243330 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

茨城県近代美術館 The museum of modern art, IBARAKI

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | 「ふるさとを描く」展 | 「ふるさとを描く」展イベント | 「耳をすまして」展 | 「耳をすまして」展イベント | 所蔵作品 | その他 | 所蔵作品展 | 「輝く女たち」展 | 輝く女たち | ウルトラマン展 | 「輝く女たち」展イベント | アートフォーラム | 教育・普及 | 拡大版 ようこそ美術の森へ | 小川芋銭展 | 「ストラスブール美術館展」 | 「ストラスブール美術館展」イベント | 「須田国太郎展」 | 「堀井英男」展 | 鮭日記 | 「ワカラナイ」ノススメ | 熊田千佳慕展 | 所蔵作品検索システム | 「聖なるものへ」展 | 研修生もブログに参加! | 天心展 | 天心展&所蔵作品展 | 「フランス万華鏡」 | 中原淳一展 | H26「美術の冒険」 | 県芸術祭 | ワカラナイノススメ2 | H26 作家とアトリエ展 | 所蔵品展「命のぬくもり」「輝け!男たち」 | H26笑う美術 | ある日の風景 | ベン・シャーン展 | やなせたかしの世界展 | 6つの個展 2015 | 企画展「幸せはどこにある?」 | 第9回現代茨城作家美術展覧会 | あした天気になーぁれ♪ | エッシャーの世界 | H28乙女デザイン | H28県芸術祭 | H28総合造形展 | H28東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展 | 移動美術館 | ミュージアムキャラクターアワード2017

「ふるさとを描く」展

2011年06月13日
XML

展覧会「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」は終了いたしました。

ご来館いただきましたみなさま、ありがとうございました。

撤収
今日から早速展示替えです。

会場から作品を撤収する作業が続きます。
「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」は所蔵作品を中心とした展覧会でした。
なので輸送のための厳重な梱包、という作業がありません。
作品をお返しして回る出張も、今回はありません。

点検を終えた作品は、適宜梱包され収蔵庫へと運ばれていきます。
しばしの間、お休みです。

来館者の皆様に感謝すると共に、展示の務めを終えた作品にも感謝しております。
どうもお疲れさまでした。

展覧会担当 ino02井野

 

「ふるさとを描く-いばらき美術風土記」の撤収が終わると,引き続き新しい展覧会の作品搬入と展示作業が始まります。少しの間ですが,近代美術館は休館となります。

次の展覧会は6月18日(土)から始まる「日展茨城展」です。

この展覧会は,茨城新聞社が茨城新聞の創刊120周年を記念して開催するもので,茨城県と茨城県教育委員会が共催し,近代美術館を会場として開催されます。

会期は7月18日(月)までの1ヵ月間ですが,近代美術館の第1常設展示室では同時に当館の「所蔵名品展」を開催します。「日展茨城展」の入館券をお求めの方は,この「所蔵名品展」もご覧いただけますので,ぜひお見逃しなく。

なお,「日展茨城展」は近代美術館主催ではないため,年間共通パスポートはご利用いただけませんが,「所蔵名品展」のみを観覧される場合はご利用いただけます。

管理課 iwakami02岩上







Last updated  2011年08月21日 14時44分44秒

2011年06月09日

4月29日より開催中の展覧会「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」。

会期は残りわずかですが、下野新聞で紹介していただきました。

下野新聞は栃木の新聞ですが、茨城でも県西の方はご覧になる機会があると思います。
下野=「しもつけ」と読みます、念のため。
掲載は6月5日の紙面でした。告知が遅くなってすみません。

当然ながら紙面をご覧いただけない方が多いと思います。
下野新聞のホームページでは動画で紹介されています。
どうぞ こちら をご覧ください。

「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」は6月12日(日)までです。

(展覧会担当:井野)







Last updated  2011年06月09日 16時59分44秒
2011年06月07日

3月11日の震災のため、会期を変更して開催した今回の展覧会。
「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」も会期は残り一週間となりました。

今週末、6月12日(日)までの開催となります。
まだご覧になっていない方は是非。
既にご覧になった方も、もう一度、二度、三度とお越しください。

今回の展覧会では震災前にポスター、チラシや招待券を各所に配付しておりました。

変更前の会期(3月12日~4月24日)が記載された招待券も、もちろん有効です。
「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」招待券は6月12日までご利用いただけます。

また年間パスポートも、美術館の臨時閉館にともない有効期限を60日延長しています。
ご来館いただければ,60日延長のシールを貼らせていただきます。

ino02井野







Last updated  2011年08月21日 14時43分44秒
2011年05月25日
NHK水戸放送局のテレビ番組「とれたてワイド茨城」で「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」の取材を受けました。

急な重大ニュースなどがなければ,5月27日の午前11時30分から放送される同番組のおでかけ情報のコーナーで取り上げていただけるとのこと。
展覧会を既にご覧になった方も、これからの方も、どうぞご覧ください。

すみませんが地上波デジタル放送で茨城県内のみ視聴可能とのことです。

展覧会担当 ino02井野






Last updated  2011年08月21日 14時42分51秒
2011年05月19日
展覧会をご覧になった後はぜひ美術館1階の アートフォーラム へもお立ち寄りください。

