1343338 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

岐阜の植木屋おくだガーデンのガーデニング庭師日記

PR

Freepage List

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

phytolife@ Re:西武最後(05/19) お疲れ様でした 六義園はなかなか見所あ…
okuda@ Re[1]:岐阜県警(05/22) トミヤンさんへ 上司からの電話で「警察…
トミヤン@ Re:岐阜県警(05/22) 数年前私も現場の帰りに小牧警察署の前で…
たなか@ Re:別れ話か!(01/30) たなかかな たなかだよ
植木屋悪樹@ Re:霧島の赤(04/26) こんにちは。私は一切お酒を口にしないの…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


植木屋悪樹

2019.04.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「なるべく現場(作庭)行かない」を少しずつ実践中。
じぶんは助っ人さんやアルバイトさんと伐採や草刈りに。

古民家の庭も中盤から後半戦へ。こちらはメンバーにお任せ。

お庭作りは作業になったらつまらない。オレならこうするのになあも
つまらない。かと言ってオレには関係ないもつまらない。

小さなアイデアの積み重ねだけど、基本船頭はひとりは原則。
古民家の庭は冷蔵庫に入っているもので料理しているのと同じ。
それでもパパッと作るものではない。


一方でエクステリアの工事は勝負が早い。
今月はもう既に2軒完成。

昨日見に行ったら後は表札のみで驚いた。
それぞれのプロが次々にやって来て、
キッチリとあっという間。有難い。



数年前にお庭を作らせていただいた御宅の前を通る。
赤白の横断幕。町議会議員に立候補をされるみたい。
人格者なので納得。

大晦日の夕方にお庭の打ち合わせに呼ばれたことを
思い出した。何故に大晦日だったのか?
某大手ハウスメーカーさんの家は気密性ばっちりで
暖房がついていなかった。


パートさんの面接。59歳自営業。
庭師のバイトの経験は10年。
「松でもなんでも出来ます」

ハードルをじぶんであげるなあ。。。
嫌な予感がプンプン。

面接が終わってから電話がかかって来た。
「腕を見ていただいて日当を決めてください」
嫌な予感の二乗。パートで働きたいと連絡してきたはず。
外注さんとしてお願いすることに。

懸念は愛知県民。NGワード。過去何人来たことか。
木曽川と長良川を越えて40分くらい。みんな近いと言うが、
絶対ちょっと遠い。面接の約束の時間5時で4時半には来て待っていたので、
その辺は大丈夫なのかも。

基本的にお喋りな人以外は全員採用が基本線。
余計なことをお客様に話す人が一番困る。
「こんな木切ってしまったら」とか。



今日の”四字熟語”は採用条件とする。




今日の哲学。

他者への没頭は、それが支援であれ妨害であれ、
愛情であれ憎悪であれ、
つまるところ自己からの逃避の一手段である。


エリック ホッファー 『魂の錬金術』





おくだガーデンwebサイト https://okuda-garden.jp







Last updated  2019.04.17 17:41:07

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.