4128771 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


明鏡止水

フォローする

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん

全455件 (455件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >

家電

2017.06.22
XML
カテゴリ:家電
4Kテレビ「BRAVIA X9000E」シリーズ

4Kテレビ「BRAVIA X9000E」シリーズ

 Ultra HD Blu-ray再生可能
製造/販売ソニー
製品情報4Kテレビ「BRAVIA X9000E」シリーズ
価格比較ここをクリック 

直下型の LED バックライトを搭載し、バックライトのエリア駆動(ローカルディミング)にも対応。映像エンジンは最上位の「X1 Extreme」ではなく。「HDR X1」となるが、X-tended Dynamic Range PRO によりハイコントラスト化。XDR コントラストは 5 倍。
120Hz 倍速駆動パネルを搭載し、残像感を抑える「モーションフロー XR480」も搭載。超解像エンジンの「4K X-Reality PRO」や、広色域パネルの「トリルミナスディスプレイ」も備えている。
Ultra HD Blu-ray 再生に必要な HDR 10 と放送波用の HLG(Hybrid Log-Gamma)に対応している。

10W×2ch のステレオスピーカーを本体下部に搭載。フルレンジ×2 で、アンプは S-Master デジタルアンプ。S-Force フロントサラウンドや DSEE(最大 48kHz/16bit)も搭載する。

Android TV も進化。動画や音楽コンテンツの音声検索機能では放送番組や録画番組を「曜日や時間帯」と「アクション」を含めた自然な文章で横断的に検索できるようになった。例えば「今週末のお笑い番組が見たい」と検索すると、金曜日から日曜日にかけて放送される「お笑い」番組の情報が一覧表示される。
また、テレビの基本機能をまとめた「かんたんメニュー」のほか、視聴中の番組を画面右上に小さく表示しながら次に見るコンテンツなどを探せる「小画面表示」、アプリの切り替えや終了をスマートフォンのように操作できる「タスク切替」などの新機能も実装している。

【主な仕様】
画面サイズ75V型
解像度3,840×2,160ピクセル
パネルトリルミナス ディスプレイ
倍速機能倍速駆動パネル
モーションフローX240
高画質回路HDR X1
超解像エンジン4K X-Reality PRO
チューナー地上デジタル(CATVパススルー対応)×2
BS・110度CSデジタル×2
CATV(C13-C63)×1
サウンド2ch バスレフ型スピーカー(フルレンジ×2個)
実用最大出力 20W(10+10W)
DSEE HX
音声信号処理 ClearAudio+
音声補正技術 クリアフェーズテクノロジー
デジタルアンプ S-Master HXデジタルアンプ
サラウンド回路 S-Forceフロントサラウンド
ボイスズーム
インターフェースHDMI×4
ビデオ入力端子×2
コンポーネント入力端子×1
光デジタル音声出力端子×1
ヘッドホン出力端子(ステレオミニジャック)×1
アナログ音声出力端子×1
USB(外付けHDDに録画可能)×3
LAN(DLNAクライアント機能搭載)×1
Wi-Fi(IEEE802.11ac/n/a/g/b)×1
Bluetooth(HID/HOGP/SPP/A2DP/AVRCP)×1
その他の機能Android TV
番組チェック
かんたんメニュー
音声検索(音声検索機能付きリモコン)
スクリーンミラーリング
Chromecast built-in
Video & TV SideView
ハイブリッドキャスト対応
ブラウザ機能
Wi-Fi Directモード
DLNA(ソニールームリンク)
ホームネットワーク機能(ソニールームリンク クライアント機能)
チャンネルポン
ブラビアリンク
外付けHDD録画(外付けHDD裏番組録画 )
ARC(オーディオリターンチャンネル)
Bluetoothオーディオ機器対応
番組表
時計/タイマー
省電力対応
本体サイズ(スタンド含む)(幅)1447×(奥行)259×(高さ)895×(直径)×(全長)ミリ
本体重量(スタンド含む)約23.2キログラム
消費電力197W(待機時 0.5W)

