4907233 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のりのりでいこう!香港&海外情報

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Ranking

Profile


NORI香港

Freepage List

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

★中国シルクロード

2011/05/24
XML
2005年8月 中国シルクロード

私 ある思いがあって、シルクロードは中国内 2回横断したことになります・・・ 


今もシルクロードはもう一度行きたい場所の1つです・・・

可能であれば、特に中央アジアまで一気にシルクロードを駆け抜けたいのですが、
結構な距離があるんです・・・・


今は中国の発展で大分変ったと思いますが、
2005年のシルクロード 次回から動画でupします・ 
日本から行くのも良いでしょう・・・

しかし もし貴方が今 中国に住んでいるのなら
今中国にいるうちに早い機会に訪問してください・

このシルクロードは夏はとにかく暑いです・ 

しかし暑い場所は暑い時に行く 
寒い場所は寒い時期に行ったほうが、
その土地で暮らす文化や知恵が見れると思います・

で、夏にどうぞ・・・・・ 


しばらく動画はキューバとシルクロードの2本立てで行きます・・・






Last updated  2011/05/24 08:54:38 PM
2007/08/21
テーマ:中国&台湾(3137)

2005年夏のシルクロード旅行記 のりのりでいこう! は

下記から・・次へ次へでジャンプしていくと思います・ 

ここからジャンプ

BROG RANKING
人気blogランキングへ 







Last updated  2007/08/21 05:53:11 PM
2007/08/20
テーマ:中国&台湾(3137)
のりのりでいこう!シルクロード編 感想、御意見有難う御座いました。 
今後とも励まし御意見及びUP情報お待ちしています。。。。
最後までお付き合い頂き有難う御座いました。
日程 2005年
1>8月13日 香港ー SHENZHENから蘭州へ ZH9977便 0845/1145
 麺の発祥の地、蘭州で本場の牛肉面を食べ 市内観光(白塔山 中山橋(黄河第一橋))
  蘭州から敦煌へ 海南航空 HU7531 1840/2040              <敦煌泊> 
2>8月14日  敦煌 莫高窟観光  砂漠撮影                  <敦煌泊>
3>
8月15日  コビ砂漠ツアー、 鳴砂山、天の川ツアーに           <敦煌泊>
4>8月16日  敦煌、雅丹魔鬼城観光  
          N949寝台車にて 20時03分発 トルファンへ           <車中泊> 
5>8月17日 5時40分トルファン到着  トルファン自転車にてツーリング   <トルファン泊>
6>8月18日 トルファン観光 火炎山 高昌故城、千仏洞、葡萄溝、交河 
        夜、タクラマカン砂漠ツアー                       <トルファン 砂漠泊>
7>8月19日 トルファンからウルムチ BUS移動 
              新疆ウイグル博物館 ミイラ                                     <ウルムチ泊>
8>8月20日 ウルムチ 天池観光                          <ウルムチ泊>
9>8月21日 ZH9736 ウルムチーSHNEZHEN しんせん航空 0820/1230

宿泊    人民元 約14円
1泊目ー3泊目, 敦煌 天禄飯店 シャワー、クーラー付き 1泊100元
4泊目           車中泊
5泊目 6泊目  X泰賓館 120元
7泊目 8泊目  新疆飯店 30元


