2740043 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

tomy4509@ Re:大変 失礼しました。(09/21) New! 甘えん坊さんへ 責任転嫁、そして、今度…
甘えん坊@ 大変 失礼しました。 New! 私に誤解があったようで、深く謝罪いたし…
甘えん坊@ 引っ掛け問題で リトマス試験紙 tomy4509さんへ あなたが宗教左翼である…
tomy4509@ Re:矛盾はダメです(09/20) 甘えん坊さんへ >今の韓鶴子氏が言う「…
甘えん坊@ 矛盾はダメです 生前の文鮮明教祖は 「韓鶴子氏が第二教…

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全388件 (388件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 39 >

平和を愛する世界人として

2019.04.24
XML
韓国ニュースから。

チョスミさん、どこかで見たような?
そう、お父様自叙伝「平和を愛する世界人として」(P169)にその名があった。
​​仙和芸術学校出身で世界的なソプラノ歌手となったチェスミとシンヨンオク、そして世界最高のバレリーナとなったムンフンスクとカンスジン……​​
​その彼女が新しいアルバム「マザー」を発売したという記事。

http://www.yeowonnews.com/sub_read.html?uid=10170#09J9







<続きを原文で読む>











一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.04.25 12:53:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.09
​​​韓国ニュース検索から。

韓国の元国会議員が在職中に収拾した資料を国会図書館に寄贈するという記事。
その中には文総裁夫妻が1992年に訪朝時、金日成主席が金剛山国際グループに観光開発事業の独占権を与えるという承認サインが含まれているレポートのコピーが含まれる。

以下に一部引用。

http://www.futurekorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=112478
イ・ジョンチャン前国会議員、生涯の議定ドキュメンタリー6,500点国会図書館に寄贈
朴正煕直筆の手紙・金日成サインた報告書は、6・29宣言」重大決心」促すメモなど政治非私的内容も含まれていた

第11〜14代の4選議員と大統領職引継ぎ委員会委員長、国家情報院長などを務めたイ・ジョンチャン前国会議員が一生収集・保管してきた議院活動関連資料約6,500点を国会図書館にすべて寄付した。

国会図書館(館長許容範)国会記録保存所は、過去1年の間にイ・ジョンチャン前国会議員の寄贈資料を分類・整理する作業を進めており、11月12日(月)午後2時国会図書館1階中央ホールでムン・ヒサン国会議長とユインテ国会事務総長など国会内・外部の挨拶500人余りが参加した中感謝状贈呈と主要材料の展示会を開催する。

イ・ジョンチャン元議員が寄贈した議定関連資料は、1970年代から2000年代に至るまで激動の韓国政治史の断面をそのまま盛り込ん、今まで知られていなかったビサ(祕史)的内容も多数含まれている。

……



……

金日成主席直筆サインが含まれている「金剛山観光開発の実現可能性調査報告書」(1993)統一教会文鮮明師の北朝鮮訪問時、金日成主席が金剛山国際グループに観光開発事業の独占権を与えるという承認サインが含まれているレポートのコピー。



画像の右下、金日成主席の直筆サインがある。



▲金日成主席直筆サインが含まれる金剛山観光開発の実現可能性調査報告書(1993)





一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

​​​






最終更新日  2018.11.10 17:00:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.04
韓国ニュース検索から。一部引用。

早稲田の「三朝庵」では文鮮明統一教教主は大統領と並ぶ有名人だ。

http://www.akomnews.com/?p=405695&jtype=daum
​私たちが知っている日本知らない日本人(4)​

​…(略)…

筆者が生活していた早稲田大学本部近くのそば家酸ジョアン(三朝庵)は、日本でカレーうどん、カレーそば、カツ丼の元祖でもあるが、350年以上の歴史を持つところである。カウンターで「イラッシャイマセ」を叫んで客を迎えるぷっくりした店主の祖母は私が行くたびに金泳三元大統領、文鮮明統一教教主をはじめとする韓国の有名人がたくさん探しててくれた自慢を並べおかれた。日本のどこよりもあっさりしそばの味もおいしいのことながら憂鬱な植民地時代、ここに2階で日本の留学生が集まって2.8独立宣言書の草案を作ったところという意味でさらに、より情が行くかもしれない。
早稲田駅周辺の300年が過ぎたうなぎ丼家は、その日の材料が落ちるすぐドアを閉める。韓国で早稲田大学に研修に来検査、判事とわざわざ喧騒が時間を避けようと、1時頃見つけ行って準備した材料が落ちたと冷静に営業終了立て札をかけ回っては主人の後ろ姿に、どうしてそんなに柔軟性がないかたい寂しいしたがこれが日本という考えに物足りなさは戻って、文化の違いは削減した。​


