4992304 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のりのりでいこう!香港&海外情報

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Ranking

Profile


NORI香港

Freepage List

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

★ネパール

2009/09/12
XML
カテゴリ:★ネパール

2006年8月22日 ネパール第4日目  チトワン -- ポカラへ   

ネパール ルピー 以下RSとする・ 
概算  全て切り上げ・ 
1USD =115円   USD =70RS とする。 
RS ÷ 70RS で USD    USD X 115円

チトワン最終日、朝5時半起き6時からエレファントライドを終了し
7時半から朝食を取り、8時30分過ぎだろうか?? 
ロッジを出発した・ 
今日はチトワン市内まで6人で行き、そこから単独でポカラに向かうためである。

我々一向はまず、歩いて川のほとりでカヌーを待つ。
対岸にわたるためだ。。。   
ガイドが気になることを言う・・  <対岸にジープがきてないなー> 

9時、対岸に渡り、車が来るのを5分程度待っていた頃であろうか・・・  
自転車で誰かがやってくる。。  なにやら怪しげな顔・・ ガイドが彼の話を説明する。
我々が向かおうとしている、35km先のチトワンの町は、町全体暴動で昨日に続き、
 (ガソリン代上昇のデモのため車は走れない) 
迎えの車がこないらしい・・・・・    

どうする。。。。。。NORI!!   
ガイドは近くの村まで自転車で行って電話をしにいくらしい・
これくらいの事は、覚悟している俺、、 焦ってもしょうがない。。 
眠りする準備にかかる・・・・ どれくらいだろうか・・・・ 起こされた・  

10時半、ガイドが帰ってきた。  
彼のチョイスはこうである・・・  
1 昨日まで泊まったロッジが特別価格 US$40で1泊1部屋 手配が可能であること・
2 タクシーで移動・希望であれば その手配をしてくれるとのこと・  


ジャングルは6人全員とも間違いなくENJOYした。、。。
しかし、皆の意見は一緒で次の思い思いの場所に向かいたい・・
ジャングルは2泊3日が最適で 1泊でもなく、3泊でもない・・・ 

(本来 チトワンから青ルートでポカラに行くのが定番でツーリストバスで4時間? 250RS

スペイン人カップル 2名  オーストラリア人の親子 2名   日本人1名   俺1名・  
計6名がジャングルに残されている・

先ほどまで、おとなしくしていたオージーは豹変 ガイドに食ってかかる・  
残念なことに、
俺以外の5名は、皆 ここからインド 国境の町 スノウリに向かう。  
(チトワンはほぼインドに隣接している)
 
俺は最悪どうしても今日中ポカラに着きたい・ 
 ほんとは 今日中にトレッキングにスタートしたかった・
11時 交渉しTAXIを呼んだ。 (別村から) 
ポカラにはチトワンの街に出て、ポカラに向かうのが一番早い・ 
但しポカラの街は完全閉鎖、 従い山道別ルートでポカラに行くことにした。  

意気投合したスペイン人カップルに、<一緒にインドに行こうよ> と誘われるが、 
私はインドには2度と行かないことにしている。・・
 もう インドには懲りた、、 関わりたくない・・
インドとっても面白いのですが、好き嫌いにはっきり分かれると思います・
こんなに簡単にインドにいくことは出来ないと何度も自問自答する、 (国境まで2時間半弱)

スペイン人2名 日本人1名の3名は、
インド国境まで一緒のTAXIで行くことに・・・ 1台 5000RS (8,300円)   

オージーは先ほどからネパールに対しいらいらしている。。。 激怒 
  歩くと言っている。 ここから、次の村まで??  何処まで歩くの?? 
彼女のコースを仮に歩いたとすると、
10時間以上はかかるのではないか・・・・   

ガイドを草むらに呼び寄せてお願いする
ネパール政府に激怒しているオージーはほっておいていいからさ、、
僕のTAXI 一番先に呼んでほしいと・・・・  タクシーを2台捕まえるのが困難なため
ねえ、わかってるでしょう・・・     

