2699173 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

青函航路異状なし!

PR

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

考察

2018/09/07
XML
カテゴリ:考察
本日2度目の更新です。



 昨日早朝に発生した地震、それにともない発生したブラックアウトについてつらつら書こうと思います。



 そもそものブラックアウトの発端は、発災時約300万kwhの需要に対し、165万kwhの発電をしていた苫東厚真の火力発電所が、よりによって直下が震源のために運転停止をしていたことから起きました。

 5割強の発電量を担っていた発電所が停止してしまえば当然周波数の維持ができるはずもなく、まもなく全発電所が運転停止し、北海道全域が停電となりました。

 復旧のため、水力発電の電力で苫東の再起動を目指していましたが、悪い時には悪いことが続くもので、苫東の4号機は出火、1・2号機にも不具合が見つかり、運転再開には一週間ほどかかる事態となりました。

 そのため、他の(出力は総体的に小さい)火力を順次再起動、北本連係を用いた電力融通で少しずつ電力供給がなされています。

 しかしながら大小の発電所の出力(民間から融通されても)を足し合わせても、最大需要は賄いきれず、現在は計画停電も視野に入っています。

 ここで仮に泊原発が稼働していた場合を考えてみます。出力200万kwh強の泊が稼働していたならブラックアウトは防げたのかという疑問が浮かびます。

 他の方の意見を引用しますが、ベース電源として泊を使っていたも、ミドル電源としての苫東4号機が停止してしまえば、結局はブラックアウトになった可能性は否定できないとのことでした。

 何故今回このような事態になったか。それは北海道特有の事情がからんでいると思います。

 泊が稼働していた場合のシミュレーションをすると、北海道の最大需要は約400万kwh、それに対し、泊で約50%、苫東で約18%の電力を供給をにないます。2箇所で68%・・・たった2箇所でこれだけの比重になると、なんらかの事情で発電所が脱落した場合、ブラックアウトしてしまう可能性は否定できません。

 まぁ、その後の復帰は早かったかもしれませんが。

 東日本大震災の際、福島第一・第二原発が停止しても、首都圏での大規模停電はありませんでした。それは他にも大規模発電所を抱えているため、一部が停止をしても即座にカバーする態勢ができていたことによります。

 それに対し、北海道は他の地域から分断されており、さらに一枚看板な供給態勢にならざるをえません。

 東電管内は約4000万kwh強の需要に対し、北電管内は東電の十分の一の規模です。大規模発電所をそう何箇所も抱える訳にはいきません。

 じゃあ小さいのを分散配置すれば良いではないか?となりますが、あるにはあるけれども、ベース電源はある程度の規模がないと(スケールメリットって奴か)経済的に運営することができません。

 ただでさえ広い送電網、そして薄い人口密度の北海道をそれなりの料金で賄おうとすれば、いた仕方が無い部分であると思います。

 泊が稼働できていたら、古い火力は一掃されていたと思うので、北電はやっぱり一枚看板での操業となります。

 となると、今回の件は北海道が持つ宿命な気もします。

 ウェブでは自宅の屋根に太陽光パネルを設置していた家庭が昼になり自活できていた例も見受けられたので、こういった(メガソーラーではない)分散型電源には一定の利点があるのかもしれません。

 ちなみにメガソーラーは発電方法が異なるだけで、なんらかの障害が発生した場合、従来の原発や火発と同じ問題を抱えている考えます。集中型電源の弱点ですね。

 よって短期間(2040年あたりまで)では泊を活用し十分な発電容量を確保、中期的には石狩をはじめとする新設発電所で老朽化した火発を更新、その後は新しい仕組みを構築するしかないのかなぁ・・・と思います。

 それが新型火力なのか核融合なのか太陽光発電衛星なのか・・・学生時代に電力系統をかじっていた私には魅力的な課題です。



 素人考えですが、ちょっと考えてみました。



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村






Last updated  2018/09/07 10:39:46 PM
コメント(0) | コメントを書く


2017/06/06
カテゴリ:考察
6月に入り早6日。皆さんお元気でお過ごしですか?



