ただのデブのブログ

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ ブログランキングならblogram 応援ありがとうございます
2018/07/17
XML
テーマ:今日は何の日
カテゴリ:何の日
​​​​​にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ blogram 応援ありがとうございます

  2011年7月17日、 FIFA女子ワールドカップ決勝戦、延長戦でも決着がつかず、PK戦にて日本代表(なでしこJAPAN)がアメリカを3-1で下し、大会初優勝を成し遂げました。
 日本は対アメリカ戦通算成績0勝21敗3分と、すべての直接対決で勝利を挙げたことはありませんでした。当時のFIFA女子ランキングは日本4位に対しアメリカは1位。日本は予選リーグを2位通過準々決勝ではドイツを延長の末破り苦しい戦いを勝ち上がっての決勝でした。東日本大震災で落ち込んでいる日本を元気づける優勝でした。

  

​7月17日 誕生花:ギボウシ  花言葉: ​沈静​​


なぜ38度の日は暑いのに​3​8度の風呂は熱くないの?​​​」中学生の自由研究に絶賛
 全国の小中学生を対象とした「自然科学観察コンクール」で2002年に文部科学大臣奨励賞を受賞した「38℃の日は暑いのに38℃の風呂に入ると熱くないのはなぜか」が話題を呼んでいます。
 あまりにも熱くて汗が出たある日、シャワーを浴びて「お湯の温度は38度なのになぜ熱いと感じないのか」と疑問に思ったところから研究が始まりました。
 いろいろな試行錯誤の末、「​外部の温度と、皮膚温との差が大きいほど熱さ(暑さ)を感じる​」というもの。38度の気温では汗の気化熱で皮膚温が下がりはじめ、34度から35度で皮膚温が安定しますが、38度の風呂の場合は入ってすぐに皮膚温が38度になるため、実際の感覚にも一致します。また、41度のお風呂や、22度の冷房が効いた部屋でも実験し、「皮膚温と外部の温度の差で暑さ・寒さを感じる​から」という結論を出したのでした。
 16年前の中学生の自由研究とはいえ、最近のこの暑さ、こういうことを考えながら過ごせば、いくらか暑さも忘れますかね。​​​​​






最終更新日  2018/07/17 05:50:07 AM
コメント(44) | コメントを書く

PR

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.