641178 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レムリアからの転生旅行者

レムリアからの転生旅行者

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

神坂俊一郎

神坂俊一郎

Freepage List

Nov 13, 2023
XML
テーマ:野良猫(35)
カテゴリ:猫との生活


我が家に出没していたチャバシラ2号が、毎年どこかで出産しては子育てに失敗しているようだったのですが、今年は秋の長雨の直前の9月初旬に、子猫2匹を連れて我が家にやってきたのです。
車庫に置いた箱の中で親子で寝るようになりましたが、餌は食べるものの警戒心が強く、全く馴れないところが野良だったのですが、子猫のうち1匹のチビ1号は、弱っていたためかフレンドリーで、触れるようにまでなりました。
もう1匹のチビ2号は、当初は幻の猫で、人の姿を見るや脱兎のごとく逃げ出し、姿を見ることができるまで2週間ぐらいかかりました。
チビ2号は健康だったのですが、チビ1号の方は猫風邪で、目やに鼻水でひどい状況でしたから、つかまえて拭いてやったり目薬を点眼したりしているうちに、懐いてついてくるようになりました。

母猫チャバシラ2号です。

チビ1号、目やにでいっぱいでした。

初めて撮影できたチビ2号。

チビ1号が更に馴れて来たので、これなら保護できるかなと思い始めた10月10日、突然チビ1号と2号が失踪したのです。
母猫チャバシラ2号は、必死に呼びかけて探していたのですが見つからず、のんびり日向ぼっこで寝ていたチビ1号ならいざしらず、チビ2号まで同時に失踪するとは、何があったのだろうと不思議に思っていました。
チャバシラ2号も、子猫たちが居なくなって2週間ぐらいしたら諦めたのか我が家に来なくなりました。
それが、1か月たって忘れた頃になって、チャバシラ2号が、大分成長したチビ2号を伴って現れました。
1か月間どこで何をしていたのかと、チビ1号がどうなったのかは謎ですが、チビ2号だけは帰って来たのです。


帰って来たチビ2号です。1か月前の1.5倍ぐらいに育っていました。

それでも、相変わらず警戒しており、チビ1号と違って触れそうもありませんが、母猫チャバシラ2号ともども、保護できるようなら保護しようと考えています。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Nov 13, 2023 07:30:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
[猫との生活] カテゴリの最新記事


Calendar

Favorite Blog

輝いてます! yuu1325さん
小さな雑貨屋さんブ… マジョリンさん
Paris暮らし Flutiste Mariさん
ペットのホリスティ… Kar-Mo-Cha-さん

Comments

Yoko@ Re:ヤマトタケル異聞8(10/04) 記紀とは違うヤマトタケルを興味深く拝読…
Yoko@ Re:ヤマトタケル異聞1(09/21) ずうずうしくリクエストをしたYokoです。 …
Yoko@ Re:ヤマトタケル?2(04/19) 21日のご返信に気が付かず、ご返信せずに…
神坂俊一郎@ Re[1]:ヤマトタケル?2(04/19) YOKOさんへ アメーバブログも確認したら全…
神坂俊一郎@ Re[1]:ヤマトタケル?2(04/19) YOKOさんへ 既に発見されたかも知れません…

Headline News


© Rakuten Group, Inc.
X