食事の後、オバマ大統領が安倍首相に「私はハワイで生まれ、多くの寿司を食べたが、これは私の最大の寿司である」と言った銀座の寿司屋「数寄屋橋次郎」は日本の寿司の国宝とも呼ばれ、Jiro Dreams of Sushi」という米国のドキュメンタリー映画でも製作開封され、2007年以来、ミシュランの星三つを毎年獲得したこの程度有名であれば、大きく思いがけない場所で多くのゲストを受けることもできはずなのに「私の目が行くことができないところのゲストが場合正しく運ぶことができないから」とのインタビューで述べたしていなかったです。
女性客には食べる速度を合わせるために人のゲストのものよりも小さくて、またお客様が左利きであれば、寿司置く方向も異なっている細心。彼は食べ物の味だけに集中することがない。創業時から外出するときは、必ず手袋をはめたんだ。手がシェフの命だと思うからである。魚やご飯の状態を察すると、指の内側の感覚が重要だがアップデートしたり、傷が私の手でお客様の前で寿司を握ってはいけないという信念を持っているということである。また、味覚を失うことを恐れ刺激が強いコーヒーは口にもしないんだ。
寿司は、すでに50年以上前から世界各地で好んで食べる高級料理になった。日本の食文化であるとショック(和食)はすでにユネスコの世界無形遺産に登録されていなかったのか?寿司は、米国のハンバーガー、イタリアのピザ、パスタのようなグローバル化に成功したものである。

C2187-46

…(略)…



​​
​ハワイアン・クィーンコーヒー農園​のコナコーヒー​​​






最終更新日  2018.11.04 21:13:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.03
20171221144013_725




2017年12月29日、韓国・MBCNETで放映された映像(言語:韓国語)。







一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓








最終更新日  2018.01.03 20:25:09
コメント(0) | コメントを書く
​毎日宗教新聞>コラム(2017.01.03)


http://www.dailywrn.com/sub_read.html?uid=11470






​​​……

​一生涯「平和」を話題(話頭)にして、人類の平和のために献身した世界平和統一家庭連合の創設者、文鮮明(文鮮明)総裁は、生前に出版した自叙伝「平和を愛する世界人として」の平和に対する見解を「父など学んだ平和」で詳しく述べている。文総裁の自伝に出てくる短い内容だが、平和が何なのかについて深く考えることができるきっかけを私たちに与える。文総裁は「父背中に背負われ何の心配もなく、心がチャックに置かれる感じ」、それが平和だった回顧する。平和は、親の愛を体恤する子の心から開始されるだろう。次は文総裁の自伝「平和を愛する世界人として」の中「父背中に背負われ学んだ平和」の内容を抜粋したものである。  ​

父の背中に背負われ学んだ平和  (自叙伝、P.14~19からの引用)
   ​


私の生涯の一例と考えていました。平和な世界は、戦争や争いなく全世界が愛を交わし生きるよう世界を作りたかった。このような話をすればだれでも"いいえ、どのように幼い頃から平和を考えて生き段言葉か」とされて求められます。平和な世界を夢見ることが途方もないことはありますか? 

私が生まれた1920年は、日本が韓国を強制的に占領していた時でした。光復後も6.25動乱と通貨危機など厳しい混乱を複数回経験し、この地は、平和とは距離が遠い歳月を送信しました。このような痛みと混乱は、絹、韓国だけのことはありませんでした。二度の世界大戦とベトナム戦争、中東戦争など世界の人々は、常にお互いを憎み、銃を向けて爆弾を爆発ました。肉引き裂かれ骨が折れる試練を経験した人に、平和と夢でも描いてみる雲をつかむことがいるかもしれません。しかし、平和を実現することは決して難しいことではありません。私取り巻く空気、自然環境、そして人から、私たちは、簡単に平和を入手できます。

野原を我が家のような考えて住んでいた子供の頃、私は朝ごはん一杯をさっと空飛び出し一日中山に川に撃ち通いました。あらゆる鳥や動物が住んでいる森の中を歩き回ってプールと実をタモクダ見れば一日中お腹が空いたことも知らなかった。子供心にも森の中だけ入る体と心が和むのを感じました。

山でトィノルダ眠りに入ったこともありました。そんな時、父が森の中に私を探しきました。「用ミョンア!用ミョンア!」父の声が遠くから聞こえ寝ながら笑いが自然に出るように嬉しかったです。私子供の頃の名前はフェードイン(龍明)です。私を呼ぶ声に一見睡眠が覚めたが、眠っているふりをして、父等鷲掴みに背負われていたその気持ち、何の心配もなく、心がチャックに置かれる感じ、それが平和でした。その父背中に背負われ、平和を学びました。

私の森を愛したのもその中に世界のすべての平和が宿っているからです。森の中の生命は戦うん。もちろん、お互い食って食わが、それはお腹がすいて仕方なくそうであって憎くてそうではありません。鳥鳥同士、獣は、獣同士、木は木同士憎む法がありません。憎しみがあって、平和が続きます。同じ種(種)同士を憎むのは人だけです。国が違うと憎み、宗教が違うと憎み、考えが違うとまた嫌います。(中略)     