航空券 
SHENZHEN - 蘭州    1.060
蘭州   - 敦煌 1.205
ウルムチ - SHENZHEN  1.800
ttl 4.065 元   約57000円
(電車 敦煌ートルファン 150元  硬 寝台)
<旅のルート>
シルクロードと一口に言っても、
1週間で全てを回る事は困難であり色々悩んだが
最もべたなコースを今回設定する。 
行きと帰りの航空券は抑えたので途中はいかようにもできたので
現地で若干の変更をした。 特に夏休みの期間はシルクロードの観光シーズンであり、
予想以上に電車のチケットを押さえるのが困難である。
我々、社会人は時間のリミットがあり、泣く泣く行きたい候補地をあきらめた。
カシュガル、イーニン辺りは最後まで悩み、行くだけなら可能であったが滞在時間が短いため今回はパスした。  また、当初、キリギス、アフガニスタン、パキスタン等の周辺の国は可能であればと思ったが、予想以上に敦煌にはまってしまい、同国行きもあきらめた。限りなく価格を抑えたく、シルクロードを満喫したいのであれば、 飛行機でウルムチIN OUTを行い 他は寝台車を使うのが最も効果的であるが
先にも述べたように、夏の電車は現地で押さえるのが容易ではない。
金はあるが時間がない。 全ての移動を飛行機で移動することが基本であるが、
 飛行機はフライト時間前後に時間がかかるため、ここシルクロードでは、
4時間以内の移動で車移動の距離であれば、飛行機よりも時間に自由の聞く
タクシーのチャーターが飛行機よりも安く、効率的である。
出張を通じ我々は5時間の車、方道移動には慣れているので、車は楽勝であるため)
 その際の注意は交渉の際に、ドライバーを瞬時に観察し、
いい人、悪い人でなく 合うか、合わないかを見極める事が必勝方である。
  雇ったドライバーへの教育、指導その都度指示すればいいだけである・
 更に言うのであれば、ボンネットを開けさせ状況を車の状況を見れるのであれば言うことなし。
3>上記 僕の日程をただ、旅行会社のツアーの用になめるだけであれば、
敦煌で1泊、トルファンで1泊、 ウルムチで1泊で訪問できる。どうしても更に時間のない人は、トルファンへは滞在せずにウルムチベースで日帰りで観光可能である・
従い何をしたいかを明確にすればするほど、
旅行日程は立てやすく、曖昧であればあるほど 結果何も見れないのがシルクロードである。
僕は今回のテーマを砂漠、ウルムチ族、窟の3点に絞り計画を立てた・

NORINORIお勧め
1>間違いなく、<敦煌の月の砂漠> 天の川も見れます・
  この月明かりは非常に明るく、月がとにかく出かいです・ 
  涙が出るほど感動します。   
2>敦煌 莫高窟  勉強をして行くことをお勧めします。 
 せっかくここまで行くのですから、特別展を調査し必ず自分が見たい窟を調べる事。
 僕は57窟は素晴らしいの一言に尽きると思います・
3>鳴砂山 頂上 歩いて登る・
4>トルファン 自転車散策でウイグル族民家突撃訪問
5>本場のハミウリ 


<食物>
A級の中国料理はここシルクロードでは中国全体のレベルから見ても非常に低い・
方や一報 B級グルメは異常に充実している。食べる物には全く困らないと思う・
<トイレ> 
他の都市と比べてもここシルクロードは<ニーハオトイレ> が異常に多い・
(勝手にそう呼んでいるだけ、 つまり、扉のないタイプで) 
 前向き、後向き、 横向きがあり
(俺はFRONT、BACK、SIDEタイプを呼んでいる) 特に敦煌にはサイドタイプが多い・

最後に。。
2004年度、NHKが25年ぶりに再度スポットを当てたこのシルクロードは、今最も中国で
日本人に人気のあるSPOTであるひとつであろう・ 季節上、一般の観光客は夏を中心に絞られ
その夏は非常に熱い・ しかし、現地に行けばその熱さは特に
自転車、トレッキングなどをしない限り気にならないはずであろう・。 
私は自転車で合宿のような経験をしたが、今となっては楽しさしか思い出せない・

NHKの映像は素晴らしく、場所によってはハイビジョンテレビで見たほうが良い所も多い。
このシルクロードは陸路を移動する事が醍醐味であろう・
日本で乗っていたキャンピングカーや4WD をここに持ってきて
旅をできたなら良い経験が出来るとおもうし、
次回はタクラマカン砂漠 自転車縦断の計画をひそかに練っている・
中国 西部開拓で急速ピッチで街は変貌しつつ、今がその最後の時期であろう。
これから2008年の北京オリンピックを目指し、
入場料は年々倍倍であがり、学生バックパッカーは入場料を払うのに苦労することであろう・・
この地方では多くのバックパッカーが滞在しているが、その中でもバカパッカーも少なくなく、違法滞在をしている??も多い。 こういうバカパッカーとは決してかかわりを持たぬように。。 
次回は今回もなくなく、諦めた、パキスタン フンザまで必ず到達する事を実現させる・
世界  中国には(日本にも) 数多い素晴らしい場所、人間が存在している・
今回訪問した場所、人も間違いなく素晴らしく 多くの物を吸収できたと確信している・ 
トイレ、熱さ、言葉等の課題点も多いこの地方であるが、
そんな事は全然気にならないくらい、、楽しめる場所である・
是非 多くの方に早い機会に訪問して頂きたい所である・
慎重且つ大胆に、大胆且つ慎重に 旅はのりのりでいこう!!

