235288 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

茨城県近代美術館 The museum of modern art, IBARAKI

全6件 (6件中 1-6件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 「ふるさとを描く」展 | 「ふるさとを描く」展イベント | 「耳をすまして」展 | 「耳をすまして」展イベント | 所蔵作品 | その他 | 所蔵作品展 | 「輝く女たち」展 | 輝く女たち | ウルトラマン展 | 「輝く女たち」展イベント | アートフォーラム | 教育・普及 | 拡大版 ようこそ美術の森へ | 小川芋銭展 | 「ストラスブール美術館展」 | 「ストラスブール美術館展」イベント | 「須田国太郎展」 | 「堀井英男」展 | 鮭日記 | 「ワカラナイ」ノススメ | 熊田千佳慕展 | 所蔵作品検索システム | 「聖なるものへ」展 | 研修生もブログに参加! | 天心展 | 天心展&所蔵作品展 | 「フランス万華鏡」 | 中原淳一展 | H26「美術の冒険」 | 県芸術祭 | ワカラナイノススメ2 | H26 作家とアトリエ展 | 所蔵品展「命のぬくもり」「輝け!男たち」 | H26笑う美術 | ある日の風景 | ベン・シャーン展 | やなせたかしの世界展 | 6つの個展 2015 | 企画展「幸せはどこにある?」 | 第9回現代茨城作家美術展覧会 | あした天気になーぁれ♪ | エッシャーの世界 | H28乙女デザイン | H28県芸術祭 | H28総合造形展 | H28東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展 | 移動美術館 | ミュージアムキャラクターアワード2017

「ストラスブール美術館展」イベント

2012年07月06日
XML

kinbee Hi.JPG

は~い,きんびーで~す!

いよいよ,明日はパティスリー・焼き菓子フェアの初日。

どんなお菓子が並ぶのか楽しみだね。

 

Lacky R-SS.jpg

あたしたち,甘い香りが大好きだから,ほんとに楽しみよね。

 

kinbee Ah! SS.jpg 

明日は,パティスリー・プランセスさんとメゾン・ベニコさんが午前10時から出店。

ベニコさんのパティシエはアルザスで修業されたんだって。本場仕込みのクグロフが並ぶってことだよね。たのしみぃ。

 

Lacky R-SS.jpg

そして,11時からはラ・ブランジェ・サニーさんが加わるんでしょ。

サニーさんはパン屋さんだから,ラスクも並ぶのかしらね。

 

kinbee Ah! SS.jpg 

みんな美術館でのイベントは初めてだから,心配じゃないかなぁ?

 

Lacky R-SS.jpg

美術館としても心配ですよね。

 

ミュージくん01

う~ん。お客さまが一番心配してくれてるんじゃないかな。

「え~,美術館でお菓子のフェアってどうなのかなぁ」って声が聞こえてきそうじゃない?

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

あっ,小耳にかい? 

 

ミュージくん01

ねぇ,それってもういいでしょ!

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

まあ,ここは美術館だから,まずは「ストラスブール美術館展」をご覧いただければそれでいいんだけどね。

作品をご覧いただくだけじゃなくて,焼き菓子も楽しんでいただいて,お客さまに喜んでいただこうっていうのが今回の企画だからね。

 

Lucky-R2 SSS.JPG

フェアの会場では,お菓子を500円以上お買い求めの方に,ストラスブール美術館展の入場料割引券を差し上げることになっているんですって。

 

ミュージくん01

それじゃ,お菓子を買ってから展覧会のチケットをお求めいただいた方がお得ってわけだね。

きんびーちゃん!ここは元気よくみなさんにご来館を呼びかけようよ。

 

kinbee Ah! SS.jpg 

そうだね,ここはぼくの頑張りどころだよね。

それじゃ・・・・

 

きんびークグロフ小.JPG

みんな~!おいしいお菓子を楽しんでねぇ!

 

Lacky R-SS.jpg

ストラスブール美術館展」もぜひお楽しみください。

 







Last updated  2012年07月06日 12時57分20秒
2012年07月01日

kinbee Hi.JPG

は~い,きんびーで~す!

らっきーちゃん,みゅーじくん,洋菓子屋さんが参加するイベントの情報がわかったよ。

ストラスブール美術館展開催期間中の7月7・8日の土・日と,7月14・15・16日の土・日・月の5日間,近代美術館で「パティスリー・焼き菓子フェア」っていうのを開くんだって!

 

Lacky R-SS.jpg

あら,みゅーじくんがつかんでた話は本当だったのね!