ガイドに俺専用1台のTAX呼んでもらった・
 ポカラまで6-7時間 7000RS (11.600円)  最初は1万RSと言われたし   
7000RS地元の方がよく食べるMOMOというスープ餃子は155杯食べれ、 
名物料理タルバートルは1年分食べれるのか??
この際金は問題ではない・・・  
Dsc02209-
オレンジ色 カトマンズからチトワンできました・
ホントはチトワンから青いルートでポカラに行きたいのですが・・・
緑の道しか候補がないような・・・ 気配


オージー とんでもないことを言い出した。  
ガイドが手配した俺専用TAXIで近くの町まで、ただのりするという・・・  
14歳の娘も泣き出してしまった・・・・  
ガイドは勿論俺に遠慮している。 私がお金を払って彼女2人がただ乗り、 
ガイドは私に直接きいてほしいという

私は  いいよ、、ただで乗って。。。 俺お金出すから。。。  
途中の街で降ろしてあげるよ。。。。。 

その代り、、 
子供の前で無料にしろとか、 金を払わないとか ネパールに2度と来ないとかやめろよ・・・
子供 えんえん泣いているじゃん・・・ 

今 起こっているネパール政府への暴動や不安定な状況は
最初からわかっていたよね・・ 暴動初日のカトマンズ大変だったよ・・ 
そしてジャングルのロッジのSTAFFはその状況下の中で
嫌な顔を出さずに対応をしている・・  香港だったら逆切れも大いにありえるのに・・・

最終的には彼女もようやく冷静に状況を理解したのか?? 
2000RSでブトワルまでシェアしたいという
いくらでもいいよ。・。。 ただ 私は車が来たら直ぐに出発する・ 
金の交渉はもう済んでいる・   


像使いや、ホテルSTAFFの人間も休暇で、
チトワンの村に帰ると一緒に来ていたが、
彼らはTAXI代を払って村に戻るわけにはいかない。。 
彼らは泣く泣く カヌーに再度乗り込み、
ホテルへ戻っていった・・ 


さあて、おいらも出発だ。。。    
山道ルートでポカラへ目指す・

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 
  







Last updated  2009/09/13 01:38:45 AM
2009/09/11
カテゴリ:★ネパール

2006年8月22日 ネパール 第4日目 世界遺産チトワン国立公園
 
チトワン最終日、朝5時半起き6時からエレファントライドを再度トライ。。。
途中に何回か起きるが雨が強い。。。 早朝には雨はすっかりやんでいた。 

今日は、像一頭を俺だけに貸しきりにしてくれた・   MY像だ
昨日同様に、象さんは道なきジャングルを進む。


像使いは、快く、俺単独での象さんドライブをOKしてくれた・
 (この39歳 オスの象さんは、非常に頭が良い・)

私は象の乗り方タイで軽く学び、ラオスの山奥で教えてもらいました・
 この辺りの言葉 違うのですが 大体雰囲気同じですので・・・ 

私は一般客が乗る荷台みたいなところは いやいや・・・
しかも 自分で乗りたい ので・・・・・   
NEPAL

右に行きたいとき、左に行きたい時どれも、 この間の日記みてください
ちゃーーんと像に合図をするとわかってくれる・ 
落下しないように気をつけないといけない。

Dsc_4678-


そして、ただ乗るだけでなく、昨日マスターした象の鼻で登る方法・・・
下記のように・・・ 
象
下が水だと落ちても あまり痛くなかったが、地面だとやっぱり怖いよね・・・
そして、この練習・・・ 象さんの耳を貸してもらい、鼻で上下にしてもらう・・・
このタイミングを少し体で覚える・・・・  

いいぞ、なんか わかった感じ・・・
今度 ギャルに象を乗りこなす俺をみせようっと・。・・
しかし、、、象に乗る機会って そんなにないよね・・・ じゃあ 駄目じゃん 



約90分、、 象さんに遊んでもらって楽しい僕でした・・・・・
さて、チトワン チトワン 言っていたけど 
一体なんなの 世界遺産 チトワン国立公園とは・
最初に書けばいいだろうって 話ですが・・・  

簡単ですが・  
王家の狩猟地であり、王室により保存された
東西80km、南北23km国立公園で周辺の村にはタルー族が暮らし 
宿泊した電気の通っていないロッジからヒマラヤ山脈が見え
世界的に希少なインドサイが生息する・