画像 048.jpg

作品以外の様々な展示で、美術に親しんでいただくアートフォーラム。
現在は企画展「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」にあわせた内容となっています。

そのひとつが、明治生まれの方々が語るむかしの茨城の生活。
懐かしい(?)「茨城弁」をお聴きいただけます。

これは先日ブログでもご紹介した、佐賀純一先生が録音したもの。
内容ももちろん興味深いものばかり。
そして茨城弁の語り口がとても親しみを感じさせます。
(県外の方は聴き取れないかもしれませんが・・・)

茨城の方も、そうでない方も、どうぞ本格的(?)な「茨城弁」をご堪能ください。

この他にも展覧会にあわせて様々な展示をしております。

アートフォーラム2

アートフォーラム4

アートフォーラム3

アートフォーラムコーナーは入場無料です。
何度でも足をお運びください。
21日の佐賀先生の講演会もどうぞお楽しみに。

展覧会担当 ino02井野






Last updated  2011年08月21日 14時42分00秒
2011年05月11日
今日は日本画家の小林恒岳(こうがく)先生がいらっしゃいました。

「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」では、先生ご本人から寄贈いただいた、霞ヶ浦の水質汚染をテーマとする作品を展示しています。

恒岳先生
作品のタイトルは「蓮池(雲流れる)」です。
緑色の泥にまみれた鳥や魚の死がいを背景に、鷺が鳴き、蓮が大きな花を咲かせています。

今回の展示について先生からは、
「面白かった。日本画と油彩画が混じっていたが違和感がなかった。いい展覧会だった」
と感想をいただきました。
ありがとうございました。

この「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」では恒岳先生の父に当たる、小林巣居人の作品も4点(うち2点は絵巻の大作です)も展示しています。

自然と小さな生き物を描く巣居人作品は、可愛らしくほのぼのとした雰囲気で好評です。

昨年、茨城県天心記念五浦美術館で展覧会「田園画人 小林巣居人の世界」が開催されましたが、このとき小林巣居人を知ったという方も多いのではないでしょうか。

1階の所蔵作品展でも新収蔵となった小林父子の作品、巣居人6点、恒岳3点を展示しています。

ファンの方はどうぞお見逃しなく。

展覧会担当 ino02井野






Last updated  2011年08月21日 14時40分52秒
2011年05月07日
本日は展覧会「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」のギャラリートークを開催しました。

5/7ギャラリートーク

午後1時30分から約70分(予定より少々長く話してしまいました。すみません)、会場を回りながら作品解説を中心にお話いたしました。

のべ51名の皆さんにご参加いただきました。お楽しみいただけたましたでしょうか?

次回のギャラリートークは5月22日の予定です。

より簡潔でわかりやすい解説となるよう準備いたします。ご参加お待ちしております。

展覧会担当 井野ino02







Last updated  2011年08月21日 14時40分10秒
今日はラジオIBS茨城放送のスクーピーレポートの皆さんがいらっしゃいます。

生放送で「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」の会場をご案内します。

放送は11時過ぎからおよそ10分程度です。

茨城ローカルですが、インターネットの radiko でもお聴きいただけます。


また午後1時30分からはギャラリートークもあります。

こちらも「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」の会場から、作品解説を中心におよそ1時間くらいお話しする予定です。

ご参加をお待ちしております。

展覧会担当 ino02井野






Last updated  2011年08月21日 14時39分30秒
2011年05月04日

 

 本日はゴールデンウィーク特別企画として「関東大震災と中村彝」と題するギャラリートークを行いました。

 5日前に急遽開催を決めたギャラリートークでしたが,48人のお客様にご参加いただき,関東大震災を経験した中村彝が作品に込めた想いなどを,首席学芸員の舟木が紹介いたしました。

QW特別GT



 このギャラリートークは常設展示室に展示した作品をご覧いただきながら行いましたが,5月7日(土)と5月22日(日)には企画展示室で開催中の「ふるさとを描く-いばらき美術風土記」の展示作品についてギャラリートークを行います。両日とも午後1時30分から始めます。

 皆さまのご参加をお待ちしております。

ino02井野







Last updated  2011年08月21日 14時25分09秒
2011年05月03日
この展覧会のタイトルは「ふるさとを描くーいばらき美術風土記」としていますが、みなさん『風土記』はご存知でしょうか?

奈良時代に日本の各国ごとに編纂された地誌「風土記」ですが、現在までその内容が伝えられているのは、常陸(茨城)のほか出雲、播磨、肥前、豊後の合計5つだけだそうです。

現在の茨城には『常陸国風土記』に記された古い地名がいくつも残っています。

またこの展覧会では、画家が『常陸国風土記』を読んで古代の情景に想いを馳せながら描いた、という作品も展示しています。

茨城ゆかりの作家によるものなのですが、果たして誰でしょう?

答えは是非、会場でご確認ください。

展覧会担当  ino02井野






Last updated  2011年08月21日 14時20分27秒
このブログでよく読まれている記事

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.