827785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

札幌の賃貸【逍遙館】の軌跡

札幌の賃貸【逍遙館】の軌跡

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Comments

Calendar

Archives

2023年10月15日
XML
カテゴリ:旅逍遙



わたしたちは計画通りに早朝狙いで、美瑛といったらここは外せないという有名観光地に向かって出発しました。



白髭の滝
岩肌からあふれ出した水が美瑛川に勢いよく流れる様が、長くて白いひげのように見えることから名づけられた滝は、白金温泉街から歩いて数分のところにあります。
まりもも一緒に橋の上から滝を眺めました。
激しく流れる音が何なのかとても不思議そうに見ているまりも。
相変わらずの怖いもの知らず・・・



白髭の滝から車で4分ほど走ったところに美瑛を代表する人気スポット「青い池」があります。
ここに来るのは2回目で、前回はヤムヤムさんと一緒でした。
まだ今のように遊歩道が整備されていなかったので、多くの人と狭い道を歩くのは迷惑になるかと車中でお留守番させたのを思い出しました。



本当は一緒に歩いてみたかったという小さな後悔があったので、今回はまりもも一緒に遊歩道を歩くことにしました。
何物にも臆することのないお嬢さんは、人波でも平気でずんずんと進んでいきます。
時折わかったような顔をして佇み、青緑色に輝く池をじーっと眺めています。
その横顔も旅の思い出として心に刻まれていくんだなぁと思いました。

さて、青い池と言ったら「ブルーのソフトクリーム!」なのは私だけ???
2019年から売店で売り出されたきれいな青いソフトクリーム。
「次に美瑛に行ったら必ず食べる!!」と意気込んでいたわたしは、売店のオープンと同時に買いに走りました。



ブルーのソフトクリームは、伊東の一碧湖のカフェと積丹のカムイ番屋に続く3つ目です❤
青い池ソフトクリームのお味は、ラムネ味でした!
主人曰く「ガリガリ君のソーダと同じだな・・・」
(70円くらいで食べられるのに500円かぁ、高いなぁ。という心の声が聞こえたけど)
「ガリガリ君のソーダは全国どこでも食べられるけど、青い池ラムネソフトクリームはここでしか食べられないのー」
「何?なんも言ってないしょ」
(やばい、心の声読まれた💦)
「さぁ、食べたら次に行こう!」
上手く話しをそらされて次の目的地へ移動します。

展望花畑 四季彩の丘



9月ともなれば王道のラベンダー畑は見頃を終えて姿をひそめており、さてどうしようか?と考えている時にInstagramで見かけた美しい花畑!



ワンコも一緒に庭園内を歩くこともでき、敷地内にドッグランまでありました。



まりもも大喜びです。



美瑛らしい風景と美しい青空に大満足したわたしたちは、前回行って「また行こうね!」と話しをしていた富良野の絶景レストラン「ひつじの丘」にジンギスカンを食べに向かいました。
開店前に着きましたがすでにみなさん並んでいて、10番目くらいでしょうか。
これなら念願のテラス席に座れそうです。



ジンギスカン大好きなわたしたちは、ここの生ラム三種類(ホワイトラム・ミルクラム・サフォク)の食べ比べが楽しみ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
柔らかくてよく言う臭みのないサフォークが美味しいのはもちろんですが、ここでしか食べられない生後3か月のミルクラムも美味しいですね。
主人は「なんぼでも食べらさる」そうです(^^♪



駐車場の側に羊小屋とウサギ小屋もあって子供たちに大人気でした。

鳥沼公園



ここもヤムヤムさんとの思い出の場所で、まりもを連れ来たかったところ。
エメラルドグリーンに澄んだ湧き水による沼があり、昔はボート乗り場があったようで、「北の国から ‘98時代」では純くんがシュウちゃんとデートをしたシーンで使われました。
緑色に輝く沼のほとりにレジャーシートを敷いてゴロンと横になるとヤムヤムさんがわたしの顔を覗き込んできたっけ・・・
懐かしいなぁ。



まりもは沼に興味があるみたいで、水辺を行ったり来たりして楽しんでいました。
さぁ、そろそろおうちに帰りましょうか!



今回は1泊2日と短い旅でしたが、美瑛・富良野は見どころがたくさんあって、たっぷりと楽しむことができました。
次に訪れるのはいつになるかなぁ・・・

|逍遙館俱楽部代表|

北海道ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!


北海道ランキング

追記
逍遙館のInstagramを始めました。
これも今更ながらですが、ちょっと覗いてみてください。よろしくお願いいたします。
逍遙館
↑クリック





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023年10月15日 17時29分37秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.