1205478 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ありがとう仙人の幸せ玉手箱

人気ブログランキングへ

※「ありがとう仙人の幸せ玉手箱」以外のありがとう仙人のサイトは、当サイトとは一切関係がありません。
2017.08.05
XML
カテゴリ:人生

「悩み苦しみは、今目の前にある現象が自分の思う通りになって いないことから生じる。
 思い通りにしようという思いを持たないこと!」 ( 小林正観 )


最近ニュースで、「自殺」する人が目立っています。
「自殺」を考えることまでは、別に何の問題もありません。

心理学者によると「どんな人も一生のうち10回以上は、自殺を考える」らしいんです。

ですから、「自殺」を考えるくらいなら、問題はないのです。

が、本当に自殺してしまうのは問題です。

「自殺」をするのは、人間だけです。

なぜ、人間だけがするのか?

それは、「自分の思う通りにいかない」ことに嫌気がさしたからなんです。

動物は、そんな思いはありませんから、絶対に自殺はしません。

「自分の思う通りにする」

この思いを持っているかぎり、悩み苦しみは消えないでしょう。

なぜ、こんな思いを持つようになってしまったのかというと、ほとんどのことが思う通りになっているからなんです。

手を上に挙げようと思えばその通りになるし、歩こうと思えば歩くし、どこかへ行こうと思えば行けるし…。

だから、知らず知らずのあいだに「思う通りになることが当たり前」になってしまったんです。

でも、全てのことが自分の思う通りになっている人なんていませんよ!

悟りを開いたブッダやイエス・キリストでさえ、自分の思う通りにならないことがたくさんありました。

彼らは、神通力が使えたにもかかわらず、自分の思う通りにならないことがたくさんあったんです。

でも、彼らは、「自分の思う通りにならないことがあるのが当たり前」と知っていたから、
悩むことはなかったんです。

また、「何が何でも自分の思う通りにしよう」という思いもなかったので、苦しみもなかったのです。

動物も、狩りに失敗したり、「思う通り」にならないことだらけですが、それが当たり前と思っているから
悩みません。

「自分の思う通りにならないことがあるのが当たり前」と思うことにより、悩み苦しみは、かなり減少します。

「思いを遂げよう」とすること自体は、素晴らしいことですが、そのことに執着すると苦しくなります。

自分が、創意工夫して努力した結果、自分の思う通りにならなかったときは、こう思ってください。

「その方がベストだったのだ」(津留晃一さんはよくそう言っていた)

宇宙は、完璧です。

その宇宙の一部であるあなたも完璧です。

もし、完璧でない人が一人でもいたら、宇宙も完璧ではなくなります。

完璧である宇宙がやったことです。

自分の思いがかなわなかったときは、「その方が自分にとってベストだった」んです。

「思い通りにならない」ときは、普通は、「どうすれば思い通りにいくのか」という解決を考えます。

でも、そのいうときは、「思いを遂げよう」とするのではなく、今感じている感覚に浸るべきなのです。

「思い通りにならないときは、こういう感覚がするのかぁ~」

そのまま、その感覚を感じるのです。

すると、「思い通りにならない体験」が終わるのです。

そして、新しい展開が始まります。

体験し尽すことによって、その現実も終わりを向かえるのです。

その感覚を体験しつくさずに、解決しようとしても、いずれまた、同じような現象を引き寄せるのです。

なぜなら、体験しつくしていないからです。

「今起きていることが自分にとってベストなことである」という新しい価値観を持つことによって、
祝福できない感情を感じてみようという気になるのです。

今を生きるとは、今感じている感情を感じ尽すことなのかもしれません。






Last updated  2017.08.05 08:13:12

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Freepage List

Category


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.