000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Leap Soul ~わがままSatsukiのミディアムブログ~

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ぶっ飛んだお話アラカルト

2019.04.14
XML




春のまばゆく明るい朝日を浴びながら、
わたしは生霊やらの怪しい記事投稿だ。

やれやれ自業自得。

前回の続き

一連の出来事もすっかり忘れてふらふらと歩いていた商店街。

すると目に留まったのが前を歩くおばあちゃん。
普段鈍いわたしが一瞬でロックオン!

(Bおばあちゃん!)

数日前の出来事がぶわわ~~っ!と蘇り、
脳内の警報装置がぴこぴこ赤く点滅、あわあわ状態で硬直。
人通りの中立ちすくむこともできず一定の距離を置き歩く。

頼む、今は振り返らないでくれ、見逃してくれ。
ひさびさのお休みなんだゆっくり買い物したいん・・・・だ~!って振り返ったがな~!

反射的に笑う愛想の良いわたしを恨む。


「あっ!さつきちゃん!」

そう叫ぶとBさん駆け寄り抱き着く。ぎゅって。

逆にロックオンされてしまったわたしは、

お、お、おば、おばゃま・・・って、
片岡鶴太郎の小森のおばちゃまものまねみたいな声出た。


「さつきちゃん、今時間ある?ひま?忙しい?」

両手ガッツリ握られながら立て続けに早口で聞かれて、

「今日はお休み。」って素直か!言うたがな~!


脳内警報装置ぷしゅ・・・って鈍い音立て消滅。


お休みと聞いて乙女みたいなきらきらお目々のBおばあちゃんに、
聞いて欲しいことがあるからお茶しようと半ば強引にしょっ引いて行かれる。


聞いて欲しいお話はわたしはもう知ってるんだが、
どんな顔して聞けばいい、どこまで話してもいい!

脳内警報装置壊れたからもう真っ白。心臓ばくばく。


あわあわ状態の引きつり笑顔のわたしを、
容赦なく近くの茶店に連行し席へと確保。


観念しBさんと向き合って初めて気付く。

今度はBさんの顔がげっそりと落ち込んで観える。
顔色悪いしとても疲れたようなお顔して座ってる。

Bさんも普段はとても元気で明るくて、
天真爛漫を絵に描いたような人なのに。


なんだなんだ?次はなんなんだ?とどきどきしながら、

「どうしたの?元気ないよ。」

って聞いたら、さっきまで病院に行ってた。
頭痛がひどくてここんとこ眠れないんだと。

鎮静剤と安定剤もらって帰ってる途中にさつきちゃんに会った。
会いたくて逢いたくてと思ってたからとってもとっても嬉しい。

そんなこと言ってくれるとなんだか嬉しい。
単細胞一瞬で喜びにんまり。あ、ありがと。


予想通りAさんと大げんかしたいきさつを早口で話され、
そもそも大げんかした内容が、お寿司に浸けるお醤油は、

出汁醤油がいい、いや絶対たまり醤油だ、
がヒートアップし絶縁だ上等だのくだりになった模様。


そんなくだらないことで鬼ばばと化すか???(心の声)

拍子抜けで笑った・・・。


Bさんが言うには、その後しばらくは腹立って腹立って、
寝ても覚めてもそのことばかり考えてしまっていたそう。

もう自分でも止められないくらいに腹立ちが膨らんでしまって、
始めは腹が立てば立つほどに勢いあまって元気になったけれど、

ある日を境に頭痛がひどくなって動けなくなって、
病院のお世話になるほど痛みが悪化してしまった。


勘の鋭いあなたなら、もうわかったかしら。


そうです、頭痛が起き出した日にちを聞くと、
Aさんが自分の体力気力を取り戻したあの日とかぶる。


その頃Aさんはとにかく、一日を楽しもうと努めていました。

Bさんからの強烈な怒りという想念を引き受けなくなったのです。
行き場を失った怒りの想念はどこへいくかというと・・・。

やっぱり本人に戻って行くんですよね。
まるでブーメランのごとく自分に返る。


観えない世界の法則です。
引き寄せそのまんまです。

祖母がずっと幼いわたしに言っていた、

「人を呪わば穴二つ。」という言葉を理解しました。

恨む元気があったら笑え、泣きながらでもいいからとにかく笑え。
相談してきた人にもよくそう言って慰めてたのを想い出しました。

生霊騒動のお陰で今更納得したよばあちゃん。


ということで、今目の前にこの法則を実体験しているBさんを、
さてどう料理してしまおうか・・・。


うんうんと聞いているのかいないのか、
あいまいな返事をしながらも一休さん。


すると、ぽくぽく木魚の音もするひまなく口から言葉が出た。


「Aさん、Bさんのこと気にしてたよ。」(いろんな意味でね^^;)

この一言が的を突いたようで、とたんにBさん泣き出す。
いやいやいや、わたしが言ったんじゃない泣かんしたんじゃない!

「ごめんなさい、わたしが頑固なばっかりに。」

え~~~~!!!あんたも素直か!

チャンスとばかりにもう一言口から出たけどわたしじゃないよ。

「いつも一緒に居るのに寂しいでしょ?」


堰を切ったように泣き出すBさん困った困った。(ちっちゃい声でこまどり姉妹)


