2096939 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

赤ちゃん顔猫・ぴよたんのニャゴニャゴ日記

PR

Profile


ぴよ母Aki

Calendar

Free Space


  ↑ 動物のお花屋さんにて、
    ピヨキラキッカー販売中♪

 私書箱機能がなくなってしまったので、
私にこっそりメッセージがございましたら
  こちらからお願いしますね♪

Category

カテゴリ未分類

(425)

★赤ちゃん顔 ぴよたん

(394)

■第1期・ぴよたんと、心臓病■

(36)

■第2期・ぴよたんと、心臓病+腎不全■

(26)

★3兄妹の長男 ニコラス

(74)

★3兄妹の次男 トラボルタ

(79)

★3兄妹の末っ子 くるくるくりん

(127)

おでこM・3兄妹(ニコボルくる)

(98)

そっくり兄弟(ニコボル)

(18)

ぴよたんへの片思い

(9)

★長毛猫 モコモコにゃーむ

(144)

ニコ・ボル・くる・モコ

(33)

★白黒はちわれ ぴちゅお

(58)

PPコンビ(ぴよ・ぴちゅお)

(16)

★黒猫 ユカイ

(52)

★白猫 キラリ

(12)

ユカイとキラリ

(5)

PPYK(ぴよ・ぴちゅお・ユカイ・キラリ)

(19)

★澪(王様みいこ)・2013.12.22天使に

(125)

■甲状腺機能亢進症■(みいこ)

(3)

★奈々子(ナナコ)・2017.7.19天使に

(104)

■多血症・甲状腺機能亢進症(ナナコ)■

(2)

■肥満細胞腫(ナナコ)■

(9)

★ミドリガメ カメキチコ

(37)

みんにゃ登場

(65)

女子たち

(26)

男子たち

(6)

ぴよ・みいこ・ナナコ

(5)

みいことぴよたん

(41)

ナナコとぴよたん

(16)

チームシニア

(34)

ぴよたんとちびねこ

(84)

おとな猫とこねこ

(50)

保護こねこ時代

(75)

保護こねこと先住猫

(37)

保護仔猫(おでこMきょうだい)

(0)

保護仔猫(カラフル三姉妹)

(0)

保護仔猫(モノトーンきょうだい)

(14)

我が家を巣立った猫さんたち

(8)

♪モンプチ・オフィシャルキャット♪

(94)

コンテスト関連

(6)

うちの猫・ランキング

(2)

ねこねこおしゃれ

(144)

ねこねこドライブ

(76)

病院でのこと・術後のこと

(62)

猫との暮らし

(12)

猫の病気について

(1)

シニア猫との暮らし

(1)

てづくりごはん

(25)

猫用グッズ

(4)

猫モチーフのもの

(36)

猫グッズ・いただきもの

(117)

ぴちゅおそっくりグッズ

(12)

うちのコそっくりグッズ

(3)

猫友さんと & 猫なお出かけ

(23)

動画

(48)

★ニャゴニャゴ屋・ぴよきら屋★

(27)

のす太&ぴよ母のコト

(68)

ごあいさつ

(21)

全1件 (1件中 1-1件目)

1

猫の病気について

2018.12.02
XML
カテゴリ:猫の病気について

先月の後半、苦しめられた
順番に体調を崩した猫たちの話です。

文章多いです。すっごく!
先に謝っておきます、ごめんなさい。



jun01



始まりはニコラスでした。

ニコラスは毛玉が溜まりやすい体質なので
よく吐くのですが、
食欲がなくなることはありません。

でもその時は、
嘔吐に加え、少しお腹を壊していて
食欲もあまりありませんでした。

心配したものの、
まったく食べないわけでもないので
様子をみていたところ、
翌々日にはすっかり元気になりました。



jun02



そして、ニコラスと交代するように、
今度はくるりんが同じ状態になりました。

くるりんも、あまり食欲がなく、
少し吐いて、少しお腹を壊していました。

この時も様子をみていると、
翌々日にはすっかり元気になりました。



jun03



そして、くるりんと交代するように、
次はボルたんが同じ状態になりました。

ボルたんも、あまり食欲がなく、
少し吐いて、少しお腹を壊しました。

ニコラス、くるりん、だけだったら
ちょっと体調が悪かったのかな、
すぐに元気になったし、で済みますが、
さすがにここまで続くとおかしい、と思い始めました。



jun04



ボルたんの体調が悪くなった翌日、
モコちゃんにも同じ症状が始まりました。

すぐに病院へ、と思ったのですが、
その日は11月23日、祝日でした。
お世話になっている動物病院は、
祝日だけがお休みなのです。

救急でお願いするような緊急性はなかったので
翌日に病院に行くことにしました。



翌日、ボルたんはすっかり元気になっていました。
モコちゃんは、より一層ひどくなっていました。

モコちゃんはもともと胃腸が弱く、
過去にも何度も、胃腸の調子を悪くして
注射や点滴をしてもらっています。



初めは、症状の出た全員を
病院へ連れて行くことも考えましたが、
キラリのワクチンもお願いしたかったので
モコちゃんとキラリを連れて病院へ。



先生に、「1にゃんずつ順番に
こうなって、ああなって、」と説明すると、
キラリの過ごしていた環境を聞かれました。
そして、

「キラリちゃんから感染したウイルスかも」

と言われました。

私も、もしかしたらキラリ?
と思ったことがあったのですが、
キラリが来てからもう2週間経っていたし、

もしキラリスタートだとしたら、
同じ空間で過ごしている
ぴよ、ぴちゅお、ユカイに
まずうつるのでは?と思ったので、
違うかな~と考えていたのです。



キラリは、家猫ちゃんから生まれた仔猫です。
一度も外に出たことがありません。

おうちには、ママ猫ちゃんのほか、黒猫ちゃんと、
ママと黒猫ちゃんの間に生まれた4にゃんがいます。
(キラリとは、パパの違うお兄ちゃんたちです)