BROG RANKING
人気blogランキングへ 






Last updated  2007/08/21 03:50:24 AM
テーマ:中国&台湾(3137)

2005年8月21日 第9日目 最終日 新疆自治区ウルムチーーshenzhen -香港
空港までtaxi で30分 早朝7時に到着
あれれ、空港は予想以上の混雑。ちょっと時間まずいなーー
得意の横入り?? いや違う そこは私たちのためのカウンターでしょ、、 

しかもウルムチの空港、必要以上にでかい・・ しかも、一番奥のgate。 

8時20分フライトに対し30分前にの7時50分には既に全員搭乗終了とのこと。
あなたもS
henzhenに行くんでしょ。 もうあなただけよーー  何故か俺待ち?
っていうか、まだ出発まで30分あるじゃんよ。。 
やだよ。。 不要に急ぐことはない。。。 
俺の他のもう一人は副操縦士である。 
彼は兵隊のように、ぶどうやハミウリを
おそらく乗務員用の土産を運ばされて汗だらだらである。

私のシートは2C 前列には果物であふれかえっている。
 ていうか、。
そこにそんなに荷物置いたら危なくない?? 
Dsc_0609.jpg

離発着の大きな揺れの際、あっという間に俺はハミウリで死ぬだろう。。。
そこ一番荷物置いたらいけないとこやろ。。。 


ZH9736 しんせん航空は 0820/1230  予定の20分前 8時に離陸。 
このしんせん航空はとにかく乗るたびに笑わせくれる。 

飛行機ではバクスイ  
到着45分前、乗務員に肩を触られ起きてくださいと言われる。・ 
またかよーーー この航空会社はとにかく航空会社の都合で人を起こす。
俺は特別な事がないかぎり、機内食は食べず寝るのでこれには迷惑である・笑
可愛い女の子には滅茶甘い 俺。。 従いOKであった。。。 
 
なによーー と思ったら、 体操が始まります。。。って。。。 
まじーーーーーーーーーー  俺寝てたのに!!! 

ビデオを見せられ、皆で体操開始。 この展開は初めてだな。。 
(このときが初めての体験で後から何度も体験する)  

しか~~~も乗務員が、インストラクターに変身したように客にコーチをする。 
俺の右腕をとり、もっと伸ばしてみたいな~~ (なんか嬉しい俺) 
なんでこうなるのかなーー   

しかも、他の航空会社と違い、
運動が徐々に激しくなり、隣の人にぶつかるような無理な動きをさせる。
こうなると俄然 盛り上がる俺で、結構俺も楽しんで体育会魂がよみがえり、
隣の人に思い切り腕を振り上げ必要以上の運動に燃える。 
しかも、ビデオでは いー ある、さん (1,2,3)と掛け声を出しましょうとアナウンスが
流れる。  機内は中国語の1,2,3で合唱である。 

体育会出身の俺としては、かけ声には自信がある。 
おれも いー あるー さんと掛け声をかける。
乗務員は俺の顔をみながら、 <といとい、 じぇやんず> 
日本語でいうと<そうそう その調子>とでも言うのか。
褒められた俺は駆け引きなしに喜び、 更にかけ声のトーンも上がる。・ 

機内体操は20分以上行い、念のため後方をみると、凄い熱気である・ 
一応、この様子はビデオに撮影・ 
20分後、手を前に出してください。 ゆっくり手をたたいてください。。 
じょじょに早く もっと早く 更に早くのアナウンスが流れ、 機内は拍手喝さいで、 
最後に皆様のご協力ありがとうございます。 という締めくくり。
その後は、中国得意のリラックス音楽 kenny Gが流れる・ 
乗務員が、キャンディを配り始めるが、
汗をかくほど激しい運動をしたのだからウェットテッシュを配ったほうが効果的であると
次回 幹部あった際に言うつもりである。

仮に乗務員に起こされなくても、あれだけ盛り上がれば間違いなくおきていただろう。
汗を欠いたあとはとてもすがすがしい・・・
そうそう、しいてあげるのであれば、あそこまでやるのであれば、
乗務員はしんせん航空のジャージを来て鉢巻なんかもまいてやるくらいの徹底をしてほしい。
とにかく、乗るたびに面白い事をさせ、機内をいつも一体化させようという感じをうける。