 今日はオーバーロード(ノルマンディ上陸)作戦発動日ですね。



 英国本土からノルマンディ海岸に乗り込んだ陸兵はおよそ17万。如何に連合軍が物量を誇るといっても、これだけの人数を揚陸するためには膨大な調整がいります。

 目に見えないマネジメントに長けていたからこその一大作戦であったと推察されます。



 もし当時の日本帝国が合衆国と同じような国力を持っていたとしても、はたして同じ事ができるか・・・?

 多分失敗するでしょうね。



 激しい戦いから70余年。仮に今の日本がオーバーロード作戦を指揮しても・・・なんだか無理そうです。

 結局目に見えるものしか評価できず、目に見えないものを軽視する姿勢は戦前から何一つ変わってませんから。



 21世紀初頭から唱え続けている「選択と集中」という概念があります。

 例えば研究・開発という分野でも、目に見えるものだけ重視し、一見役に立たないものは切り捨てる傾向があります。

 しかしながら、実はあまり役に立たないと言われる裾野が大事です。今は役に立たなくても、なんらかの発見や技術の進展により、急きょ役に立つ可能性があるからです。

 今ある技術だけを持て囃しているだけでは、今時点では良くても将来を見ると発展の限界があります。

 お隣の中国はジャンジャン裾野にも投資しているそうで、このままではあらゆる技術が遠からぬ将来彼らに追い抜かれるのかもしれません。



 挽回するのは今しかありません。気に入らない点も多々ありますが、現政権におかれては、なんとしてもこのデフレ不況から脱却させ、じゃんじゃん裾野へ投資して欲しいものです。

 お金だけでは幸福にはなれませんが、大抵のことはお金で解決できますから。



 そんな事をつらつら考えた夜更けでした。



 それではまた・・・



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村






Last updated  2017/06/06 11:18:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/09/27
テーマ:大サトー(2)
カテゴリ:考察
 昨晩は佐藤大輔氏の著書「征途」に関する考察を述べてみましたが、今日も少々お付き合いいただきたいと思います。



 昨日は、おそらく80年代には就役したであろう「こんごう」級イージス搭載大型護衛艦が存在するのに、何故史実では1986年就役のミサイル護衛艦「はたかぜ」級が存在するのか? に関して記述しました。



 その後色々思いついたことがあるので、今回はそのあたりを述べたいなと思います。



 そもそもこの世界の太平洋戦争は、レイテ島を巡る戦いで史実と異なる展開になった結果、終戦が半月遅れ、結果として北海道北部と樺太に「日本民主主義人民共和国」が樹立しています。



 2巻冒頭の合衆国海軍の通知(1947年9月付)では北日本云々とあるので、この時期にはすでに北日本が存在していることを示しています。

 同通知には、旧海軍艦艇の取り扱いについても記されていますが、さて、この時点でどのくらいの艦艇が残存していたのでしょう?



 作中で明記されているのは、主役たる戦艦「大和/やまと」と、北海道戦争のドサクサで現役復帰した空母「葛城/かつらぎ」です。

 その他文章には記されていませんが、重巡「高雄」級とみられる艦艇が新書版2巻の表紙に載ってます。

 そこから妄想を逞しくすると、史実で終戦時残存していた重巡「高雄」「妙高」「利根」も生き残ったのかもしれません。

 空母に関して言えば、作中で「葛城」のみが終戦時稼働状態にあった、と記されているので、「天城」は史実同様呉空襲で横転したのでしょう。



 史実では7月24・25日に呉空襲がありましたが、この世界では沖縄戦が2カ月遅れでスタートしています。7月24日には戦艦「武蔵」を旗艦とした第2艦隊が、史実の「大和」のように艦隊特攻をしました。

