2018年07月04日 19時51分11秒)

 Re:肺気腫患者さんへのサポート。(06/28)   ただのデブ0208 さん
 おはようございます。
 確かに施設に入れればそれが一番ですが、すぐに入れる場所は管理に行き届かないような場所でしょうから余計に心配になってしまいますね。早めに申し込んでおけばよかったという悔いは残るでしょうね。
 今日も良い一日をお過ごしください。 (2018年08月25日 07時08分52秒)

PR

X

プロフィール


小亀315

カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.