そこからは話は早かったです。


次はわたしの方が泣き疲れてふらふらになったBさんを引きずって、
嫌がろうがAさんのところへ連れて行った。杭は熱いうちに打てだ。


玄関から出て来たAさん一瞬固まったけど、
わたしも一緒ってことで落ち着いてくれた。


そして、観念しごめんなさいとまた泣き出すBさんを、
Aさんは満面の笑みでもういいもういいと背中さする。

わたしもごめんなさい、いやわたしこそごめんなさい。

これを暫く続けていた。素敵な光景だった。
鬼ばばぁの面影なんて、どこにも無かった。


そして二人は一層仲良しになりましためでたしめでたし。

後日談ですが、
お世話になったお礼させてとお二人から、
くるくる回らない高級お寿司やさんに連れて行ってもらいました。


わたしを真ん中に挟んでくれて3人で楽しくお寿司食べてたら、
やっぱり醤油のことになり、出汁醤油とたまり醤油で言い合い、

真ん中に挟まれたわたしはにっこり笑って呟きました。


「ばばぁどもええかげんにせぇよ・・・。」


呟きを聞いた二人は慌てて、
どっちの醤油も美味しい!うんそうやね美味しい!
そうそう美味しかったらええよ!とお寿司頬張る。


ほんとにチャーミングで面白くて大好きなお2人だったんですが、
数年後Bさんが大病を患い天国へと旅立ちました。

入院した時も息を引き取る時もずっとそばを離れず、
Bさんの手を握り続け見送ったのはAさんでした。

お互いが最後に交わした言葉は、

「ありがとう」でした。



そしてその数年後、Aさんはわたし達家族も一緒に見送らせてもらってから初盆の夜、

2人揃ってとんでもなくやかましいはしゃぐ声で、
起こされてぐったりしたのはまた別のお話・・・。



こうして生霊体験でわたしが深く心に刻んだのは、

「やっぱり生きてる人間が一番怖い!」


ということでした。ちゃんちゃん。




【サブコンシャス・シークレットクラス】
第3期メンバー/満席・有難うございました!
Leap soul ・Workshop



今の現実を大胆に、理想以上に変化させる潜在意識の能力を活用し、
古い思考から抜け出し、あなたの夢を実現化させる扉が開くクラス。



★スピリットガイド・セッション

道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し、夢を実現させたいとき、
正しい道へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★ビジネス・セッション

隠れた自分の才能・潜在能力を開花させるための、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを受け取ってください。


★ミディアム・セッション

肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっとあなたの背中を押してくれます。

 
上記、各クラス・セッションお申込お問い合わせはこちら 

Leap soul HP




母であること、女であること・・
ふと素にもどったときに染みる想いや心を綴ってます。
(最近また密かに更新中)

Half moon




Facebook(整理整頓中)
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2019.04.16 16:38:56
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.12



前回の続き

わたしが生霊という存在もあるのだと確信した約20年前のお話。
そう、ろんぐろんぐあご~。

当時離婚して間もなくで、ご近所ですんごい仲良しの、
とても上品なAおばあちゃんBおばあちゃんが居ました。
わたしは初めお二人はご親戚か何かの関係かと思っていました。

それぐらいにいつも一緒に居る仲良しでした。


で、ご挨拶するようになっていつの間にかわたしもお二人の中に、
親子3人放り込んでくれては何かとお世話をしてくださいました。


まだ幼稚園児だった次女はお二人にえらく懐いたり、
わたしのあれこれ相談事も親身に聞いてくれました。


で、優しくて楽しいお二人に時折励まされ助けられながら、
なんとか頑張っていた頃です。


ある日お仕事終わって自宅へ向かい、
通り道にあったAさんの前を通ると、

がらっ!と勢いよく出窓が開いてAさん顔を出す。

やっと帰ってきた!とばかりに帰りを見張ってたらしく、

「さっ、さっ、さつきちゃ~ん!助けて・・・。」


もうね、何事かと飛び上がったよ。

「ななな、なにっ?どうしたのっ?ゴキ?ドロっ???」
って・・・。


慌ててAさんの玄関のドア開け、入るよ!と。


お家の中へ入っていくと、力なく座り込んだAさん。
どうしたの?と顔を覗き込んで初めて気が付いた。


目はくぼんでるし顔色は悪くて、
見るからにやつれてしまってる。

普段のAさんはふっくらとして健康的な笑顔。
それがもう面影なくげっそりとやつれてしまっている。


なんだかね、
お部屋全体の空気もいつもカラっとして軽いのに、
どんよりしてて居心地悪い感じというか、

暗い曇り空のような感じ。

それも気になったけれど、
とりあえず落ち着いてお話を聞くと・・・。


どうやらBさんとちょっとした意見の食い違いで、
怒鳴り合い罵り合い大げんかしてしまったそうで。


絶縁だ~~!!上等だ~~!!って叫んで別れたと。

ぷぷ・・・、って思わず笑ったわたし。

まだまだ二人とも元気だな~って嬉しくて。


「さ、さつきちゃん笑い事ぢゃないねんそれがね~。」


げっそりした顔でAさん驚きの事を話し出した。


大げんかしてから数日経った夜中、
突然息苦しくて目が覚めたそうで。

すると、
髪振り乱した鬼の形相のBさんがAさんに馬乗りになって首を絞めてたんだって。

もうとにかく怖くて怖くて、もがいてもがいて、
やっとの思いでお布団から飛び起きたら、

すっと消えたんだって。


「まさに・・・、鬼ばばぁとはこれいかに。( *´艸`)」

「笑いごとぢゃないから~~。(ノД`)・゜・。」


こうして鬼ばばぁと化したBさんが、
夜な夜な現れては首絞め攻撃続くと。


必死でお経を唱えたらよけい力増す。


そうなのよ、お経効かないよマジ笑うよね。
わたしも頻繁に金縛り会ってた幼少期の頃、
涙目で祖母に相談したらそんな時はお経唱えろと。


幼稚園児がお経覚えさせられて本番で必死で唱えたら、
もっと強く体を締め付けられた経験あります。

それも耳元で、

「効かんぞ。」ってほくそ笑むような声で言われた。

ウルトラばばぁどうしてくれる!とギャン泣きして抗議したわ。



「じゃあさつきちゃん、どうしたらいいの?
 もうね、怖くて食欲もないし眠れないし・・・。」



ん~~~・・・、どうしたら良いかと一休さん。

ぽく、ぽく、ぽく・・・、ぴ~~~ん!閃いた!



「あのね、枕元に生のお花いっぱい飾ってね。
 仏花じゃなくてバラとかスイートピーとか、
 可愛くて色とりどりで元気なお花いっぱい。」

「今から買ってくるから待ってて!」

「はい!待ってるからね!」とAさんいつの間にか数珠握りしめてる。


で、さっそくお花屋さんで両手に抱えきれないほどの花束買って、
Aさんの自宅に戻り、しっかりと飾って、素敵な香りをまき散らし、
怖くてしばらく開けれなかったらしい窓も全開にして空気入れ替え。

もったいなくてずっと仕舞い込んでたという良質の天然塩を、
これも使える?と出してきたので、せっかくだから使いましょ。

小さくて可愛いガラスの小皿にちょこんと盛り付け、
大きな花瓶の横にオブジェみたく飾る。


これだけでも全然空気の質が変わるし、雰囲気も明るくなります。


Aさんには食欲無くても頑張って食べて、
水分補給もしっかり摂って、お散歩して、
寝る前には寒くても窓を開けてお部屋を換気してから、
戸締りして眠ってね。
とアドバイスしてから自宅へと帰りました。


