1666772 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

全414件 (414件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

ニュース

2020年04月23日
XML
カテゴリ:ニュース

新型コロナウィルスの蔓延を食い止めるため、人と人との接触を最低でも7割、できるなら8割減らして欲しいと安倍総理は必死の形相で国民に要請をしておられます。一方で与党を取り仕切る二階幹事長は、そんなことできるわけがないとバッサリ斬り捨てるようなご発言もされたようですが・・・。

まあ、国民のひとりとしてはご要請にお応えしたいとは思いますが、食品の製造に従事している者としては、食品をテレワークで作るというようなわけにもいかず、普段通り毎日会社に出勤せざるを得ませんので、正直のところ実感としては幹事長のおっしゃられる通りだの気持ちが強いです。

政府の専門家会議は、さらなる接触削減を目指すために、人と人との接触を8割減らすための「10のポイント」を提言したと報じられています。

その10のポイントを抜き書きして、それに対する私のグチを添えてみました。

1.ビデオ通話でオンライン帰省・・・息子夫婦や孫の顔は生でみたいです。「ビデオ通話」ってはたして「帰省」といえるだろうか?
2.スーパーは1人または少人数ですいている時間に・・・すいている時間って行ってみなければわかりません。
3.ジョギングは少人数で公園は空いた時間、場所を選ぶ・・・ジョギングなんて元気湧いてきません。
4.待てる買い物は通販で・・・マスクや消毒液は待てません。
5.飲み会はオンラインで・・・以前からずっと一人で飲んでます。
6.診療は遠隔診療・・・歯医者は遠隔診療ってわけにはいきませんね。痛む虫歯どうしたものか。
7.筋トレやヨガは自宅で動画を活用・・・違った動画見て興奮しています。
8.飲食は持ち帰り・宅配も・・・ずっと前から一人寂しいコンビニ弁当派です。
9.仕事は在宅勤務・・・だから、在宅でどうやって食品を製造しろというのだ!
10.会話はマスクをつけて・・・アベノマスクまだ届きません。早く下さい。

どうしても幹事長寄りの意見になってしまうこと、安倍総理、お許しいただけないでしょうか。(涙!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2020年04月23日 11時50分05秒


2020年04月09日
カテゴリ:ニュース

このまま営業を続けるのか、休業するべきなのか?

新型コロナウィルスに関する緊急事態宣言を受けて、対象となった7都府県で営業する事業者は自らの生き死にをかけた決断に迫られていると報道は伝えています。

新型コロナウィルス対策担当を兼務する西村経済再生担当大臣は、感染拡大を抑止するため徹底した休業要請を講じたいとする7都府県の首長に対し、休業要請を2週間見送るよう打診したということですが。

ウエブニュースより、休業要請2週間見送り打診


そもそも新型インフルエンザ等対策特別措置法を無理やり改正して緊急事態宣言を発令できるようにしたのが、今回の新型コロナウィルス対策措置法でなかったか。

国会で新型コロナウィルス対策措置法を定め、その法律に則って首相が今回緊急事態宣言を発した。緊急事態の対象となる自治体の首長には、休業要請を含むさまざまな防止策を講ずる行政権を認めているのもこの新型コロナウィルス対策措置法であるはずです。

店舗の休業要請を行えば、経済活動が根底から損なわれてしまうというのは、素人にもわかること。それは何としても避けたいというのは、経済再生担当大臣のお立場としてよくわかりますが、その前に国会で作られた法律は、たとえ国会議員であろうとも、内閣の構成員であろうとも守らなければならない。

国会で新たに定めた新型コロナウィルス対策措置法にしたがって、行政権を行使できるのは対象となる自治体の首長であり、法律的には何の権限もない西村経済再生担当大臣が横やりを入れるのは、いかがなものか?西村大臣の遵法精神が問われても仕方がない行為といえまいか。


・・・コロナか、経済活動か。


奇しくもその両方を担当される西村大臣が優れた手腕を発揮されることを、一国民として大いに期待しています。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2020年04月12日 16時21分43秒
2020年01月09日
カテゴリ:ニュース

政治には金が掛かると言います。選挙ともなれば、各議員さんはやりくりに大変。札束に羽が生えたように飛んで行くというではありませんか?