ラインナップ

  







最終更新日  2017.06.22 12:06:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.19
カテゴリ:家電
4Kテレビ「BRAVIA A1」シリーズ

4Kテレビ「BRAVIA A1」シリーズ

 映像の中から音が聞こえ、まるで目の前にその光景が広がっているかのような体験ができる。
製造/販売ソニー
製品情報4Kテレビ「BRAVIA A1」シリーズ
価格比較ここをクリック 

LG ディスプレイの有機 EL パネルを搭載した 4K テレビ。“漆黒”の表現など有機 EL パネルの特長を最大限に引き出すために液晶テレビのフラグシップ「Z9D」シリーズと同じ映像エンジン「X1 Extreme」および超解像エンジン「4K X-Reality Pro」を搭載した。

大きな特徴は、テレビの画面から音を出す「アコースティックサーフェス」技術だ。
画面の後ろに左右 2 対のアクチュエーター(振動子)を搭載し、パネル自体を振動させて音を出す、いわゆる振動スピーカーのこと。背面の大きなスタンドに内蔵したサブウーファーと信号処理を組み合わせ、「映像の中から音が聞こえ、まるで目の前にその光景が広がっているかのような体験ができる」(ソニー)という。また画面周辺にスピーカーが存在せず、前面にスタンドもはみ出さない「映像だけが宙に浮かんでいるような佇まい」を実現した。

なお、設置時に画面は 5°の角度で固定となるほか、スタンド部にはサブウーファーのほかにも有機 EL の駆動回路などが内蔵されており、壁掛け設置の際にもスタンドを外すことはできない。

Ultra HD Blu-ray 再生に必要な HDR 10 と放送波用の HLG(Hybrid Log-Gamma)に対応しており、ファームウェアアップデートにより Dolby Vision までサポートする予定だ。Dolby Vision は Ultra HD Blu-ray規格のオプションとして採用されており、対応コンテンツも増えてくることが期待されている。

Android TV を採用し、Netflix や DAZN、Hulu、dTV など各種動画配信サービスのアプリを用意。無線LAN(IEEE 802.11ac/n/a/g/b)も内蔵し、DLNA クライアントの「ソニールームリンク」などネットワーク機能も充実させた。搭載チューナーは、地上デジタル 2 基、BS デジタル 2 基、CS110°デジタル 2 基、CS124/128°(スカパー!)1 基で、USB 外付け HDD への裏番組録画が可能だ。

【主な仕様】
画面サイズ65V型
解像度3,840×2,160ピクセル
パネル有機ELパネル(トリルミナスディスプレイ)
倍速機能倍速駆動パネル
高画質回路X1 Extreme
超解像エンジン4K X-Reality PRO
チューナー地上デジタル(CATVパススルー対応)×2
BS・110度CSデジタル×2
CATV(C13-C63)×1
サウンド2.1ch アコースティック サーフェス(アクチュエーター×4個、サブウーファー×1個)
実用最大出力 50W(10+10+10+10+10W)
DSEE HX
音声信号処理 ClearAudio+
音声補正技術 クリアフェーズテクノロジー
デジタルアンプ S-Master HXデジタルアンプ
サラウンド回路 S-Forceフロントサラウンド
ボイスズーム
インターフェースHDMI×4
ビデオ入力端子×1
光デジタル音声出力端子×1
ヘッドホン出力端子(ステレオミニジャック)×1
アナログ音声出力端子×1
USB(外付けHDDに録画可能)×3
LAN(DLNAクライアント機能搭載)×1
Wi-Fi(IEEE802.11ac/n/a/g/b)×1
Bluetooth(HID/HOGP/SPP/A2DP/AVRCP)×1
その他の機能Android TV
番組チェック
かんたんメニュー
音声検索(音声検索機能付きリモコン)
スクリーンミラーリング
Chromecast built-in
Video & TV SideView
ハイブリッドキャスト対応
ブラウザ機能
Wi-Fi Directモード
DLNA(ソニールームリンク)
ホームネットワーク機能(ソニールームリンク クライアント機能)
チャンネルポン
ブラビアリンク
外付けHDD録画(外付けHDD裏番組録画 )
ARC(オーディオリターンチャンネル)
Bluetoothオーディオ機器対応
番組表
時計/タイマー
省電力対応
本体サイズ(スタンド含む)(幅)1451×(奥行)339×(高さ)832×(直径)×(全長)ミリ
本体重量(スタンド含む)約36.2キログラム
消費電力490W(待機時 0.5W)