私は理念と宗教のためにお互いを憎み、敵にここの国の間に平和の橋を置くことに生涯を捧げました。イスラム教徒とキリスト教が和合する出会いの場を作ってくれて、イラクを間に置いて対決する米国とソ連の意見を調整して、韓国と北朝鮮が和解するように助けるもしました。お金や名誉を望んでたことがありません。鉄持ってから今まで私の人生の話題はただひとつ。世界が一つになって平和に暮らすことです。他のものは望んもありません。昼夜を問わず、平和のために生きることが容易ではなかったが、ひたすら仕事をするときに幸せでした。

冷戦時代に、私たちは理念によって世界が二つ分かれる痛みを経験した。それは共産主義だけ消え、すぐに平和が行わそうだったが、冷戦が終わった今、より多くの争いが生じました。人種や宗教のために粉々にナボリョトた。国境に戻って国同士の反目することも足りなくて、同じ国の中でも人種同士分かれ宗教に分かれて生まれた地域で再分割されます。このように分割された人々は、お互いがお互いの敵になってまったく心を開こうとしません。 

人間の歴史を振り返ると、最も残酷で恐ろしい戦争は国家間の戦争ではなく、人種間の戦争でした。また、宗教を前面に出した民族間の戦争でした。20世紀最悪の民族紛争と呼ばれるボスニア内戦では、イスラム教徒の種乾燥のための民族浄化が求められてされて、子供を含む8000人のイスラム教徒が虐殺(筆者注:ボスニア内戦(1992〜1995)中に起きたスレブレニチャ集団虐殺事件は1995年7月ボスニアのサラエボ北東部に位置し、スレブレニチャのイスラム教徒を除去するためにボスニアに駐留していたセルビア軍によって8,500人の死者を出した虐殺事件。この事件でボスニア-ヘルツェゴビナのスレブレニチャ地域住んでいた25,000〜30,000人のボスニア人はセルビア系のスープスカ共和国の軍隊によって無差別に殺害ダンヘトウム)しました。ニューヨークの110階建ての貿易センターの建物を飛行機では受け二洞間出し9・11テロも覚えています。このすべてが、民族や宗教間の紛争がもたらしたひどい結果です。(中略)     

一体何のためにそのようにお互いを憎み、殺すか、表面的な理由ですいくつかのですが、その内幕を詳しく見てみると、間違いなく、宗教がめまいがあります。石油を巡って行った湾岸戦争がそうで、エルサレムを占めようとするイスラムとイスラエルの紛争がそうです。このように人種主義が宗教という名分をなどアップをするとき、この問題は非常に複雑になります。中世の時代に終わったと思っていた宗教戦争の悪霊が21世紀にもまだ私たちを苦しめています。

宗教戦争が絶えず起こる理由は、多くの政治家が自分の利己的な欲を満たそうと宗教間の敵意を利用するからです。政治目的の前で宗教は方向を失ってグラグラゴリプニダ。宗教が持つ本来の目的を喪失することです。宗教は本来、平和のために存在します。すべての宗教は、世界平和のために責任があります。

ところが、逆に宗教が紛争の原因になったから嘆いする役割です。その醜い裏には権力と資本を握った黒い政治が隠れています。指導者の本分はすべからく平和を守るのに、むしろその逆になって世界を対立と暴力に追いやっているのです。

指導者の心が正しく立たなければ、国と民族は行き場を失ってさまよわされます。彼らは自分の黒い野心を満たすために、宗教と民族主義を利用します。宗教と民族主義の本質は悪くないが、国際社会に貢献する場合にのみ価値があります。私の民族と私の宗教だけが正しいと主張しながら、他の民族と他の宗教を無視して、けなすなら、その価値を失ってしまいます。私の宗教を主張するのに他人踏みつけ他人の宗教を些細思い、憎しみを積ん紛争を起こした場合、それはすでに、善ではないからです。私の民族は、私の国だけが正しいということも同様です。

お互いを認めて助け生きること、宇宙の真理です。些細な動物たちも、それを知っている。猫と犬はお互いにライバルだが、一家で一緒に栄養を与える見ると、お互いの子を抱いてボドゥムた親しくます。これは植物を見てもわかります。木の柱に乗って上がるチルノンクルは木の幹にもた成長する。それでも木は「なぜ私を閉じて上がっか」とチルノンクルをせいていません。お互いのために与えながら一緒に住むのが宇宙の原理です。この原理を超えた場合は必ず滅びることになります。今のように民族同士、宗教同士中傷戦うことが続けば、人類に未来はありません。絶え間ないテロとの戦争である日、ほこりのように消滅してしまうことです。しかし、希望が非常にないのはありません。希望は明らかです。