機体はじょじょに高度をさげ、shenzhen空港に到着。
なんでだろう、 shenzhen空港に着くと何故か落ち着く。
シルクロードの飯は間違いなくうまかった。 

ただ、この空港について世界スタンダード物を食いたい。
先ずはマクドナルド、次にスタバックスのコーヒー 世界標準の味は落ち着く。

空港外で一服していると、得意の広東語をまくし立てタクシードライバーがぼりにやってくる。
聞いているだけでも、明らかに法外な値段を北から来た中国人にぼりにかかる・
中国人のぼりあい。。 

そんなタクシーにはかかわらず、福永から九龍向けのferryに乗る。 
外は雨模様。 どうやらこの1週間は香港、広東省と雨続きであったようだ。 
シルクロードでは年間降水量20MM、勿論毎日が晴天で中国の大きさを実感する・
夕方久しぶりの家に無地に到着。

次回は総集編をお届けいたします。 

BROG RANKING
人気blogランキングへ 







Last updated  2007/08/20 07:00:43 PM
2007/08/19
2005年8月21日 第9日目最終日 新疆自治区ウルムチーーshenzhen -香港
最終日の夜は3時まで楽しんだ・・
真夜中の共同シャワーはだーーれもいなくて快適・・ おっと 時間は早朝4時。。 
今回1泊 30元の(日本円で450円弱) 宿はなかなか快適であった。

今回旅行中一番安かったが、
ここが、一番快適な宿だったのでは・・・・・ 
クーラーはないが、風がやたら気持ちよく、朝晩は涼しい
なんと言っても、共同であるが、シャワーの水圧が強くお湯ががんがん出た!
シャワーに行く廊下もそういえば、俺全裸でうろうろしてたなー
トイレは共同でニーハオトイレ front 版だったな。
扉はあったけど、何故かみんな閉めてないんだよねーー 

4時半に寝て、朝6時起きの連続はつらい。 6時半 満月を部屋からみて、
さよなら満月さんした後に、真っ暗な中をtaxi で空港に向かう。

20万人都市 ウルムチ空港までは高速道路は立派である。 
途中 高速出口から一般道を走る・ 道端には早朝からぶどう売りが観光客を待つ・
みんな、売り子は必要以上に、ダンボールをくいくい動かし端は異様な光景である・
関節炎になるくらい、早い動きを永遠に行う・

広東省でもライチの季節には道端に売り子が立つが、
ライチ売りはじっくり待ちそこそこ在庫を持つのと対象に
ここ新疆のぶどう売りは、個人でぶどうを抱え、道には100人以上のぶどう売りが単独で商売を行う・
広東省は時速100KMで走る車を横にみながら路肩で売っているので、命がけであるが
ここは仮に関節炎になっても、歩道にたって打っているので死ぬ可能性はすくないであろう・

空港までtaxi で30分 36元 7時に到着。 宿泊代より高いじゃん。 金銭感覚はおかしい・

あれれ、空港は予想以上の混雑。ちょっと時間まずいなーー

BROG RANKING
人気blogランキングへ 






Last updated  2007/08/19 06:58:09 PM
テーマ:中国&台湾(3137)

2005年8月20日 第8日目  新疆自治区 ウルムチ
今回の旅行も最終日の夜を迎えた さあLAST NIGHTも のりのりでいこう! 
夜店に潜入、

Dsc_0514.jpgDsc_0511.jpg

何度か書いてきたが、私はここ新疆の地で何度もウイグル族に
同族と間違えれてきた。。 
私は日焼けをしている事と、瞳がウイグル族と同じようである・・
同族としてか?? 
ここ新疆の地では多くの男女ウイグル族がウィンクをしてくる。
私も勿論ウインクで返す。。 しまいには自らウインク。 目が筋肉痛になるかと思った・ 


北京でも夜店は有名だが、北京観光用とは全く異なる・
Dsc00601.jpgDsc00594.jpg
羊ちゃん美味しい                 ソーセージも最高。

Dsc00605.jpgDsc00606.jpg
内臓系はGOOD                  羊 金でかっ!