ラインナップ

  







最終更新日  2017.06.19 12:15:14
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.13
カテゴリ:家電
4Kテレビ「BRAVIA X9500E」シリーズ

4Kテレビ「BRAVIA X9500E」シリーズ

 ハイレゾ対応の本格的なスピーカーを搭載し、10cmの狭額縁化を果たした。
製造/販売ソニー
製品情報4Kテレビ「BRAVIA X9500E」シリーズ
価格比較ここをクリック 

大口径スピーカーを小型の角型ユニットに代えてスリム化。前モデルにあたる X9350D シリーズに比べて 10cm の狭額縁化を果たした。
3Way のスピーカーにパッシブラジエーターを加えた構成は変わらないが、サイズが小さくなった分、ユニット数は増えた。画面サイドには、中央にツイーター、その上下をウーファー、さらにその上下をパッシブラジエーターで挟むスタイルで、スタンド内側にはサブウーファーを内蔵した。スタンド設置であれば、ハイレゾ音源のクオリティーをスポイルせずに楽しめるという。
パワー不足を補うため、振動板は軽量で剛性の高いカーボンファイバーを採用。またウーファーとサブウーファーについては従来機同様、磁性流体スピーカーとした。磁性流体は、1960 年代に NASA で開発された磁力に反応する液体で、ボイスコイルが駆動する磁気ギャップ部分に用いると高効率のサスペンションとなる。通常のダンパー構造に比べてボイスコイルから振動板への振動伝達ロスが減り、音の歪を抑えつつ中高域の再生能力が向上するという。

スリム化と合わせてデザイン面にも一工夫。背面は“ねじ穴”やカバーの繋ぎ目が分からない格子状のデザインが施され、一部は取り外しが可能。ケーブルガイドも用意しているため、すっきり収納できる。なお、壁掛け設置にも対応しているが、この場合はサブウーファー内蔵のスタンドを使用できないため、“ハイレゾ非対応”になるという。

映像エンジンは上位モデルの Z9D シリーズや有機 EL テレビの A1E シリーズと同じ「X1 Extreme」。
エッジライトながら“飛び地”の部分駆動を可能にした薄型バックライト技術「Slim Backlight Drive+」(スリムバックライトドライブ プラス)に、バックライト電圧を上げてピーク輝度をかせぐ「X-tended Dynamic Range PRO」(エクステンディッド ダイナミックレンジ プロ)の連携によってコントラストを向上させた。

Ultra HD Blu-ray 再生に必要な HDR 10 と放送波用の HLG(Hybrid Log-Gamma)に対応しており、ファームウェアアップデートにより Dolby Vision までサポートする予定だ。Dolby Vision は Ultra HD Blu-ray規格のオプションとして採用されており、対応コンテンツも増えてくることが期待されている。

Android TV も進化。動画や音楽コンテンツの音声検索機能では放送番組や録画番組を「曜日や時間帯」と「アクション」を含めた自然な文章で横断的に検索できるようになった。例えば「今週末のお笑い番組が見たい」と検索すると、金曜日から日曜日にかけて放送される「お笑い」番組の情報が一覧表示される。
また、テレビの基本機能をまとめた「かんたんメニュー」のほか、視聴中の番組を画面右上に小さく表示しながら次に見るコンテンツなどを探せる「小画面表示」、アプリの切り替えや終了をスマートフォンのように操作できる「タスク切替」などの新機能も実装している。

