177073 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しまうま 日記

しまうま 日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Favorite Blog

『人材育成短期留学… ゆみねー★さん

四つ目崩し編みのス… あおによし.Nさん

楽天からブログへ写… craftwork5659さん

BLUE SKY ♪うさこちゃん♪さん
たまてばこ たけ@2813さん

Category

Freepage List

Free Space

2011.10.22
XML
カテゴリ:本のこと
今日は児童館主催のおいもパーティでした。

毎年のように家族揃っていも掘りに参加していたのだけど、
(だって、さつまいもたくさん頂けるんです♪)
今年は剣道のお稽古と重なったために娘だけ参加しました。

いも掘りよりも調理部隊がいいとのことで、
残ってお昼ご飯を作る方を希望した娘。

「りんごきんとん」を作る班だったようです^^。
お昼ご飯にそれぞれの班で作ったいろいろなお料理を頂いて、
楽しい時間を過ごせたようです♪



さて、話は変わって。。。

「ダレン・シャン」を読み終わりました( ̄m ̄〃)
時間がかかった~。児童文学とは言っても、12冊もありましたから。



息子お気に入りの1冊。

バンパイアとバンパニーズとの戦い、なんてあたりは、
男の子の好きそうな設定だなぁって感じです。

なんというか…仮面ライダーを小説にしたらこんな感じかもって思いました☆
電車で読むには、「血を飲み干す」とか、「杭でくし刺し」とか
ショッキングなシーンが多いので、ちょっと恥ずかしかったです^^;。

お話としては、なんだか無理やりなところが多いような気がして、
今一つ共感できませんでしたが、それなりに楽しめました。

本を読む前に映画も観ましたが、それは面白かったです。
主人公の男の子が可愛かった(*^m^*)


クレプスリー伝説っていうのもあるみたい。



息子が読みたがりそう^^;。



そして、一緒に図書館で借りてきたのが、「アヒルと鴨のコインロッカー」。



伊坂幸太郎さんの小説です。
映画も観ました。

映画は前半はなんか変なお話だなぁ…と退屈な感じだったけど、
後半に向かうにつれ、どんどん引き込まれていって、
最後はすごく切ない感じで終わりました。

話の展開が分かっていたので、きっと初めて読んだらもっと感じたであろう
ドキドキ感がなかったのが残念。
これは仕方ないですね^^;。

順序が逆だったら感じ方も違うのかな。
私は映画の方がズンと心に響きました。

瑛太演じる「河崎」が、ボブディランを口ずさむ椎名(濱田岳)に出会うシーン。
今でも思い出したらジーンとします。

それにしても、小説家ってみなさんそうなのかもしれないけれど、
言葉をこれほど使いこなせてるのってすごいな~と変なところで感心しました。
普段、感じることはあっても、それを言葉で表すことの出来ないささいな感情…
そういうものが、その場に合ったエピソードで語られていて、
何度も何度も楽しめました。

そういえば、以前読んだ「陽気なギャングが地球を回す」の登場人物と
つながっている部分があって、ちょっと嬉しかったです♪








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2011.10.24 21:21:52
コメント(2) | コメントを書く
[本のこと] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.