 

ミュージくん01

小耳はないけどさ,ちゃんとはさめるんだよ!

 

Lacky R-SS.jpg

ねぇ,ねぇ,きんびーちゃん。詳しく教えてよ。

 

kinbee Ah! SS.jpg

あっ,みゅーじくんの話が本当だったから,そのことを伝えたくて,詳しいことは聞かないできちゃった。

 

Lucky-R2 SSS.JPG

まぁ,きんびーちゃん,あわてん坊ねぇ。

 

morie02 by y SSS.jpg

それじゃ,教えてあげるね。

 

kinbee Ah! SS.jpg Lacky R-SS.jpgミュージくん01

あっ,森江さ~ん。なんで今まで教えてくれなかったの~?

 

morie02 by y SSS.jpg

いやいや,ごめんごめん。

みんな,6月17日にストラスブールのあるアルザス地方にちなんで「アルザス料理とワインの夕べ」というイベントを開いたのは覚えているよね。

7月15日には2回目を開催するんだけど,希望者が多くて,もう定員がいっぱいなんだ。

そこで,もっと気軽に多くの方に参加していただけるようなイベントが開けないかなって考えて,焼き菓子フェアの開催ににたどりついたわけ。

 

kinbee Ah! SS.jpg 

そっかぁ,「アルザス料理とワインの夕べ」は,参加されたお客さまに楽しんでいただけたけど,ワインの夕べだとぼくたち子どもは参加できないしね。

 

Lacky R-SS.jpg

そうねぇ,お菓子のイベントなら子どもたちも楽しめるわよね。

 

morie02 by y SSS.jpg

ストラスブールは美しい古都というだけでなく豊かな食文化を楽しめる街でもあるので,美術館においでいただいて少しでもその雰囲気を味わっていただきたいと思っているんだ。

 

ミュージくん01

あっ,そうだった。ストラスブール美術館展のサブタイトルに「ヨーロッパの交差点、美と食の街から」ってあったよね。そういうことだったのかぁ。

 

morie02 by y SSS.jpg 

それでは,イベントの情報だけど,それはこちらをご覧くださいね。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg Lucky-R2 SSS.JPGミュージくん01

みなさん,ご家族やお友だちと,ぜひ,お楽しみくださいね~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2012年07月01日 23時10分42秒
2012年06月27日

kinbee Hi.JPG 

は~い,きんびーです。

ねぇねぇ,みゅーじくん。土・日限定でミュージアムショップみえるで販売しているお菓子が好評なんだってね。

 

ミュージくん01

そうなんだ。ストラスブールのあるアルザス地方にゆかりのある"クグロフ"をはじめ,"カヌレ"などの焼き菓子がお客さまに好評なんだ。

お客さまだけじゃなくて美術館のスタッフにも大好評で,予約して買うスタッフもいるんだよ。

 

Lacky R-SS.jpg

え~,スタッフが予約して買っちゃうなんてずるいわよ~。

そのお菓子は,ミュージアムショップみえるの店長さんが,ストラスブール美術館展においでになったお客さまのために,つくば市にあるdavid painさんから毎週仕入れて販売しているのよ。

お客さまが買えなくなったらどうするのよ!

 

ミュージくん01

へへっ,それが大丈夫なんだよ。

美術館のスタッフが予約したお菓子はその日の閉館後に持ち帰るんだけど,もしも,開館中にお客さまに販売できるお菓子がなくなってしまったら,美術館のスタッフが予約した分をお客さま用として販売するんだよ。

予約したスタッフは別の日に購入できるように仕入れていただくってわけ。



kinbee Ah! SS.jpg

なるほどね。お客さま最優先だものね。

 

Lucky-R2 SSS.JPG

あ~,よかったわ。

 

ミュージくん01

ところで,昨日の夕方,美術館の会議室に水戸市内のいくつかの洋菓子屋さんが集まっていたのは知ってる?

 

Lacky R-SS.jpg

あら,知らなかったわ。

 

kinbee Ah! SS.jpg

何かあったのかな?

 

ミュージくん01 

ちょっと小耳にはさんだだけなんだけど,ストラスブール美術館展の終盤に水戸市内の洋菓子屋さんと美術館が協力して,焼き菓子フェアを開くらしいんだ・・・。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

みゅーじくんの小耳ってどこだよ!

 

ミュージくん01

きんびー! 突っ込むのはそこじゃないよ!

 

Lacky R-SS.jpg

ねえ,みゅーじくん。どういうこと?

