1224655 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ありがとう仙人の幸せ玉手箱

人気ブログランキングへ

※「ありがとう仙人の幸せ玉手箱」以外のありがとう仙人のサイトは、当サイトとは一切関係がありません。
2017.09.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは!

今日は、ありがとう仙人の合気道道場から「自信をつけたい人」へのご案内です。


これまでも、ありがとう仙人の合気道道場には、
ありがとう仙人のブログを読んで、数々の勇気のある方が訪ねて来られました。

私が勇気のある方と言ったのは、

合気道と言うと、たいていの場合は、

「合気道って、怖そう!痛くないのかな?」

「受け身って体が柔らかくないと無理なのでは?体固いし、きつそう!」」

「道場での稽古って、もしかして私語禁止とか、かたくるしい雰囲気なのでは?」

「道場での人間関係に入って行けるかな?」

「年上のおじさんたちにいじめられないかな?」

などなど、未知なものに不安になり、迷ってやめる場合がほとんどです。

(ちなみにありがとう仙人の道場では、このような心配はほとんどありません)


武道をやったこのとない人にとって、不安になるのは当たり前のことなのですが、

1番よく耳にするのが、

「合気道には、ある時からずっと興味があったのですが、ずっとできずにいました」

という声です。

それは、もっと言うと

「ホントは必要性があったけど、自分でその機会を逃し続けてきてしまった」

ということが多いということです。

そもそも、合気道に興味を持った、やりたいと思ったということは、

実は、過去にいじめにあったことがあったり、

喧嘩に負けて悔しい思いをしたり、

たまたま暴力事件に巻き込まれて怖い思いをしたり、

そういった体験が少なからずあり、

それによって、「自分は弱い人間」「自分にも非があったのでは?」という思いに陥りやすく、
それをきっかけに、自分に自信をなくしてしまうこともあります。

そうした体験を元に、
「自分を強くしたい!」という積極的な思いが湧き、
「よし!合気道をやろう」という思いに至る場合がほとんどなのです。


このようなことは、実際にはあまり口にされないことではありますが、
決して少しも恥ずかしいことではないのです。

むしろ、素晴らしい動機なのです

自分が暴力によって傷つけられた経験のある人は、
同じように人を傷つけたいとは思わないはずです。


でも、また相手に襲いかかられたときにどう対処するか?

「これからは、しっかり自分を守れるようになりたい!」

開祖直伝の合気道にはその答えがあります。

開祖直伝の合気道は、相手も自分も傷つけずに相手の攻撃を制することができます。



最初は少しずつの進歩です。

まじめに稽古を続ければ、

だんだん、大きな声を発することができるようになり、
身体がのびのび動くようになり、
あわてないでゆっくり確実に動けるようになり、
自分がどういうときに相手に巻き込まれてしまうのか?

に気づけるようになり、美しい調和した動きが、できるようになります。

そして、合気道が本当に楽しくなっていくはずです。


合気道は、稽古し続けることによって、
自分の中心を学ぶので、本物の自信を持つことができます。

ありがとう仙人の道場では、「一生をかけても、本物の自信を持ちたい」と、
がんばっている素晴らしい仲間が、共に励む仲間をお待ちしています。

合気道体験の申し込みはこちら↓
https://blogs.yahoo.co.jp/arigato21jp/29833154.html


※ありがとう仙人のブログから申し込んだ方には、ありがとう仙人の小冊子『ニュートラル思考のすすめ どちらでもいいのです』を期間限定でプレゼントします。

どちらでもいいのです

申込の際に、「小冊子希望」と記載してください。






Last updated  2017.09.19 19:36:38

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Freepage List

Category


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.