107140 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~あるがままの愛しさ~ しぃ・こーちんぐ

~あるがままの愛しさ~ しぃ・こーちんぐ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

みぃさёё

みぃさёё

Freepage List

Recent Posts

Comments

みぃさёё@ ありがとうございました。 >ミネさん 3年ですか~!すごいあっ…
天平美人@ 卒業おめでとう みさ♪ このブログからの卒業おめでとう!…
はっちゃく@ ブログおつかれさまでした。 みさ、どもども。 人はどんどん変化して…
ayako_HaLo@ お疲れさま~ なんかいい感じだなあ、と思ったよ。 新…
しも@ お疲れ様 新しいブログの方にも寄らせてもらいます☆…

Favorite Blog

Fulfill C… ユージ5297さん
シュビドゥバ日記 すじがねこごみさん
探究日記。 443@YOSHIMIさん
人生二度無し 好き… コーチゃんさん
元気の泉(*^^)v ~F… あっちゃんわんさん
2009.08.23
XML
カテゴリ:ふむ。
みなさんはお金持ちになりたい派?
なりたくない派?

私はなりたくない派だった。


お金といったら、

・お金が全てってなって、心の豊かさを失わせるもの。
・あるほどケンカの種になるもの。人を傷つけるもの。
・持ってる分妬みうらみ反感を買うもの。
・持つにはいっぱい働かないとだから、プライベートがないがしろにされるもの。
・人との不平等をつくり、持たない人を抑圧するもの。

エトセトラ、エトセトラ・・・。


そんなやっかいなものに考えていた。


でも、これって、お金にとって、とても失礼。


だって、金持ちが貧乏な人からお金を搾取して、
貧富の格差が広がるのは経済システムの問題。
(ひいてはそれを支える人々の良識の問題)

小さなことに感動して、日々心豊かに生きることは、
お金の在る無しでなく、その人の感性と努力の問題。

お金でケンカするのは、心の弱さの問題。


何も、お金自体に罪はないのである。


もちろん、「お金」の持っているパワーはすごいと思う。
そのエネルギーに人は翻弄されて、飲み込まれて、
おぼれていくこともあると思う。

それだけ大きな力を持っているのは確か。


でも、もう、それにびびっていたくないのだ。

お金と仲良くなりたいし、
彼らの生まれてきた使命(=人を幸せにすること)を全うさせたい。


それにさ、お金が無いと、どうしても安いものを買う。


でも、今の世の中、安いものといったら、
農薬だらけの野菜と、
外国産の穀物と、
大量生産された肉と、
添加物まみれの加工食品。


環境を破壊し続ける石油工場で出来た
安いプラスチック製品の生活用品、
大量の薬づけのエセ自然素材家具に、
児童労働のコットンで出来た服。


何よりイタイのは、
ホンモノを作る技術と職人がどんどんいなくなる。


今、日本の文化は壊滅寸前。
すごい危機やと思う。


(うーん、書いてて、どんどんアツクなってきた(汗)
 自分の中に怒りと愛情にちょっとびっくりしつつ、
 すんません、あと少しお付き合いください。)


もちろん、お金をかけないで、エコで、豊かな生活は素敵だと思う。

自分で育てた野菜は安心だし、環境にもいいし、おいしい。

そんな自給自足な面が、もっと一般的に生活に入り込んで欲しいと思う。
貨幣経済に変わる、新しいシステムは、わくわくする。


そういう生活に変えていくことにばかり注力していたけど、
せっかく豊かな国に生まれたのだもの、
現代ならではの豊かさも楽しみたい。


自分で木を削って作った箸も愛しくていいけど、
魂を持ち続けている職人が作った箸は、やっぱり美しいと思う。

1000年も2000年も続く人々の暮らしが作り上げた
美しい文化、職人の魂、それを守る今の人々に、
感謝と尊敬と発展への願いのエネルギー(お金)を送りたい。


それに、せっかくある人生なので、
いろんな国に行って綺麗な景色を見たい。

宇宙の神秘に触れて、感動したい。
人の心と体や魂の世界をもっと知りたい。

そういう叡智を教えてくれる知識文化にも、
私からの愛(お金)を送りたい。


お金の持っているそんな一面を大いに引き出せる、
愛と志と正しい力を持ったお金持ちになりたいです。
















お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.08.23 10:08:59
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.