【主な仕様】
画面サイズ65V型
解像度3,840×2,160ピクセル
バックライトスリムバックライトドライブ プラス(エッジ型LED部分駆動)
パネルトリルミナス ディスプレイ
倍速機能倍速駆動パネル
モーションフローXR480
超解像エンジン4K X-Reality PRO
高輝度技術X-tended Dynamic Range PRO(XDRコントラスト 10倍)
チューナー地上デジタル(CATVパススルー対応)×2
BS・110度CSデジタル×2
CATV(C13-C63)×1
サウンド2.1ch 磁性流体スピーカー(トゥイーター×2個、ウーファー×4個、サブウーファー×1個、パッシブラジエーター×4個)
実用最大出力 60W(10+10+10+10+20)
ハイレゾ対応(96kHz/24bitまで)
DSEE HX
音声信号処理 ClearAudio+
音声補正技術 クリアフェーズテクノロジー
デジタルアンプ S-Master HXデジタルアンプ
サラウンド回路 S-Forceフロントサラウンド
ボイスズーム
インターフェースHDMI×4
ビデオ入力端子×2
コンポーネント入力端子×1
光デジタル音声出力端子×1
ヘッドホン出力端子(ステレオミニジャック)×1
アナログ音声出力端子×1
アナログ音声入力端子×1
USB(外付けHDDに録画可能)×3
LAN(DLNAクライアント機能搭載)×1
Wi-Fi(IEEE802.11ac/n/a/g/b)×1
Bluetooth(HID/HOGP/SPP/A2DP/AVRCP)×1
その他の機能Android TV
番組チェック
かんたんメニュー
音声検索(音声検索機能付きリモコン)
スクリーンミラーリング
Chromecast built-in
Video & TV SideView
ハイブリッドキャスト対応
ブラウザ機能
Wi-Fi Directモード
DLNA(ソニールームリンク)
ホームネットワーク機能(ソニールームリンク クライアント機能)
チャンネルポン
ブラビアリンク
外付けHDD録画(外付けHDD裏番組録画 )
ARC(オーディオリターンチャンネル)
Bluetoothオーディオ機器対応
番組表
時計/タイマー
省電力対応
本体サイズ(スタンド含む)(幅)1592×(奥行)295×(高さ)913×(直径)×(全長)ミリ
本体重量(スタンド含む)約46.8キログラム
消費電力289W(待機時 0.5W)

ラインナップ

  







最終更新日  2017.06.13 11:17:54
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.01
カテゴリ:家電
コードレスクリーナー「V7」シリーズ

コードレスクリーナー「V7」シリーズ

 自宅のメイン掃除機として利用できる
製造/販売ダイソン
製品情報コードレスクリーナー「V7」シリーズ
価格比較ここをクリック 

V7 シリーズは、V6 シリーズのモーター「DDM V6」に改良を加え、V8 シリーズと同じ筐体に載せたものだ。このため使い勝手は V8 シリーズとほぼ同じ。
吸引力が落ちない「2Tier Radial サイクロン」をはじめ、リチウムイオンバッテリーやゴミを捨てる際に内部もきれいにする“ゴミ捨て機構”、吸音材による騒音低減といった V8 シリーズの機能を継承しつつ、価格を抑えることに成功した。
異なるのは、バッテリー寿命が V8 シリーズの 40 分に対して V7 シリーズは 30 分と少し短くなったこと、バッテリー残量を示す 3連LED が省略されたこと、重量が約 100g軽くなったこと程度。
駆動音については V6 シリーズよりも 50%静かで、V8 シリーズと比較しても「MAX モード」(強モード)時に目立つ高い音が抑えられ、扱いやすくなった。
V7 シリーズは、ヘッドの違いで 2 モデルをラインアップ。フローリングに適したソフトローラークリーナーヘッドが付属するのが「V7 フラフィ」で、カーペットにも強いダイレクトドライブクリーナーヘッドの「V7 アニマルプロ」をそろえた。両モデルともミニモーターヘッド、コンビネーションノズル、すき間ノズル、収納用ブラケットが付属する。

ラインナップ

V7フラフィ
V7フラフィ
V7アニマルプロ
V7アニマルプロ
?







