000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

楽天VIDEO:アニメ会の日替わりアニメ定食

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

サイド自由欄

当ブログのキャラクターを描いていただいた吉井ダンさんが作画された「おんたま!」もよろしくお願いします。

おんたま!(1)


にほんブログ村 アニメブログへ

バックナンバー

2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2008.12.18
XML


【サンキュータツオの『ローマニズム宣言』】

「私は、好きなことは好きな子以外とはしないのよ!」
水樹奈々キター!!
『純情ロマンチカ』に水樹奈々が、キター!! うひょー!

これ、オレのために配役したとしか思えない!
メイド役に門脇舞以さんが配役されて以来の衝撃!

♪あふれ出した衝動が ぼくらの胸を打つ~

全国のロマンチカニスタのみなさん、こんにちは!
私が、日本男子初の「純情ロマンチカニスタ」サンキュータツオです。
芸名を「立川腐男志」に改名しようかと思ってます。
『純情ロマンチカ』には完全降伏です。「一人ポツダム」です。

「つねに衝撃の急展開」で視聴者の腹筋を激しく刺激する、
純情ロマンチカ2』!!

もはやどっちかが女でも、なんら支障はきたさないアニメ!というか、それでも笑える恋愛王道アニメ!
だからこその、ファンタジーアニメ!
時代はいま「ロマンチカ」だ!
と、「黒執事」と「ガンダム00」と「かんなぎ」と「とらドラ!」と「今日の5の2」と「みればいーじゃんしゅごキャラナイト」だ。

半年の時を経て、いよいよ開始した第2期!
というわけで、遂にその素晴らしすぎる「名言集」をメモせずにはいられない病の私、
サンキュータツオが、
なので、独断と偏見で選ぶ「ロマンチカ名言集」をお送りします。

純情かましてよかですか!?

************

【第10話】 縁は異なもの
登場人物:【純情ロマンチカ】組

宇佐美秋彦大テンテー
高橋美咲
*****
宇佐美春彦(秋彦の兄)
宇佐美冬彦(秋彦の父)
宇佐美薫子(秋彦のいとこ、女性 CV:水樹奈々)
***********

【あらすじ&感想】
テレビで、たまたま宇佐美冬彦が出ているのを見ていた美咲。
そこで秋彦大テンテーの兄・春彦が結婚することを知る。
するとそのとき、宇佐美秋彦のもとの、「結婚してもらうわ」という和服ッ娘が登場!
それは、宇佐美大テンテーのいとこ、薫子だった!
イギリスから帰ってきて、春彦と結婚する羽目になった薫子は、秋彦に救いの手を求めにきたのであった。
薫子のくまのぬいぐるみのプレゼントに落ちた秋彦は、しばらく家にとどめることにしたのだ。
しかし!
薫子を探しにきた春彦をごまかすため、春彦を家に入れず春彦の車に乗ってデートするはめに。
春彦からいろいろな話を聞かされる。
春彦と別れたあと、尾行してきた冬彦(うさぎ父)と出会う。
そこで「君はひどく困った存在だ」と宣言された美咲!
このことを秋彦にも言えず、ひとりで抱え込むことになった美咲、
薫子からも好きになられ、宇佐美フェロモン(ウサモン)を出しまくっている美咲、
今後どんな運命が待ち受けているのか!

安定感がありつつも、つねに火種が絶えず目が離せない「ロマンチカ」組!
もはや完全に手のひらの上で踊らされているオレだけど、それでもいい!

という怒涛の展開なわけで、名言連発ですよ!
皆様、メモのご用意を。

************
≪宇佐美秋彦大テンテー(通称:うさぎさん)≫
「つまらない人間にも、つまらないなりに、つまらなくないところがある」

 ※薫子に「つまらない男ね」と美咲が酷評された際、
  うさぎさんが言ったセリフ。

≪美咲≫
「好きだとかいうくせに、
 なんで疑うんだよ!
 うさぎさん、少しはオレのこと信用しろ!」


 ※カップルしてますなあ。

≪美咲≫
「自分がやりたいことできるのは、自分しかいないよ」

 ※薫子にいいことを言う美咲。

≪薫子≫
「私、ホントはパティシエになりたいの」

 ※早くも美咲にフラグを立て、心を開く薫子。

≪薫子≫
「気安く触らないでください!」

 ※いいですなあ!水樹さん。
  このセリフですよ、水樹さんは。

≪宇佐美春彦(秋彦の兄)≫
「私と君を別れさせるためだ」

 ※宇佐美父が春彦と美咲を別れさせようとしているw

≪春彦≫
「私が君を好きだということを、父が知ったらしい」

 ※そんな春彦は、父に勝手に薫子との結婚を決められる。

≪春彦≫
「そんなに私のことが嫌いか?」

 ※今回ばかりは父の言うことを聞かない、という春彦。

≪春彦≫
「人に、自分を好きになってもらうには、どうしたらいいんだろうな」

 ※急に切ないぞ、春彦!

≪春彦≫
「そんなことを言われたのははじめてだ」
 
 ※くしくも薫子もおなじセリフを言っていた。
  宇佐美家には庶民感覚の美咲がそうとう新鮮らしい。

≪春彦≫
「東京駅は、私の好きな建築物だ」

 ※なにげにオタク発言。

≪春彦≫
「君は……君は変な子だな」

 ※爆笑を禁じえない。

≪美咲≫
「早く、早く帰って会わないと、うさぎさんに」

 ※不安になり、秋彦に会いたくなる美咲。

≪宇佐美冬彦≫
「君はひどく困った存在だね」

 ※家を混乱に陥れている美咲に、
  冬彦はこう宣言したのである。

≪秋彦大テンテー≫
「お前に近づくすべてに嫉妬する」

≪秋彦大テンテー≫
「話して。そうでないと、
 自分が必要とされていないかと思えてつらい。
 心配だから。好きだから。」


≪美咲≫
「うさぎさんが大切だからこそ、言えないんだよ」
(頬を赤らめて泣く)

≪秋彦大テンテー≫
「ほほう、気に食わないなあ、美咲のくせに」

 ※この二人の関係性がよい。

≪薫子≫
「私は、好きなことは好きな子以外とはしないのよ!」

 ※いいなあ、この告白。
  しかも水樹さんですよ。

≪美咲≫
「すごい、生まれてはじめて女の子に告白された!」

 ※女の子童貞をあっさり告白した美咲。

≪秋彦大テンテー≫
「お前は、黙ってオレだけに愛されていればいいんだ」



***********************



●アニメ専門チャンネル『アニマックス』にて、
 「アニマックス開局10周年インタビュー」、
 6人の方々にインタビューを終えた感想を、
 編集後記として載せていただきました!
 そうとう長文書きましたポポ!
 最後に『ちょこッとSister』をしっかりプッシュしてますのでごらんになってポポ!

●また、『アニマックス』で、
 12月25日、そして2009年1月15日、「とっておきAニュース」に出演します。
 評論家の氷川竜介さん、また「屍姫」主演の秋山さん、俳優のジリ・ヴァンソンさん
 などと、この冬の映画を語り倒しました。
 『動物農場』『wall・E』『プライド』『ボトムズ』『20世紀少年』などなど、
 そうとう映画を試写しましたので、是非参考にしてください!








最終更新日  2008.12.18 15:06:32
[水曜…サンキュータツオ] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.