私はその希望の紐を離さず、生涯を平和を夢見生きてきました。私風は世界を幾重にも取り囲んフェンスとフェンスをきれいに壊してしまって一つになる世界を作ることです。宗教の垣根を崩し、レースのフェンスを越えて豊か(富者)者と貧しい者(貧者)の隙間を埋めた後、初めに、神が造らくださった平和な世界を復元することです。空腹の人もなく涙を流す人もいない世界のです。希望のない世界、愛が足りない世界を癒すには、私たちは、子供時代の純粋な心に戻っています。もっと持とうとする欲から脱して、人類の美しい性質を回復する道は子供の頃、父等オプヒョソ学んだ平和の原理と愛の息吹を復活ことです。      

「父背中に背負われ何の心配なしに心に置かれる感じ」がまさに平和      

親を愛することは、決して難しいものになることができないにもかかわらず、堕落した人類の文化の中では決して簡単なことではなくなった。これ切ない現実だ。特に「世代差」という言葉は、誤った文化がもたらした虚像であるという点を知るべきである。親子の関係の中で世代差とすることができない。愛する親の背中に背負われているときのような快適な一体(一體)の境地をなすすべてのことを親の意に合わせて生活したい愛の衝動が私たちの生活を導くになる。本来の世界では、すべてが自然だ。親を愛する心が自然に私たちを個性完成、家庭完了すると、主観性完成に導くためである。

眩暈がするよう、現代社会の葛藤の中で、平和とは何なのか到底知ることができないらしいたびに、上記の詩、「父背中に背負われ何の心配もなく、心がチャックに置かれる感じ」を心の中に刻んだ場合の平和の正しい方向性を見つけることができるある。 

<ムンユンホン・時事コラムニスト・
​​​






一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓








最終更新日  2018.01.03 18:30:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.02
​​​韓国ニュース検索から。南道日報 (ギムオグァン記者 承認2018.01.01 18:14)




全羅南道の未来は海にある
http://www.namdonews.com/news/articleView.html?idxno=457599


南道日報年中企画

全羅南道の未来は海にある

<プロローグ>

環境にやさしいグリーン海洋産業食糧危機解決」の鍵」

紅藻でバイオエタノール生産が可能

海洋資源新成長動力礎の役割

10面のメイン写真
全羅南道は天恵の海洋水産資源を保有しており、新成長動力のメッカとして遜色がないという専門家たちの見解だ。全羅南道は、海洋・生態観光地として大韓民国の中心にそびえ立っ立っている./南道日報資料写真

海は21世紀に入って食料とエネルギー源の報告となっている。六堂崔南善先生は、かつて「私たち近代史の最大の悲劇の一つは、海を軽視したものである」と述べた。改めて最近になって、ますます胸の中に響く言葉だ。

このような時代の趨勢の中で、食糧危機の克服策として、今、その解決策を陸地ではなく、海で見つけるという声があるので、徐々に説得力を得ている。海の植物は、吸収された栄養分をひたすら生長するためにのみ利用することができており、陸の植物に比べて生長速度が大幅に速い。紅藻の一部の種は、一日に2〜8%ずつ成長もして2ヶ月に4倍以上成長ほどだ。

動員グループキム・ジェチョル社長は、世界的経営学者であり、未来学者であるピーター・ドラッカー(Peter Drucker)の言葉を引用して、「21世紀に最も有望な産業は漁業である」とし「世界の人口が持続的に増加すると様々な資源を確保するための戦争が激しく展開されるはずなのに、その中でも、食料資源の確保がカギだ。私たちは、今陸を離れ、海から食料資源を確保しなければならない。海がまさに私たちの生きる道である」と主張した。

統一教会の文鮮明総裁も食糧問題の解決策を海で見つけると力説した。文総裁は自伝的な「食糧の報告海」で「海は未来の食糧問題を解決することができるキーである。海の中に無尽蔵の食料が入っていますが、人類を食糧問題から救う最も優れた鍵は「フォーム(養殖)」である。都市の高層ビルのように、今後は魚を形成する建物が生じるだろう」と主張した。

あえてこのような主張を引用しなくても、最近の研究結果によると、海の重要性を推測することができる。紅藻海の植物を大量に人工フォームする場合紅藻パルプはもちろん、新しい代替エネルギーとして浮上しているバイオエタノール生産まで可能にする。また、紅藻、海の植物が陸地の植物に比べて二酸化炭素の吸収率が5倍以上であると明らかになってより一層注目を集めている。

したがって紅藻を大量にフォームとパルプ原料とバイオエタノールになったら森林を保護することであり、二酸化炭素の吸収にするというと、それこそ「1石3条」の効果があるだろう。人類の未来は海にあると断定してもしすぎることはない理由がまさにここにある。