香港の方も関西人の方 同様内臓系好きな方が多い。 
私は東京出身ですが、内臓系 グロ系 かなりlovelyで~~す。 

シシカバブはまじでうまい。 羊肉がこんなに美味しいものと再確認・
ハミウリも最高。 なにからなにまでB級系のグルメがうまい・

良い子の皆様~~
私は10年以上前からなんでも食べる中国広東省で自主トレを積んできました・ 
対外のものは食べてきています・・ また様々な予防接種も打ち込んできました・ 
海外旅行の地で、衛生状況の悪い市場で食べることは正直おすすめしません・・ 

ここは羊さんの丸焼きレイアウトにJOKEがたっぷり。。
頭部を完全におもちゃのようにしている。 リボン巻いたり、レタス加えさせてり、もうなんでもあり。
Dsc_0529.jpg

Dsc_0480.jpg

Dsc_0492.jpg

Dsc_0486.jpg

Dsc_0524.jpg

Dsc_0500.jpg


Dsc_0599.jpgDsc_0595.jpg
頭も美味しいのね~~ 

21時過ぎ、夜のバザールに向かう。 
バザールはどっち? 中国人に聞くが、夜の遅い時間はやめたほうが良いとの事・
やだーーー いく行く、急に子供のようにわがままになる。

中国人は あなた、、この夜に行くのは危険だから やめた方が良いわよ^^
ウイグル族には気をつけてと 何度も念を押される・・ 
中国ではこの族を、野蛮 騙す等 ネガティブな意見を何度も聞いてきた・ 

関係ない、、リスクなくしてリターンなし・・ 
慎重かつ大胆に、大胆かつ慎重に 俺の信念である。

念のため財布は鞄の奥にしまい、いつでも戦闘態勢に入れるよう構える。
せっかくだから、馬車でバザールに行く。 
荷台にはいい感じの絨毯がひいてあり、そこに座る。
インターナショナルバザール前は中国人警官があふれている。
やはり、相当すりなどが多いのであろう・  
中国警察はマイクで何度も何度も泥棒注意を呼び掛けている。。 
Dsc_0590.jpgDsc_0603.jpg
インターナショナルバザール入口        左 コカコーラ 右 非常コーラ
                            中国で非常はVERY等の意味 従い 
                           VERY COLA 色もほぼ同じやねん・・ 

観光客を相手にするバザールには目もくれず、地元系のバザールがある付近に潜入。 
小道に入ると、、夜と言うことで怪しげな人間も多い。
確かに、少し鋭い視線を感じる時もあるが、とにかく今日は旅行最後の夜、
のりのり加速中・ 


女性の化粧は時間帯と比例して厚くなる・ わくわく!
今回何処へ行っても感じた事が、
ウイグル族の女性は必要以上にべたべたしながら話してくる。
経験から夜のこの手の女は、すりか、プロのどちらかであるが、 決してそうではない様子。
何故かウイグル人からは、あなたかっこいいという意味の事を多く言われる。
ホンとに俺はすごい。 こういう事を言う女にしゃれも含み、頬にKISSをする。街角であってもok、 
大体、キャーーなんて言って喜んでいる。 (と思っているのは自分だけ)
えーー もしかして、俺みたいなのウイグルではもてるの? ってまじで誤解するから・・・ 笑


地元の方が食するのは中国人(漢族)とは異なるようである・・ 

Dsc_0606.jpgDsc_0596.jpg
夜遅くまで子供も買い物。            男らしく?おばさんはひげをそらない・

Dsc_0547.jpg
そこら中にいっぱい干しブドウがあるから、遠慮なく つまみ食いの俺
正確に言うと 売り物とも日本語ではいうらしい・  売り物やねん 

ウイグル族のための夜店に行く。 23時を過ぎても凄い活気である。
音楽もなんかガンガンで良い感じ。。 インドとは異なる。
シシカバブを食べまくる。 

人心果  なんだこれーー 見たことないぞ。。 1個3元   
甘くて不思議な味がする。  甘い柿のような味とでもいえばいいかなーーー 
Dsc_0541.jpg


ここのSWEETは凄すぎる。・。 羊風みたいな・様子
死ぬほど甘くて、辛い  辛くて甘い。。 なんとも表現できない味である。

Dsc_0578.jpg


0時を回った。。 さあ 夜はこれからだ。。 
最後の夜を驀進中・・ 
街にはエキセントリックな女性も増えてきた・・ 
Dsc_0582.jpg


BROG RANKING
人気blogランキングへ 







Last updated  2007/08/19 05:52:11 AM
2007/08/18
テーマ:中国&台湾(3137)

2005年8月20日 第8日目 新疆自治区 ウルムチ
最終日の夜を迎えた。。 
バザール 市場へ潜入。・ えーー これ何?? みたない物が結構多く面白い・

Dsc00122.jpgDsc00124.jpg
カルピスを100倍薄くしたような味        このアイス これがまたうまいっ
何故か噴水のように、ず^^っと出てる
見える??