この地域は植物で覆われたジャングルで野生動物の宝庫であり
川には淡水イルカ、ジャングルにはトラ・サイ・シカ・ヒョウなど43種類の哺乳類、
400種類の鳥が住む・ 
マラリアを撲滅するため耕地にして民族を転移させたところもあります・・

わかりましたか?? ね なんとなく・


世の中には私のように不思議な人もいて、
電気のない不便な所に金を払っていくのです・・ 
サファリはアフリカが本場だと思いますが、
このネパールのジャングルサファリはまたアフリカとは異なります・

そもそもアフリカのサファリは大変ゴージャースで高いと・・ 
欧州の金持ちがリタイヤ後にゆっくりときてbig5を見に来ます・
私も簡単にアフリカではbig5を見れました・・・ 

皆様はアフリカのサファリは怖いというイメージでしょうか・・・ 
間違いではないのですがね・・・
大金を払えば安全と快適は約束されていますので欧州の金持ちが行くのです・・・・
2人のお客に執事が一体何人つくのでしょうか??・ という感じです・・・ 

ネパールのサファリはかなりカジュアルです。。 
ここもまたstaffは非常に親切で能力が高くマインドが非常に素晴らしいです。
なにしろジャングルを知り尽くしています・・・  
彼らをレンジャーといいます・・・・   


私の場合、ネパールでパンダ(ストライキ)に当たってしまって街は大混乱
(って いつも混乱しているのイメージ)

でしたが、首都カトマンズからこのチトワンまではツーリストBUS 
(旅行者専用で安全で快適) 2.3時間で行けます・

私は9時間、 そこからバイクで1時間半、そしてカヌーで30分  かかりましたが・・・ 
アフリカへはこんなに簡単にいけませんよね・・・ 


大事な事は、チトワンの街に泊まってはいけません。 
チトワン国立公園内に泊まるのです。
ジャングルの中に泊まらなければここへ行く意味はないと私は感じます
昼間のジャングルを歩いてもあまり感動しないはずです・・・ 
動物は朝と夕方活動するのが基本ですので・・・・・     
街からですと非常に不便です・・・

ジャングルですから電気はありません・・・  
発電機で電気をつけている場所だという事を忘れないでください・ 
夏はとにかく暑いです・・・・ 虫とお友達になれます・・・

料金はこの不便なジャングルの方が街と比べ10倍以上高いです・・・ 
従い多くのバックパッカーさんはここへは行かないでしょう・・・・  
カトマンズには異常に多くパッカーが沈没していることでしょう・・・ 
客層は私を除き非常に良いと思います・・・・  下品な方はあまりきません・・・   

この場所に行く場合 どうすればいいのか??
多くの場合 飛行機でカトマンズに入ることでしょう・・  
カトマンズには日本語をしゃべる旅行会社が異常に多いです・ (過去の日記参照)
ここに頼んでください・ 
その際に料金に何が含まれて 何が含まれていないかを確認してください (過去の日記参照)

特に象に乗る、何日目に何時間 サファリなのか水浴びなのか、
詳細を確認して、バウチャーに明記してもらうまで金は払わないくらいの
落ち着いた交渉をしてください。。  

サファリにはジャングルウォーク、JEEPサファリ、象サファリ、カヌーサファリ、等・があります・・・ 
私はjeepサファリ以外は全部tryしました・・・ 

私の場合、サイ ワニは比較的に何回も見ました・・・・  
見ることは簡単ですが、どのように見るかがポイントです・・

不幸中の幸いに、パンダ(ストライキで) 
チトワンまでたどり着けない人が多くて多くのキャンセルが出ていたことにより、

NEPAL
ロッジはすいていました・・・ 
この空いていることが重要であり、混んでいると象に6人くらい載せて移動します・
また象さんとの水浴びなんか あっという間に終了です・・・


最後に大事なこと。・・
この場所は誰もがいって楽しいところではありません・
野生動物の宝庫である所はそういう場所であることを理解してください・
私はネイルをしている子は大好きですが、カトマンズで全部取ってもらってください・・
そういうところです・

