000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pure breath★マリーの映画館

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マリーmypink

カレンダー

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

Spice Up Your Life *Benio*さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
猫とHidamar… にくきゅ〜う★さん
世界の中心に愛をさ… sanacatさん

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
マリーmypink@ ななさんへ・・・ ななさん こんにちは~~♪ >生ジョニ…
なな@ アップしました~ 生ジョニー,羨ましいなぁ 監督さんって…
マリーmypink@ rose_chocolatさんへ・・・ rose_chocolatさん こんにちは~~♪ …
rose_chocolat@ Re:『ガリバー旅行記』(04/18) マリーさん、楽天は省エネだねw でもも…

フリーページ

ニューストピックス

2007年09月15日
XML
カテゴリ:映画

 

      その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。     ↑このピーターが動く!カワイイ♪

 

 

『ミス・ポター』

監督・・・クリス・ヌーナン
製作総指揮・・・レネー・ゼルウィガー
出演・・・レネー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン、ビル・パターソン、バーバラ・フリン 他

 

                   【STORY】

ヴィクトリア王朝の封建的な風潮が残る20世紀初めのイギリスでは、身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった。そんな中、ビアトリクス・ポター(レネー・ゼルウィガー)は幼少期に出会った大好きな動物たちをモデルに、ピーターラビットとその仲間たちの物語を次々と世に出すことに。やがて編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちるが、身分違いの恋には思わぬ運命が待っていた。。。

 


ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの波乱に満ちた半生を描いた感動のヒューマン・ドラマ。絵本の物語の舞台として知られるイングランド・湖水地方での撮影により、20世紀初頭の美しい風景が再現されている。

 

 

中途半端な時間に行った為か・・・久しぶりに「一人貸切状態」に、なってました。
公開初日なのに~こんなでいいの?と思っていたら、いくつめかの予告の途中で女性が一人増え~ やっと二人に。。。その方、お弁当(お寿司のパック)を食べ始めたから~少し不安だったけど・・・ 食べ終わったら、それ以上のことはなく~静かな劇場鑑賞となりました。


なので~堪能出来ました。
何回も泣いちゃった・・・

 

ピーター・ラビットは私のベスト3に入る「好きなキャラ」です。
どこのお家でも1つはピーター・グッズがあるのでは?という、よく知られたキャラクターなのですが、作者であるビアトリクス・ポターのことは全く知りませんでした。

 

観終わって知ったのですが~この映画は、かなり事実に忠実だったようです。
波乱に満ちた~と言われているほどではないにしろ、ノーマンとの恋の結末は驚きました。
切なかったです。

 


レネーは~あまり得意な女優さんじゃないんですが~やはり上手い!と思いました。
彼女の柔らかい雰囲気が、イングランド湖水地方の美しい景色に溶け込んでました。
動くピーターを「こらッ!」って叱ったり・・・仕草もチャーミングでした。



ユアンは、私にはオビ・ワンなんですが~(笑)
今回の役は、誠実で不器用で・・・ヒーローでもなんでもなく、ごく普通の役。
彼の少し茶目っ気のある瞳が、よかったです~。

 

エミリー・ワトソンも難しい役ですが~とても良かったと思います。
影武者のように付いてるメイドさん?もさりげなく好きでした。(お酒でコロッといってるし 笑)

 

パンフを見ていたら~登場人物が実際の方とあまりにも似ていて、びっくり。
両親や弟さんが特に似てました。

 

お話は淡々とすすみます。
そんなに盛り上がりがあるわけでもなく~静か~~に流れてゆくのです。
その中で、一番私の心を打ったのは~オルゴールの曲に合わせ、ユアンが唄いながらレネーとダンスをする所。
ユアンの歌声が心に響いて~なぜだか凄く感動してしまった。(ここでも泣いた・・・)

次はあのシーンです。(ネタばれになるので書けないですが)
閉じこもったビアトリクスが、憑りつかれたように絵を描きなぐっているシーン。抑えた演技がよかったなぁ(ここも泣いた)
絵が彼女の心情を表して動くんですよね。。。

 

彼女はその後、ナショナル・トラスト ※ の活動に力を注ぐのですが・・・
そこの所の描き方がもう少しあってもいいのでは?と思いました。
まぁこの映画自体~ピーター誕生の方に力を入れてるので、このぐらいでいいのかも。とも思うのだけど。


※ ナショナル・トラスト(National Trust)とは、歴史的建築物の保護を目的として英国において設立されたボランティア団体。正式名称は「歴史的名勝と自然的景勝地のためのナショナル・トラスト」

 

ビアトリクスの少女時代~
部屋で弟やメイドさん達に「お話」を聞かせてあげるのですが~
私の大好きな “大きなドールハウス” が出てきて~思わず目を見張りました。
あんな素敵なドールハウスが欲しい!!!
すご~~く素敵でした。

 

豊かな自然、カワイイ動物達、素敵なドールハウスや部屋の家具等、そして愛すべきピーター・ラビットたち。
それだけで大満足な作品でした~♪

 

マリー的お気に入り度 ・・・ ★★★★★★★★☆☆  (8個半ですね~)
マリー的涙度数 ・・・ ★★★★☆ (結構泣いた・・・)

 







最終更新日  2007年09月15日 23時31分25秒
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.