519881 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

鍼灸日誌

2010年01月19日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
『茶人の京菓子』
『京都の菓子は季節感を大事にします。』

茶の湯には興味を持たない私。美しい和菓子につられて写真を撮った。

『茶の湯の菓子は大きく二つに分けられる。主菓子と呼ばれる生菓子と干菓子。』

『薄茶には干菓子』
和菓子

『1月から2月の季節に合わせた干菓子の「3種取り合わせ」。左から、押物の梅、煎餅の鶯、有平糖の笹。10人分3,600円~。亀屋伊織

『薄茶だけで主菓子(おもがし)と干菓子の両方』
和菓子-1

『1月~2月の季節たっぷりな生菓子「福梅」と干菓子の「鶯」左は生菓子「冬木立」と干菓子「梅」生菓子は日持ち1日。干菓子は日持ち約1ヵ月』。塩芳軒

『見えないところまで細心に気を配る茶席の菓子』
和菓子-2

『主菓子「遠山の雪(右上)は、薄く雪を被った山道を表現した形。中央は薯豫饅頭(しょうよまんじゅう)「京蕪」で紅餡、左は、こし餡』。京華堂利保

『名物きんとんは柔らかく京風のざんぐりした姿が持ち味』
和菓子-1

『1月~2月に作る生菓子の名物きんとん。「紅白きんとん(右)、左のふたつは「雪の下萌」日持ち1日。季節により色や銘が変わる。柔らかいので持ち運びに注意。』松屋常盤







最終更新日  2010年01月19日 06時45分25秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

フリーページ

プロフィール


百合野

カレンダー

バックナンバー

コメント新着

みっちゃん@オハイオ@ Re:『宮っ子』(01/08) オンラインで読めるのがわかったので、こ…
みっちゃん@オハイオ@ Re:首に巻きついたバスタオル(01/14) コメントを書くことを思いつきました。 …
幸せ発明発見工房2010@ Re:薬局の陳列棚(10/08) 以前新発売の詰め替えできる芳香剤を購入…

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.