出会ったばかりのカップルの初めての旅行で この場所のチョイスは
大成功 か 大失敗 のはずでしょう・・・・ 


さて次回はこのチトワン国立公園を抜けます・・・
そして、、、問題発生・・・    



BROG RANKING
人気blogランキングへ  






Last updated  2009/09/12 03:12:19 PM
2009/09/10
カテゴリ:★ネパール

2006年8月21日 第3日目   ネパール チトワン 

象さんと水浴びしてもらった後、軽く昼寝・・・  

雲行きはおかしく、激しい雨がジャングルを襲う・ 
16時45分は予定の エレファント ライドの時間である・

激しい雨だが、皆やるき満々だ。 
オージーの親子2名と像にのる・

17時10分、 辺りはやや暗くなりはじめる。
予想以上に凄い。 ジャングルは雨で霧が立ち込める。 
雨音、小鳥の鳴き声異様な感じ・   
自前のレインコートに一眼レフのカメラと小型カメラを忍ばせるが、
かなりの雨のため写真撮影は断念・

Dsc01789

像さんに揺られながら、前へ進む。 
像使いは自分の感と長年のキャリアを頼りに道なきジャングルをがんがん進む・
小枝ががんがん顔に当たるのをたくみによけながら、
皆、どこかに潜んでいる大物動物をみたい興奮する。 

TIGERがでてくれば いいのですが、そう簡単にTIGERは出て行きません/

誰一人として何も話さず、しーーんとしている。・
その時である。 像使いは像をSTOPさせた。。 大物がいるらしい・・・・  
サイらしい。   なんとな黒いのがみえるような気がする程度の俺・  
Dsc_4672 

行くよ。。 静かにね・・・ みたいな 合図があり、  
すると オージーの女の子が泣いている??? ・
動物園でみているサイの迫力と違いますし、辺りが暗く、小雨が降っているジャングル・・
私的には最高のシチュエーションなんですがね。。。

Dsc01801

像使いは、道なきジャングルを更に進む。。  がばっーーー  像は立ち止まる。。 
目の前に、サイ発見、 突然の至近距離にびっくり・・・・  
Dsc_4620

けっこう、ぶさいくである。。。  
凄い形相でこちらをみる。。。。  
ここエレファントライドの特徴は、サイなどの大物を取り囲むように追い
かけ発見していくことである。  
2,3頭の像がいれば、サイなどを囲い込み観光客に写真を取らせる・・  

あまりの突然のサイとの遭遇であわてて断念していた写真をとる。
顔、穴には石のような、ごつごつとした感じ。。。
Dsc01775

ここへは人間だけで来るのは難しい。 馬でも駄目だ。。 
やはり象さんしかいない・・・

像さんとサイさんは喧嘩などしないそうである。 
雨が降っていることで、ジャングルは更に雰囲気である・・   

18時40分 エレファントライドは終了・  
雨に大分ぬれた成果、やや寒い。。。  というか涼しくなった・・・

20時から夕食、6人だけなので発電機は使わず、ろうそくの光で皆で食事をする・
食後は、スペイン人と話す。 
南米に行ったときはもっとしゃべれたのにナー  全然言葉が出なかった・・ 


21時には部屋に戻り、21時半には眠りにつく。
昨日気になっていた、暑さはさほどきにならなかったが、
壁に張り付いた蜘蛛 と 虫が大変 気になった・


BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 







Last updated  2009/09/11 02:57:35 PM
2009/09/09
カテゴリ:★ネパール

2006年8月21日 第3日目 ネパール 世界遺産チトワン国立公園

夕方 今回 メインイベントの1つ、 
 象と水遊びという企画があります・・・・ 

前号参照…  先ほどの人間の多くは象使いです・・・・ 
幸いにも象使いと言葉はわからないので詳細の話はできませんが、
魂で話はできます・・・・  もう大分仲良くなったので・・・ 

ツアーを申し込むとこのプログラムが入っているのですが、
時間をしっかり確認してください・・・ 私は40分間依頼済みです・・・・ 

森から象を5頭ほど連れてきます・・・    象使いが6名くらいきます・ 
NORI HK (5)NORI HK (18)