次の日Aさんからお電話ありましたが、
たくさんのお花を眺めていると、香りとかにも癒され、

いつの間にか眠ってしまい、
鬼ばばぁ襲来もなく朝まで眠れた!と嬉しそうな声が届きました。


それはよかったよかったと胸撫でおろしたのもつかの間。



昨日のことは忘れた、のノリですっかり忘れて数日後お買い物していたら、
今度は生きてるリアルBおばあちゃんと遭遇することとなりました。


長くなるので続く・・・。

PS.
そんな経験けっこうあったりなかったり?のメンバーが、
今回はなぜか集まっています。笑
お席1枠増やして、計5名に変更しました。残席1名です。
【サブコンシャス・シークレットクラス】
第3期メンバー募集中!(残席1名)
開催日時:4月21日(日) AM11:00~PM17:00

Leap soul ・Workshop



今の現実を大胆に、理想以上に変化させる潜在意識の能力を活用し、
古い思考から抜け出し、あなたの夢を実現化させる扉が開くクラス。



★スピリットガイド・セッション

道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し、夢を実現させたいとき、
正しい道へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★ビジネス・セッション

隠れた自分の才能・潜在能力を開花させるための、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを受け取ってください。


★ミディアム・セッション

肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっとあなたの背中を押してくれます。

 
上記、各クラス・セッションお申込お問い合わせはこちら 

Leap soul HP




母であること、女であること・・
ふと素にもどったときに染みる想いや心を綴ってます。
(最近また密かに更新中)

Half moon




Facebook(整理整頓中)
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2019.04.12 18:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.11



現実的に考えること、そして地に足着けて生きることを、
常に重要視していますが、
(でないと娘達や友人達に気持ち悪がられる)

ただこうしたお仕事を長年していると、
特権というか、必然というかなんというかほんじゃまか。

セッションに来られた方々からも、
いろんな不思議な体験をされた方のご相談受けて、
笑ったり唸ったり、悲鳴を上げてはまた笑ったり。


そんなこんなでたまにはこんなネタもいいかと・・・。
ということで、

今回は「生霊」というお話。


時折生存確認連絡を交換していた方から、
久しぶりにセッションご予約のご連絡有、


「お元気ですか~?」「お元気ですよ~!」

と、たわいない会話があったのですが、
ご予約の希望日時をお伝えしてもらいながら、
ちょっと気になる近況報告をお話される。


「夜中、部屋のイスが動く音とかする。」
他いろいろ不思議現象うざいとのこと。

そうなの?そうなの・・・。

彼女は一人暮らしなので、誰かが居ることはない。
お母様を早くに見送ってるので、きっとお母さんが心配して来てる?

とか言いながらも、またセッションでもお話しましょうと電話切る。



で、ご予約いただいた日の電話でのセッション前日。


彼女のお部屋を歩き回るおばちゃんが観えた!いや、頭に浮かんだ!

その光景を凝視してちょっと鳥肌。


「これ、生きてるやつやん観たらわかるやつやん・・・。」


どう感じても、もう肉体を脱いでる感覚ではなく、
まだしっかりと肉体から生を感じるのです奥さん。


そうこうしてるとセッション当日。電話する。


途端にガイドからの言葉がたんまり流れて来たので、
それを早口で伝える。

「相談したいことぜんぶそのまんま先に言われたから絶句。」
彼女沈黙。

「どやっ!」わたしにんまり。

いやごめんなさい。人のふんどしで相撲取ってはいかんのだよ。
これはわたしの能力ではなくガイドから伝えられた情報なのだ。

わたしはただそれを通訳して伝えただけ。


そして彼女の想いや悩みやを紐解いていく。
彼女納得、わたし安心。


で、一通りお話したあとに、生きてるうんぬんが観えたことを伝える。

どんな髪形で体形はこんなでそんなこんなで。

彼女、この情報ぴったりのすぐに浮かんだ人物が居たそうで、
その人は同じ職場の人物。

実はその人にいじめを受けているとカミングアウト。


そうやの?うんそうやの。


いじめって、若い子達の間のお話ではありませんね。
大人の世界でだってどこかしこに聞かれるお話。

悲しいね、ムカつくね。


わたしはなんでもかんでも愛だワンネスだと言ったらいいのか的な、
痛い博愛主義ではないけれど、それでもお互いに対する尊重は大事!

いやがらせとかいじめとか、
どんだけヒマなんだお前と相手に言ってやりたい。

諸刃の剣だ人間の裏表。


わたし個人的想いとりあえず置いといて、
さっそく彼女に対処法をあれこれと伝授。
(対処法はまた次ね。)



で、セッション後数日経って、
彼女から事後報告いただく。


夜、音とかして何度か目が覚め眠れなかったけれど、
やっと気にせず眠れるようになったとのこと。

体力使うお仕事だから、睡眠摂れてほんとよかった。


彼女、ジャングルサイト(Amazon)で、
タイの除霊香水とかも買って、それもよかったらしくて、

「さつきさんこれお勧め!」というので、
わたしも怖い物見たさに検索。

除霊と検索しただけでいろいろ出てきて驚愕。

ほんといろいろあるのね面白ろ怖いわ。^^;