最終更新日  2017.06.01 12:03:17
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.19
カテゴリ:家電
Ultra HD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」

Ultra HD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」

 SACD再生にも対応して4万5000円前後
製造/販売ソニー
製品情報Ultra HD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」
価格比較ここをクリック 

4K 対応の Ultra HD Blu-ray をはじめ、Blu-ray Disc、DVD、SACD、DVD Audio などのディスクメディアを再生できるユニバーサルプレーヤー。4K/60p 対応のアップコンバート機能も備え、さまざまなコンテンツを 4K テレビで楽しめる。
HDMI 出力は、映像と音声を個別に出力できる 2端子を備えており、4K/HDR 信号入力や著作権保護技術の HDCP2.2 に対応していない古めの AV アンプにも接続可能だ。
内蔵の Wi-Fi を使って Netflix や YouTube、Amazon ビデオの 4K コンテンツのストリーミング視聴にも対応した。
ハイレゾ音源再生も可能。
最大 192kHz/24bit のリニア PCM音源(WAV、FLAC、ALAC など)に加え、DSD は最大 11.2MHz までサポート。しかも FLAC や DSD、AIFF は 5.1ch まで、WAV の場合は 7.1ch までのマルチチャンネル対応だ。CD や MP3 などの圧縮音源をハイレゾ相当にビット拡張とアップサンプリングを行う「DSEE HX」も搭載している。
Bluetooth の搭載により、ワイヤレスヘッドフォンを使えば深夜でも気兼ねなく映画や音楽を楽しめるほか、新たに HDMI の ARC(オーディオリターンチャンネル)を利用してテレビで視聴しているコンテンツの音源をワイヤレス出力することも可能になった。
もちろんハイレゾ相当の情報量を伝送できるソニーのコーデック「LDAC」にも対応しているため、対応するワイヤレスヘッドフォンやスピーカーと組み合わせれば音質劣化の少ないワイヤレス伝送が行える。
本体は天面に金属板を採用した光学ドライブや高剛性シャーシ構造など、音質に影響する振動を抑える設計を徹底。メイン LSI の上に独自開発のフィンを付けた sf ヒートシンクなどを使用することで、音質に影響する振動を極限まで抑えたという。
外形寸法は 430(幅)×50(高さ)×265(奥行き)mm。重量は 3.8kg。







最終更新日  2017.05.19 12:05:45
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.17
カテゴリ:家電
Windowsパソコン「CLIP PC」

Windowsパソコン「CLIP PC」

 4K表示可能で、デジタルサーネージにいかが
製造/販売アイ・オー・データ機器
製品情報Windowsパソコン「CLIP PC」
価格比較ここをクリック 

CPU にインテル Atom x5-Z8550(クアッドコア)、OS に Windows 10 Home を採用、2GB メモリーと 32GB eMMC ストレージを搭載。USB ポート×2、HDMI 出力、micro SD カードスロット、Wi-Fi や Bluetooth を装備し、付属 AC アダプターで動作する。
最大 3840×2160 ドットの表示が可能。4K 対応液晶ディスプレー製品や同社のデジタルサイネージ用アプリ「時間割看板」(無償)と組み合わせることでデジタルサイネージの簡易構築に向いている。モニターの電源と連動して電源の ON/OFF も可能(一部動作しない機種がある)。
本体サイズはおよそ幅 46×奥行き 76×高さ 15mm、重量は約 53g。