実際象さんは水浴びが大好きで
客がいなくとも水浴びをします・・ 

まずは 象さんによろしくのkissです・・ 固い皮膚です・・
これで魂を伝えます・・・・ 象さんと浮輪にしています・・・ 

NORI HK (12)

私は象に何度も乗った事がありますが・・
ネパールではこれが初めてです・
下 右上の写真のように象に立つことができます・
そして 象は起き上がります・  幸いここは水上なので、
落ちても大丈夫です・ 私が一番怖かったのでは 象さんが私を踏まないかです・・・
しかし、象さんは頭がいいので、人間を踏む事は少ないです・・・ 

NORI HK (6)NORI HK (14)
NORI HK (15)NORI HK (11)
上 右下の写真のような。   この乗り方が基本です・ 
はさみます・・・ 足で・・  

象使いには言いました・・・  おれ、、 大丈夫。。 象少し乗れるから・・・ 
1人で乗らせてほしい・・   



象さんは・・・ 
チャプデレ というと、 水をかけてくれます・・・ ・・・
また。
行きたい方向の耳裏を足で押す、、 その方向に進む。
足の親指で、押しながら、引くかんじ   BACK  後ろに進む・

象を前へ前後左右に行かせるのは
恐らく多くの国で一緒だと思いますが
足の親指等で耳のある部分を押したり
して、サインを送るのです・・・ 
ですから、私、サンダルは履いていません・ 足の親指が非常に大事です・ 


他の外人さんもいましたが、外人さん、これらの像に乗るのは怖いと言っていました・・・ 
手はハンドルで耳を持ってokです・ 
NORI HK (7)NORI HK (10)

水の中を歩いてくれます・・・そして、
NORI HK (8)


水をどばーーと かけたり、 落とそうとします・・・
これは全て象使いの言葉で動きます・・

NORI HK (10)

私がどうしてもマスターしたかった技・・
写真 左のように、鼻から象さんにあげてもらう・・・・   
何度か挑戦したけど、象さん わざと 落とすんです・・ 
水の上なので 大丈夫ですが。。。。。   
右の写真は乗ってから、回転しているところなのですが、 もうへっぴり腰。。。
最初は象さん座ってもらい練習しました・・・・・ 

NORI HK (9)NORI HK (13)

NORI HK (16)
象さん ありがとう~~~    凄い楽しかったよ・・・

NORI HK (17)

NORI HK (19)

NORI HK (20)

NORI HK (21)

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 
  







Last updated  2009/09/09 09:07:40 PM
カテゴリ:★ネパール

2006年8月21日 第3日目 ネパール 世界遺産チトワン国立公園 
周辺の村の散歩を終え、ロッジに戻る・
汗ダラダラであるので、シャワーを浴びようと、、、水が出ない・・・ (理由は分かっている) 
しょうがないので、川に水浴びに行く・・・

そっちは いいけど、 あっちはだめ。。  そっちってどっち?? まあ いいや。。。
水の色は茶色の川であるが、水がひんやりして気持ちがいい・・・ 
山から水が来ている・・・・・ 
NORI HK

問題は水着の中に 砂利が入ってくることだ・・・  
非常に気持ちがわるいので水着を脱いで入る・・・
現地の人間が数名 こちらをみている・・・  大笑いしているのだ・・・ 

NORI HK (1)
 (手にはリモコン持っています) 

というのは、世界遺産でヌード特集  裸体を写真に撮っているのだ・・  
三脚でリモコン・・・ 
皆が大笑い。。 なんのために、、、 写真をとっているのだ?? というところかな。。。

この当時、この地方では一眼レフのデジカメが少なく
撮った画像が直ぐにみえるのは画期的な事であっただろう・・
皆が見せて みせてと、、、 リモコンを渡して、現地人に押して!! ポーズするから・・・ 
皆がリモコンの取り合いをする・・・・  

NORI HK (2)
JAPANESE TIGERだ・・・ この日から私はJAPANESE TIGERと命名され、
これから象と遊ぶので、私の小象とジャングルの写真を撮る・・・ 
彼らはずーっと 私をみている。。 やることがないのか????  
人は集まる。。 そしてさっき撮った写真をみせてほしい。。。   ゼスチャーだ・・・  