 台風の影響で、空母部隊が使えず、戦艦同士の砲撃戦の結果、「武蔵」と引き換えに合衆国の戦艦4隻が沈められました。

 史実では7月28日にも呉空襲が実施されているので、この日は史実以上に報復として攻撃し、結果として日本側としては史実同様の被害が生じたと思われます。

 そして終戦時の日本海軍は、「大和」という要素を除けば、ほぼ史実と同様の規模の残存艦艇が残ったにすぎないのでしょう。



 大きく異なる点は冒頭でも記したように、日本が分割占領/北日本成立されていることです。

 そのため、大型艦の分野では、外地で終戦を迎え、英国に接収されていた重巡が、日本に返還される可能性が高まるということです。



 北日本の南進で始まった北海道戦争をきっかけに新日本海軍たる海上保安庁の元に続々と旧海軍艦艇が押し寄せる姿は中々興味深いですな。

 そうして再建された新海軍/海上自衛隊は北日本の海軍に対抗するため、「やまと」「かつらぎ」を中心として艦隊整備を始めたとしても不自然ではないでしょう。



 生き残った確率が最も高いのはやはり「高雄/たかお」ですな。



 コチラも妄想を逞しくすると、戦後の彼女は新装備の実験艦としても機能していたかもしれません。

 合衆国でもボストン級やクリーブランド級がミサイル巡洋艦に改装されてように、征途海自の重巡群もターターを積んだ・・・と想像するのも楽しいものです。

 さらにこの世界の海自は「かつらぎ」の他、合衆国から供与されたエセックス級空母「あかぎ」と「かが」があるので、史実では考慮されなかった、空母機動部隊の運用もあります。

 その中で艦隊防空が史実以上に研究・強化されていてもおかしくありません。



 結果征途海自では重巡改装のミサイル護衛艦を経て、史実よりかなり早く(私は約10年と見てます)ミサイル護衛艦の建造を開始したのでしょう。

 んで、ようやく冒頭の疑問に辿り着きます。

 その史実より早い流れのなかで、「はたかぜ」と称するミサイル護衛艦が誕生し、3巻での海自機動部隊に名を連ねていた・・・この辺りが真相なのではないでしょうか?



 以上は私なりの結論なのですが、この文章は多分に独断と偏見と願望と妄想に満ちています。

 至らぬ点はご指摘していただくとありがたいです。



 追伸



 明日は再び職安に行ってきます。



 それではまた・・・




にほんブログ村






Last updated  2015/09/27 10:40:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/09/26
テーマ:大サトー(2)
カテゴリ:考察
 本日2度目の更新です。



 今回は少々趣きを変えまして、仮想戦記の傑作「征途」劇中にある「10・4・10・10艦隊計画」について考えて行きたいと思います。



 そもそも本計画は1970年代末に始動、2001年の完成を目指して策定されました。

 計画名の「10・4・10・10」は整備するべき護衛艦の数を表しています。

 順に・・・

 ・イージスおよび、その改造型の大型護衛艦10隻
 ・イージスの索敵能力のみを付与された航空護衛艦(空母)4隻
 ・大量の対空ミサイルを装備したミサイル・キャリアー10隻
 ・新型対潜護衛艦10隻

   を建造し、2つの機動部隊に分けて配備する・・・というものでした。



 そして1993年の時点での配備状況(劇中の描写を元に推定)は、

 ・「こんごう」級イージス搭載大型護衛艦4隻。
 ・「しょうかく」級航空護衛艦2隻・「ほうしょう」級双胴航空護衛艦1隻(もう1隻は建造中)。
 ・「あきづき」級打撃護衛艦(ミサイル・キャリアー)1隻(公試段階)。
 ・「しらね」級対潜護衛艦2隻(推定)・「はつゆき」級対潜護衛艦12隻・「あさぎり」級対潜護衛艦8隻。

 この他には「やまと」級超大型護衛艦(戦艦)がイージスシステム艦に改装されて配備されています。



 このように、対潜護衛艦が多数配備されていますが(当初の倍)、逆にイージス護衛艦は計画の半分以下です。

 原因としては、予算・人員が足りないのと、イージスシステムを付与された「やまと」の能力があまりにも高いことがあげられています。



 ここまでが劇中で述べられているものです。



 ここからが考察。

 この世界の海自は史実よりもかなり早くイージスシステム艦を建造・配備していると推定します。

 本家の合衆国海軍の「タイコンデロガ」級の就役が1983年なので、海自でもほぼ同時期に建造・配備されているのでしょう。

 そうでないと、1991年の湾岸戦争に間に合いませんし(史実の「こんごう」の就役は1993年)。

 そうなると史実の「はたかぜ」級ミサイル護衛艦(1986年就役)が飛ばされる計算になるのですが、何故か1994年の統一戦争の際、海自に配備。されていることが描写されているんですよねぇ



 これをどう考えれば良いのか?