アワビ4
全国水産物生産量の52%ほどが全羅南道で生産されているほど水産資源が豊富である。写真は、大規模なアワビフォームが行われている様子。

こののように、海の無限の可能性を考えると、食糧危機を解決するための最も確実な方法は、「海洋バイオ産業」と確信している。2009年の女性初のノーベル経済学賞を受賞したアメリカのインディアナ大学エリノア・オストロム(Elinor Ostrom)教授が、今後韓国の発展のための原動力として「海洋資源」を名指ししたことからも、今後新成長動力がすぐ海にあることを物語っている。

バイオエネルギーは化石燃料の枯渇を備えて、環境にやさしい続い次世代の代表的な代替エネルギーとして急浮上している。ところが、バイオエネルギー生産のためには、多くの穀物を必要とするという欠点もある。

ため、最近では、穀物の代わりに海藻類や微細藻類を活用したバイオエネルギーを生産しようとする動きが高まっている。関連業界と学界はワカメ、寒天などの大型海藻類をはじめ、植物プランクトン、クロレラのような微細藻類からバイオエタノールとバイオディーゼルの生産のための研究が活発に進められている。

バイオエネルギーの生産において藻類と微細藻類が注目される最大の理由は、まさに生産性と多様な利用率である。微細藻類は、体全体の50%が油で構成され、年間1万㎡あたり最大9万8千500ℓのバイオ燃料を生産することができる。パーム油よりも約16倍以上高い。また、生産工程に応じてガソリンと性能がほぼ同じようなバイオブタノールや標高の高い・低い温度でも自らの役割をこなす航空燃料を作成することもできる。

また、海藻類と微細藻類は、豊富な資源である水を利用できるという点をはじめ、穀物原料に比べて「人が食べ物に燃料を生産する」という倫理的議論や食品価格の上昇などの問題では比較的自由であること、微細鳥による水質浄化効果なども欠かせない利点である。3面が海に囲まれており、豊富な海洋資源を保有している韓国の立場では、他のどのグリーンエネルギーよりも望ましい燃料であるわけだ。

ため、各国は藻類バイオ燃料の合理的生産のための研究に先を争って飛び込んでいる。韓国も同じだ。政府は、今年までの海洋生物を利用したバイオエネルギー技術開発事業の研究開発を推進し、藻類バイオマス量産と統合活用技術の開発も速やかに完了するという計画を樹立した状態だ。

これに対して、政府関係者は、「まだ行く道は遠いが藻類バイオ燃料は、大きな可能性を持っており、適切に開発が行われた場合、既存の化石燃料を相当部分交換することができるだろう」と自信を持っている。

オレーム教授が指摘したように、全国最大の海洋資源を持っている全南の立場では、海から食料とバイオエネルギーを生産する拠点になるのに十分である。したがって全南道は、政府との協議を通じて、2012麗水世界博覧会の事後活用方案の一部として海から食料を探し、いわゆる「海洋・バイオ産業」を全羅南道の主力産業に育成するために、海洋バイオ関連食料とエネルギーの技術開発事業を最優先事業として推進していく計画である。

「全羅南道の未来は海にいる」という確信をもとに、今後近づく食糧危機を克服する唯一の選択肢は、緑の海洋産業で見つけること時代の趨勢という事実のために、さらにそうだ。

/ギムオグァン記者kwg@namdonews.com


<著作権者©南道日報、無断転載および再配布禁止>




(韓国語)平和を愛する世界人として
【参考】

『平和を愛する世界人として』-- 文鮮明自叙伝 文鮮明著(P.319)

海の中には無尽蔵の食糧がありますが、人類を食糧問題から救う最も優れた鍵は「養殖」です。都市の高層ビルのように、これからは魚を養殖するビルができるでしょう。パイプを利用すれば、高いビルや山の上でも養殖することができます。養殖で全世界の人をすべて食べさせて余りある食糧を生産できるのです。







一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓


​​​






最終更新日  2018.01.02 22:25:09
コメント(4) | コメントを書く
2017.07.31
SEGYE.com(2017-07-27)

停戦協定記念参加した6・25参戦勇士たち



27日、ソウル松坡区オリンピック公園ハンドボール競技場で国家報勲処の主催で開かれた6・25戦争停戦協定と国連軍参戦の日記念式に出席した6・25参戦勇士たちリトルエンジェルス団員と一緒に記念撮影をしている。一緒に守ってきた大韓民国、一緒に進む統一韓国をテーマに開かれた今回の記念式には、国内外の6・25参戦勇士と遺族、参戦国の外交使節、学生、将兵など3000人余りが参加した。





世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓にほんブログ村ランキング参加中。 応援クリックお願いします。 ↓↓









最終更新日  2017.07.31 21:20:45
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.30
光言社ポータルサイト>中和新聞(2017年07月28日(陽暦)通巻981号)からです。