そして、男が指をさす・・・・   指をさした方向をみてみると、、、 嘘~~~~ 
ワニじゃん。・。・。・ 
NORI HK (4)
 
後で英語で聞いた話であるが。 ワニがいるので 私をみててくれたようだ・・・ 

ワニがいる川で水浴びして、フルチンで写真を撮る姿が大変珍しいと・・・
このあと、この村の方達とは、ぐっと、距離が近くなる・


ちょっと待って、、 ワニいたら フルチンで水浴びなんかしていないって。。。
命がけの水浴びだったよ・・・

皆で写真をみる・・・ 
NORI HK (3)

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 


  







Last updated  2009/09/09 06:50:37 PM
2009/09/06
カテゴリ:★ネパール

2006年8月21日 第3日目 ネパール 世界遺産チトワン国立公園   

現地手配で前からお願いしてあった。
現地学校訪問である・・・ 
私は世界中の多くの学校を見てきました。。
そして、現地の子に遊んでもらっている・・ 

授業は木陰の下で屋外授業である。  
NORI (13)


先生の目を盗み、俺は <コマネチ>を連発・  
子供は俺の動きを不思議そうにみる。    とはいえ、俺に対し興味新進??   

NORI (10)


村を訪ねた後は、またカヌーでホテルに、、昼間のカヌーくだりはまた趣が異なる
小鳥も多い、、 途中 水浴びをしているサイを遠めに確認・  

11時20分 ホテルに戻る。 炎天下の中のハイキングは結構疲れた・ 
13時ゆったりと穏やかな気持ちでホテルで昼食をとる。

うんうん、文明は全くないが、このホテルのプログラムは時間通りにほぼ進行する・  
昼食後、とにかく暑い。 水シャーワーを浴びようとしたが、壊れているとの事・
いや違う。。 水をSTOPしていると思う・・・ 節約のため・・ 
本日 チェックアウトしていた日本人女性がアンケートに、
シャワーの水が茶色いと書いてあったからだろうか?

よし15時からは象さんと遊ぶことになっている・  
ジャブと俺の水浴びを兼ね川で泳ごう。 

続編に・・・ 

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 







Last updated  2009/09/08 09:18:23 PM
カテゴリ:★ネパール

2006年8月21日  ネパール 第3日目 
世界遺産 チトワン国立公園  
午前中 一番近い村へ ガイドが案内してくれる・ 

ナマステポーズ 

NORI (1)

NORI


NORI (8)



NORI (9)

NORI

皆 いい表情だよね。

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。
応援ありがとうございます・ 

 







Last updated  2009/09/07 10:59:17 PM
2009/09/03
カテゴリ:★ネパール

2006年8月21日 第3日目   ネパール 世界遺産 チトワン国立公園   

昨日は60度室内 ??  オイルランタンを消して寝た・ 
やや 涼しくなっている。。。 いつの間にか、ブランケットをかけている俺・ 
人間とは不思議なもので、60度?から27度になると
寒く感じるのか。。。 

小学生時の運動会当日だろうか、目覚ましなんかかけなくても起きれた・

この日は 4時45分におきる・  
室内気温は27度 全然涼しくない。
今日は5時半にモーニングコールがあるが、 (係員が起こしにきてくれる) 
その前にジャングルの川でのんびりする俺。

NORI (2)
5時45分  TEA TIME    コーヒー 紅茶を各自が飲む・ 
6時出発。 ガイドについて、早朝ジャングルツアーである。 
  
まずは、ホテルの像さんの朝食光景を見かける。
NORI 
母像であり、つい3週間前に出産したばかりであるが、 出産後 小象は死亡・  
母は今でも泣き続けて、元気がないそうである。  
現在 像の出産は大変困難であり、
今回 母像が命を取り留めただけで不幸中の幸いであると。。。。。・  

NORI (1)

本格的にジャングルに入ると、ガイドが皆を集めた。  今日は総勢6名である・   
11 もしサイに出会いこちらを突進してきた場合 == まじかない??  
  サイは 直線突進しかできないため、ジグザクに逃げて下さい とのこと。 

