2994914 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

敬天愛人

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

敬天1999

敬天1999

Favorite Blog

サッカーと野鳥と音… ペアダ19さん
オージー生活 cobberさん
仮面ハライター ハライターさん
何がある?-うさぎ仙… うさぎ仙人さん
Mar 2, 2005
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
盧大統領「過去史清算に日本の真摯な努力必要」

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は1日、3.1節(日本の植民地時代の抗日独立運動を記念する国民の祝日)の記念辞で、韓日の過去史清算の方法として、「真実究明、謝罪と反省、賠償、和解」を提示した。

 盧大統領は「これが過去史清算の普遍的な方法」とし、「日本政府と国民の真摯な努力が必要だ」と述べた。

 賠償とは何?

 賠償は不法行為により発生した損害を補填することを意味する。日本政府は1965年の韓日条約ですべての補償(適法行為による損害を補填すること)が終わったという立場を持っている。韓国政府も法律的にそうだという点を否定していない。そういった中、盧大統領が賠償を言及した。

盧大統領「過去史清算に日本の真摯な努力必要


日韓協定で戦後賠償はすべて払ったのに、まだ日本に金を要求する盧武鉉。日本は今まで経済支援を80兆円もしたが、まだ金を寄こせとタカル乞食だ。

日本の固有領土である竹島を不法占拠するは、日本から金を取ろうとする、ユスリ,タカリの乞食国家。こんな国と国交を結んでいる意味などあるのか?国交を断絶すべきだ。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Mar 2, 2005 09:24:22 AM
コメント(0) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.