会長メッセージ

世界平和統一家庭連合会長 徳野英治

マディソン・スクエア・ガーデン
2万人大会の恩恵 

 本シリーズでは、最新の天の摂理とみ言の要点、祝福家庭や教会員がもつべき信仰姿勢などのポイントについて、世界平和統一家庭連合・徳野英治会長のメッセージをお伝えします。U-ONE TV動画版と併せてご活用ください。(編集部)

 


続きは、会員登録されておられる方はログイン後に動画版と併せてご覧ください。



上記の中から、すでに当ブログで紹介していた小説「預言」については間もなく日本語訳も出版されるとのこと。






世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓にほんブログ村ランキング参加中。 応援クリックお願いします。 ↓↓






最終更新日  2017.07.30 16:24:07
コメント(0) | コメントを書く
韓国・毎日宗教新聞(2017-07-29)コラムの記事(google翻訳)を紹介する。

最近、キム・ジンミョン氏の小説「予言」が韓国で話題となっており、それをあつかったものである。




キム・ジンミョン「予言」に再照明される文鮮明総裁の冷戦終結歴史的真実


KAL襲撃扱った長編「予言」発行小説家キム・ジンミョン... 文総裁の「共産主義70年の」予言的中

「ムクゲの花が咲きました」、「高句麗」、「サード」などでよく知られているミリオンセラー小説家キム・ジンミョン(60)の最新作「予言(PREDICTION)」が話題だ。この本が話題を呼んでいるのは、1983年9月1日の航空(KAL)旅客機007がソ連の戦闘機のミサイル攻撃を受け、296人の乗客全員が死亡した事件を素材にしているという点である。ところが、主人公であるジミンが刑務所でドア先生に会ってから、話の流れが変わることになる。


この小説の後半では、主人公 文が登場するが、これは誰が見ても統一教会(世界平和統一家庭連合)の創設者の文鮮明(文鮮明)総裁を描写していることが明らかである。小説の中で、文は、ソ連解体7年前にそれを事前に予測し、そのまま実現した。統一教会レジスタンスを養成して後援して勝共(勝共)のための過去(至難)闘争を支援して行なう。

この本を読んで感想をブログに掲載した独自の文が視線をドラッグすることで見る。

何よりも、まだいくつかの論争の中の統一教文鮮明師の20世紀の冷戦終結に関するファクト(fact)が含まれているなんて、全くソルギトハン感情的に読んで見るようになった。

小説「予言」は血気幼いジミンが子供の頃、米国養子縁組に別れた妹が搭乗したKAL 007旅客機がソ連の戦闘機に襲撃されて死亡しながら始まる。

ソ連戦闘機のパイロットの復讐を米国で準備したジミンは思いがけずスパイに集まっ米国連邦ダンベリー刑務所に収監され、ちょうど1984年前に収監されている統一教文鮮明師と会って縁を結ぶことになる。続いて彼の世界勝共、冷戦終結の過程であった1985年、共産主義の終焉(終焉)宣言、1986年中南米カウ社(CAUSA)の動き、1987年にベルリンの壁の解体デモと共産圏宣教」蝶作戦」、1990年にゴルバチョフソ連大統領の出会いとソビエト連邦解体、そして最後に、1991年、金日成北朝鮮主席との出会いに同行しながら、ついにジミンは敵を許し、この民族の統一という新たな希望を持つようになる。




「真実は沈没していない」という命題のもとファクションに歴史的事実暴い      

しばしば小説はフィクションというフィクションとが、キム・ジンミョンの「予言」はフィクション(小説)の事実(ファクト)を加えたファクション(faction)で呼ばれる歴史的事実を暴いた。そのようなプロセスの中で、今まで私たちの既成社会で頑張って埋葬しまったかの歴史的な出来事が大きくあらわれた。それはこれまで、キリスト教的偏見により、そして1980年代、私たちの社会に攪拌打っいわゆる運動圏熱風によって埋もれてしまっても、歪みれた統一教会の文鮮明師の冷戦終結の動きである。いくらその真実をカバーするためにも、上書きされないことが歴史の宿命かより。すでに宗教的偏見から自由人であれば、文鮮明師が20世紀冷戦終結のために何をしたか、彼は身震い打っ行跡を知らないはずがないだろうどうしても尊敬の本音を私映らないことがないというのが歴史ある良心であり、宿命である。