昨日、そんな彼女とまたお話したのだけれど、

先日は夜中お布団をずるずる引っ張って落とされたらしい。
なんせ相手は生きてるからひつこいのだ。

で、2回目にお布団ずるずるされたときに、
怖さはなく怒りが充満してきて叫んだそう。



「いいかげんにしてっ!!!」



するとうそのように静まり、以来ずっと静かに夜を過ごしているらしい。



そうなのです。
もう幽霊なんてちっとも怖くない!と慣れ過ぎて腹立つ!
とぶっ飛んだネタを山ほど持ってる人が居て、その人が、


「さつきさん、怖がってはダメです。
 毅然とした態度で怒鳴ってやると、
 相手はひるんで消えます。」

と教えてくれた人が居ました。


先日セッションを受けてくれた方がお話してくれたのは、
あるリゾート地のペンションに一人で泊まったら、
お部屋のベッドにおっさんが背中向けて座ってた。

ムカついて枕投げたらやっぱり素通り。
シースルーは彼らの特権だからね~笑。

二泊の予定を一泊に変更して、朝腹立ちながらペンションを出て、
なんとなく振り返ったら、

その方が泊まっていたお部屋のベランダで、
前夜共にしたシースルーおっさんがのんびりとした顔で見送ってくれてたんですって。

朝でもしっかり観えるんかいっ!おもしろい!と盛り上がりました。



まぁ、
これらはもう肉体を脱いだあとの方々との遭遇だけれど、
上記の生霊のお話は、やっぱり肉体ある存在がすること。


でもどちらに遭遇しても毅然とした態度での対応は必須科目です。


わたしも初めて生霊といわれる存在を知った、
昔々の体験を次回お話しようかと。


続く・・・。

PS.
そんな経験けっこうあったりなかったり?のメンバーが、
今回はなぜか集まっています。笑
お席1枠増やして、計5名に変更しました。残席1名です。
【サブコンシャス・シークレットクラス】
第3期メンバー募集中!(残席1名)
開催日時:4月21日(日) AM11:00~PM17:00

Leap soul ・Workshop



今の現実を大胆に、理想以上に変化させる潜在意識の能力を活用し、
古い思考から抜け出し、あなたの夢を実現化させる扉が開くクラス。



★スピリットガイド・セッション

道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し、夢を実現させたいとき、
正しい道へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★ビジネス・セッション

隠れた自分の才能・潜在能力を開花させるための、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを受け取ってください。


★ミディアム・セッション

肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっとあなたの背中を押してくれます。

 
上記、各クラス・セッションお申込お問い合わせはこちら 

Leap soul HP




母であること、女であること・・
ふと素にもどったときに染みる想いや心を綴ってます。
(最近また密かに更新中)

Half moon




Facebook(整理整頓中)
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2019.04.11 16:23:35
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.26



久し振りにぶっ飛んだお話アラカルトという事で・・・。

前回告知したUFOに乗った夢のお話。
あくまで夢の中なので、おとぎ話という事でお読みください。

経緯を詳しく書くと長くなるので、簡潔にまとめます。

ある日、私は夜中ベッドの中でガイドと話していました。
あ~でもないこ~でもないと質問をしながら、
自分の考えや想いに対して答え合わせをしていたら、

小さな声で誰かが何か言ってる。
耳を澄ませると・・・、

「私の話を聞いて。」と。

また変なのがアクセスしてきたと無視していると、
「お願い、私の話を聞いてください!」

と、何度も言い出すので、仕方なく、何?誰?
不信感満載で聞き返しました。

すると嬉しそうに星?の名前と彼女の名前をすらすらと答えるのです。
聞いたことがない星の名前を直ぐに手元にあったスマホで調べると・・・、

あるやん!なにそれどゆこと?

名前は、これまた聞いたことない発音だからちんぷんかんぷん。


あまりにはっきり聞こえたので、私は彼女にこう言いました。

「あんたが本当に存在するんなら、UFOに私を乗せてよ。」

不愛想に言って、ガイドとのミーティングも邪魔されたので、
さっさとお開きにしてそのまま寝ました。


そして朝目覚めたら、お部屋の中が全て銀色に観えるという不可思議状態!
びっくりして目をこすったりぱちぱちしたり・・・。
ドライアイが進行したらこうなるのか?と焦ったり。

数分でいつもの景色として観えるようになりほっとするも、(。´・ω・)ん?
何か体が軽いぞ・・・、体の中で、ぶ~~んって音する、あ、消えた。

そこでやっと思い出したのです。
UFO乗ってる夢観たんだわ~!リアルで面白かったわ~!

そこでやっと思い出したのです。
昨日の夜UFOに乗せろって言ったわ!だからか?まさか。

気味が悪かったのでスルーさせていつもの朝のルーティーンを始めていました。
でも、時間が経つにつれてどんどん鮮明に脳内に思い出されていくのです。


四角い乗り物。四方はガラス張りでお外が丸見え。
私以外にも何人か乗っていて、歓喜の声上げてはしゃいでる。

外の景色は、今まで地球では観たことがないような、
山の上?みたいなところを低空飛行してくれていて、
全てのものがきれいに均一に並んでいる銀色の世界。

まぁわたくし見惚れましたよ。美しすぎるとはこういうことかと。
横で観ていた人と目が合って、美しいねと一緒に感動してました。

はたと周りを見渡すと、
日本人は数人で、他は外国人の人も居るんですが、
みんな会話ができるのだわこれが不思議に伝わる。

でね、四方の角のところにそれぞれ人が立っていて、
この人達は乗組員さんだってことも何故かわかっている。

アジア系の人や欧米かっ!な感じの人や。
それがとても美しいのです皆さんとても。

ガラスに張り付いてはしゃいでいる私達を見ながら、
友好的な雰囲気で優しく微笑んでいるのです。

その中の一人の女性と目が合うと、私に近付いてきて一言。

「想い出しましたか?」優しくにっこり。

「はて?何のことやら。」私もにっこり。

「そのうち想い出しますよ。」と、白いテキストを渡してくれたのですが、
ぱらぱらとめくると、これまた見たことない文字がびっしりと書いていて、
反射的にその女性に、日本語訳しているテキストくださいと言って返した。

すると、女性は自分の人差し指を、自分の眉間を指差し、
「ここで私と会話しましょう。」とにっこり。

「あ~、はいはい、ここでね。はいはい。」と私もにっこり。

その時ちょっと思ったのです。

いややわこの会話、スピマニアっぽくて・・・、って。笑

でも、乗組員の人達は確かに口を動かしていなかった。
それなのにちゃんと会話が成り立っていたという事実。

でも、頭の上に触覚はなかったな・・・。
あったら宇宙人だって確信持てたのにな。
(私の宇宙人イメージには触覚あるもん!)