 ひとつは、史実の「たちかぜ」級ミサイル護衛艦(1976年就役開始)が、この世界では「はたかぜ」級の名で就役している、というもの。



 もう一つが本文の「最初の”10”には排水量13000トン(※注 ちなみにここは史実より大型です)の「こんごう」級大型護衛艦4隻が含まれている」・・・という表現です。

 これは、拡大解釈すると「それ以外にも建造したよ」と考えても良いのではないか・・・? と。

 本来はすぐにでもイージス搭載艦が欲しかった海自ですが、合衆国での運用経験がまだ十分になされていない、そこで、「たちかぜ」級3番艦の建造を中止、急きょ代艦として「はたかぜ」を(史実より建造ペースを圧縮して)建造したと考えられます。



 まぁ、結局のところ、史実よりは早いものの、やはり順序を踏まえて建造せざるをえなかった・・・という結論に落ち着きました。



 「10・4・10・10艦隊計画」の他にも旧式艦や潜水艦も加わるので、この世界の海自は楽しいことになってますねぇ(笑)



 ちなみに対潜護衛艦の「しらね」級について。

 この世界では堂々と空母を保有しているので、史実の「しらね」級ヘリ搭載護衛艦はいらないかな?と思ったりもしましたが、航空護衛艦を攻撃空母として運用するために、これまた史実通り建造じたのかもしれませんね。

 名前も「山岳名」ですし。



 このように豪勢な布陣の征途海自ですが、統一戦争後はどのようになりましたかね。合衆国海軍が大損害を受けたので、南北日本の統一後は、合衆国に代わり西太平洋(もしかしてインド洋)の制海権維持に努めているのかもしれませんな。



 また気付いた点があったら、改めて述べようと思います。



 それではまた・・・




にほんブログ村






Last updated  2015/09/26 11:48:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/07/23
カテゴリ:考察
 今日は午前と夜の2回戦に渡って蔦屋に行ってきました。



 あいかわらず「機械」を進めていますが、まだまだ鼻歌混じりで・・・とは行かないですなぁ。



 さて、現在参議院のいわゆる「1票の格差」を巡って議論が交わされてますね。



 現在2つの案が出ていますが、多分自民党を中心にした「10増10減」案が通る見通しです。



 それでも1票の格差は約3倍になるので、多分来年の参院選後、また裁判が起こるのでしょうね。



 しかし、衆院も参院も同じようなやり方というのが、そもそもどうなのでしょうね?

 たまたま雑誌を立ち読みした際に、辛坊氏の意見が載ってました。

 内容は、参院は1票の格差を無視して都道府県代表にすべき・・・要約そのような意見でした。



 私は普段辛坊氏とは意見が異なる場合が多いですが、今回の意見には大きくうなずける面がありました。



 確かに現状の参院は「衆院のカーボンコピー」と揶揄される存在になっています。原因は様々あるでしょうが、選挙制度が似たり寄ったりしているのもその一つかもしれません。



 合衆国の上院では、人口の多寡にかかわらず、各州2人が選ばれます。まぁ、多分彼の国では上院下院で役割がずいぶん異なるからかも・・・なんでしょうねぇ。



 我が国も合衆国の制度を参考にしてみるのもいいかもしれません。



 明日は午後勤最終日となります。「立つ鳥後を濁さず」の格言通りにきっちり仕事を進めていきたいと思います。



 それではまた・・・




にほんブログ村






Last updated  2015/07/23 10:41:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/07/18
カテゴリ:考察
 安保法案が衆院で可決され、第2ラウンドの参院に舞台が移りました。