22 TIGERに遭遇したら、まず、大きな木に隠れてください。 
 その後 大きな木に登ってください。。  
 まじかよーーー   TIGERはこの時期 ほぼ見れる可能性は少ない・。・・

我々が一番見たいのは、サイである。   ワニは怖いからやだよーーー   
途中川に出る。 確かにサイの足跡が新しく朝ここで水浴び若しくは餌を探しにきたようだ。
ジャングルでは、見たことのないような猿 と 小鳥 などをみるが、
約1時間ジャングルツアーを終え、

7時半 朝食をとる。  これがどうして、、なかなか美味しい。 
今日はスペイン人団体が帰り、我々は6人のみが、ここジャングルに泊まることとなる。  

9時 朝食を追え、コーヒーをのんびり飲みながら 近くのなんとか族の村へ行く・  
まずは対岸に渡るために、カヌーで出発。  対岸から、平原を歩くこと30分 村に着く。
NORI (3)

 昨日バイクで通ってきた道だ。 
皆で歩くこと、太陽がまぶしいことから、まるで違う場所のように感じる・・ 

NORI (4)

村をみてまわり、子供がやはり可愛い。 みな とてもなつく・  民家等を見てまわる。 
NORI (5)

NORI (7)

水牛を使用し、畑仕事をやっている。、 誰かやりますか??  
俺しかいないでしょ。 こういうことするの

まだまだ 続く・・・

ネパール編再開・・・ 

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 








Last updated  2009/09/07 03:07:59 AM
2009/07/18
カテゴリ:★ネパール

2006年8月20日 ネパール
カヌーでチェックイン ワニ サイ チトワン国立公園 
前回の日記を・・・動画でみるとこうなります・・・
you tubeにupしました・ 

YOU TUBEジャンプ


カヌーに乗っている時は真っ暗なのですが、
ナイトショットで撮っています・
すごいですね。。 sonyの力は・・・

ファイルをmpeg1に変更したら映像がかなり乱れています・・

もし良かったらヘッドホンで聞いてください・
ジャングルの色んな音が聞こえますので・・・ 

これもまたそうですが、、
昔の私の動画って、これが また私 よくしゃべってるんですよ・・
どうでもいいような事を・・
撮って、しゃべって、映って、、
アンポンタンでお恥ずかしいので、限定期間でUPします・・・



BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・    







Last updated  2009/07/19 12:24:13 AM
カテゴリ:★ネパール

8月20日 ネパール カトマンズ  -- チトワン  第2日目  
BUSでカトマンズからチトワンへ・・
その後 チトワンからバイクで35キロ。。 1時間以上2人乗り。。。

川のほとりに・・・・・到着・・・
NORI HK

カヌーが止まっている・ 荷物を載せる。   
いいですか? 絶対に右、左へ動かないで下さい・
現地語とゼェスチャーで語りかける。  
落ちるとワニに食われるらしい・ ほんとかよ・・
静かにしてカヌーに乗る。 下流に進むだけなので、ほぼ漕がない・ 

小鳥、獣の鳴き声。 東京ディズニーランドのジャングルクルーズである・ 
辺りは非常に厳粛ムードで、ジャングルを覆う霧、 
川に上がる <もや。。> 実に幻想的な光景である。
拙者は静かに眼を閉じてみる・。。 いやな生暖かい風が首筋を通る。 

おいおい、こんな時、ワニなんかきたらどうすんのよ・
いや違う。。。 みんなこのジャングルに動物を見に来ているのだ・・ 

ゴリラ?見たいな親父が俺をみて遠くを指をさす・  
うーーん  もしや??  サイである・ 
うそーーー そんな上手くいのかな・・ もしや模型では??? いや動いている・ 