Dsc00161.jpg
何処でもはみうりを売っている。。 
これがまた美味しく 限りなく食べていた・・ 

Dsc_0493.jpg
この おじさん 結構NICEだったな~~~  

Dsc_0494.jpg
はみうり おいしそうでしょ・・  おいしんです。 


定番の風船打ち なぜかやりたくなってしまう・・ 
Dsc00622.jpgDsc00619.jpg
鉄砲も2種類あるしね。。  
BROG RANKING
人気blogランキングへ 







Last updated  2007/08/18 07:28:11 PM
2007/08/17
テーマ:中国&台湾(3137)

2005年8月20日 第8日目  新疆自治区 ウルムチ
ホテルに戻ったのが、18時頃、天池のツアーから戻りシャワーを浴びる・
宿泊代30元 450円なので勿論部屋にはシャワーはない・・  
一緒になった日本人女子学生は、驚くことに荷物は小さいリュック1個である・ 
しか^^^^し、 中国生活1年生の彼女は中国の生活を慣れている・

どこからそれ取り出したの?? 
小さな洗面器を持っている・こんな小さなBAGに洗面器が入っているとは想像しなかった・
なにするのとおもいきや、、 おしっこ?? それ俺には刺激強すぎるなと心中穏やかではない・
 
(私は中国福建省客家でトイレ代わりの洗面器を渡された経験がある)  

その10秒後、いきなり彼女は服を脱ぎだす。。
福建省客家へへジャンプ
 

え^^^^ 何 こんな昼間から。。 何とも幸せな僕ちゃん・ ロゴ
なんの事はない。

ジャージーにはきかえ、シャワー室に洗面器と今日来た洋服 下着関連を
手洗い洗濯に行くという。

そういう私も既に裸族であり、シャワー室までそのまま出かける・
誤解なきように御願したいのだが、パッカーではよくあるシーンであり、
特にいやらしい考えはない・  いや少しはあります、、笑
 (本当に厭らしい気持ちがあればこのBLOGにUPしませんからっ)

実際には全員がそうとも言えないが、パッカーのルートは似たようなルートが傾向であり
旅行中になんとなく付き合ってしまう?ケースも少なくはない・ 

さすがパッカーから好評なだけあるこの450円ホテル 
シャワーは温水ががんがんでる・・ とても気持ちよく汗を流し、リラックス・・ 

女子大生はシャワーを浴びた後に、小さなバックからひもを取り出し
おもむろに部屋にかけた。。  
ごめんなさいね・・・ ぽっ

いいえ どちらかというとWELCOMEです。 
ロゴ
部屋に絵画があるより素晴らしい光景である。。
横になりながら、カラフルな下2枚 なぜか上は1枚みたいな。。
つまり ふ^^ん この子は上は2日に1回なのか?? みたいな計算をしてみたりしてみる・ 

さあて、そん事はどうでも良い 街に繰り出してみた。。 

軽く休息を取った後、
Dsc00632.jpg
麺 うまっ。。 容器にどれもビニールが引いてあり
持ち帰りはこのまま、ビニール毎に持ち帰り
座って食べる人は容器にビニールをしいてくれる・・

BROG RANKING
人気blogランキングへ 







Last updated  2007/08/17 07:24:21 PM
テーマ:中国&台湾(3137)
2005年8月20日 第8日目  新疆自治区 ウルムチ
8時起床 8時半から待機で新疆飯店前からのツアー130元 
1日天池ツアーに参加・
旅先でであったバックパッカー情報 現在 天池は土砂崩れのためいけないなんてことは
完全に無視できるくらい多くのツアーが。。。 

9時出発バスで走る事、 2時間 11時天池の入り口に到着
駐車場でマイクロバスに乗り換えて5分少々坂道を登った後、
今度は電気自動車に乗って5分ほどで天池の傍に到着
そこから歩いて5分、おーー ガイドBOOKに出ている天池だーー
Dsc_0441.jpg
中国のスイスと言われている・ 
そういえば、何年前かな?? 北京でスイスの国犬セントバーナド犬を食していることが
スイスで問題になったなーー そんなことくらいしか、中国とスイスの関係は思いつかない。。

噂通り、ここは日曜日の芦ノ湖状態で人、人で群れている。
確かに綺麗だが、景色はスイスではない。 
万年雪で覆われているボゴダ峰(海抜5445m)がくっきり見える。