詳しく教えて?

 

ミュージくん01

ストラスブールがフランスのアルザス地方の都市で,アルザス地方といえばクグロフやベラヴェッカなどの焼き菓子で有名なことは知ってるよね。

 

kinbee Ah! SS.jpg

そうなんだってね。

 

ミュージくん01

それで,美術館と洋菓子屋さんで相談して,ストラスブール美術館展を盛り上げるために,7月7(土)からの土・日・祝日に美術館のテラスで焼き菓子フェアを開いて,フェアで展示した焼き菓子は,もちろん販売もするんだって。

 

Lacky R-SS.jpg

それって,焼き菓子の展示即売会ってことでしょ?

 

ミュージくん01

そうらしいんだ。

 

kinbee Ah! SS.jpg

そうらしいって,確かな情報ではないの?

 

ミュージくん01

だからさっき言ったじゃない。小耳にはさんだだけだって!

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

はっ,みゅーじくんの小耳って・・・・。

 

Lucky-R2 SSS.JPG

きんびーっ!それはもういいでしょ!

あたし,なんだかワクワクしてきたわ。

 

ミュージくん01

それじゃ,もう少し詳しい情報を探ってみるね。

きんびーちゃんとラッキーちゃんも仲良しのギャラリースタッフから詳しいことを聞き出してよ。

ぼくだって,すっごく興味があるんだから。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpgLucky-R2 SSS.JPG

は~い。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

よ~し,口の軽いギャラリースタッフさんを捕まえに行こうっと!!

 

Lucky-R2 SSS.JPG

きんびー!そんなギャラリースタッフはいないわよ。

きっと,まだ準備中だから私たちには教えてもらえないのよ。

楽しそうなイベントだもの,決まったらきっと教えてくれるわよ。

 

kinbee Ah! SS.jpg

だれが詳しく教えてくれるかな?

 

ミュージくん01

このイベントを考えた人じゃないの?


Kinbee Kya! R-SS.jpg

それならきっと,スイーツ大好きのスタッフに決まってるから,すぐわかるよ。


Lucky-R2 SSS.JPG

残念でした!ここの美術館のスタッフの甘党率は限りなく100%に近いのよ。

そんなんじゃ絞り込めないわよ。

 

ミュージくん01

まあまあ,詳しい情報はもう少し待ってみようよ。

大丈夫,準備が整ったらきっと教えてもらえるよ。

 

Lacky R-SS.jpg

それにしても洋菓子屋さんってどこが参加するのかしらね。

なんだか,やっばり,待てないわ!

 

kinbee fly

よ~し,やっぱりぼく,情報集めてくるよ~!

 

 







Last updated  2012年06月28日 09時44分43秒
2012年06月16日

kinbee Hi.JPG 

は~い,きんびーです。

本日の内田日出海(ひでみ) 先生の講演会「国境のまちストラスブール ~ ドイツを生き,フランスを生きて」、無事終了しました!



sawado01

かなり雨が降っていて、お客様がどのくらいいらしてくださるか不安だったけれど、フタを開けてみたら本当にたくさんのお客様にご来場頂き、職員一同心から喜んでいます。

皆様、本当にありがとうございました!



DSCN2006.jpg



DSCN2014.jpg



sawado01

ストラスブールやアルザスの歴史・地理・文化・人々のアイデンティティ等々、本当に盛りだくさんの内容で、メモを熱心に取られるお客様も大分いらしたようですね。

あ、ちなみに、先生はストラスブールの美術館には何回かいらしたことがあるそうですが、今回、茨城の展覧会場で懐かしい作品の数々に再会されて、改めて楽しんでいただけたようです。

講演会では、ストラスブール近現代美術館が現在の建物に移転する前の建物(かつては税関だった古い建物だそうです)にまつわる歴史などのお話もありました。

ラッキーちゃんは何が印象に残ってる?



Lucky-R2 SSS.JPG 

アルザス地方のブドウ畑の写真が素敵だったわ~。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

あんなところを飛び廻れたら楽しいよねぇ!