通常はここにはバイクで来ず、ここまでジープで来て 

横に2名の計16名近く乗れるカヌーで暗くなる前にチェックインをする。 
デモのおかげでバスは延着。従い、バイク移動で夕陽を見て、

夕暮れからのカヌー 横1名 計5名乗りでチェックインを体験する・

これだよ・・ この感じ 、まさに自然の恵み・  
高い金出して不便なジャングルに行く金持ち欧米人は非常に多い・ 

カヌーに乗ること約15分だろうか。。 この時静かな興奮を今でも覚えている。 
1人旅の俺はこの興奮を共有できる人間がいないのが実に残念である。 

ホテルで最も重要な瞬間、
それはエントリー時からフロントでのチェックインだと私は考える・   
この前偽がホテル滞在を大きく左右する・  

そういう意味からすればこのホテルのエンターティメント性は実に高く
客の気持ちを高ぶらせる・  いやーーん   

カヌーを降り、更に電気のない道を歩く・・  チェックイン??  
おいおい、なんだ、この異様な光景は 

スペインの団体でムイビエンな状態になっている・・・・   
待てよ。。 バウチャー見せてください。。 って これフロント?? 
電気ないからわからないよ・・・ 真っ暗である・。 

WELCOME DRINKはなにが??   LOVE COKEで!! 、、ないらしい・  
FANTAでいいですか?? おうっ   
真っ暗で飲むFANTAは実に不気味な味がしてならない・・・・     

このホテルはネイチャー ガイドが何でもやる。。。  1人5役であろう・・・・
皆 興奮している・・・・   発電機のライトがついたからだ・・・  
ようよう、、皆知っているか。・。 この軽油は俺がバイクで運んできたのだよん。     
俺が来なかったら、皆 電気今日なかったのよん・・・  

電気といえど共有スペースのBARとダイニングにしか電気はない・  
夕食を20時からとる。  

BUFFETスタイルで、味はなかなかうまい・・・ 合格・・・  
ガイドが言う、 20時半からオリエンテーションしますからね。。。   

食後の俺だけのオリエンが始まった・・  
このガイド 実にいいぞ。 的確に俺の聞きたいことを話す・  
日程全て聞く・

注意点も聞く。
1部屋の外へ散歩いく場合、獣の教われないために必ずSTAFFに声をかけてください。 
2赤、白の洋服は動物を刺激するので着ないで下さい・。  
3今 ついているライトは21時にきれます。。 
等などである。 
俺のロッジはPK3  伝言板に俺の日程が判るようになっている・・・ 
実にシステム化されいいぞ・・・・・
      

CLUB MEDのようなシステムであるが、大違いである・     
丁度ここには 日本人女教師1名    日本人男 1名  の3組 3人 俺を含めいる。   
日本人女教師は白外専 であり。ロッジでの活躍が期待できる・・・・    
もう1名、 日本人  のびたくん?     俺は彼を3分で舎弟にした・      
 (彼はこの先、いつも俺の影のように付きまとう)  

21時まで、みんなでわいわい?静か?? に飲む・・・  21時予定通り電気は切れた・  
電気が切れたジャングルも川と月の効果で明るい・・・    
まったりとジャングルを楽しみながら、地元のbeerを飲む・  
ここには何もないが精神的に充実した俺がいる
・・・・   

部屋に戻る・・・   ちょっと待った・・・  
NORI HK (1)

部屋の中は 先ほどオイルライトつけぱなしで。。
熱で50度を越しサウナ状態になっている。。 
外のほうが断然涼しい・・・   汗だらだらで荷物をあける・・・・    
動くたびに汗がぼたぼた落ちる・・・  

小さい虫?? この手のタイプは壁などに結構 和気藹々とたむろっている・・・ 
俺 虫 苦手なのよん・  

そもそも、俺は水シャワーが苦手である。  気持ちいいと思ったことは一度もない。  
生まれて初めてこの水のシャワーが気持ちいいと思った・・・・ 
水シャワーを浴びでも5分で汗は出る・・・・     
1日数回水シャワーを浴びたのも初体験である・  


外は実にしずかではなーーーーーいい。 
獣の鳴き声がする。。 その泣き声はなーーーに????  
非常にいいぞ。。  きて良かった・・・     
ここにクーラーが設置された時点で動物はいなくなるだろう。。。。   

であれば、ここは文明を取り入れないでほしい。 そう願いながら俺は眠りについた・

NORI HK (2)

早朝撮影 部屋

BROG RANKING
人気blogランキングへ  







Last updated  2009/07/18 04:29:58 PM

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.