3693756 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

知的漫遊紀行

知的漫遊紀行

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

Ryu-chan6708

Ryu-chan6708

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Headline News

2009.09.01
XML
カテゴリ:歴史



                   
ポスト戦後社会                                

:この知的街道も現代に近づいてきたが、現代を歴史的に捉えて、新書版にまとめることは難しいだろうね。
  どんどん、社会は変化していくからね。
  特にグローバル化が激しい。

A氏:君のこの知的街道は、シリーズ1巻2巻3巻4巻5巻6巻7巻8巻と続いたね。

8月30日の選挙による民主党の政権交代は、長い間、続いた自民党政治に終止符を打った戦後史の一大問題だが、当然、この本はそれを予測していないね。

A氏:そこに現代史のむずかしさがあるね。

:この本は、高度成長が後半に入る1970年代からはじまる。
  まず、1971年のニクソンショックでここから円高が始まる。
  1973年オイルショック
  
これで日本は低成長時代に入るが、工業製品の品質競争力は向上を続けるね。
  1980年後半から土地の高騰が始まり、バブルが到来
   それが1990年頃から崩壊して、「失われた10年」となる。
   2001年に小泉内閣発足。
   
そしてイラク戦争が始まる2003年ごろまでの30年間位を扱っているね。

A氏高度成長時代同様に、俺たちがその真っ只中に生きていた時代だね。

私:だから、ことさら新しい知識はなかった。
  ただ、俺が知的興味を持ったのは、この戦後から高度成長を経て、現在に至る間を簡単にどのようにまとめるかだね。
   著者は、「敗戦後から高度成長期までの1945年から1970年代前半」を「戦後社会」、「1970年代後半から現在まで」をポスト戦後社会」と分けているね。

  そして、この2つの社会時代意識の特徴「戦後社会」は「夢の時代」「ポスト戦後社会」は「虚構の時代」と言っているね。

A氏:たしかに、戦後はソニーホンダに代表されるように、アメリカの技術に追いつき、アメリカの中流層の生活に追いつくという「夢」があったね。

:それがテレビでアメリカを追い越し、ついで自動車まで追いつく。
  そのため、技術を誇ったアメリカの民間の製造業は崩壊していく。
  アメリカは元気がなくなる。

A氏:アメリカはレーガン時代市場原理主義を導入するね。
   技術的にはIT分野、そして次に金融資本の活動に生きる道を模索する。
  そして勢いを盛り返す。
   1991年、ソ連が崩壊する。
  グローバル時代に入る。

:日本も「失われた10年」を解決するために、民営化と規制緩和を行う。
  これは実は中曽根政権から始まっており、それが小泉政権につながっている

A氏「戦後社会」と「ポスト戦後社会」との違いで、大きな特徴は、格差拡大だろうね。

高度成長時代には、会社も成長するから、ポストも増える。
  当時、松下電器が仕事別賃金制度を導入するということで、話を聞きに行ったことがある。
   聴衆から、「課長のポスト数が決まっているから、問題ではないか」と質問があったが、講師をしていた人事部長が「どんどん、会社は伸びていて、課長のポストも増えているから心配ない」と平然と答えていたね。

A氏:それが、約30年後には松下もリストラの嵐が吹き荒れたね。

:「虚構の時代」となったね。
  そして、高度成長の負の部分である核家族化、都市化、郊外化、公害問題などを受け継ぐことになった。
   高度成長は「日本的なもの」を破壊してきた面もあるね。
  著者は、「『日本史』がもはや不可能になる時代を生きている」と最後にまとめているね。

A氏:今度の政権交代は「虚構の時代」の閉塞感に対する国民の叛乱かね。

後世の人2009年の変化をどのように評価するだろうかね。

 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.09.01 12:39:36
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.