先生がおっしゃるには、



たくさんのおとな猫がいる環境で育った仔猫は
そこのコミュニティで一度流行ったことのある
ウイルスを持っていることがある。

仔猫は、そのウイルスの抗体を持っているから、
(私があとから思ったことですが、
その抗体はママからもらったものかも?)
仔猫に症状が出ることはない。

そのウイルスの抗体を持っていない猫たちの中に
仔猫が加わると、猫たちは感染し、症状が出る。



ということらしいのです。

これって、けっこうあることみたいで。

先生とお話しする前に、
受付の方と今回の出来事について話していたら
その方も、仔猫ちゃんからの感染かなーと言っていたので。



もちろん、キラリが悪いのではありません。

それと、キラリの育ったおうちにも
なにも問題はありません。

水が違った、ということみたいです。

先生がおっしゃるには
「金魚なんかと一緒です」。

金魚などの、淡水魚を飼ったことのある方なら
おわかりになると思うんですけど、

ペットショップから金魚を買ってきた時、
そのままぼちゃんと入れてはいけないんです。
水合わせをして、体を慣らしてから入れてあげる。

水が合わないと、新しいおさかなが死んでしまったり
金魚の水槽に川魚を入れたりすると
もともといた金魚が病気になったりします。

かと言って、猫の場合は
徐々に距離を縮めようにも、
相手はウイルスなのできっと感染しちゃいますよね。

そこは、金魚問題とはちょっと違うのですが、

今回は、
ニコ・ボル・くる・モコは
そのウイルスの抗体を持っていなくて、
たまたま感染してしまった、ということなのでした。

ワクチンの効かないウイルスだったのだろうし、
でも、感染して、体の中で抗体ができてしまえば
もう大丈夫、ということのようで、
それほど大きな事じゃなくて、よかったです。

どんなウイルスなのか、細かく検査しますか?
と聞かれたのだけど、
抗体ができて元気になってくれればいいので
細かい検査はしませんでした。

ニコ・ボル・くるは、感染したあと、
体の中で抗体を作り、自力で復活!

モコちゃんは、胃腸が弱く、
ちょっとこじらせてしまったので、
飲み薬を処方していただき、数日で復活しました。



ここで問題となるのは、ぴよたんのこと。

キラリとの接触が多いのに、
ぴよ・ぴちゅお、ユカイは
この時点でなんともありませんでした。

だから、もしかしたらこの3にゃんは、
たまたま抗体を持っていたのかな?なんて
いいほうに考えてみたのですが、

先生は、
「こういうのは、一周まわって終わる、ということが
多いんですよね~・・・」とおっしゃっていて。

もし、ぴよちゃんの様子がおかしかったら、
すぐに連れてきてください、と言われたので

どうか、抗体を持っていますように、
と願っていたのですが、
結局、先生のおっしゃるように一周まわりました(苦笑)。

でもね、発症した順番がすごくよかったんですよ!
順番がよくて、そのおかげで、
ぴよたんは瞬く間に治りましたから。

その話はまた後日・・。

後半、文章ばかりでごめんなさい!



今回のこと。
案外よくあることのようなのですが、
ネットでは検索しきれませんでした。

仔猫を迎えると、
こういうこともあるんだなーと
私も初めて知ったことだったので、
書いてみました。

もう一度言いますが、
キラリのせいではないし、
キラリを託してくださったおうちにも
問題は1つもありません。

だからね、キラリの関係の方々には
このことは話していないんです。
もし、気にされてしまったら申し訳ないので。



と、長い文章で説明しましたが、
キラリスタートとはっきりわかっている
わけではありません。

全然別のところからやってきた
可能性もじゅうぶんあります。



通院が続いて大変でしたが、
今回の件のおかげで
ユカイの体質に問題あることがわかりました。

いつかは気づいたと思うのですが、
こんなに早く気付かなかったと思うので、
結果、よかったなーと思っています。

予告ばかりになってしまいましたが、
ユカイとぴよたんについてはまた今度・・・



キラリの成長記録インスタグラムはこちら♪
https://www.instagram.com/akipiyori0310/
↑ Web版のアドレスです。


楽天市場商品をご紹介する楽天ROOMはこちら♪
Aki.pのROOM
我が家の猫たちの愛用品や、
気になる猫用グッズや猫デザインの雑貨・インテリアなどをご紹介。




いつもありがとうございます♪
クリックで応援していただけると嬉しいです。

↓ ぽちっ♪ ↓

ハチワレバナー

↓ ぽちっ♪ ↓

ランキングぴよたん

いつもありがとうございますハート(手書き)









Last updated  2018.12.02 19:04:43
コメント(8) | コメントを書く

全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.