 テレビや新聞などは違憲だと報道し、官邸周辺やアチコチで「戦争法案反対」のデモがあります。



 なんだか観ていると、明日にでも戦争が始まるかのようなおっしゃりようですね。



 私は私なりに情報を収集し、今回の法案は違憲じゃないと考えていますが、ここで細かいことを言っても結局神学論争になって結論がでないと思うのでここでは書きません。



 ただ、こういう例えはできると思います。



 CMなどでよく、医療保険や入院保険などが流れますよね。

 これに加入する方は大勢いらっしゃると思いますが、別に必ず病気になるのが前提ではないと思います。

 なるべくなら病気にはなりたくない、考えるのもごめんだ・・・という方が大半だと思います。

 しかし、万一の時に備えておかないと非常に困る。その時のリスク軽減のために保険に加入する・・・自然な流れだと思います。



 今回の法案を保険に例えると、今までは保障制度にあいまいな部分がありました。

 これまではそれでも良かったのですが、この世の中どんな病気にかかるかわからない。いざという時に保険金が支払われるかどうかあいまいでは困る。

 そこで今回きっちり定義付けたものだと、私は受けとってます。



 その上で、食事や運動など、そもそも病気にかからないための努力も必要です。このあたりは外交がそれにあたると思います。



 今回「戦争の準備をすること」=「戦争をすること」ととらえてる方が結構いらっしゃるようですが、それは大きな誤解だと思います。

 いうなれば上記のことだと思うのが今の私の意見です。



 また、なにか考える機会があれば述べようと思います。



 今日はよしもとライブに行ってきます。



 それではまた・・・




にほんブログ村






Last updated  2015/07/18 01:15:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/04/28
カテゴリ:考察
 本日2度目の更新です。



 普段どこか出かける時って必ずドアに鍵をかけますよね。

 理由はいない間に泥棒などの悪い人が入ってこないようにするためだと思います。



 あたりまえのことを書いて、摩周丸は何を言い出すのかとお思いでしょう。

 今日はいわゆる集団的自衛権について述べようと思います。



 家に鍵をかける。世の中には悪意を持った人間がいる、というのが前提です。んでもしなにか事が起きたら、警察を呼びますわね。

 こんな当然のことが、国レベルになるとわからなくなる人が居るんです。



 悪意を持った人間を内包している国家という存在が、善意の固まりな訳がないじゃないですか。

 憲法9条さえ守っていれば、誰も戦争しないですむなどとは幻想・妄想の世界とも言えるでしょう。

 現に、我が国固有の領土が不法に占拠されたり、挑発に晒されたりしています。



 今回の集団的自衛権は、湾岸戦争タイプの事案では発動すると思いますが、合衆国が勝手に始めたイラク戦争タイプの事案は対象ではありません。

 ホルムズ海峡の機雷除去に関しては、可能かどうかはこの先の議論ですが、石油の調達というのは、我が国にとって死活的な要素です。

 振り返れば太平洋戦争の直接のきっかけは合衆国が禁油措置をしたからです。

 それを考慮すれば、石油が入らないというのは十分存立危機事態です。



 ちょっとずれますが、政府が頑なに原発再稼働を進めるのもこの辺りに理由があります。

 化石燃料一辺倒では対外的に弱みを握られてしまい価格交渉に不利になってしまう。仮に原発が使えれば、エネルギー源のバリエーションが増え、交渉も有利に進む・・・こういった事情からだと考えます。



 もし、我が国のみの防衛力で独立を担保するには、現状の数倍の予算(と人員)がかかります。その点他国と連携ができるならば、効率的な防衛も可能です。

 軍事に反対する方達は、明日にでも戦争が始まるような事を言ってますが、軍事力の最大の存在理由は「相手に手をださせない」、要は抑止です。

 「あいつに手を出すとメンドクサイ」と思わせるのが、もっとも効果的という事です。



 とりあえず、今は与党協議を見守る事とします。



 明日は早いので、とっとと寝ます。



 それではまた・・・



にほんブログ村






Last updated  2015/04/28 09:02:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/04/12
カテゴリ:考察
 今日は統一地方選挙前半の投票日ですね。



 私も勤務明けに投票を済ませてきました。

 さてはて、私が入れた方は受かるかな?それとも落ちるかな?



