269128 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本画家・絵師 高橋天山のブログ

日本画家・絵師 高橋天山のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2012年02月11日
XML
カテゴリ:大和絵
  オリジナルの春日権現記絵巻、第16巻、部分。続き

 IMG_8282.JPG

 
  先回ご紹介した社の朱塗りの部分、と今回の社の部分。

 朱色も赤口と黄口とがあって、赤みの強い朱、黄色みの強い朱、と実に見事に使い分けている事にお気付きでしょうか??

 先回の赤口朱も、深みのある、どっしりした色相ですが、今回の黄口朱の、いわばオレンジ色の朱も、なかなかこういう発色を生むことが難しい深い深い色合いです。

 朱というのは、黄色み、赤みとが混ざり合っているので、・・・・・製造過程からごっちゃになっているので、塗ろうとするために膠と混ぜ合わせ、よくよく練り合わせた上で、水を加えしばらく放置すると、黄色みが軽いので上澄みとなり、赤みは重いので沈殿するもの。

 したがって、この作業を一日がかりで丹念に繰り返し、美しい発色。赤みと黄色みとを分けて発色させることは、よほど確かな技量がなければ出来ないワザ!!!

 これは、すばらしい!! 

 こんなに見事に使い分けられる人は、そうざらにいるものではありません。










お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年02月11日 23時32分45秒
コメント(0) | コメントを書く
[大和絵] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

t_tenzan

t_tenzan

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 マルベリー 店舗@ mltkhaxjvuj@gmail.com はじめまして。突然のコメント。失礼しま…
 バーバリーブルーレーベル@ euvolivv@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
 くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
 t_tenzan@ Re:相互リンク(08/03) くーる31さん >突然のコメント、失礼い…
 くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

フリーページ

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.