その後乗り物が急上昇したあとの記憶はありません。気付くと朝でした。
しっかりと自分のベッドの上に寝ていたし、少し喉が渇いていたくらい。


まぁ、自分でも認めるくらいに単純思考回路の持ち主なので、
きっと脳内が夢でビジョンを描いて遊んだんだろうと解釈し、

朝起きてから何事もなく日常を過ごしていたのですが・・・。


この日を境に、私の話を聞いて!と割り込んできた彼女が、
毎夜現れてはプチ予言をしだしたのです。
それが100%の確率で当たるという予言。

大それた予言ではありませんよ。
私の日常に起こる予言限定です。


それは次回のおとぎ話で・・・♪






★スピリットガイド・セッション
道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し日々を充実させたいとき、
正しい変化へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★スピリットビジネス・セッション
隠れた自分の才能・能力を開花させ、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★ミディアム・セッション
肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっと背中を押してくれます。

 
各セッションお申込・お問い合わせはこちら ↓
HPブログ用画像 198.jpgLeap soulリープソウルHP
69608ss.jpg



恋愛・お仕事・母娘、女性を存分に楽しむのだブログ。
HPブログ用画像 198.jpg「Half moon」

HPブログ用画像 198.jpgFacebook(楽し騒がし猫日記とか時々更新)
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2018.02.26 13:42:37
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.21
HPブログ用画像 817.jpg
長い間、勝手に恐れを感じて鍵掛け封印してたパンドラの箱第一弾、とうとう開けるわよ・・・。
大げさで回りくどい言い方ね。私こうしゃくたれなのよごめんなさい。


あれは小学1年生の話。
入学していきなり、祝辞とやらを全校生徒を前に新1年生代表で読まされたのよ。

母が必死で書いた文章を、さも私の思いのように読まされる練習したわ。
別に仲良くしたいわけでも無いのに、
上級生のお姉さんお兄さん、仲良くして下さい!と大きな声で読んで、
はい!そこでにっこりして!はい!お辞儀して!

あ~~だめだめ!睨んじゃダメ!にっこりよ!みたいな・・・。

本番では、緊張感無くさっさと読み終わり、にっこりしないで上級生達睨みつけ、
後ろに下がるの忘れてお辞儀してマイクに頭激突したわよ。

みんな笑って・・・、めちゃくちゃイラっ!としたのを憶えているわ。
はらはらして見てた母と先生を逆恨みしたわよ。

クラスではいきなり副学級委員に先生に任命され、学級委員長がK君。
妙に彼に親近感を覚えて、任命その日から彼をがん見でマークしたわ。


当時の事を私の母親と話したことあるけど、
入学時に受けたテストがあったんだけれど、
あのテストの結果が・・・、私はダントツのトップランクだったそうよ。

あのテストね・・・、実は全て直感と感覚で答えたのよ。
前回お話したトランプ悲劇の感覚を使っただけ。

分かるのよ答えが。
頭に数字が浮かぶ、答えの絵が光って見える。

それを全部指差し答えただけ。何一つ脳ミソで考えていない。

この感覚を使って答えていったら、審査をしてた先生がため息付いていたわよ。
母がどや顔で横に座ってたの憶えてる・・・。

で、そのままの感覚を使って過ごしていたら、
一学期の体育4以外はオール5だったわけよ。

体育はドン臭さが一際目立ったようよ。だから何?って感じだったわ。

作文も、浮かんでくる文章そのまま書いたら賞を取ったわ。
先生がクラスで読んで絶賛してた。

絵も、浮かんでくるビジョンをそのまま絵の具でぐるぐる描いたら賞を取ったわ。
暫くどこかに飾られてたらしいわよ。

末は博士か大臣か。両親舞い上がりの境地よ。
ごめんなさいがっつり期待を裏切って、親不孝娘いまだ健在よ。


でね、その学級委員長のK君。
極端な人見知りでシャイで、色が白くて可愛い顔して見るからに頭の良さげなおぼっちゃま。
人と目を合わさないのよ下向いて。

私は色白だけれど(虚弱体質だったのよ私・笑)目つきの悪い少女。というより、
小憎たらしい小猿のイメージ。
目を逸らす彼を下から覗き込んで嫌がらせしたわ。

そんな学級委員長と副委員長、何かと2人並べられていろいろ作業をさせられるもんだから、
結局仲良くなったわけよ。

いつも2人でくっついてあれこれ遊ぶようになって。

科目ほぼオール100点連発の彼に、聞いたことがあってね。

「怖い先生が居る塾に行ってるの?」
「行って無いよ。家で宿題するだけ。」

「数えるのとかすごい早いけど、そろばん塾行ってるの?」
「行って無いよ。数えない。」

「えっ?数えたりしないの?・・・・・・。
 もしかして、浮かんだりする?数字とか。」
「うん、浮かんだり。答えだけ光って見えたり。」

「それ!あたしと一緒だ・・・。
 答えとかの数字が浮かんだりするよね!答えのところだけ濃く見えたりするよね!」

「そうそう!さつきちゃんも?
 でも何で学校では1から数えるのかわからない。邪魔臭い。」

 
そこから一気にいろんな内緒話が始まり超仲良しカップル。
大人に言えない秘密を持ってしまった禁断のカップル。笑

三浦友和と山口百恵、おぼっちゃまと小猿近日公開。みたいな・・・。

駄菓子屋さんで当たり棒が付いてるアイスを選んでくれるから、
いつもお互い2個食べてたわ。

花壇で彼が、「ほらほら!光った虫が沢山居るね~。」
それを私が、「だから、あれ虫じゃなくて親指姫やろがい!」
お互いに観えているのは、楽しそうに飛んでるいろんな色した小さい光の粒々。

絵に出てくる妖精みたいには観えなかったけど、
きっとあの光の粒々はそんな存在だったような。


時折、彼が遠い目をしてぼんやりしてる時は、何かをキャッチしてる時。
始終、私が遠い目をしてぼんやりしてる時は、何も考えてないか眠い時。


大人の世界では、彼は”ど”の付く天才少年として扱われていました。
私はいつの間にか、そのシャイ過ぎる彼のお世話係みたいになってた。

そんな彼とも2年生に上がる時、引越ししていってあっけなく終わった関係。
お手紙とハンカチ持って、上品なお母さんと一緒にお別れに来てくれたわ。

私の母は泣いて残念がってた。
住所まで教えてもらって、何度もK君の手を握って言ってたわ。

「絶対に会いに行くからね!ずっと、ずっ~とさつきと仲良しで居てね!」って・・・。

きっと遠い将来を何かたくらんで期待していたのよ母は。
期待裏切って今はバツイチよ悪かったわね。


そんなK君と過ごした記憶を辿り懐かしむ時、
あの頃の百発百中の感覚というか直感が、
こんなに鈍ってしまった原因の発端って、そもそもは今の学校の教え方にあるんじゃないかと思う今日この頃。

学校で教える授業って・・・、
夫々が持ってる純粋な素晴らしい超感覚・超感性を本当は潰してるんじゃないかと。

1、2、3、といちいちそれを足して引いて数えることを教えられると、
無意識は直感を使わなくなるような気がする。

ガリレオってドラマあるでしょ?
数式をすらすら書き出した時、考えるというより、
何かをキャッチしているような感じがしませんか?

