748179 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

発達障害児と保護者サポート             NPO法人発達障害児支援LOF教育センター

発達障害児と保護者サポート             NPO法人発達障害児支援LOF教育センター

PR

Profile

セアラ姫

セアラ姫

Calendar

Comments

Free Space

2018.09.16
XML
テーマ:療育(47)
こんにちは!
本日は蒸し暑い一日でした。
新しい教室にて初めてのグループクラスでの
やまもと式S&E療育プログラムでした。
今日のクラス生は本当にしっかり発達して、成長著しいので
困りが分かりづらいです。

その一方で、もちろん障害様が軽度でないお子様もLOF教育センターの療育に通ってきてくださっています。
そのような状態でも 療育に来られてある一定の変化は短期間で顕著に見られます。
もちろん、障害様が深刻である部分はやはり、変化に時間がかかったり
相当の努力が必要です。

言葉に関しては
「言葉が遅い。」と呼ばれる状態と
「発語、発話がない。」というのでは障害様の深刻さが違います。

私たちはどんな場合であってもあきらめず
様々なことを考えながら、アプローチに変化を持たせて
精一杯サポートを行います。

年齢が上になって
思春期になってくると
問題が複雑化して来ますが、
その都度適切なサポートクラスを新設し
サポートを継続します。


この週末に
大変うれしいニュースが入ってきました。

全く自発的な発語が無かったお子さんがついに言葉を発した!と。
サポートさせていただいて4年目に入る小学1年生の男の子。

これは本当にすごい事です。
25年近くサポートさせていただき、
「言葉が遅い。」と言われた子がどんどんコミュニケーションを取ることができるように
なった事例はいくつもありますが、
全く発語が無かった子が言葉を自発的に発することができたのは
私の25年の中でもなかなかない事例です。

決してことばの発する練習を強いたのではありません。
とにかくやまもと式S&E療育プログラムを月2回しっかり行ったことと
お母様が家庭内療育をしっかり行ってくださった結果です。

私たちはサポートにプロとしての誇りを持ちながら
切磋琢磨しています。
決して、中途半端にならないように、
個々の強みを生かしながらこの領域で専門性を高めています。

私たちは他に同様のことができる人がたくさんいる「One of them」になりたいわけじゃなく
LOF教育センターの代表一人一人が他の追従を許さない唯一の存在である「Only one」を
目指して血のにじむような努力をしています。

だからこそ、今回のような奇跡のような素晴らしい結果が得られたのだと思います。

また、明日からもLOF教育センター 代表一人一人が胸を張って
プロとして頑張っていきたいと思います!

神様、ほんとうに、ほんとうに
こんな素敵な出来事をありがとうございます❣

#発達障害 #発語が無い #療育 #奇跡 #LOF教育センター #大阪 #東京 #京都 #広島 #神戸 #名古屋 #島根 #和泉 #プロ #自閉症 







Last updated  2018.09.17 16:25:48
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.