864357 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2019年03月10日
XML
カテゴリ:おススメ
  春の響き 進藤信子】ピアノコンサート 190310

 「日の出の逸早い東国に、<春>です」
 「全国で太陽が最初に昇る道東から、春到来のメッセージ」
 「明るく、軽やかに、温かく」のメッセージ。

 進藤信子ピアノ研究所主催で、
    「春の響き 進藤信子ピアノコンサート」が開かれました。3月10日午後、会場は北海道立芸術館アートホールです。副題に「ヴァイオリン 水村浩司・チェロ 白佐武史とともに」とありました。

 演奏は
  J.ハイドン ピアノ三重奏曲 Hob.XV.25 ト長調
      W.A モーツァルト「キラキラ星変奏曲」 k.265
  R.シューマン アラベスク 作品18
  LV.ベートーヴェン ピアノ三重奏曲第5番ニ長調作品70-1 「幽霊」
 
 聴かせていただきながら、
  「軽やかなテンポ、ぬくもりをおもわせる旋律、明るい透明感」。
  沸きあげてくる感動をおぼえ、「これって、なんだろう」。そうだ、「(コンサート名)春の響きコンサートだ、ものね。その名にピッタリ」。納得しました、です。

 会場には
 釧路交響楽団の女性団員が、そこここに。

 三重奏。
 ピアノ演奏は、釧路短期大学教授で進藤ピアノ研究所を主宰する進藤信子(のぶこ)さん。
 白佐武史さんは釧路市出身。現在は釧路市で音楽文化の普及と振興を目的した活動を展開中、と。
 <次世代の育成>。主宰者のなみなみならぬ思い入れが、演奏会場にも。演奏中、「音楽を創る」の息のあった演奏で、聴く人を魅了させたのでは。自分は、そう受け止めたところながら。
​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2019年03月11日 11時30分56秒
コメント(1) | コメントを書く
[おススメ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X