ここでの自由時間は2時間、 
ここでWAKEBORDINGをしたら最高に気持ちいいだろうなーー 

ツアーでは残念ながら、景色をみて終わりだが、いろんな景色を今まで見てきた俺には
ここで、テントをはり、日の出、日の入りを見ないと満足できない。
おそらく日の出、日の入りの時間帯はかなり神秘的な湖になることに違いない。
湖だけをみるならば、カナダ レイク・ルイーズ辺りの方がよいだろう・・・

25元出しスピードボートに乗り、湖の周りを散策して、透き通る空気を思い切り吸い込む
大変気持ちが良い・・・   中国人は散策なんてかったるい事には興味がないのだろう。
非常に静かである。 

悪名高き カザフ族の馬に乗りたいが
何処にもカザフ族なんかいなく、
調子はくるう。 馬に乗り、湖をみながら、ゲルまで乗馬なんて出来やしない。。。
カザフーーーーー 湖に叫んでも現れない・ 。

14時半 に集合しランチを食べる。 ウイグル料理だが安いツアーに参加した俺は
2種類のチョイスしかない。。面系かライス系のどちらか、、、 

一緒に参加した蘇州人のお姉ちゃんは
私、辛いの駄目なのよ。。。 一口たべてGIVE UP 
彼氏が大丈夫か少し食べなよーー と言うが
えーーン 食べれないとのこと。 

腹ペコりんの俺はここでも中国人もびっくりの中国人ぶりを発揮し
おねえちゃん! 食べないなら 俺にくれ!! 彼女が食いかけたライス系も平らげる・

16時に下の駐車場集合と添乗員に言われる。
時間は既に16時5分前、 帰る方法は二つ、電気自動車で下る、ロープウェイで下る。
ロープウエーは大変混雑。 
同行した日本人は中国語はぺらぺらだが、中国歴1年未満の学生様

まだ、中国をわかっていない。 電気自動車で帰ったほうがとの提案。
余裕をかます俺は、余裕でロープウェイをあきらめない。 列では英語しかしゃべらず、
軽く横は入りも交わしながら、集合時間を20分過ぎの14時20分にロープウエで下る・ 

俺の予想通り、30分を過ぎても全員揃っていない。 考えられないしょぼい土産屋で
値段交渉の戦争状態であった・。 
行きは後方部に座ったので、帰りは前方部に座席変更。

同行の日本人は
まずいよーーー^ ここ誰か座るよ。。 おいおい日本人だね君は! 
ここ中国だから・
空いている座席に座り、行き座ってた人が座席に来る。 

<おっ いい買物できた? 君達の事ずーっと待っていたよ。> 軽く会話。
先方は<ごめんごめん 言いお土産あったからさーー って今買った
へんてこな石?を見せてくれる。 

あれ、私の席は? と問われるが、あそこにとってあるぞ。 って会話で終了・ 
これが中国のツアーです・  同行日本人から妙に尊敬され、車内では熟睡・ 
仮に中国のツアーに参加する機会があった場合にはこれくらいの感じで望まないと
貧乏くじ引きまくります。 但し、可愛い女の子の何処でも得をします・
これは世界的共通でしょう。。

BROG RANKING
人気blogランキングへ 






Last updated  2007/08/17 12:00:34 PM
テーマ:中国&台湾(3137)
2005年8月19日 第7日目 ウルムチ
さて、ミイラ様を拝見した後は、ウルムチが誇るバザールを軽くなめ
直ぐさま近代生活に戻る。
旧ホリデーインホテル 5星ホテルで聞いた、羊肉しゃぶしゃぶ専門店に行く。 
このコンシェルジェ全く使えない。
いやな予感はした、一軒は大衆チェーン店を教えてくれる。(SHENZHENにもあるよー)
カード使える高級店教えてくださいって!!!

もう一方の聞いた店にTAXI で向かう。 
あーーー やられた。 
このウルムチでは高級しゃぶしゃぶをかなり期待していたのに、
大衆店である。疲れていたのと、
腹が減っていたのであきらめしゃぶしゃぶを食うが、
予想通り、今は全く印象のない味で、
自分で探さなかったことに後悔・

ウルムチにあると思うんだけどな^^ 
抜群においしい羊しゃぶしゃぶ・・ 

BROG RANKING
人気blogランキングへ 






Last updated  2007/08/17 11:42:55 AM

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.