825755 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

野良猫たちへの祈り

野良猫たちへの祈り

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Favorite Blog

猫と暮らす little seedさん
cobu*cobu   このはずく*さん
*ハンドメイド 布お… Clook-Roon!さん
動物たちを助けるた… ◇小次郎とユキ◇さん
極楽ひだまり保育園 ねこもりやさん

Comments

KOU RAN@ Re:クマを射殺した愛知県と瀬戸市に意見を!(11/17) 某独裁国家と同じような思考原理が働いて…
偽善者クズども@ Re:何の罪も無いヒグマを射殺した北海道に抗議を!(04/22) ヒグマの恐ろしさも知らないでよく能天気…
初めまして。@ ありがとうございます。 新潟県は今もですが、昔から変わっていな…
一般人@ Re:何の罪も無いヒグマを射殺した北海道に抗議を!(04/22) 文字が黄色で読みづらいしクマ被害もバカ…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

nobo9172

nobo9172

Freepage List

Category

(339)

Archives

2024/06
2024/05
2024/04
2024/03
2024/02
2010/11/17
XML
カテゴリ:
子グマを射殺した愛知県に意見を!

11月13日愛知県瀬戸市で、誤捕獲された子グマが射殺されました!

-------------------------------------------------------------------------
(日本熊森協会ブログより)
http://kumamori.org/news/blog/2010/11/13/recent-act/1941/

愛知県は、鳥獣保護法違反を続けています。
イノシシ罠に誤捕獲されたクマは、その場で放獣しなければならない(民家に近いなどの不都合があるとき は、移動させて放獣しなければならない)のに、日本熊森協会が県に抗議しても市に任せてあるの一点張りで逃げ通し、全く聞く耳を持ちません。
11月7日に瀬戸市で イノシシ罠に誤捕獲された今年4頭目のクマ。
今度こそ放獣して命を助けようと、熊森協会はあらゆる手段を講じて交渉し続け、一旦放獣が決定されたにも関わら ず、11月12日夜、突然、愛知県庁の反対にあい、11月13日早朝に射殺されることになりました。
本当は今日は、ついにこのクマを放獣してやる日だったのです。しかし、行政判断で、昨夜、事態は射殺へと急転。
昨晩一睡もしていない熊森ピケ隊4名は、暗いうちから檻の前に立ち、7時間以上県行政や猟友会に「誤捕獲グマなので、民家など全くないこの山中で放獣すべきだ。どうしてもだめなら、当協会は隣接2県に合計758ヘクタールのクマたちが棲む広大な山を持っているので、その山に放獣してやって欲しい。放獣作業はすべて熊森がやらせていただく。命だけは助けてやってほしい」と、訴え続けました。
13:30行政による退去命令発令。従わなかったところ、30人近くもやってきた行政マンなどに無理やり暴力的に引っ張られ、もみあいとなりました。ついに、強制排除され、檻から離されました。
その直後、13:43、この小さなクマはライフル銃で射殺されました。ピケ隊員たちは、その場に泣き崩れました。
周りの山を見てください。自然林の真っ只中です。このクマがここにいて困る人など誰もいません。
何の落ち度もなかったこのクマを、なんとしても、助けてやりたかった・・・。

-------------------------------------------------------------------------

愛知県第10次鳥獣保護事業計画では、誤って捕獲したクマはすぐに放獣しなければならないことになっています。
しかし実際には何の罪もない子グマを1週間も食事を与えず放置し、挙句の果てに射殺してしまいました。
今回の事件により、愛知県の放獣体制がいかにずさんなものであるか、いかに事業計画が形骸化しているかが明白になりました。
本来速やかな放獣をしなければならない愛知県並びに瀬戸市が職責を放棄し、その責任を射殺という形で子グマに押し付けた行為は絶対に許されるべきものではありません。
今回の事件に対する謝罪並びに今後このような行為を2度と起こさない為にも、たくさんの意見を送っていただけたらと思います。

(意見送り先)

○愛知県環境部自然環境課
E-mail: shizen@pref.aichi.lg.jp
自然公園・鳥獣グループ(ダイヤルイン:052-954-6228)

