763299 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

セタガヤーナな毎日

2007.04.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

都内某所、パティオの水音がきこえる素敵な邸宅で開かれた、「薔薇でお洒落な美生活

&食生活」というサロンへうかがってきました音符


フラワーデザイナーの向坂留美子さんが、アロマ&ハーブのスペシャリストYさん、そして

サロン邸宅のマダムであり、リネン類などのデザインを手がけるSさんとコラボレーション

で、薔薇がテーマの美生活サロンを開くというので、前々から楽しみにしていたんです。


リビングルームのドアを開けると、すでに薔薇の香りに包まれていましたピンクハート

素敵なフルートとピアノの演奏が、優雅な日常の非日常をさらに演出していました音符


薔薇にまつわるお話はとても興味深いものでした。

オールド・ローズとモダン・ローズ。

薔薇は2万種とも3万種とも存在すると言われてますが、大きく分けると、この2つのどち

らかに分類されるそうです。

普段よく目にしているのは、モダン・ローズの方ですが。


オールドローズ.jpg


テーブルにあしらわれていたオールド・ローズ。

ぎゅ~っと花びらが詰まった感じで咲くオールド・ローズの美しさにうっとりどきどきハート

そして、その芳醇な香りにさらにうっとりでした四つ葉


クレオパトラは、客間や寝室に薔薇の花びらを敷き詰めて、シーザーやアントニウスを迎

え入れたといいます。

薔薇の花びらいっぱいのバスにもつかっていたそうです。

う~ん、なんて優雅なんでしょうピンクハート

色と香り、そしてその効用も楽しみながらのバスタイム~セタガヤーナもトライしてみたい

なぁピンクハート


サロンのテーブルはこんなにエレガント音符

薔薇テーブル.jpg


まさに、薔薇づくしピンクハート

クロスにローズ・バッドの刺繍がほどこされたオーガンジーが重ねられていました。

テーブル・ウェアーは、ヘレンドのウィーンの薔薇!

カトラリーは、留美子さんがドイツで集めたというクリストフヴィドマンの薔薇モチーフ・シル

バー・ウェアー。

セタガヤーナはこのクリストフヴィドマンのカトラリーを初めて見ましたが、「ヒルデスハイム

ローズ」というシリーズがこの工房のシンボルとなっているそうです。

なんでも、ドイツ北部にあるヒルデスハイムという街の教会に世界最古という薔薇がはえ

ているそうなんですよ!

行って見てみたくなっちゃいました!!


さて、薔薇づくしのこのテーブルでサーブされたのは?

さらなる薔薇づくしの魅力のテーブルは次回まで、つづく。。。












Last updated  2007.04.22 21:36:00



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.