1451563 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やおツーリスト

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


八百津町

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

2018年06月20日
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさんこんにちはスマイルランニングのおかげでめっきり痩せた「トラマツ」ですうっしっし

最近ライニングをしていると、ぽつぽつと小さな光、「蛍」がでてくる季節になりましたひらめき

昔に比べると大分少なくなっている気がしますが、夜の中の小さな光はなかなか乙なものですウィンクオーケー

写真を撮ってみましたスマイルカメラきらきら



撮影場所は名古屋鉄道の旧八百津線ですうっしっし



今ではすっかり道路となってしまいました車

そして、暗闇での撮影なのでうまく撮れませんでした。。。すいません涙ぽろり

一般的にホタルの見頃は「初夏」や湿度の高い梅雨の時期に、ホタルの成虫はきれいな光を出して飛び交うといわれていますが、南に行くほど時期が早いといわれているそうですようっしっし九州では5月頃に鑑賞できる地域もあるんだとか。。。

ゲンジホタルの観賞時期は、5~7月、ヘイケホタルは、6~8月が一般的だそうで、ホタルが飛ぶ時期は、地域や場所で違い、暖かい年には早く出現する傾向があるそうですスマイル

また、​​蛍観賞ができるのは、夜の7時から9時頃​で、月明かりがない・雨上がりで湿度が高い・風がないなどの条件が揃うと活発に活動するそう​で、午後9時を過ぎると飛んでいるホタルの数がだんだん減ってきて草の葉や樹木などにとまり、光を出すのを休むようになるそうですOK

ホタルは夜、3回飛び交うそうで、1回目が7~9時、2回目が11時前後、3回目が午前2時前後だそうですオーケー

​蛍がよく見られる条件​としては以下のとおりだそうですOK

1.風がなく、むしむしするような湿度の高い暖かい日
2.雨が降っていないこと
3.月明かりがなく、曇っている日
4.夜8時~9時頃(この時間帯が最も出るんだそうです)

また、川面や田んぼの水面付近だと観測しやすいそうですグッド音符

蛍の発生や発生数は、期間中の気象状況と深くかかわっているそうですので、その日の気象状況をよく調べて見に行きましょう上向き矢印上向き矢印

そして、蛍ってなんで発光するんでしょうね~!?

一説によると、蛍はおしりを光らせながら、仲間同士で会話をしているんだそうですひらめき仲間どうしで自分のいる場所を知らせる合図やオスとメスの合図にも使っているそうですうっしっし

このようにおしりを光らせて、あいさつをしているそうですが、夜、光りながら飛んでいるゲンジホタルは、ほとんどがオスなんだそうですひらめきメスは草や木の葉にじっととまって、小さな光を出しているんだそうですひらめき

さらに、光り方​には、プロポーズのための光刺激された時の光敵を驚かせるための光の3種類あると言われていますウィンク

蛍を鑑賞される際は以下のことにお気を付けくださ!

1.懐中電灯などで照らさないでください
2.フラッシュをたいて、写真を撮らないでください
3.捕まえて、連れて帰らないでください
4.絶対に川や田んぼにタバコなどを捨てないでください

自然繁殖したホタルのありのままの姿を楽しみましょううっしっしライトで照らしたり、フラッシュをたいたりしますと、ホタルは驚いて草の中に隠れてしまいます失敗

ホタルを採取したり、川を汚したりという行為は、絶対にしないようにしましょう!

今回撮影した場所は伊岐津志ですが、八百津町内では多くの場所で生息していますよスマイル

夜道は危険ですが、近くにある田んぼを散歩してみてはいかかでしょうかうっしっし

蛍の光で八百津を照らしてもらいたいですウィンク​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2018年06月20日 16時42分39秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.