国税から莫大な金額の政党補助金をもらいながら(共産党は給付を拒否しているというのは、ご立派ですね)、どうしてそんなに足りなくなるのだろうなどと、私なんぞは思ってしまうのですが。

足りないのなら何とかして補わなければということなのでしょう、そこで議員さんならどなたもなさるのが政治資金パーティー。

野党第一等の有力議員であるこの方も、例外にもれることなくさっていたのですね。しかも、やり方がとてもお上手のようです。

ウエブトピックスより、
朝食会「原価」1人1739円 「桜を見る会」の会費5000円より安く

朝食セミナーを開催されていたというのですが、朝早くからご苦労なことです。それで参加なさった方は、朝飯代に一人いくらお支払いになったのでしょうか?

朝飯だからといって、2000円ということはないでしょう。一流ホテルということですから、5000円で済まそうとしても気恥ずかしいから、最低でも1万円というところじゃないかと貧乏人の私でさえも想像できます。

それでもって、原価はいくらについたのかといえば、一人頭1739円ですと。

・・・まあ、なんと商売がお上手なこと。国会の質問する時の勢いで、叩きに叩きましたね。(笑!

この際桜を見る会の5000円が高いのか安いのかというようなことは、言いますまい。国民は税金を納めるのに、汲々としているのをご存じないのか?

10000円-1739円=8261円 の利益に税率8割くらいにして税金を掛けて欲しいです。(号泣!













◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2020年01月09日 13時26分39秒
2020年01月08日
カテゴリ:ニュース

まったくスパイ映画ばりの逃避をはかった眉毛の濃いかの男。15億円の保釈金は没収ということですが、個人の金融資産が2000億円とも言われているかの男にしてみれば、金利だけでゆうにまかなっておつりが来ますから、どうっちゅうことないのでしょうね。

我われの1万5千円の感覚なのかもしれない。・・・といっても、私にしてみたら1万5千円は痛いですが。(涙!

それでもって、もっとしゃくに障るのが、こんなことをしれっと言ってのけるかの男の奥さん。

ウエブニュースより
「何も知らなかった」ゴーン被告の妻、逃亡劇への関与を否定

私だって箱に隠れてプライベートジェットでさようならなんて、「何も知らなかった」です。(笑!

それなら、経由地のイスタンブールの空港でご主人と会ったというのは、偶然か?偶然にトルコまでお出かけになっていて、空港で旦那を見つけて「あら、びっくり!日本にいらしたのではないの?」だというのか?

旦那も旦那なら、奥様も奥様。まあ、見事なご夫婦としか言いようがありませんね。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2020年01月08日 13時29分22秒
2019年11月08日
カテゴリ:ニュース

本日の日経1面の「分断の米国」と題する記事。

大統領選まで1年となり、アメリカの抱える問題をクローズアップする特集。今日のテーマは銃社会の問題。「1人に1.2丁」絶えぬ事件という大きな見出しに目を疑いました。

記事によれば、世界の銃(民間部門)の数は、推計で8億5700万丁。そのうち46%がアメリカにあるとあります。自動車が一家に2台、3台あるというのはわかりますがね。広大な国土のアメリカのことですから、車がなければ移動できない。

ところが、銃が「1人に1.2丁」であれば、5人家族なら一家に6丁ということになる。いったい6丁もの銃を何に使おうというのだ。

銃の乱射事件は、トランプ大統領がが就任して以降ですでに30件、犠牲者の数は258人にも上るそうです。痛ましい事件が起きるたびに、銃所持規制を求める住民の声を反映して、野党民主党の大統領候補9人全員、殺傷能力の高い銃の販売禁止を支持しているということですが。

・・・はて?そもそも、殺傷能力のない、あるいは小さい銃なんてあるのだろうか?どんな口径の小さい銃であったところで、急所に命中すれば確実に命は奪われるだろうに。


アメリカの歴史は西武開拓の歴史。フロンティア精神によって開拓した土地を守るためには銃が必要だった。自分の土地を奪おうとするものを排除することは、正義とされた。その正義を守るのが銃という構図は、西部劇のジョン・ウエィンを見るまでもありませんね。

・・・なるほど、ジョン・ウエィンの乗る馬の鞍にはライフルが、ベルトの腰には銃が吊り下がっていた。1人2丁というわけですな。


果して、アメリカ社会から4億丁(8億5700万丁 × 46%)の銃がなくなる日は来るのでしょうか?