K君って、まさにあんな感じで算数をすらすら解いていってたのよ。

でも先生が教えるとおりにして、邪魔臭い工程を踏まないと答えは出ない。
といった制限が徐々に刷り込まれていくような・・・。

頭が良い悪いって、学校が提示した数字で決まるのも本末転倒。
それが優越感や劣等感もしっかりと意識するよう組み込まれている気がする。

子供達って、そんな大人の思考の範囲を越えた能力を持ってるのに・・・。

劣等感も優越感も無く、本当はいろんな感性を共有しようとしてるのに。

夫々が持つ思考を超えた感覚・感性をしっかり伸ばしてくれる授業に、
いつか変ってくれるよう、きっとK君も願っているわ。


少しの時間を取って、ゆっくりとあなたの幼少期を想い出してみて。
周りのお友達がすごく褒めてくれたことって必ず一つ二つあるはず。

誰に教わるでもなく簡単に出来たことってあるはず。

そんなのは無い、って思った人。それは無いんじゃなく忘れてるだけよ。

大人になっていく過程でいろんな失敗や痛みを経験して、いろんな自分を拒否してしまって、
世間で大きな顔してはびこるエゴ(劣等感や優越感)が入り込んで、
いつの間にか、こんな能力何の役にも立たないって勝手に思い込んでるだけよ。

私はそう思いますけどね・・・。

というか、私もそんなエゴの世界で生きてきて劣等感増やして、
いつの間にかK君と楽しんでたあの直感や感覚を閉じてしまって、
脳ミソで考えることに執着してる自分にガッカリする時よくありますわよ。


今、取り戻しましょうよ!あなたの閉じてしまった素晴らしい超感覚・感性。

きっと思い出してくれるのを待ってるわよ、あなたの中は・・・。



Facebookに日常の出来事あれこれUPしてるざんす♪
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe


 
Leap Soul セッションメニュー

あなたの人生の答え合わせをしませんか?
HPブログ用画像 126.jpgスピリットガイド・セッション

天国の最愛の人からのミディアム(霊媒)メッセージ 
HPブログ用画像 126.jpgミディアム・セッション

天国からの小さなパートナーが教えてくれること
HPブログ用画像 126.jpg「アニマルパートナー・セッション」

HPブログ用画像 198.jpgセッション体験談

HPブログ用画像 126.jpgリコネクションHPブログ用画像 198.jpgリコネクション体験談






Last updated  2014.08.23 19:18:46
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.19
HPブログ用画像 748.jpg
あれからずっと悶々とした日々を過ごしながらも、
暑い中セッションに訪れてくださった方々の笑顔に私の方が癒され、
満たされたお盆を過ごさせていただきました。

本当に有難うございます。またお逢いできます日を楽しみにしています♪


ということで前々回の続きです。

ありの~~ままの~姿見せるのよ~~♪

どこへ行ってもテレビをつけても、このフレーズがあちこちで流れましたが、
ありのままって・・・、そのありのままの自分ってものが分からないから、
みんな苦しんじゃないか!素直に生きれないんじゃないか!

ありのままありのままって簡単に連呼するんじゃないわよ!
と、密かにイラっとしていたのは私だけでしょうか。笑

そんなフレーズがシンクロするような、
懐かしい友人達との再会が続く中で皆に伝えられた言葉の数々。

「あの頃のあなたは正直で我がままで好きだった。」

そうです。ディズニーにまんまと乗っかってしまいましたよ。
イラっとしながらも、頭の中にこのフレーズが何度も再生されましたよ。

ありの~~ままの~姿見せるのよ~~♪
あの頃のありのままの自分・・・、随分老けたな・・・。違うか。


当時の私はとても充実した時間を過ごしていました。
確かに、大きな小さな悩みは沢山抱えていましたよ。

でもだからといって不幸ではありませんでした。
悩みはいずれ解決するもんじゃい!といった楽観的な強さも持っていました。

それよりも何よりも、自分を素のままストレートに表現することに、
何の恐怖もなかった自分を次々思い起こしだしました。

ありのままに・・・ってそういうことかしら。

批判されること、嫌われること、そういった評価に対して全くと言っていいほど無関心でした。
だってキリスト様でさえにもアンチが居たんだから、
何を言ってもこの世の中は賛否両論あるから面白いんじゃないか。みたいなブレない精神状態。

何も隠すこともなく、
当時のありのままのぶっ飛んだ体験や、現実的な悩みや状況を正直に話していましたよ。


今はどうでしょう。
何かに恐怖を感じながら生きてる自分が居たりするんですよ。残念なことにね。T-T

その恐怖は、人の評価なのか嫌われることなのか、もっと違うことなのか、
よく分かっていません。

ただ、今更ながら当時の友人達との再会には、
私にとって忘れかけていた大事な何かを想い出させてくれた、
愛情タップリに包んでもらいながらの大きな変容を起こしてくれました。



スピリチュアルと言われるお仕事をし出して早今年で10年。
ミディアム・セッションは20代から提供していましたから、
もう人生半分はどっぷりこの世界で仕事していますよ。

途中逃亡して様々なお仕事を経験したけれど、
いろんな職種で学んだことが、今の私を支えてくれていると実感しています。

その後「Leap Soul」と看板を立ち上げ、ブログ開設もかれこれ8年程経ったでしょうか。
根気よくずっと読んでくださっている人も沢山居てくださって、
本当に有り難く感謝の想いです。

確かに・・・、
ブログ立ち上げた時、私は正直に自分の想いを伝えていこうと決めていました。

いやだがしかしだ。
本当に正直にあなたに伝えているかしら・・・。

正直な私の想い、正直なぶっ飛び体験、まだまだ伝えていないこと沢山あるのです。
それなのにそれなのに・・・、難なく取り繕いたい自分がここに居ました。

もしかしたら今の私の中に在る、取り繕ってスマートに観せたい願望は、
「正しい自分」ではなく、実はカッコ悪い自分を創っていってるから不快に感じるんじゃないかと気付いた今日この頃。