 これが終わると後半の市町村議会選挙ですな。

 いつでもそうですが、こういう地方選は関わってる人はヒートアップしますが、それ以外の方は少し冷め気味かもしれませんね。

 大上段にかぶった国政選挙もそうですが、身近な生活に影響する地方選もあなどってはいけません。

 せっかくの権利なので、是非とも無駄にしないでいただきたいところです。



 絵に描いたような理想的な政治家なんてほとんどいないと思ってもいいので、迷ったら「よりまし」な人を選ぶといいでしょう。



 さてさて、よるはこちらのイベントの準備があるな。



 それまでちょっと一休みしますわ。



 それではまた・・・




にほんブログ村






Last updated  2015/04/12 04:33:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/03/13
カテゴリ:考察
 先日渋谷区で同性カップルに結婚に準じる証明書がでることになったのが話題にのぼりました。

 それを受けてやはり出てきたのが、自民党の谷垣氏による「伝統的家族観」云々というものでした。



 私はそれを聞いて疑問が一つでてきました。

 現在安全保障についての議論が続いてますが、議論になった理由は「国際情勢の変化」です。



 その議論自体は私としては大いに結構ですが、片や「変化したから」変える、と言い、片や「伝統的」などと変化を拒む姿勢が見え隠れします。

 性的少数者が一定の人口を占める昨今において、変化に対応した結婚観を持つのも当然ではないかと思います。

 大体、現在伝統的と言われるものは、たいてい明治維新の頃のものが多いと思います。せいぜい150年くらいの伝統などなんになるでしょう。

 戦国時代の武将は衆道がある種のたしなみだったりします。



 そう常に変化するのが世の常です。古代ギリシャかどっかの哲人も「万物は流転する」とか言ってますしね。



 そんなことを思った今日この頃でした。



 追伸



 明日から4日間お休みです。この1年間こんなに連続した休みは無かったので、大いに英気を養おうと思います。



 それではまた・・・




にほんブログ村






Last updated  2015/03/13 06:40:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/01/26
カテゴリ:考察
 最近は天候が落ち着いていましたが、週の中ごろからまた雪が降ってくるそうです。まだまだ長い冬は続きますな。



 今日はちょこっと勉強が進みました。



 今回は光に関するものの続きです。これまでは光の量に関する単位でしたが、今回は光を発する物質そのものの単位でした。

 この中で4000K(ケルビン)とか6000Kとかが出てきて、原理を読んでみると「なるほど、そういうふうになってたのか」と納得しきり・・・頭に刻み込めたかはまた異なる次元の話ですが・・・



 明日は休日なので、理想を言えば、午前中は勉強、午後は「大和」製作を進めたいところです。



 そのためには今夜は適当なところで寝なくてはいけません。毎度夜更かししすぎてはorzになってるので・・・



 まぁ、日をまたぐ前に寝ます。



 追伸



 イスラム国の話。

 彼らは何故あんなにも残虐な事を平気でできるかを考えてました。

 ユダヤ教やキリスト教と共に、イスラム教も(呼び方は違えど)唯一神を崇拝しています。



 問題は、信仰の対象たる神がどこにいるか、ということです。



 もし人間の外に求めるならば、異教徒は神を信じない悪魔だと断じ、そのような悪魔にはなにをしても許されるという恐ろしい解釈をしているのではないか・・・

 そこが(いわゆる)イスラム(を騙る)過激派の心象風景なのではないかと思います。



 逆に信仰を極めた人は、「神は私の(そしてあなたの)中におわします」となると、昔どこかで聞きました。

 相手の中にも神がいることを信じられるのならば、非道なことはためらうかもしれません。



 かつて栄えていたイスラム系国家は他宗教の存在み認める寛容な国々でしたし、現在でも多くのイスラム系国家が同様に寛容な体制です。そして我が国在住のムスリムも人質解放を真剣に祈ってます。


 
 私も私なりに無事解放を祈ります。



 それではまた・・・




にほんブログ村






Last updated  2015/01/26 09:43:51 PM
コメント(0) | コメントを書く

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.