最終更新日  2017.05.17 12:29:37
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.10
テーマ:液晶テレビ(295)
カテゴリ:家電
プライベートビエラ「UN-15TDX7」

プライベートビエラ「UN-15TDX7」

 2TBの内蔵HDDに最大6つのチャンネルを最長16日分、自動で録画する「チャンネル録画」に対応
製造/販売Panasonic
製品情報プライベートビエラ「UN-15TDX7」
価格比較ここをクリック 

プライベートビエラは、据え置き型の専用チューナーとモニターを Wi-Fi でつなぎ、安定した放送受信環境と可搬性を両立させたワイヤレステレビ。近年はチューナー部に録画機能を設けているが、UN-15TDX7 は、“全録”対応の Blu-ray Disc レコーダーをそのままチューナー部に採用したようなスタイルになった。
専用チューナーには、地上/BS/CS110 度対応のデジタルチューナーを 6 基、地上デジタル専用チューナー 1 基を搭載。2TB の内蔵HDD に最大 6 つのチャンネルを最長16 日分、自動で録画する「チャンネル録画」に対応した。HDD が満杯になると古い番組から自動的に消去し、新しい番組を録画していく仕組み。
さらに、録画した番組を外出先でスマートフォンなどを使って再生できるリモートアクセス機能「外からどこでもスマホで視聴」もサポート。チャンネル録画の番組や個別に録画した番組(通常録画)、USB 外付け HDD に録画した番組、チューナーが受信しているリアルタイムの番組をスマホやタブレットでストリーミング再生することができる。
15V 型のモニター部は IPX6/7 準拠の防水仕様で、操作にはタッチパネルを使用。画面は 1354×760 ピクセルの解像度を持ち、内蔵バッテリーで最長約 3 時間30 分のテレビ視聴が可能だ。DLNA/DTCP-IP 機能の「お部屋ジャンプリンク」にも対応しているため、専用チューナーのみならず、宅内にあるディーガに接続して録画番組を見ることもできる。
新たに無段階の「フリーアングルスタンド」を採用したことで、モニターの傾きを自在に調整できるようになった。例えば、湯船に首まで浸かっているときは画面は下向きに、逆に半身浴などで頭が高い位置になるときは画面を垂直や上向きに調節し、いつでも正面から画面を見ることができる。
さらに 2 つに分かれたスタンド部は上下に約 180 度開くため、一方に S 字フックをかければ、浴室内のポールなどに“引っ掛け設置”が可能。その状態で“取っ手”にして持ち歩くことができるという。
モニター部のサイズは 382(幅)×35.7(奥行き)×253(高さ)mm(スタンドと突起部を除く)。重量は約 1.7kg。
専用チューナーの外形寸法は、430(幅)×199(奥行き)×59(高さ)mm。重量は約 2.7kg。2 枚の B-CAS カード、リモコン(非防水)などが付属する。







最終更新日  2017.05.10 12:15:01
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.01
カテゴリ:家電
コーヒーメーカー「Brunopasso PCA-10X」

コーヒーメーカー「Brunopasso PCA-10X」

 ハンドドリップの味わいを目指して基本動作から根本的に見直したというパーフェクトドリップコーヒーメーカー
製造/販売デバイスタイルマーケティング
製品情報コーヒーメーカー「Brunopasso PCA-10X」
価格比較ここをクリック 

