872543 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

ようこそ、のぽねこミステリ館へ。

このブログは、本の紹介を中心にしています。ジャンルは小説(ミステリ中心)と西洋中世史(その他教養)の二本柱となっています。

<所有作品一覧:小説・漫画など>
あ行の作家
か行の作家
さ行の作家
た行の作家
な行の作家
は行の作家
ま行の作家
や・ら・わ行の作家
海外の作家
マンガ

読書記録(時系列)
気になっている本

<所有文献一覧:教養・専門書>
西洋史関連(邦語文献)
西洋史関連(邦訳書)
西洋史関連(洋書)
西洋史関連(史料)
その他教養

<研究整理索引>

記事を読んで、「私はこう思ったよ」とメッセージをくださったり、あるいは読んでみようかという気になったりしていただけると幸いです。
よろしくお願いします。
2017.11.18
XML

麻耶雄嵩『貴族探偵』
~集英社文庫、2013年~


貴族探偵シリーズ第1弾の短編集です。2017年にはドラマ化もされましたね(ドラマは観ていませんが)。
それでは、簡単に内容紹介と感想を。

―――
「ウィーンの森の物語」社長の別荘を社員や家族が訪れてた翌朝、密室状況の中で社長が死んでいるのが発見された。前日には、社長の妻と愛人が鉢合わせトラブルになっていたが、はたして真相は。

「トリッチ・トラッチ・ポルカ」廃倉庫の中から頭部などの一部が持ち去られたバラバラ死体が見つかった。その後頭部などが発見され、容疑者も浮かんだが、容疑者にはアリバイがあった。

「こうもり」女子大生二人が高級旅館に宿泊中、有名な作家たちに出会う。そんな中、作家たちの親族の一人が殺された。しかし、関係者のほぼ全員にアリバイが成立していた。

「加速度円舞曲」編集者が険しい山道を運転中、崖から巨大な石が落ちてきた。貴族探偵と出会った彼女が、落下もとを訪れると、知り合いの作家が殺されていた。

「春の声」伯爵の娘の婿選びが行われる中、3人の婿候補たちは互いにいがみ合っていた。そしてある夜、3人全員が殺害されるという事件が起こる。
―――

 貴族探偵は一切調査も推理もせず、貴族探偵の使用人(執事の山本さん、メイドの田中さん、運転手の佐藤さん)が調査と推理をするという、面白い設定です。貴族探偵は名字すら明かされません(探偵の氏名が分からないのは、西澤保彦さんの『腕貫探偵』もそうですね)。
 解説の千街晶之さんも強調されていますが、この中で一番印象深かったのは「こうもり」です。これはやられました。
 続編もいずれ読んでみたいです。

・ま行の作家一覧へ






Last updated  2017.11.18 14:52:40
コメント(0) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

ユニクロ届きました… kaisa21さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 衝撃的な…
 シモン@ Re:マリー・ダリュセック『めす豚ものがたり』(10/21) タイトルからして、昨今の性差解消の社会…
 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 いただい…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.