今でも正直にわがままに素直に、不思議満載ぶっ飛んだ話や、
みっともない失敗だらけの自分の話が出来る友人は私の宝物です。

その友人の一人から最近の悶々状態を相談すると、

「ぶっ飛んでる話もUPすればいいのに。その方があ~たらしいけどね。
 そしたら今のセッションももっと素直に提供できるんじゃないの?」


この一言で、渡辺さつきありのままの初心に帰る。の巻き。


私個人でのいろんな体験を通して理解したことは、

スピリチュアルと言われる世界は、特別でもファンタジーでもありません。
リアリティーな世界と分けるものでもありません。

特別な能力を持っているとか、選ばれた存在だとか、
私はそういったエゴの勘違いが大嫌いです。

スピリチュアルとは、現実逃避に使うものでも、
特別意識(驕り)を育てるものでもありません。

そうした偏った諸々が、何だかやばいような世界、
マニアックな人達の集まり・・・みたいな捕らえ方をされる原因だと思うときがあります。


観るもの全てがスピリチュアルな世界です。
出逢う全ての人がスピリチュアルな能力を持ち生きています。

そしてそこからリアリティーに生きる夫々の人生を彩っていくのです。

スピリチュアルな体験とは、
深い気付きであり、様々な成長に通ずる智恵であると理解しています。


私の体験が現実の生活に、自分に、どう活かせばいいか、
大事な気付きは何だったか、いつも常に試行錯誤の毎日です。

人生半分以上生きた今、正直にわがままに素直に、
あれこれ棚卸しのつもりで、これからカミングアウトしていきます。

このブログに逢いに来てくれてるあなたに、
セッションを通じて出逢えたあなたに、
ごくごく親しい友人にしか話さなかった体験を今更ながらありのままに~♪伝えるざんす。

ざっと思い出したネタあらかると↓、これから暫くお付き合い下さい。


天才K君と小猿の秘密の花園

さよならを伝えてくれたI君

・教室の天井で目があった女の子

・お巡りさんに捕まらなかった理由

・抱きしめられて命助かる

・お月様との会話術

・噺家さん幽霊

・前世の姉さん特訓7ヶ月

・観える聴こえる感じる三重苦再び

・サトラレの残念な事実

・光の輪っかと外国人

・天使なんて信じない!

・「地味ね。」毒舌守護天使現る

・天国の友人からのメッセージ


上記ネタ、嫌な汗が体に滲むの感じながらも勇気出し、すき間時間に頑張ってUPしていくわよ。
ファイト一発ケイン小杉よ。
11149690.jpg



Facebookに日常の出来事あれこれUPしてるざんす♪
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe


 
Leap Soul セッションメニュー

あなたの人生の答え合わせをしませんか?
HPブログ用画像 126.jpgスピリットガイド・セッション

天国の最愛の人からのミディアム(霊媒)メッセージ 
HPブログ用画像 126.jpgミディアム・セッション

天国からの小さなパートナーが教えてくれること
HPブログ用画像 126.jpg「アニマルパートナー・セッション」

HPブログ用画像 198.jpgセッション体験談

HPブログ用画像 126.jpgリコネクションHPブログ用画像 198.jpgリコネクション体験談






Last updated  2014.08.23 19:27:08
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.15
HPブログ用画像 1193.jpg
今日はお休みお天気快晴何して遊ぼう!(やること一杯あるけど忘れた振り。)
いつもの朝、
長女けだるそうにコーヒー飲んで行ってきます。
次女丹念に付けまつ毛装着して行ってきま~す。

行ってらっしゃい!一段落大きく背伸びで、ふと写真立てに視線が止まる。
コーヒーも付けまつ毛も知らない小さな小さな天使(娘達)が笑う一枚の写真。

無邪気に笑うこのきらきら笑顔を守るため、
当時母(私)はどんだけ必死だったか彼女達は知らない。と追憶の世界へ入る母。


昔々、近所のヒマな主婦達が集まって大騒ぎ。
騒ぎの発端は、近所の電信柱のてっぺんから飛び降り、
天国へお引越ししたおじさんがいたらしい。

主婦この話題で持ちきり。人の不幸は密の味とはよく言ったもんだ。
そんな集団には興味無い。

昼寝中の次女気になるからと忙し自慢げにさっさと退散。


長女の幼稚園送り迎えに、やっと言葉を覚えだした片時も目が離せない次女の世話で、
ほんとにマジで忙しいのだ。

で、そんな主婦大騒ぎの話題もすっかり忘れた数日後。
長女の手を引き次女脇に抱え、幼稚園の送迎バスめがけてマッハで走る。

行ってらっしゃい。愛しい長女を乗せたバスを見送り、
次女としばしの休息、散歩。

ぷらぷら歩いていると、前方数メートル先に花束が置いてる電信柱。
ここか・・・。数日前主婦達が騒いでいた話題の発端発見。
おじさんの心の中はどんなだったんだろうと、知る由も無い想いがふとよぎる。

すると次女がよちよち歩み寄っていく。
彼女はお花が好きだからそれを見つけたようだ・・・。いや違うぞ。^^;

お花に目もくれず、誰かを覗き込むように片言で話してる。

小さな人差し指で自分のおでこを指しながら、
「いちゃい?ここいちゃいの?」(母訳・痛い?ここ痛いの?)

何何何~???

私の方へ振り返り叫ぶ。
「た~ちゃん!おったん、ち~!ここ、ち~!」
(母訳・お母さん!おじさん血が出てる!おでこから血が出てるよ~!)