最近「ソユル号」の痛みの中で作られた「真実は沈没していない」という命題が多分文鮮明師も決してそのことを確信もここにある。

しかし、普段尊敬するキム・ジンミョン作家が今回の作品「予言」を介して再び私たちの社会の純真な宗教的偏見のまな板の上に上がって、彼の名声と名誉が毀損されるか極めて慎重だ。事実、これまで統一教文牧師の真実を認めながらも、社会的偏見に自分自身を隠すた知識人たちが、そのどのようマンアトドンガ。そして、これまで宗教的偏見に無条件統一教会文牧師に石を投げた数多くの既成既得権層にも文鮮明師の明らかになるその間の真実は、一方で、不快な真実で近づくことなので心配にもなる。これらの不毛(?)した私たちの社会環境の中で、今回の「予言」は「果たして作家キム・ジンミョン」である、という賛辞をするしかないという気がする。キム・ジンミョン作家の「予言」の序文で、彼は「実在していたこれらの(統一教会文鮮明牧師など)の行為を無視するのは、「共産主義崩壊」の真実を上書きしまう不作為の作為になってしまうと思った」という言葉のように、彼良心に満ちた筆致を作品「予言」に加減なしに明らかに出た。 



彼は私たちの社会ではまだ宗教的教義が違う理由だけで「カルトと異端」として非難されている、その偏見を離れて、歴史的の良心に従ったものである。キム作家の真の勇気に大きな拍手を送りたい。そして喜んで私は彼の良心と一緒にしたいという話も伝えたい。

時代は本当に多くも変わった。20世紀冷戦も行った。今残るのは、北朝鮮だけだ。しかし、北朝鮮は共産主義国家ではない。通常の共産主義国家であった場合、過去1989年のベルリンの壁の崩壊に続く東欧の民主化、ソビエト連邦解体の一環として韓国と北朝鮮も当時統一がなされたものである。しかし、残念ながら、北朝鮮は宗教国家だから、今日も彼らは「宗教的首領」を決死擁護するための核兵器開発に執着している。

かつて統一教会文鮮明師は、「共産主義は、70年を行けないよ」は、いわゆる「共産主義70年ハンギェロン」を数回ボール・私的な席で表明している。そして、その方法論的に「真の愛統一論」を提示した。ところが、彼は言葉だけにとどまらなかった。自分の言葉を証明するかのように、彼は情熱に満ちた世界的な動きに70年ぶりに共産主義を崩すための世界が認めてくれない激しい道を歩いてきた。

時には「カルト異端の教主」として石投げを叩かれ、時には「救国の愛国者」として世の注目を受けながら、彼は享年93年の疲れ人生を勝利に導いた。なぜなら、ついに彼の言葉のように、1922年に発足した小連邦(ソ連)が1991年、正確に70年ぶりに解体された歴史を、最終的に作成したからだ。彼はまさに「歴史の神(神)」を証明したものである。これが本当であり、ファクトがなければ何だろうか。この否定することはできないという事実を見たとき、さすが彼疑似宗教の教主か世の中に質問をしてみことになる。正気の人間なら誰もが認める歴史的真実ではないだろうか。

文鮮明師は、共産主義の終焉を絹神の歴史のみ見ておらず、人間と神の合同作品で見た。例えば、ジンインサデチョンミョン(盡人事待天命)であった。人間の精神を尽くし、空の意を待つという意味である。もし人類の歴史の神の摂理のみ動く場合。人間は神のロボットになる運命論に包まことができる。だから文鮮明師がその人間の責任の道理を果たす93年の生涯を、なぜ戦争に走ってきたのかを理解できるだろう。



次に、南北統一の時期2025年はどのような意味なのか?答えはすでに、上記の文の中に込められているので、よく解釈もよいでしょう。

最後にキム・ジンミョン作家は、1983年にソ連の戦闘機に襲撃された大韓航空搭乗客269人に深い条(弔意)を示した。私はここで、過去8、90年代、共産圏の崩壊のための宣教方針である「蝶作戦」で犠牲になった統一教会圏地下宣教師たちも胸の深い敬意と敬意をしたい。これらの麦的な犠牲がなかったら、決して歴史を転換させた共産圏の崩壊もなかったことを思いながら、私は深くその方に感謝の気持ちだけだ。是非これからエボルレで目を覚ます蝶となり、私たちの時代の最後の南北統一のために棚を飛んでいただき分断祖国青年の一人としてお願いし。ファクション「予言」はついに「真実は沈没せずに、夢と希望を作る」は、歴史的事実を私たちに見せてくれた。

文鮮明総裁「ソ連7年內敗亡「予言現実に... 2025年ごろ統一扉消灯し推測

小説家キム・ジンミョンが新しい長編「予言」を発行した。1983年搭乗客269人全員が死亡したKAL 007機襲撃事件を題材に大国の間で綱渡りする韓半島の運命を再び眺望する小説である。当時のソ連は、自国の領空に入ってきた民間航空機をミサイルで撃墜して世界の人々の怒りを買っが、結局崩壊の道に入ってから端緒になった評価だ。なぜどのようにアラスカを経由してソウルに来た民間航空機が長いソ連領空を飛行するのにも、米国はじっとたのか、ソ連が誘導着陸メッセージを送ったが、その内容を削除したまま発表した米国の意図は何だったかは、この過程で共産主義の終焉を予言した宗教指導者の発言は、どのような意味を持つのか、作家は特有の可読性の高い筆致で目まぐるしく続いていく。キム・ジンミョンは朴政権末期核兵器開発関連素材を取り上げ、600万部を超える超ミリオンセラーを記録した「ムクゲの花が咲きました」を、1993年に初めて出版した以来、今までに20パスポートに至る長編を出版した。チュルガンジャクに話題を起こし通算販売部数は1500万部を上回る。彼はインタビューを通じて韓半島の現状と進むべき方向について、落ち着いた口調で吐露した。


-34年も過去KAL 007機襲撃事件を今改めて取り上げている理由は?