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年11月08日 15時19分07秒
2019年10月19日
カテゴリ:ニュース

量子コンピューターということばは承知していましたが・・・。今のコンピューターとは計算の仕方が根本的に違う量子の概念を応用したコンピューターだということです。

その「量子ビット」と呼ばれる計算単位を使うことで、膨大な情報をまとめて処理することが可能になり、計算の回数が大幅に削減できるため、計算時間が劇的に短くなる。

そんな夢のような計算手法「超計算」を人類は手中にしたようだと、本日の日経は第一面トップで報じています。


記事によれば、このほど最先端のスパコンでおおよそ1万年かかる計算問題を、グーグルが開発中の量子コンピューターが3分20秒で解いたということです。

1万年 × 365日 × 24時間 × 60分 = 52憶5,600万分
3分20秒 = 3.33分

52憶5,600万 ÷ 3.33 = 1,578,378,300

実に15億7,800倍の早さということになります。数字が大きくて分かりづらいですね。仮に毎時60キロの速度の車と比較するとしたら、

60 × 1,578,378,300 = 94,702,698km/時 ≒ 9,470万km/時


今我われが使用できる最速のスパコンが時速60キロの車だとすれば、時速9,470万キロで走る乗り物ということになります。

国際宇宙ステーション(ISS)は地球の軌道上を時速27,600キロで回っているといういことですが、

9,470万 ÷ 27,600 = 3,433

国際宇宙ステーションの3,000倍以上の速さの乗り物ということになりますね。


さて、はたして人類は時速60キロの自動車からそんな速い乗り物に乗り換えて大丈夫なのでしょうか?

・・・目が回ってしまわないか?(笑!


スマホどころかガラケーさえ持て余しているアナログ世代のオヤジの繰り言でした。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年10月19日 13時10分05秒
2019年08月13日
カテゴリ:ニュース

銃の乱射事件が起きるたびに、拳銃保持の規制が叫ばれるものの、どうもアメリカ人はのど元過ぎれば熱さを忘れてしまう民族であるらしい。

アメリカ・オハイオ州とテキサス州でまたしても痛ましい銃乱射事件が連続して発生し、犠牲者の数は両州あわせて29人にも及んだとニュースは報じています。

・・・痛ましい限りです。

そもそも今年に入ってからすでに225件、死者62人という現実を彼らはどう見ているのだろうか?

私に言わせれば、のど元を過ぎぬうちに、また次の熱い煮え湯をのどに流し込んでいるかのようにしか見えませんが・・。

のどが少しばかり焼けただれたとしても、胸を撃ち抜かれない限り、彼らは平気だとでもいうのでしょうか。


アメリカ人が大好きな言葉は、「正義(justice)」と「開拓者精神(frontier spirit)」だと聞きます。アメリカの歴史をひもとけば、辺境開拓の歴史といえますね。辺境を開拓し己のものとした土地を守るには「力(strength )」が必要であり、その力のよりどころはライフル「銃(gun)」であったのは、西部劇のジョン・ウエインを見ればすぐわかること。彼らは開拓した自分たちの土地を「力(strength )」を行使して守ることを、「正義(justice)」と呼んできたようにも思われます。

一方「自由」を何よりも重んじるのがアメリカ人でもありますね。ですから事件が起きるたびに一斉に銃規制の声が全米に沸き上がる。この声は銃をもってしても止めることが出来ないのがアメリカ社会でもあるはずなのに・・・。


梅雨時のカビのように、アメリカ社会に根深く浸潤してしまった銃を一掃するのは、どうすればいいものでしょうか・・・。


銃などというものは手にしたことは勿論、目にしたこともない私は、つくづく日本に生まれて幸せだったと思わずにいられません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年08月13日 11時50分05秒
2019年05月14日
カテゴリ:ニュース