一般的なドリップ式コーヒーメーカーは、ヒーターでお湯を沸かしながら抽出するため、お湯の温度や抽出時のスピードを最適にすることが困難だ。同社では、「お湯が熱すぎたり、コーヒー粉がお湯に長い間、浸りすぎて雑味が出るといった欠点があった」と指摘する。
これに対し、PCA-10X はスタートボタンを押すとお湯だけを沸かす。そして約 95℃に達した時点で抽出をはじめ、10 杯分のコーヒーに適正とされる約 6 分強のスピードで抽出することで理想的なコーヒーに仕上がるという。
また保温には煮詰まりにくい 80℃をキープ。40 分が経過すると自動的に切れる設計だ。一方でコーヒーミルなどの機能は搭載せず、価格を抑えた。
外形寸法は 195(幅)×240(奥行き)×420(高さ)mm。重量は約 2.9kg。パーマネントフィルター 1 個、計量スプーンなどが付属する。







最終更新日  2017.05.01 19:30:53
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.13
カテゴリ:家電
扇風機「The GreenFan」

扇風機「The GreenFan」

 二重構造の羽根で15m先まで送風可能
製造/販売バルミューダ
製品情報扇風機「The GreenFan」
価格比較ここをクリック 

特徴である二重構造の羽根が速い風と遅い風を同時に作りだし、それらをぶつけ合わせることで風のもつ渦をなくし、面で移動する空気の流れを実現した。
大きく広がりゆっくりと進む風は 15m 先まで送ることができ、自然界のようにやさしく包みこむ風を体感ができるという。大量の空気を動かせるので、冬場はサーキュレーターとして利用可能だ。
別売りのバッテリー&ドック(1 万 584 円)を活用することで、The GreenFan を持ち運び、キッチンや脱衣所など場所を選ばずに使用できる
カラバリはホワイト×ブラック、ホワイト×グレー、ホワイト×シャンパンゴールド、ダークグレー×ブラックをラインアップ。部屋のインテリアに合わせて選択できる。
サイズは幅 330×奥行き 320×高さ 871(フロア)/ 497(卓上)mm、重量はおよそ 4.1kg。







最終更新日  2017.04.13 13:09:57
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.04
カテゴリ:家電
スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「SR-SPX107」

スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「SR-SPX107」

 Wおどり炊き=大火力おどり炊き+可変圧力おどり炊き
製造/販売パナソニック
製品情報スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「SR-SPX107」
価格比較ここをクリック 

釜底と底側面の IH コイルの通電を高速で切り替えて熱対流を発生させる「大火力おどり炊き」と、加圧・減圧を繰り返して米を釜底から対流させる「可変圧力おどり炊き」で、米一粒一粒に熱を均一に伝える「W おどり炊き」を搭載した炊飯器。
同社従来品の「SR-SPX106」と比べ、内釜の高断熱中空セラミックスをおよそ 30%増量した「ダイヤモンド竈釜」により、断熱性能がおよそ 10%アップ。高い断熱性で釜内の熱を外へ逃さずに閉じ込めるので、米一粒一粒に熱が伝わり甘みを引き出せるという。
また、炊飯工程後半の追い炊き時にも加圧して釜内を高温化する「加圧追い炊き」を新搭載。耐圧性の高い素材を採用したことで、かまど炊きでいう「ひと握りのわら燃やし」にあたる工程の追い炊き時にも高温状態を維持して米の芯まで熱を伝えられるようになった。
さらに、「お手入れ機能」を搭載。加圧減圧により一気に蒸気を噴射することで高温洗浄を可能にした。炊飯後のニオイの低減効果があり、洗浄時間も短縮できるという。
SR-SPX107 の本体サイズは幅 26.6×奥行き 33.8×23.3cm で、重量はおよそ 7.0kg、炊飯容量は 0.09~1.0L。SR-SPX187 の本体サイズは幅 29.2×奥行き 36.5×26.7cm で、重量はおよそ 8.2kg、0.18~1.8L。カラーはいずれもルージュブラックとスノークリスタルホワイトを用意。

ラインナップ

SR-SPX1070.09~1.0L
SR-SPX107
0.09~1.0L
SR-SPX1870.18~1.8L
SR-SPX187
0.18~1.8L
 







最終更新日  2017.04.04 12:12:33
コメント(0) | コメントを書く

全455件 (455件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.