「韓国人は恨みをあまりにも早く忘れるようだ。日本にそのように惨めにされて連行され、性奴隷をしたにもかかわらず、日本がしようというよう合意した。歴史的に見ると、日本に侵略された回数だけ700回がわたり、韓国が日本を侵略した回数はゼロである。北朝鮮の核は90%程度完成されたし10%だけが残った。北朝鮮はどんな妥協もなく完成まで行く。米国も今最終的であるため、そのまま置くことができないだろう。韓半島にとても大きな軍事的危機が迫ったと報告している。このような時、私たちは、今までのように水にアルコール弾よう弱いに行く途中には、最終的に旧韓末のように悲惨にされてしまう。その点でKAL機事件を思い出してみようということだ。」

-小説ではKAL 007機ソ連領空飛行した謎を明らかに解明する。米国がスパイ飛行を誘導したという陰謀論も否定し、ソ連が誘導着陸メッセージを送信したことも確認する。戦闘機のパイロットの会話内容を盗聴した日本がこれをどのように活用したのかも示す。何を言ってたいと思った。

「この小説を通し「歴史の痛みを覚えていることと、複数が重要で、その過程で結実を得ることができる」は、視覚を提示したかった。もう一つは、KAL機の問題をめぐり、大国間に起こる歪み、特に日本、米国、ソ連の3大強国によって実体が歪む過程を通じて、私たちの社会の自覚を促したいと思った。米国がKAL機撃墜したソ連戦闘機のパイロットオシフォービーチと軍指令室との間の対話した詩を除いて発表することにより、どのように実像を歪曲したのかだようみようというものである。今は彼と似たような状況である。何米国の話すると確認できず、ついていけしかない現実である。日本のであれ米国でも、中国でも同じだ。私たちの社会が先見の明を持って強大国が言うと金科玉条(金科玉條)であると信じによってはならない。」

-この小説は、KAL機襲撃事件と家庭連合創始者文鮮明総裁がソ連大統領ゴルバチョフと生前の金日成主席に会う話がもう一つの軸だ。いくつかの背景のか。

「1983年KAL機襲撃された時、当時、韓国は、全斗煥前(前)大統領がほうきて奉仕するニュースが最初蛇口に出るほど情けない社会だったが、このような状況で文総裁をはじめとする統一教会(家庭連合)の人が共産主義に対抗南米やヨーロッパのようなところすばらしい規模で闘争しており、文総裁は「ソ連が7年以内に滅びる」という内容を碩学などの学術集会で発表した。このようなものは無視することができなかった。私はインテリジェンスのことだと思うので、宗教を嫌う。KAL機撃墜の対価として、ソ連が滅びということ書いて見たかったこれ書く過程で、文総裁と関連実在していた事実の中で最小の客観的事実だけ採用したものである。これらの行為を無視するのは、「共産主義崩壊」の真実を上書きしまう不作為の作為になってしまうと思った。」

-小説の最後の部分には、文総裁の発言形式で韓半島が2025年に統一される予測する。いくつかの根拠なのか。

「それは作家の見解である。1984年文総裁は、米国デンバーリー刑務所にいるときに、7年後に共産主義が滅亡するとしたのは、結果的に正確な予測だった。文総裁が北朝鮮を訪問した時、「私全権を与える3年以内に、南北統一をさせる」とした。金日成が、その直後に死亡した。金日成が生きていたら、何か多く変わったことがあります。

第判断で今、核問題を含めて、すべてのことを見たとき、2025年はなければならない統一の扉が爆発すると推定したものである。20余年前「ムクゲの花が咲きました」を書きながらから北朝鮮の深さ調査し、核問題をはじめ、米・中・日・露韓国の関係などを丁寧にのぞきながら、南北システムが今のように行くのは2025年くらいが終わりという考えをするようになった。」 


<続きを原文で読む>







世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓にほんブログ村ランキング参加中。 応援クリックお願いします。 ↓↓






最終更新日  2017.10.15 09:48:19
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.28
SEGYE.com からの新刊紹介。



rblog-20170528084209-00.jpg







最終更新日  2017.05.28 08:42:12
コメント(2) | コメントを書く

全388件 (388件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 39 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.