ブドウ畑って蜜もおいしそうだもんね。 

Lacky R-SS.jpg

小泉課長はいかがでした?



koizumi01  

アルザスワインを飲みたくなったなぁ…。

 

Lucky-R2 SSS.JPG

あらっ,やっぱり・・・そんなことだろうと思いました。

 

koizumi01 

いやいやそうじゃなくて、フランス国歌の「ラ・マルセイエーズ」がストラスブールで誕生したというエピソードがとても印象的だったなぁ。

あと、ドイツとかフランスとか一つの国にとったら辺境の一都市だけれど、ヨーロッパ全体から見ると中心であるという考え方はとても新鮮で、なるほどなぁと思いました。



sawado01

私は、ドイツ的でありフランス的でもあるけれど、実はそのどちらでもない、という部分で、アルザスであると同時にヨーロッパである、というストラスブールのアイデンティティの在り方が、とても興味深いと思いました。

ほんのさわりですが、ヨーロッパの経済のお話もあって、ものすごく勉強になりました。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpgLucky-R2 SSS.JPG sawado01 

内田先生、本当にありがとうございました!

 

sawado01 

ストラスブール美術館展はまだまだ続きますので(~7/16)、今日、講演会のみきかれたという方は、是非改めてご来場の上、展覧会もお楽しみ下さいね。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpgLucky-R2 SSS.JPG 

またのご来館をお待ちしてま~す!







Last updated  2012年06月16日 20時53分17秒
2012年06月14日

kinbee Hi.JPG 

は~い,きんびーです。

今日は現在開催中の「ストラスブール美術館展~モダンアートへの招待~」の関連イベント、土曜日に開催される講演会のお知らせです!



Lacky R-SS.jpg

はい、6月16日(土)13:30より当館地階講堂にて、「国境のまち ストラスブール~ドイツを生き、フランスを生きて」というタイトルで、成蹊大学経済学部教授の内田日出海先生にお話していただきます。



kinbee Ah! SS.jpg

内田先生は経済学部の先生なの?なんだかお話が難しそう…。



sawado01

安心して、経済学の難しいお話は出てこないから。

内田先生は、ずばりストラスブール大学で歴史を学ばれた方で、ストラスブールの街についてもとっても詳しくてらっしゃいます。

とても気さくな先生で、ストラスブールの歴史や文化、その魅力について、分かり易くお話をしてくださると思いますよ。

現在開催中の「ストラスブール美術館展」はストラスブールという街にある近現代美術館のコレクションを紹介している展覧会ですが、ストラスブールがどんな街なのかをぱっとイメージできる方はおそらくとても少ないですよね。

なので、まずは街の歴史や文化について知っていただくと、今回の展覧会の内容も何倍も深く楽しんでいただけるのではないかと思います。

何しろ、今回の展覧会では、ストラスブールに縁のある画家の作品も展示してますしね。

絵画って、特別な知識なく眺めても楽しいものだけれど、作品が生まれてきた背景を知ることによって、より深く味わうことができるんですよ。



Lacky R-SS.jpg

芸術家が生まれ育った土地柄や、文化的な背景を知ると、作品がよりキラキラして見えてくるかも…。



kinbee Ah! SS.jpg

ストラスブールはフランスの街なんだよね?



sawado01

今はフランスの一地方都市なんだけれど、実はEU(欧州連合)の議会が置かれたりしていて、「ヨーロッパの首都」って呼ばれることもあるの。

「今は」って言ったのは、ストラスブールは古くから色々な戦争に巻き込まれて、ドイツに支配されたりフランス領になったりまたドイツに占領されたりと、本当に波瀾万丈の歴史を歩んできた街なんです。

だから、ドイツ的でもありフランス的でもあり、それでいてどこでもないような…。

それに、ヨーロッパにおける重大事件がたくさんこの街で起こっていて、ヨーロッパ史そのものを象徴するような、そんなところもあるんじゃないかしら。

フランスだけじゃなくて、ヨーロッパの文化や歴史に興味のある方には、とても興味深いお話がきける講演会になると思います。

それから世界文化遺産になっている美しい街並の写真なども色々見せていただけると思うので、どうぞお楽しみに!



DSC00098.jpg



sawado01

これはストラスブールの顔とも言うべきノートルダム大聖堂。

ピンクがかった色の外壁が特徴的で、「バラ色の大天使」なんて呼ばれたりもする、ゴシック建築の傑作です(もちろんこれも世界遺産です)。

ストラスブールは観光都市としても有名で、他にも素敵なところがたくさんあるけれど、それは講演会の時に見せていただきましょうね。



kinbee Hi.JPG 

うわぁ、早く見てみたいな!

入場無料、予約は必要ありませんので、皆さんお気軽にご参加ください~!



