018951 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

逸民の、こころ模様

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


逸民502

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

逸民502@ 企業団体献金がなければ 貧乏人は政治家にはなれないって、ホント…
むかご@ 政党助成金への基金 まったくそのとうり!! 政治家は他人か…
逸民502@ 確かに・・ まぁ、とはいえ現状から始めなくてはなら…
意地悪ばあさん@ 猫もしゃくしも家なんか買うからよ 何十年ものロ~ンなんか組んじゃってサ …
逸民502@ 感情的にならないで 呑み屋の母さんが、私の頭上の物を取ろう…

Freepage List

Headline News

2011.06.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
イラクやアフガンの戦争に於ける報道に、死体の映像は殆ど無かった。
また阪神淡路などの災害でも多数の犠牲者がでているはずなのに、一切、見えなかった。

勿論、命の尊厳や人権があるから、或いは見てしまった者達の心的障害ということもあるので、ここではその是非については語らない。
ただ思うのは報道だけを見ていると、死というものが今ひとつ現実として感じられないということだ。
かっての時代には、死というものはもっと身近に在ったのではないだろうか。
亡国病と謂われた結核、そして戦死、大空襲による無差別爆撃、原爆。

今回の大地震と大津波による大災害は、その規模と原発の脅威もあり、現代社会の安全神話を打ち砕いてしまった。
多くの街々が、そして何万人という国民が、一昼夜にして壊滅した。
これは死体こそ報道されなかったが、惨禍は充分に伝わっていた。
かっての時代のように死がより身近となり、生活の意味が根底から変質してしまったのではないだろうか。






Last updated  2011.06.18 11:39:00

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.