固まる母。電信柱とお花と次女。・・・と私以外誰か居るのか?
心臓が口から出るかと思うほどの衝撃。


み・・・、観えるんか~~~~い!(まだ文章続く ↓)
0f4aa32e-ss.JPG

私、叫びそうになりながら次女を抱き上げ落ち着け!落ち着け!
とにかくこの場から離れるのだ走るのだ~!
「真衣花!あいしゅ(アイス)買いに行こう!あいしゅ!あいしゅだ~!」

抱き上げた私のおでこを小さい指で指し、ち~、を連呼してた娘も、
半分泣き叫びに似たアイスの連呼母に気を取られ、「あいしゅ~!」

その後も何がエスカレートしていったのか、
一人遊びしているのにジュースは2個出せとだだこねる。
外国語みたいな女の子?の名前教えてくれるも紹介してくれるもちんぷんかんぷん。
あげくに聞いたこと無い言葉で楽しそうに誰かと歌を歌いだす。

蝶々みたいな羽買って!この子の付けてる羽!あたちも欲ちい!
花を見て叫ぶ。あ、手の平に何か乗かったらしい。
わかった!今度ジャスコで買ってあげるからお願い人様の前では言うんじゃないよ。T-T

夜な夜な天使の寝顔の次女を見ながらため息。

でもそんなことで悩んでる場合じゃない!あたしゃ毎日忙しいのだ!
数日後、幼稚園の音楽発表会の朝。
子供達より親が躍起になって準備する幼稚園の行事。

うちの子が一番可愛いのよアピールに必死の親。それは私。
長女を鏡の前に座らせあれこれ髪の毛を結んで巻いて、どうすれば目立つか奮闘中。

鏡越しに長女が話す。
「母、あのね○○ちゃんが泣いてる夢観た。」
「ふ~ん、何で泣いてたの?」
「間違ったって・・・。」「そう。はい出来た~!これで一番可愛い~!」

真っ赤なリボンを頭にくっつけ、楽器を演奏する娘に陶酔。
果てはバイオリンの女はかせ太郎か。
単純な太鼓バチの上下運動する娘に、音楽の才能があると親ばか発揮。

すると、何やらざわつき出した。
親ばか集団の視線の先は、長女の夢に出てきた○○ちゃん。
泣きそう・・・。泣いた。あ~もうだめ声だし本気泣き。

後で○○ちゃんのお母さんが言うには、
演奏を間違ってパニくって泣いてしまったそう。

長女の予知夢どんぴしゃり。いやまぐれだまぐれ。

そんなこんなでバレーボールの試合をテレビで観る。
日本点数がぜん優先。これは日本の勝ちだな・・・。

「負ける。」長女がポツリ。
「いやいや、日本のほうが強いのよ。」
ルールを知らない長女にあれこれ説明しても、
「だって負けるもん・・・。」そのうち泣き出す。

数分後、試合の流れが急変。日本敗退。


「母~!自転車乗っちゃだめ~!」
近くのスーパーにお砂糖買いに行こうとする私に抱きつく長女。
「でも歩いていると時間掛かるからね。ちょっとだけ待っててね。」
「いや~!自転車だめ~!」自転車のキーを取り上げ泣き出す長女。

一緒に行きたいのを隠して抵抗していると母察知。
キーを取り上げなだめ、一先ず自転車でスーパーへ走りお砂糖ゲット。

帰り道、飛び出した車と接触。豪快にこけた・・・。
お陰さまで怪我は軽傷で済んだものの、長女よ・・・。



お・・・・、お前もか~~~~い!(まだ続く ↓)
cute-kitten.jpg


夜な夜な天使の寝顔の、長女と次女を見ながら深~いため息。
大好きなウルトラばあちゃんとの、摩訶不思議な幼少期を想い出す。

ばあちゃんは不思議の全部を受け入れてくれた。
褒めてくれた。一緒に遊んでくれた。
ばあちゃんとの時間は、楽しくて楽しくて仕方がなかった。

いやだがしかし、そんなばあちゃんとの幸せな日々は続かなかった。

大きくなるにつれいろんな弊害を体験し、疎外感・孤独感を味わった。
自分は精神異常者ではないかと恐怖と切迫観念で密かに泣いた。
祖母が天国に引越ししてから、その拍車は進み、
本当に混乱の中に突き落とされたようで心の中は孤立した。

気味悪い自分を壊したくて荒れて暴れて迷宮のラビリンス状態よ。

娘達にそんな思いはさせたくない。絶対にさせたくない。
だからといってその感覚・感性を壊すことだけはしたくない。

当時はそんなことを相談できる人も居なかったから、
私は娘達との手探り状態、試行錯誤の日々よ。


あれから本当にいろんなことがありました。
夫々の感覚・感性を、現実の世界や人に協調させる事が出来るまで、
彼女達も私の知らないところで沢山泣いただろう戸惑っただろう。

それでも私より出来が良かった娘達は、いろんな智恵を得て、
すくすく成長してくれました。

今の彼女達は、観えるだ観えないだの、感じるだ感じないだの、
そんなことで大騒ぎする集団をさらりと避ける。

それよりも、
友人の優しさに大騒ぎする。自分のあほさに大騒ぎする。
コンサートの最前列のチケット取れたと大騒ぎする。


今は、セッションに来てくださった方の嬉しいお手紙やご連絡に、
私と一緒に大騒ぎしてくれる。

こうして私を育ててくれた娘達との遠い昔の奮闘記。


今だから笑える。
そして、どっからでも掛かって来い!の強さを与えてくれた。


Leap Soul 渡辺さつきセッションメニュー
HPブログ用画像 126.jpgスピリットガイド・セッション HPブログ用画像 126.jpgミディアム・セッションHPブログ用画像 198.jpgセッション体験談
HPブログ用画像 126.jpgリコネクションHPブログ用画像 198.jpgリコネクション体験談






Last updated  2018.11.23 19:13:50
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

Profile


Satsuki.

Freepage List

Calendar

Archives

Category

Free Space

♪私のもう一つのサイト♪
あなたが女性であることを心から楽しめますように・・・
「Half moon」


♪大好きなお友達のサイト♪
ライフリーディング 生支州さん
The simple is best
ジュエリーデザイナー Hiroさん
HIROKU
Sedona ミスティカル数秘術Gnobo(ノボ)
mistical Numerotogy
セラピスト&トランスレーター ジョンヒさん
アクセスバーズ®Salon de O'cchi~オッチ~
ロミロミ&ヒーリングサロンPUNA~プナ~・いずみさん
「レムリアの月の癒し」

Comments

Satsuki@ Re[1]:あなたの人生設計を書き換える時がやっと来たよ♪(06/28) めぐみさんへ お返事が大変遅くなってし…
めぐみ@ Re:あなたの人生設計を書き換える時がやっと来たよ♪(06/28) それは… 50代からでも、 家族にいくつか問…
Satsuki@ Re[1]:Kune Manさんへ 素敵なコメント有難うございます。 お返事…
フェイスブック名 Kune Man@ Re:おかんと私のバトル旅(07/07) ブログを 愛読させてる者です 親子の関係…
Satsuki@ Re:めぐみさんへ めぐみさんお久し振りです。^^ 返信遅く…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.