Lacky R-SS.jpg

なんだかヨーロッパに旅行したくなっちゃう。

あ、講演会に向けて予習をしたいという方は、こちらの本をどうぞ。



書影.jpg
「物語 ストラスブールの歴史 - 国家の辺境、ヨーロッパの中核」(中公新書)
内田日出海著







Last updated  2012年06月14日 19時59分50秒
2012年06月03日

kinbee Hi.JPG 

は~い,きんびーです。 

今日の美術館はずいぶんにぎやかだったね!

 

Lacky R-SS.jpg

本当ね。講堂と講座室の両方でお話し会があったみたい。

 

kinbee Ah! SS.jpg

講堂は、茨城大学の甲斐教行先生で、「ブルネレスキ-近世の黎明」という題名の講演会だって。なんだか難しそうだなぁー。

 

koizumi01

講堂で開催していたのは「美術館アカデミー」というイベントで、茨城大学の授業そのものを美術館で開いて、学生だけじゃなくて、一般の人にもお話を聞いてもらおうというものです。

つまり、この時だけは、美術館が大学になっちゃうわけです。授業料払わないで、大学の授業が受けられちゃう、勉強したい人にはお得なイベントだね。

 

kinbee Ah! SS.jpg 

そうなんだ? だから、難しくてもしょうがないのか。

 

koizumi01 

美術館では、いろんな作品の説明とか、なるべくわかりやすく、一般的な言葉で解説するようにしてるけど、本当は、とても難しい、一言では言えないようなことを一生懸命かみ砕いて話したり、書いたりしているんだよ。

その点、大学の先生は、専門用語をバンバン使って話せるのでうらやましいかぎりなんです。

その代わり、美術館の説明では聞けないような、突っ込んだ話が聞けると思うよ。

 

Lacky R-SS.jpg 

学生さんたちは、理解してるのかしら?

 

koizumi01 

理解しないと、赤点取っちゃうよ。

 

kinbee Ah! SS.jpg 

赤点って?

 

Lucky-R2 SSS.JPG 

いまでは,ちょっといにしえの言葉だけど,落第のことね。

 

koizumi01 

一方、講座室の方は、県のお仕事で、いろいろ外国人の方々に対して、分からないことなんどを説明している「国際交流員」のフランス人、オレリー・ノエルさんが、今度の「ストラスブール美術館展」開催に関連して、彼女のふるさとフランスの人気の観光地でもあり、歴史・文化がとても特徴的な町ストラスブールのことをお話ししてくれることになったんです。

DSC_0011.JPG

 

kinbee Ah! SS.jpg 

へえ! フランス語で話したのかな。

 

koizumi01 

いえいえ。彼女はちゃんと日本語で説明できるんですよ。

それで、ストラスブールのあるアルザス地方の町のこととか、お天気が続く気候とか、美味しいワインのこととか...。

そうそう、炭酸の泡が出るワインのことをスパークリングワインというんだけど、フランス人は、ほとんど、スパークリングワインでは、シャンパーニュ地方でつくられるシャンパン以外を認めないそうなんだけど、アルザスのクレマンというスパークリングワインだけは、これなら許せるって言って飲むんだって。

 

Lacky R-SS.jpg

なんか、都合がいいみたいね。

 

koizumi01 

それから、アルザスの美味しい料理とかお菓子の話、民族衣装の話とか、盛りだくさんでした。

DSC_0021.JPG

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg  

とっても楽しそう! アルザスに行ってみたくなっちゃうね。

 

koizumi01 

もちろんそうだけど、その前に美術館に来て、ストラスブール美術館展もぜひ見て欲しいんだけど......。それから、アルザスのご案内は、今日のお話を聞き逃しても、それぞれの内容が、美術館のアートフォーラムコーナーで紹介してあるから、来ていただければ、そちらで概略は分かります。アルザス旅行はそれからにしてください。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg  Lucky-R2 SSS.JPG 

ぼくたちは、アルザスの花を探しに行きたいな! 今度は、花と蜂蜜のことも聞いておいてください。

 

koizumi01 

そうだったね。今度来たら聞いておきます...って、君たちフランスまで出かけるつもりなんですか!

 

Lucky-R2 SSS.JPG  

いけないかしら。私たち飛べるのよ。

 

koizumi01

そうですね。がんばってください。

 

お菓子の解説

DSC_0030.JPG

ガレット・デ・ロワといアルザスのお菓子。中にフェーヴという陶製の人形が入っていて、切り分けて、それが当たった人は、王冠をかぶってその日一日王様、王女様の扱いを受けることになる。

 







Last updated  2012年06月03日 13時49分56秒

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.