403154 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Mashaの中国生活日記。

Mashaの中国生活日記。

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Headline News

Favorite Blog

支援士午後試験対策中 dende777さん

電気の用心棒! 園川@電気管理技術者さん
電気屋ののちん日記… ののちん1974さん

Profile

Masha1977

Masha1977

2007/03/04
XML
カテゴリ:電験_理論
昨日の続きから2問。
問3,4です。

問3はひずみ波交流の問題。
でも、特性(?)さえ抑えておけば問題なし、です。

問題では電圧が正弦波。電流が周波数(周期)が等しい方形波、て問題。
方形波について特に解析する必要は無く。

方形波の実効値は最大値(の絶対値)と考えればよい。これは問題なし。

さらに、方形波をフーリエ級数展開する。
これ、一見覚えてなきゃ解けませんが、問題に対し解答欄は法則に従えば問題なし。
さすがにフーリエ級数展開を覚えさす問題は出ないよなぁ。
いざとなればフーリエ変換の定義から(忘れたけど)できるのかな??

で、フーリエ級数に展開すると方形波の基本波成分が取り出せる。
さらに、これが位相のずれが無い事もわかる。

という事は、有効電力として電圧実効値×電流基本波実効値で求められる。
皮相電力は単純に電圧実効値×電流実効値。

さらに総合力率は有効電力/皮相電力として求められる。

問4 過渡現象。
これ、保留、なんですが…。
R,Lの直並列回路なんですが(補足ブログ参照)。
閉回路が二つ、として、キルヒホッフを使って。
式を二つ立てて、Lに流れる電流を求める問題なんだけど…。

解答と合わないんだよね。
解き方途中までは同じで、ちょっと途中やり方違って、
でも最終的には「ほぼ」同じになってる。

答えの次元から考えるとたしかに僕のもちょっとおかしいけど、
解答も「ほんとにそうなるの?」って所もあって…。

ちょっと検証兼ねて再チャレンジ予定です。
(これも補足ブログに手書きで載せる事になると思われます)

過渡現象の問題、時間かかるから数解いて練習しなきゃ、
と実感します。
これだけじゃなんなんで、過渡現象の考え方を。(もう書いたかも、だけど)

・コイルの電圧はインダクタンス×電流微分
なんだけど、これ、交流のインピーダンスが角周波数×インダクタンス、
って所から覚えるとわかり易いかと。
(同じ感じでコンデンサについても考えられますね)
・同様に、直流=周波数が0 なので、定常状態ではコイル抵抗は0。
ここから、初期条件の電流などは求まります。
さらに、スイッチを入れた(切った)瞬間、電流の時間微分は∞、と考えると、
直列の全電圧降下はコイルにかかります。

など。これの逆、というか電流とか電圧とか電荷とかを換算すると、
コンデンサでも同じ考えはできるはず。

以上です。補足、できるかなぁ。

と、言うことで少し追記。
補足ブログを参照いただけたら、ですが、一応できました。
ってか、ここまで複雑な計算だと…、
出ないことを祈るのみ、ですね。

【送料無料】メディアファイブ media5Premier電験三種(理論・電力)合格保証





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007/03/04 09:23:29 PM
[電験_理論] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.