海の向こうからうれしい便りが届きました。

ウエブニュースより、
大谷、出た!229日ぶりの一発!3回に今季1号逆転2ラン、131メートル弾

選手生命も危ぶまれるという右肘の故障、日本中の野球ファンの心配を集めましたね。復帰後いきなり3番DHでスタメン出場も、「大丈夫か」の思いで見守っていました。

同時に配信されいる動画を見ると、相手ピッチャーが投じたボールは、真ん中ややアウトコースよりの高め。これをみごとに捉えましたね

これから、もっともっとホームラン、ヒットを量産してもらいたいものです。

ところで大谷といえば二刀流。打つ方ばかりでなく投げる姿も早く見たいものです。

頑張れ、大谷!しなる右腕から繰り出す160キロのストレートを見せてくれ!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月14日 13時00分08秒
2019年04月26日
カテゴリ:ニュース

逮捕勾留されていた日産自動車の元会長兼社長のカルロス・ゴーン被告が、東京拘置所から再び保釈されてというニュース。

今回は、保釈請求を受けてから保釈までずいぶん早かったですね。検察は決定を不服として準抗告したのでしたが、地裁はこれを退けた。裁判所が被告が証拠隠滅を図る恐れがあることを認めながら保釈したというのは、今までに例がなかったように思われますが、これはどうしたことだろう。

ゴーン被告の健康状態が理由だというのは、説得力に欠けるように思われます。例えばフランス政府とか、何かしらの力が働いたのではないかと勘繰るのは、賤しすぎますかね。

ウエブニュースより、ゴーン元会長が再保釈、東京拘置所を出る

今回の保釈金が5億円ですか!前回と合わせると合計15億円ですって、そんな金よく右から左に用立てることができるものですね。


・・・うん?待てよ。

裁判所が、ゴーン元会長が証拠隠滅を図る疑いはあると判断しつつも保釈に踏み切ったのは、ゴーン元会長の健康状態が悪いからなど関係なく、またフランス政府から圧力があった、なかったなども無関係で、実は国庫に入る保釈金の額がその理由ではないか?

何しろ平成31年度予算が101兆4570億円、このうち税収で賄えるのは62兆5千億円ということですから、国債依存体質からとても抜け出せないこの国の財政事情は極めて深刻です。

平成31年度の国債発行額は32兆6千億ということですから、15億円はわずか0.0046%に過ぎませんが、それでも15億円国際発行額を減ずることが出来るというのは財務省にしたらこの上なく魅力的というもの。利払いだけで金利1%としても、年1500万の支出が浮く計算になります。


麻生副総理兼財務大臣、この際検察庁にもう3~4回ゴーン元会長の逮捕勾留と保釈を繰り返せと、圧力をかけるというのはどう?

そうすればあと15億~20億国債発行額を減らせますぞ。・・・ってダメか?(笑!


まあ、それにしても地獄の沙汰も金次第とは、昔の人は上手くいったものですな。








◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年04月26日 18時22分17秒
2019年04月25日
カテゴリ:ニュース

何かと世界中の耳目を集めるかの国の若き指導者。今度はロシアのウラジオストックを訪れ、ロシアのプーチン大統領と会談を持つということです。

ウラジオストックに到着した、かの若き指導者の様子が報じられていますが、同時に配信されている写真をみると、これはロシアの儀仗兵を閲兵しているところですね。やや緊張した面持ちで歩を進めるかの若き指導者が写っています。

中国、アメリカの指導者と続けさまに会って場数を踏んだからでしょうか、なかなか押し出しが効いているように見受けられます。

ところで私が注目したのは、かの若き指導者の押し出しの良さもさることながら、居並ぶロシアの儀仗兵の閲兵を受けている姿勢。・・・これがロシア流なのだろうか?

まず儀仗兵の顔の向きがてんでバラバラ。中央を向いていないですね。しかも顎をしゃくり上げるようにして上を向いている。それでいて視線だけはかの若き指導者を見下ろすように睨み付けているように見えます。まさか意図的にやっている(やらされている)のではないだろうけれど・・・。

これは、かの若き指導者に対して、甚だ失礼ではないか。

注目されるプーチン大統領(今回も遅刻して来るのだろうか?)との会談の冒頭、かの若き指導者の発言は、もしかしたら「貴国の儀仗隊は、もう一度訓練し直したがよろしい」で始まるのではないかと、秘かに楽しみに危惧しています。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年04月25日 13時29分31秒
このブログでよく読まれている記事

全414件 (414件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.