○愛知県瀬戸市環境課
E-mail:kankyo@city.seto.lg.jp
環境保全係(ダイヤルイン: 0561-88-2670)

リンクフリーです。



島猫たちの叫び





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2010/11/18 11:21:14 PM
コメント(11) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


はじめまして   やじま さん
はじめまして。
抗議メールたくさん送りました。個人的にはクマを殺した愚かな人間を撃ち殺したい気分です。なんとしてもクマを守ってあげたい・・・ (2010/11/19 11:39:38 PM)

こんにちは   koo さん
こんにちは。
役所の人間の命なんかよりよっぽどクマさんの命のほうが価値があると思います。絶対に許さない・・・怒りでどうにかなってしまいそうです。どうにかして鉄槌を食らわせてやりたい。 (2010/11/20 09:31:52 PM)

送信完了   グローバリアン さん
送信完了しました。 (2010/11/20 10:47:47 PM)

やじまさん   nobo9172 さん
初めまして。
本当に私も怒り心頭です。
瀬戸市行政も反省しているようですが、だからといってこのクマを殺した罪が許されるわけではありません。
愛知県が日頃から放獣体制をしっかり整えていれば、こんな悲劇は生まれなかったと思います。
私の住んでいる神奈川県でも同じように錯誤捕獲されたクマが殺されてしまいました。
理由を自然環境保全課に問い合わせたら、イノシシ用のくくりワナの様子を見に行ったらそこにクマがいたので、びっくりして思わず撃ってしまったということでした。
完全な不注意により何の罪もないクマが殺されてしまったわけですから、どんな言い訳をしようとも許されるわけではありません。

(2010/11/22 10:58:00 PM)

kooさん   nobo9172 さん
こんにちは。
私も絶対許せません。
愛知県だけでなく、とにかく至る所で錯誤捕獲が多すぎます。くくりわなの直径が12センチ以下ではクマがどんどんかかってしまうので、環境省に10センチ以下に改正してもらうように働きかけていこうと思います。
イノシシ捕獲とクマの命のどちらが大事なのか、今一度再認識してもらいたいです。

(2010/11/22 10:59:11 PM)

グローバリアンさん    nobo9172 さん
こんにちは。
いつも協力していただき、本当にありがとうございます。
(2010/11/22 10:59:52 PM)

Re:クマを射殺した愛知県と瀬戸市に意見を!(11/17)   クマさん さん
クマを殺すな!人間を殺せ!!
(2010/11/26 11:58:24 PM)

Re[1]:クマを射殺した愛知県と瀬戸市に意見を!(11/17)   F十四 さん
nobo9172さん。

>クマを殺すな!人間を殺せ!!

↑こういう書き込みを野放しにしてていいんですか?
こういう人間はホントに人殺すかもしれませんよ。 (2010/11/27 05:28:23 PM)

確かに   やま さん
よくないコメントだとは思います。
でも私もクマを殺す人間は生きていてはいけないくらい罪深いと思いますよ。 (2010/11/28 05:52:07 PM)

クマさん   nobo9172 さん
こんにちは。
お気持ちはわかりますが、人間の命も熊の命も皆大切です。
人間と熊が共生できるように尽力していただけたらと思います。
(2010/11/28 10:21:01 PM)

Re:クマを射殺した愛知県と瀬戸市に意見を!(11/17)   KOU RAN さん
某独裁国家と同じような思考原理が働いていると思います。
端的に言えば思考停止、無責任な国民性が原因ですね。

「逃がした場合の万一の責任」

単純に、想定される一番最悪の事態に応じて行動をしているだけなのです。

その理論で考えると必ず戦争。必ず殺処分と言う結論に至るわけですが。
そういう思考停止な人が多いのは、とても危険な事だと思います。


最終的な被害者が熊なら、人権もないし訴えられることもないからと
悪魔の決断を平気で下すわけです。

正義や常識よりも保身やリスク回避しか頭にないんでしょうか。 (2024/04/05 01:18:56 AM)


© Rakuten Group, Inc.