197853 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カタルーニャでリュートを弾く 塚田智の日記

PR

プロフィール


niconicotomo

フリーページ

コメント新着

niconicotomo@ Re[1]:やっと免許証を入手(08/09) 案山子の屁さんへ まだ初運転は叶いません…
niconicotomo@ Re[1]:運転免許を取得(06/24) すてきなダリアさんさんへ 運転の習慣はだ…
案山子の屁@ Re:やっと免許証を入手(08/09) 免許入手おめでとうございます、運転は安…
すてきなダリアさん@ Re:運転免許を取得(06/24) 運転免許取得おめでとうございます。 安全…
niconicotomo@ Re[1]:ギターの思い出(04/19) fugutyann56さんへ 時々ギターの音が懐か…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

昨夜長女が神津島か… New! friendly0205さん

休みはないので New! のだみかんさん

鰯の梅煮 New! macchapartyさん

大理、麗江、そして… New! としひでちゃんさん

コロナ陽性 その5 New! Minto-kunさん

2020.05.19
XML
カテゴリ:音楽

このスペイン人ギタリスト、サンチャゴ・デ・ムルシアの曲集は
当時のメキシコ音楽を多く含んでいる。
あるスペイン人がスペイン領であったメキシコの文化に通じるのは道理だ。
この"Los Impossible"は元はベラクルス周辺の民謡"Son Jaracho"の"La Lorroncita"という歌だった。
"Son Jaracho"はメキシコ先住民・スペイン・アフリカの音楽が融合したものだ。
サンチャゴがメキシコに実際に行ったかは定かではないが、
音楽的な交流があったことは認められる。
このように文化が伝播する経路を見るのは興味深い。






最終更新日  2020.05.19 02:34:41
コメント(0) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.